餅搗 の俳句

餅搗 の俳句

餅搗

例句を挙げる。

おもおもと雪山の方餅搗く音 村越化石 山國抄
たのもしき大世帯なり餅を搗く 酒井黙禅
べこ餅を搗けよ雲つく男たち 齋藤玄 『無畔』
みちのくや餅に搗きこむ二日月 橋石 和栲
みな猟夫正月餅を搗かぬ村 羽部洞然
アメリカに搗きてまことの草の餅 常石芝青
アールヌーボー様式の餅搗きました 櫂未知子 蒙古斑
一臼の寒餅搗けり山売れて 野沢秋燕子
一臼を搗きて全身餅しぶき 坂口百葉
二階堂第六隣組の餅搗也 久米正雄 返り花
京の四季舞うて餅搗はじまりぬ 森桂樹楼
人形の餅搗きてんやわんやかな 細見綾子 天然の風
兄弟の餅搗き唄やいまもあり 菅家今朝男
切火の儀より始まりしお餅搗 合田丁字路
午後かけて餅搗く音のやさしさよ 荒井清之助
君が搗き吾は食べるのみ草の餅 細川加賀 生身魂
土浄し餅搗く臼の据ゑられて 相馬遷子 雪嶺
大機和尚へと~餅を搗きなさる 川端茅舎
姨捨の山家の搗ける月見餅 荒川あつし
寒餅の胡麻よ豆よと搗きあがる 西村三穂子
寒餅も寒明け餅も少し搗く 久保 青山
寒餅や手力こめし山家搗 水原秋櫻子
寒餅を搗かん搗かんとおもひつつ 松本たかし
寒餅を搗き終り土間掃き終り 大峯あきら 宇宙塵
寒餅を搗くとふまへし力足 河合佳代子
寒餅を搗く両隣に小さく住み 皆川白陀
寒餅を搗く日にしては温かりし 小谷鶴枝
寒餅を搗く日の山の面がまへ 大峯あきら 宇宙塵
寒餅を搗く時だけの大竃 前田壽子
寒餅を搗く音きこえすぐやみぬ 水原秋桜子
寒餅を搗けば日和の山の顔 大峯あきら
山深く繭玉となす餅搗けり 大石悦子 群萌
島の家の餅搗く音や油凪 久米正雄 返り花
川面より低きに搗ける寒の餅 千葉皓史
希望の帆なれ餅搗きの湯気天井まで 大熊輝一 土の香
広縁に日のたつぷりと餅を搗く 岩田和子
建国日城址に餅搗唄とどく 脇坂啓子
手返しのひとこゑに餅搗き上る 白井 爽風
搗きあげし餅を嬰子のごと運ぶ 肥田埜勝美
搗きあげし餅を牛にも一ちぎり 伊藤風楼
搗きあげし餅嬰のごと手から手へ 菅野一狼
搗きたての餅持つてゆく花野かな 児玉輝代
搗杵(かちぎね)に血を見る餅のつよさかな 上島鬼貫
明けてゆく星ら網張り餅搗く音 寺田京子 日の鷹
春山の麓に餅を搗ける音 田中冬二 俳句拾遺
暁闇に飛び出す火の粉餅を搗く 百合山羽公 寒雁
朝月や寒餅を搗く一とさわぎ 田住満夫
朧夜をどこかで餅を搗いてゐる 田中冬二 若葉雨
来合せて餅搗かされてをりにけり 佐久間潺々
枯山へ餅搗く音のゑくぼなす 神蔵器
湖に響く寒餅搗きにけり 室積徂春
炬燵寝の若者起きて餅を搗く 木村蕪城 一位
父無くて母と二人の餅搗けり 成瀬桜桃子
百姓家据ゑて餅搗く地の響 百合山羽公 寒雁
目覚めけり上巳の餅を搗く音に 相生垣瓜人
秋風に餅しげく搗く喪の農家 相馬遷子 雪嶺
空ッ風餅搗く音のどこよりか 久保田万太郎 流寓抄以後
窯神の燭のまたゝく餅を搗く 渡部余令子
紅少し入れて寒餅搗きにけり 今井たけ
聞きとるや餅搗き上がる杵の音 小杉余子 余子句選
臼に注連飾りて神の餅を搗く 梅島 婦美
花結びの黄襷で搗く祝餅 毛塚静枝
蝶生れぬ白と緑の餅も搗く 百合山羽公 寒雁
連翹に餅搗きし息はずみけり 皆川白陀
遠景澄む餅搗きの腰曲るたび 櫛原希伊子
遠洋漁夫餅搗く音に着く母港 笹本落葉子
遮莫(さもあればあれ)餅搗けて来りけり 久保田万太郎
頼られて下宿の餅を搗きにけり 黒坂紫陽子
餅を搗く力自慢の学僧ら 上田正久日
餅を搗く半裸鶯鳴くしきり 松村蒼石 露
餅を搗く教授の杵がひるがえる 八木三日女
餅を搗く方へ全き馬の耳 宇佐美喜代治
餅を搗く次第に調子づいて来し 高浜年尾
餅を搗く湯気あふれ出て米屋の灯 中條りつ子
餅を搗く灯りが稲荷にもおよぶ 原 裕
餅を搗く男ばかりの修二会かな 細川加賀 『玉虫』
餅を搗く町長選挙投票後 山本照雪
餅を搗く音なり町の悪処にも 百合山羽公 故園
餅を搗く音若者と替りけり 中原八千草
餅搗(もちつき)や捨湯流るゝ薄氷 晩柳 古句を観る(柴田宵曲)
餅搗いてうすき涙目餅を食ふ 能村登四郎
餅搗いておくから取りに来いといふ 近藤いぬゐ
餅搗いてにはかに寒き亥の子かな 田中雨城
餅搗が隣りへ来たといふ子かな 一茶
餅搗きし夜のちちの声ははの声 長田等
餅搗きし杵より糸の如き湯気 荒木思水
餅搗きし父の鼾声家に満つ 西東三鬼
