年忘 の俳句

年忘 の俳句

年忘

例句を挙げる。

あと一人来るに更けゝり年忘 中島月笠 月笠句集
あながまの云ひ出でごとや年忘 尾崎迷堂 孤輪
いかめしや鯨五寸に年忘れ 樗良
いきいきと話に尾鰭年忘 西川織子
うやむやのどぶ汁囲み年忘れ 山田雅子
お噺も芸の中なり年忘 小波
からすみも雲丹も大切や年忘れ 野村喜舟
ぐい呑は不揃ひがよし年忘れ 五十崎朗
この町に料亭ひとつ年忘 上崎暮潮
さそひには口を濁して年忘れ 高澤良一 鳩信
しろ金や霰ふる夜の年忘れ 上島鬼貫
せつかれて年忘れする機嫌かな 松尾芭蕉
それぞれの星に名のあり年忘れ 高澤良一 宿好
ぞろぞろと二階へ通され年忘 高澤良一 ももすずめ
とにかくにたらぬ日数や年忘 炭 太祇 太祇句選後篇
とんとんと上る階段年忘れ 星野立子
どろどろに酔うてしまひぬ年忘 日野草城
にぎやかに河豚食うて年忘れけり 森澄雄
のれそれにちやんばらなまこ年忘れ 原裕 『出雲』
ひそやかに女とありぬ年忘 松根東洋城
ふる里の鰊漬あり年忘れ 阿部みどり女
へな~と猪肉焼けて年忘れ 萩原麦草 麦嵐
へべれけのお手を拝借年忘れ 高澤良一 鳩信
ほぐし食ぶ蟹美しき年忘れ 西本一都
また一つ訃の加はりし年忘れ 原裕 正午
まだ若しまだ若し交す年忘 及川貞
むらさきを着るときめたり年忘 宇多喜代子
やがて入り来る四五人や年忘 久保田万太郎 草の丈
ゆくりなく晩霞画幅や年忘 宮坂静生 春の鹿
よきことの五指にも満たず年忘れ 遠藤若狭男
わかき人に交リてうれし年忘 高井几董
ゑひ泣の老爺うたてや年忘 妻木 松瀬青々
をみな等の奢りのワイン年忘 坪井のぶ子
アジトから男が届く年忘 櫂未知子 貴族
シャンペンを交す女の年忘れ 熊倉 猷
ユーカリの白い花見る年忘れ 瀧井孝作
レイ懸けて老船長や年忘 広瀬河太郎
一湾の眺めを肴年忘れ 佐藤鬼房
一輪の梅を見て来ぬ年忘 山口青邨
一門の人を集めて年忘 寿々木米若
三河より五人の女年忘 渡辺 竹子
上りたる二階がうれし年忘れ 藤田湘子 去来の花
主客転倒もとより許せ年忘れ 寺岡情雨
久しぶりなり年忘ゆゑ逢へし 嶋田摩耶子
久闊も昨日会ひしも年忘 堀恭子
二次会の階段狭き年忘れ 斉藤 節
人々の中に我あり年忘 清崎敏郎
人に家をかはせて我は年忘 芭蕉(乙州が新宅にて)
人の世の哀れも唄ひ年忘 田上一蕉子
今もなほ戦の歌を年忘れ 森田峠 避暑散歩
伊豆の湯はうつくしかりし年忘 山口青邨
会へばすぐ舌戦となる年忘 愛澤豊嗣
円山の時雨に逢うて年忘れ 高濱年尾 年尾句集
冒頭にひとりを悼み年忘 細川加賀 生身魂
凭るるに一壁はあり年忘 綾部仁喜 寒木
半日は神を友にや年忘れ 松尾芭蕉
厨にも味見の客や年忘 坊城中子
口裏を合せかねゐる年忘れ 石原八束
古き世の絵双六見て年忘れ 成瀬正とし 星月夜
古書肆に寄りて間のある年忘 高木石子
句を作る屏風の陰や年忘 山口青邨
句弟子来て酒の談義や年忘れ 角川源義
同人となりたることも年忘れ 京極杞陽 くくたち上巻
夜十時より看護婦の年忘 樋口陵雨
夢の世の夢を見る間や年忘 松岡青蘿