餅搗きし臼のほてりや雪の上 大串章 山童記
餅搗きに山川の紺ゆく力 大峯あきら
餅搗きの男朱鳥と還り来む 宇多喜代子
餅搗きもして苗木市賑ははす 大熊輝一 土の香
餅搗きや焚き火のうつる嫁の顔 黒柳召波
餅搗きや路地つ子一人けんけんぱ 姉崎蕗子
餅搗くとえらびて置きし櫟焚く 金子伊昔紅
餅搗くや亥の日の亥の子神のため 小澤満佐子
餅搗くや亥の日亥の子の神のため 小沢満佐子
餅搗くや厨八方の灯ゆらぎ 四明句集 中川四明
餅搗くや子の掛声の一斉に 野中春艸
餅搗くや杜氏部屋よりも助二人 西山小鼓子
餅搗くや框にとびし餅のきれ 高野素十
餅搗くや落葉たゞよふ山毛欅の谷 佐野青陽人 天の川
餅搗によみがへる蠅ありにけり 五十崎古郷句集
餅搗に祝儀とらする夜明けかな 村上鬼城
餅搗に驚きやすき路地雀 菖蒲あや
餅搗のあと天上の紺に溶け 飯田龍太
餅搗のこころ浮遊す石だたみ 飯田龍太
餅搗のすみて夕日の前を掃く 大峯あきら 鳥道
餅搗のその夜はそこに草まくら 立花北枝
餅搗のみえてゐるなり一軒家 阿波野青畝
餅搗の何処より早く幼稚園 仲佐方二
餅搗の息をどりをり桑畑 中澤康人
餅搗の日も幸斎が茶湯かな 高井几董
餅搗の水呑みこぼす顎かな 松本たかし
餅搗の臼ころがして洗ひをり 辻桃子
餅搗の臼往来す京の町 福田把栗
餅搗の見えてゐるなり一軒家 阿波野青畝
餅搗の足元狭き小庭かな 会津八一
餅搗の阿*うんの息の合つてきし 鈴木貞雄
餅搗の音きこえゐる下の家 綾部仁喜 寒木
餅搗の音そここゝに~ 高浜虚子
餅搗の音にしばらく耳応ふ 廣瀬直人
餅搗やなまこのし餅或は又 小澤碧童 碧童句集
餅搗や夫の治兵衛けふも留守 岡本松浜
餅搗や家並の低き河岸の凪 小澤碧童 碧童句集
餅搗や小家ながらにあたゝかき 松瀬青々
餅搗や捨湯流るゝ薄氷 晩柳
餅搗や掛声そろふ園児の輪 土井朝子
餅搗や明星光る杵の先 夏目漱石 明治三十二年
餅搗や朝日噴き出す槇囲 百合山羽公 寒雁
餅搗や燃えつきし枝もちあるく 田中裕明 花間一壺
餅搗や田におどろける石叩 水原秋櫻子
餅搗や臼に精くる星明り 尾崎紅葉
餅搗を唖と見てゐる火鉢かな 富田木歩
餅搗を囃す琉球童唄 泉 とし
餅搗を終へし臼より湯気立てり 辻桃子
餅搗を見にきてをりし隣の子 長谷川 茂子
お返しは小燐寸一つ餅配 池田世津子
てのひらに夕暮ののる餅配 綾部仁喜 寒木
初茸を添へて祭の餅配る 北村保
家々のともりそめたる餅配り 片山由美子 水精
杉山を餅配る子が越えてゆく 大峯あきら 鳥道
海までは峠ひとつや餅配 大峯あきら 鳥道
田を斜にわたつてかへる餅配 飴山實 辛酉小雪
白き瀬にまた沿うてをり餅配 岡本高明
耳成と香具山の間餅配 山本洋子
良寛忌*かんじき穿いて餅配り 細谷鳩舎
裏山はせかせかと暮る餅配 茨木和生 遠つ川
青空の白くなりたる餅配 大木あまり 雲の塔
餅配る一人住ひの婆ゝ様に 山下 輝畝
餅配夕べ明るき山を見て 伊藤通明
餅配大和の畝のうつくしく 大峯あきら(1929-)
さらでだに寒き一ト間や餅莚 小杉余子 余子句選
なかぞらに星のあつまる餅筵 木村虹雨
ひろびろとうしろ日昏れて餅筵 広瀬直人
一枚の湯気の上りし餅莚 数川 三枝子
一枚は大鏡餅餅莚 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
一灯を鼠に備へ餅筵 西山泊雲
天窓に月がありけり餅筵 皆川白陀
林中に日がさし入りて餅莚 柴田白葉女 雨 月
水色のゆふべとなりぬ餅筵 角川春樹
神棚の前より敷きぬ餅筵 高浜虚子
紅に朝日さしけり餅筵 貞木句之都
青かりし時より清し餅筵 蓼太
餅筵つねづね暗き座敷かな 中村汀女
餅筵ほてり白眉の父が立つ 原 裕
餅筵一隅に白しいのち祝ぐ 村越化石
餅筵箪笥の裾につかえけり 吉屋信子
餅筵絵本ひろげしまま日ぐれ 大串章
餅筵誰かがゐなくなりさうに 飯島晴子
餅筵踏んで仏に灯しけり 岡本松濱
齢富む一間に寝ねて餅筵 森澄雄
一枚の賃餅をわが受取りぬ 細川加賀 『生身魂』
賃餅を終りし臼を洗ひけり 町田敏子
とほくより夜が明けてくる餅の音 横瀬弘山
代々住みて鄰保親しき餅の音 飯田蛇笏 雪峡
月代や晦日に近き餅の音 松尾芭蕉
有明も三十日に近し餅の音 芭蕉
病牀に聞くや夜明の餅の音 正岡子規
百歳の春も隣や餅の音 正岡子規
短日の海にひびきて餅の音 石原舟月
餅の音ひびけば朴の木がねむり 飯田龍太

餅搗 補遺

あなうまし衰鼓ゆき子の搗きし餅 日野草城
おほかたは力無き者ら草餅搗く 石田波郷
こもごもに搗きたる餅を鏡にす 平畑静塔
しぐるゝや今餅搗きし臼の湯気 村山故郷
その辺のはや夕影の餅筵 清崎敏郎
つれあひのありてこそ少し餅筵 飴山實 句集外
はつかしや餅なき臼に音たてん 正岡子規 餅搗
はゝこぐさ加へて草の餅搗かん 飴山實 句集外
みちのくや餅に搗きこむ二日月 橋閒石 和栲
アパートに乳児と搗き餅固まりゆく 鷹羽狩行
ボロ市の代官屋敷餅を搗く 山口青邨
一億人日本餅搗く手は減りて 百合山羽公 樂土
人形の餅搗きててんやわんやかな(大阪、国立文楽劇場にて二句) 細見綾子
八朔や餅を搗いたり豆煮たり 山口青邨
合掌に僧搗きはじむ刈上餅 大野林火 月魄集 昭和五十五年
名物ノ餅ヲ搗キ居ルノドカサヨ 正岡子規 餅搗
四海波靜かに餅の音高し 正岡子規 餅搗
四隅まづ餅で押さへて餅筵 鷹羽狩行
土浄し餅搗く臼の据ゑられて 相馬遷子 雪嶺
土用の餅搗き妻も子も新し 平畑静塔
大機和尚へと~餅を搗きなさる 川端茅舎
寄生木に魅せられ餅を搗く女 橋閒石 卯
寒深き黒田を前に餅を搗く 西東三鬼
寒餅や手力こめし山家搗 水原秋櫻子 蘆雁
寒餅や日溜り蓬搗きまぜて 水原秋櫻子 餘生
寒餅を搗く音きこえすぐやみぬ 水原秋櫻子 重陽
少年の力まかせに餅搗けり 右城暮石 散歩圏
庭の餅搗へだてられ居し時雨ふる 平畑静塔
念力の草餅を搗きあげにけり 小林康治 玄霜
暁闇に飛び出す火の粉餅を搗く 百合山羽公 寒雁
暗鬱の雨充血し餅を搗く 佐藤鬼房
更けて夜毎貞夫の搗きし餅を焼く 伊丹三樹彦
書を読まず搗き立ての餅家にあれば 西東三鬼
月の餅搗くや鶏頭真ツ赤なる 渡邊水巴 白日
月の餅搗く音きこゆ蘆の風 水原秋櫻子 古鏡
杳き遠き日の餅搗の音ありけり 安住敦
栃餅の搗きしを抱けばしなだるる 平畑静塔
栃餅を搗く旭光を襖とし 平畑静塔
栃餅を月は裡方日は搗方 平畑静塔
梅三分咲く餅搗の日取かな 河東碧梧桐
椎の花餅を搗く蚊のこぼしけり 阿波野青畝
沖を背に漁夫の餅搗きすぐ終る 西東三鬼
温泉の宿の客にも餅を搗かせをり 高浜年尾
湯治客をりて餅搗見てをりぬ 清崎敏郎
炬燵寝の若者起きて餅を搗く 木村蕪城 一位
熱湯をもて臼ぬくめお餅搗 高浜年尾
田を斜にわたつてかへる餅配 飴山實 辛酉小雪
病室にねて餅搗の数かぞふ 平畑静塔
病牀に聞くや夜明の餅の音 正岡子規 餅搗
百姓家据ゑて餅搗く地の響 百合山羽公 寒雁
百歳の春も隣や餅の音 正岡子規 餅搗
眼さますや日三竿に餅の音 正岡子規 餅搗
石臼に八朔餅を搗きのめす 平畑静塔
禅僧大光薪割りおえて餅搗きて 金子兜太
秋風に餅しげく搗く喪の農家 相馬遷子 雪嶺
粟餅も搗き海苔餅も搗きにけり 正岡子規 餅搗
翁を擁して湖南の衆の餅搗きぬ 河東碧梧桐
老居士のえいえいと餅搗きにけり 日野草城
臘梅や若餅を搗く寺の庭 森澄雄
若餅搗き胸の鼓動のいさぎよし 松崎鉄之介
蝶生れぬ白と緑の餅も搗く 百合山羽公 寒雁