大名に酒の友あり年忘れ 炭 太祇 太祇句選
大津絵の鬼が見栄切る年忘 松本幹雄
大男腰をかがめぬ年忘 草間時彦 櫻山
天井にとどくゴムの木年忘れ 岸本尚毅 鶏頭
妻なきを誰も知らざる年忘れ 能村登四郎 寒九
客あれば客あるで又年忘れ 高濱年尾 年尾句集
宮方の武士うつくしや年忘 黒柳召波 春泥句集
家の子に酒ゆるしけり年忘 士喬
家中衆のしのびしのびや年忘 召波
小僧等に法問させて年忘れ 蕪村
居酒屋に日雇ら足る年忘れ 昌寿
屋敷から梅もらふたり年忘 暁台
山の貌ながめつくして年忘 黛執
川舟やこたつしこみて年忘 成美
師の脇に酒つつしむよ年忘れ 石田波郷
師直の憎さが足らず年忘れ 西本一都
年忘すぐにとめけり家見廻 水田正秀
年忘まづは女将を褒めてより 白岩 三郎
年忘れすぐに煮つまるさくらなべ 棚山波朗
年忘れまだ四五日は今年かな 九寸児
年忘れわが秘めごとが人言に 北野民夫
年忘れ一本杉の唄が出て 高澤良一 ぱらりとせ
年忘れ人生双六しばし止む 百合山羽公 寒雁
年忘れ地にちかぢかと笹鳴けり 野澤節子 黄 炎
年忘れ嫌ひな人と並び坐し 片山由美子 水精
年忘れ府中帰りの南部黒 中村史邦
年忘れ徒食は人の屑ならむ 西本一都
年忘れ手拍子合はぬ人が居て 野畑節子
年忘れ旅をわするゝ夜も哉 一茶 ■寛政八年丙辰(三十四歳)
年忘れ曇りのとれぬ山をみて 鈴木太郎
年忘れ最も老を忘れけり 風生
年忘れ流れ流れてうたごゑ喫茶 鈴木栄子
年忘れ神父祖国の歌うたひ 佐々木美津子
年忘れ老は淋しく笑まひをり 虚子
年忘れ踊り出したる鍋の蓋 佐藤ユキ子
年忘れ過去は断片なるとき美 池内友次郎
年忘れ長者独りに餓鬼九人 中村史邦
年忘れ麹先生を懼れつつ 相生垣瓜人
年忘れ黄泉にも句会あるならむ 高澤良一 随笑
年忘一木の瘤拳打ち 上田五千石
年忘三輪山ぬうつと闇に在り 河原枇杷男
年忘乱に至らず終りけり 桜坡子
年忘侍りて下戸の刻ながし 金子 潮
年忘噂の主も参じけり 荒井正隆
年忘妾宅といふ恥るもの 野村喜舟 小石川
年忘手に手重ねて居たりけり 佐野青陽人
年忘拭へど指のインキかな 碧雲居句集 大谷碧雲居
年忘昔念者と若衆かな 青峨
年忘橙剥いて酒酌まん 正岡子規
年忘母の機嫌のうれしさよ 野村喜舟
年忘終り一等星を見き 池田秀水
年忘老は淋しく笑まひをり 高浜虚子
年忘面々無職ながら生く 高田蝶衣
幽冥へ去りし論客年忘 千原叡子
床上げて酒いささかの年忘れ 奈良文夫
座を起って見る星青き年忘 下村槐太 天涯
座持ちよき一人失ひ年忘れ 能村登四郎
御勝手にお唄ひなされ年忘 高澤良一 随笑
念入れぬ髪も出来たり年忘れ 斯波園女
悪相の九絵食いつくす年忘れ 宇多喜代子 象
我を入ると膝あひゆづる年忘 元
戦争の句を忘るるな年忘 黒田杏子 花下草上
戸の外にセエヌはありし年忘れ 小池文子 巴里蕭条
房州の波を見に来つ年忘 野村喜舟 小石川
手をしかと握りて泣けり年忘 岸風三樓
折角に忘れて居たを年忘 一茶
拭きこみし柱の艶や年忘 久保田万太郎 草の丈
新橋の奥の細道年忘れ 高澤良一 宿好
明日あるを当然として年忘 平井さち子 紅き栞