谷底に餅を搗く生きものの音 鷹羽狩行
賃餅の大貼紙も老舗かな 清崎敏郎
配り餅はるかにて搗き始めけり 安住敦
野のみとり搗込にけり草の餅 正岡子規 草餅
雀来て歩いてゐけり餅筵 村上鬼城
雛の餅搗くにあひけり多摩に来て 山口青邨
雪中に餅搗の薪無尽蔵 阿波野青畝
餅ついて春待顔の小猫かな 正岡子規 餅搗
餅つきの隣へ遠し草の庵 正岡子規 餅搗
餅つきや亭主のすきな赤襷 正岡子規 餅搗
餅の音虚空にひゞく十萬戸 正岡子規 餅搗
餅をつく日から立けり口の春 正岡子規 餅搗
餅を搗き足らず力士の夜も稽古 鷹羽狩行
餅を搗くこの家きつとしあはせに 鷹羽狩行
餅を搗く精神科のみな力持 平畑静塔
餅を搗く臼の手応へ地の応へ 鷹羽狩行
餅を搗く音なり町の悪処にも 百合山羽公 故園
餅を搗く音やお城の山かつら 正岡子規 餅搗
餅を餅に搗き込むわが名あはれなり 三橋敏雄
餅搗いてうすき泪眼餅を食ふ 能村登四郎
餅搗がくるさえざえと母掠め 飯島晴子
餅搗が来るさえざえと母掠め 飯島晴子
餅搗きしあとしづかなる草木かな 飯田龍太
餅搗きし家ありすでに音ひそめ 山口誓子
餅搗きし湯気こびりつく石の臼 鷹羽狩行
餅搗きし父の鼾声家に満つ 西東三鬼
餅搗きて寝る白きもの家に満ち 鷹羽狩行
餅搗きのたすきの色のとりどりに(大阪、国立文楽劇場にて二句) 細見綾子
餅搗きの一雲水の雲隠れ 高野素十
餅搗きの杵よむ声の揃ふなり 石田勝彦 秋興以後
餅搗きの音にしばらく耳応ふ 廣瀬直人 帰路
餅搗きの音へ紙子の伊左衛門(大阪、国立文楽劇場にて) 細見綾子
餅搗きや炉端に茶など設けして 村山故郷
餅搗くと秩父のこだま根気よし 平畑静塔
餅搗くに忌火屋殿の火をもてす 山口誓子
餅搗くや庇の下に山河入れ 鷹羽狩行
餅搗くや戦後の小家ゆるがして 伊丹三樹彦
餅搗くや框にとびし餅のきれ 高野素十
餅搗くや臼の中なる湯気かぐら 鷹羽狩行
餅搗くよ桜の園を伐るあの音 山口誓子
餅搗にあはす鐵道唱歌かな 正岡子規 餅搗
餅搗に祝儀とらする夜明かな 村上鬼城
餅搗のあと天上の紺に溶け 飯田龍太
餅搗のいきほひに猪身をへだて 平畑静塔
餅搗のからだのなかへ紐放つ 飯島晴子
餅搗のまだはじまらぬ臼と杵 石田勝彦 雙杵
餅搗のみえてゐるなり一軒家 阿波野青畝
餅搗のやとはれ衆の老いにけり 中村汀女
餅搗の年年燃ゆる竃かな 三橋敏雄
餅搗の烟にぎはふ城下かな 正岡子規 餅搗
餅搗の音なく暮るる村の道 飯田龍太
餅搗の音の綾なす夕がすみ 飯田龍太
餅搗や小鳥来てゐるうめもどき 山口青邨
餅搗や朝日噴き出す槇囲 百合山羽公 寒雁
餅搗や田におどろける石叩 水原秋櫻子 重陽
餅搗や縁に日のさす童唄 村山故郷
餅搗や鉢巻すべるおびんづる 日野草城
餅搗を羨ましめて放映す 相生垣瓜人 負暄
餅搗を避けて犬猫手を貸さず 平畑静塔
餅搗機生れの餅も神嘉す 百合山羽公 樂土
餅筵とんとんとんと暮れ落ちぬ 山田みづえ 木語
餅筵にもいんいんと古時計 飯田龍太
餅筵一枚限り書斎に置く 安住敦