春かけて旅の万(よろづ)や年忘れ 惟然 俳諧撰集「有磯海」
朝の間に文使ひして年忘れ 井月の句集 井上井月
木屋町も久しぶりなる年忘 森桂樹楼
来て泊る横川の僧や年忘 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
歌よみの猛き言の葉年忘 森田峠 逆瀬川
歌舞伎座の絨毯踏みつ年忘 渡邊水巴 富士
毒舌も親しさのうち年忘 山田弘子 初期作品
毛氈の緋のはなやぎや年忘 久保田万太郎 流寓抄
水仙に写真のライト年忘れ 百合山羽公 寒雁
江ノ島の模糊と浮べり年忘 水原春郎
泣き上戸われを離さぬ年忘 小坂蛍泉
泣き人形交々叩き年忘れ 川村紫陽
海原をうしろに昼の年忘れ 松根久雄
海老の眼のあまりに黒し年忘れ 横山白虹
海賊鍋をどりづめなる年忘 工藤義夫
深大寺蕎麦にあづかる年忘 上田五千石 琥珀
漁火のちかぢかとある年忘 勢力海平
燭まして夜を続ぎにけり年忘 黒柳召波 春泥句集
父を恋ふ虚子の一軸年忘れ 成瀬正とし 星月夜
牛の子の角や待つらん年忘れ 荊口 俳諧撰集「有磯海」
独り者ゐるが興添へ年忘 山田弘子 螢川
独り酌む番茶よく出ぬ年忘 中島月笠 月笠句集
猪鍋の火がやや強し年忘れ 土方秋湖
玉子吸ふ女も見えつ年忘 黒柳召波 春泥句集
甘口の酒も好みや年忘 大場白水郎 散木集
生きて泣く籏こと給ふ年忘 石川桂郎 含羞
生き残りたるは四五人年忘 野原春醪
白雲を雪嶺と見て年忘れ 阿部みどり女
笑より涙あふれて年忘れ 林 翔
笑顔見て笑顔となりぬ年忘れ 宮本和代
箸袋裂きて句をとめ年忘れ 赤松[けい]子 白毫
糟糠の妻にも一つ年忘れ 相馬沙緻
美穂女には会へず浪速の年忘 浅井青陽子
義埋もまた楽しみもまた年忘 稲畑汀子
而して白陀がどんや年忘れ 石塚友二
耳しひに声々は楽年忘れ 皆吉爽雨
耳しひのひとり笑はず年忘れ 大竹きみ江
聞えたるいかもの食や年忘 高田蝶衣
腰掛の樽叩きつれ年忘 肥田埜勝美
膝抱きて荒野に似たる年忘れ 山田みづえ 忘
若き人ゐなくて愉し年忘 田中裕明 先生から手紙
若後家のあたりに酔うて年忘れ 井上井月
薬のむ水かたはらに年忘れ 吉本伊智朗
行灯を消せば鼠の年忘れ 丈草
衝立の花鳥はなやか年忘れ 木国
襟巻と手袋買つて年忘れ 田中冬二 若葉雨
貝で呑む人をあふぐや年忘 黒柳召波 春泥句集
起々の顔でとなりへ年忘れ 斯波園女
越よりの酒に限りや年忘れ 中戸川朝人 星辰
逢ふに似てはねる炭火や年忘 石川桂郎 四温
過去に生きし老どち寄りて年忘れ 福田蓼汀
酌下手の妻を呵(しか)るや年忘 草城
酒量落つ話どうでも年忘 高澤良一 燕音
酔ひ臥しの妹なつかしや年忘れ 召波
酔臥の妹なつかしや年忘 黒柳召波 春泥句集
金輪際歌はせて年忘れけり 岩崎照子
銀杯に灯ののり易き年忘れ 蓬田紀枝子
鍋に火のよく廻りたる年忘れ 佐川広治
階段の上のくらがり年忘 藺草慶子
雨中来て袴ぬらしぬ年忘れ 岡本松浜 白菊
須弥壇の闇に隣し年忘れ 亀井糸游
飛行距離伸ばさぬ鳶と年忘れ 原裕 青垣
馬方や恋を罵る年忘 竹冷句鈔 角田竹冷
駅近き会場と決め年忘 稲畑汀子
魚鳥の心は知らず年忘れ 松尾芭蕉
鯛焼を買ひもて食へり年忘 八木林之介 青霞集
鰓なでて酒のむ癖や年忘れ 野村喜舟
黒膳の整然並ぶ年忘 高木 静花
五臓六腑に忘年の酒そそぐ 辻田克巳
友あらずとも忘年の灘の綺羅 斎藤梅子
忘年のどの座にも居る鍋奉行 田中英子
忘年のはなやぎとなり石鼎忌 沖山智恵子
忘年のやさしさ負うて馬の肌 対馬康子 愛国
忘年の城全燈を灯しけり 館岡沙緻
忘年の小舟浮かべて平らかなり 熊谷静石
忘年の山河はまざと鶴翔たず 齋藤玄 『無畔』
忘年の山遠ければ遠き闇 平根良子
忘年の星に酔いどれ天使かな 高澤良一 燕音
忘年の水の上にある虫柱 山尾玉藻
忘年の火の粉流るる竹の幹 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
忘年の街に別るる好敵手 椎橋清翠
忘年の駅乗り過ごす為体(ていたらく) 高澤良一 さざなみやっこ
忘年の鳥湧きて消ゆ妃陵あり 山本洋子
忘年やワインにゆるる海のいろ 山崎悦子
忘年や本物は見ぬ己の顔 出井一雨
忘年や真赤な薔薇の束を抱き 吉田トヨ
忘年や身ほとりのものすべて塵 桂信子
忘年や酔うてさみしきおどけぶり 小島千架子
忘年や醸(う)れて梅酒の真紅 辻桃子
忘年酒とどのつまりはひとりかな 清水基吉
森の影ある忘年の葱畑 和知喜八 同齢
獏を見て我が忘年としたりけり 北見さとる
立つてゐる費とが忘年曾幹事 千原草之
紙ひとり燃ゆ忘年の山平ら 飯田龍太
葬列ながし忘年の酒飲みおれば 鈴木六林男 谷間の旗
あなまたや忘年会の招き文 石塚友二 光塵
くじ引きの座に上下なし忘年会 山本 千代
しんと静まり返り忘年会終る 右城暮石 声と声
一明眸またたきともる忘年会 辻田克巳
八畳はこんなに坐れる忘年会 池田澄子 たましいの話
同人会忘年会と金嵩む 高澤良一 鳩信
忘年会くづれの一人書肆に入る 下村ひろし 西陲集
忘年会くづれの熱き蕎麦湯かな 鈴木しげを
忘年会つゞきし故の不参とも 千原叡子
忘年会一番といふ靴の札 皆川盤水
忘年会妻にはありて吾になし 高澤良一 随笑
忘年会果てて運河の灯影かな 小川濤美子
忘年会脱けて古本漁りけり 阿片瓢郎
忘年会船一便をやりすごす 秋光泉児
月まぶし忘年会を脱れ出て 遷子
知り過ぎし忘年会の顔並ぶ 佐々木ちてき
立つてゐる人が忘年会幹事 千原草之
遅参なき忘年会の始まれり 普羅
酔はさんと忘年会のはかりごと 鈴木洋々子
雀見て忘年会へ急ぐかな 岸本尚毅 鶏頭
御勝手にお唄ひなされ年忘 高澤良一 随笑
岡晴夫(オカツパル)たうたう出たか年忘 高澤良一 石鏡
下田稔兄
亡き人の十八番を唄ふ年忘 高澤良一 石鏡
熱唱に六十余州年忘れ 高澤良一 暮津

年忘 補遺

「美濃吉」の黒き柱や年忘れ 桂信子「草影」以後
あなまたや忘年会の招き文 石塚友二 光塵
あの会もまたこの会も年忘 山口青邨
いまだ師に仕ふる思ひ年忘 松崎鉄之介
おつまみは丸子のむかご年忘 百合山羽公 樂土
かま風呂の枕の福寿年忘 後藤比奈夫
から揚の虎魚は化石年忘れ 百合山羽公 樂土以後