餅搗 続補遺

しら雪の中に餅搗里の月 諷竹
愚さに餅搗の客となりにけり 存義 古来庵発句集
搗杵(かちぎね)に血を見る餅のつよさかな 鬼貫
搗栗や餅にやはらぐそのしめり 沾圃
搗立や餅は方円のうつはもの 中川乙由
此草は餅に搗れて花咲きぬ 中川乙由
浪人の搗こそ餅の本意なれ 凉菟
餅搗た夜から来ぬなり網代守 成田蒼虬
餅搗にはちまきで居ル持病哉 鼠弾
餅搗に咲て椿の折れ鳧 風国
餅搗に塒を出たがる家鴨哉 鈴木道彦
餅搗の其夜はそこに草まくら 北枝
餅搗の日も幸斎が茶湯かな 高井几董
餅搗やうら若き手の艶をなす 三宅嘯山
餅搗や一臼かゝる鶏の声 林紅
餅搗や三味線なしに花心 路青
餅搗や先にいわひて帰る人 嵐青
餅搗や袴のひだは古びつく 路健
餅配リ国栖人ごまめ奏シてより 其角

以上

by 575fudemakase | 2017-02-17 11:04 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26658988
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

稲稔る の俳句
at 2017-09-10 10:53
秋気 の俳句
at 2017-09-08 13:14
紅葉づ の俳句
at 2017-09-06 08:03
紋白蝶 の俳句
at 2017-09-06 07:54
初風(秋の) の俳句
at 2017-09-04 13:25

外部リンク

記事ランキング