こんにやくの刺身もよろし年忘 山口青邨
さかづきの底絵あやしき年忘 鷹羽狩行
さかづきをかはす女夫や年忘 日野草城
さそはれて浄瑠璃聞くも年わすれ 水原秋櫻子 餘生
さらでだにましてや老の年忘 正岡子規 年忘
ざれ歌のわが声なりし年忘れ 能村登四郎
しやぶしやぶにあたたまりつつ年忘 阿波野青畝
しんと静まり返り忘年会終る 右城暮石 声と声
そのかみの恋を興がる年忘 日野草城
とん~と上る階段年忘れ 星野立子
どろ~に酔うてしまひぬ年忘 日野草城
なんとなく尋ねて泣かれ年忘 鷹羽狩行
はや~と我等ばかりの年忘れ 清崎敏郎
ひとゝせのゆくへを知らに年忘 日野草城
ひとゝせの悲喜を祀らむ年忘 日野草城
まだ伏せてある盃や年忘 高田風人子
わが他に老人のゐぬ年忘れ 能村登四郎
わけ知りの仕草で手締め年忘れ 鷹羽狩行
スクランブル交叉忘年会はおもしろし 山口青邨
スリツパの数見事なり忘年会 右城暮石 一芸
パチンコヘ損をしに行き年忘 阿波野青畝
ビル街の暗し忘年会を出て 右城暮石 天水
フエニツクスの樹の薩摩みち年忘る 角川源義
一家とてただの二人や年忘 山口青邨
一日は耳や塞がん年わすれ 正岡子規 年忘
一湾の眺めを肴年忘れ 佐藤鬼房
一興は一狂なりや年忘れ 鷹羽狩行
一輪の梅を見て来ぬ年忘 山口青邨
伊豆の湯はうつくしかりし年忘 山口青邨
会員に農婦が多き忘年会 右城暮石 散歩圏 補遺 頑張れよ
佇ちて待つ忘年会の座拵へ 右城暮石 句集外 昭和五十六年
作り滝*たうたうと落つ年忘 山口青邨
作り滝見てだまされて年忘 山口青邨
僧の友に他宗の友よ年忘れ 松崎鉄之介
先約のはうを断り年忘 鷹羽狩行
医の友等いづこにつどふ年わすれ 水原秋櫻子 蘆雁
古きものに古きよろしさ年忘れ 富安風生
句を作る屏風の陰や年忘 山口青邨
句弟子来て酒の談義や年忘れ 角川源義
同人会すなはち年忘よきつどひ 山口青邨
同人会即ち忘年会たのしさよ 山口青邨
君は誰ぞと医の友問ひぬ年忘れ 水原秋櫻子 玄魚
君話わかるよ飲めよ年忘 高田風人子
吾妹子と二人ならんで年わすれ 正岡子規 年忘
大殿の笑ひ聞えつ年忘 正岡子規 年忘
大男腰をかがめぬ年忘 草間時彦 櫻山
大笊に一句を投ず年忘 山口青邨
大臣の猶うとましや年忘れ 正岡子規 年忘
大鯛を得て俄かなる年わすれ 水原秋櫻子 緑雲
女だち忘年会に行く仕度 山口青邨
女弟子よりも飲めずに年忘れ 鷹羽狩行
妻なきを誰も知らざる年忘れ 能村登四郎
妻措きて出づるかなしさ年忘れ 星野麥丘人
安倍川をつくりて妻の年忘 日野草城
宿替へて一つ海見て年忘 岡本眸
小肥りとなられし女将忘年会 桂信子「草影」以後
尼寺の忘年句会チューリップ 星野立子
履物のぬしがはりしぬ年忘 阿波野青畝
山会の納の会の年忘 山口青邨
師の脇に酒つつしむよ年忘れ 石田波郷
帯みんな美しかりし年忘 山口青邨
常臥しの何忘れんや年忘れ 森澄雄
年忘がくんと酔の廻リけり 高田風人子
年忘しては餘生に甘えけり 百合山羽公 樂土
年忘れいくつ重なり蕪村の忌 森澄雄
年忘れきのふに今日を書きはげむ 上田五千石『琥珀』補遺
年忘れしつつも傷むこと二つ 富安風生
年忘れしてわれにあり物忘れ 森澄雄
年忘れどきを遠流のごとくゐる 上田五千石 天路
年忘れふりさけ見れば不二立てり 大野林火 月魄集 距和五十七年
年忘れみだらごのみの仲居あり 日野草城
年忘れメモに控えて忘れたり 橋閒石 微光
年忘れ一人浮かねば座が白け 松崎鉄之介
年忘れ一杯はまづ風邪払ひ 百合山羽公 樂土以後
年忘れ人生双六しばし止む 百合山羽公 寒雁
年忘れ以後の訃に遇ふ忘れじよ 林翔
年忘れ六十年の年を忘れ 山口青邨
年忘れ同じ顔にて又よけれ 能村登四郎
年忘れ小唄一つが賑はひに 高浜年尾
年忘れ忘れてならぬ恩ひとつ 富安風生
年忘れ折々猫の啼いて來る 正岡子規 年忘
年忘れ最も老を忘れけり 富安風生
年忘れ義士討入の日も忘る 百合山羽公 樂土以後
年忘れ花火野郎も老いにけり 大野林火 方円集 昭和五十一年
年忘れ鮟鱇鍋の箸敵 百合山羽公 樂土以後
年忘れ麹先生を懼れつつ 相生垣瓜人 明治草
年忘一斗の酒を盡しけり 正岡子規 年忘
年忘弔ひのため来られぬと 高田風人子
年忘橙剥いて酒酌まん 正岡子規 年忘
年忘見附の松に雨ふりて 山口青邨
年忘酒泉の太守鼓打つ 正岡子規 年忘
年忘酒飲まねばの会ならず 阿波野青畝
年忘酔うてしまへば仏かな 日野草城
床の間に石の富士置き年忘 山口青邨
座を起って見る星青き年忘 下村槐太 天涯
座を起つて見る星青き年忘 下村槐太 光背
座持ちよき一人失ひ年忘れ 能村登四郎
後れ来し人も加はり年忘れ 右城暮石 散歩圏
忘れたき年なればとて年忘れ 能村登四郎
忘れ得ぬ亡き人ひとり年忘れ 林翔
忘年のおひようおからと啖ひける 岡井省二 鯨と犀
忘年のもう一と歩きするとせむ 飯島晴子
忘年の宴抜歯後の顔ひとつ 飯田龍太
忘年の袴のかずの徳利かな 鷹羽狩行
忘年の酒いささかの覚悟あり 桂信子 草影
忘年や一木の瘤拳打ち 上田五千石『琥珀』補遺
忘年や別れてよりは川に沿ふ 岡本眸
忘年や白波の尖昏るるとも 飯島晴子
忘年や話せば長きことながら 桂信子「草影」以後
忘年や身ほとりのものすべて塵 桂信子 樹影
忘年会ランチヨンはビアホールにて 石塚友二 磊[カイ]集
忘年会牡丹の皿が並びけり 阿波野青畝
忘年会生き残れるは老いてけり 石塚友二 玉縄以後
忘年会軍歌で棄てた青春持ち 伊丹三樹彦
忙年といふべし妻と年忘れ 飴山實 句集外
思ひ思ひにネオン点滅忘年会 右城暮石 句集外 昭和三十九年
我庭の年忘れ草枯れにけり 正岡子規 年忘
戯れごとも時に愛嬌年忘れ 高浜年尾
戯れ言にひやと真意や年忘 上田五千石 天路
拙き句またよからずや年忘 山口青邨
指名にただ手を振るのみの年忘れ 能村登四郎
掌の厚き人妻まじる忘年会 右城暮石 句集外 昭和四十二年
掛聲を何とすかさん年わすれ 正岡子規 年忘
敗荷を眺むるも興年忘 山口青邨
旅つづけつゝも気楽に年忘れ 高浜年尾
早稻田派の忘年會や神樂阪 正岡子規 年忘
月の夜を思ひ出しけり年忘 正岡子規 年忘
歌舞伎座の絨毯踏みつ年忘 渡邊水巴 富士
死にかけしこともありしか年忘れ 正岡子規 年忘
毒気なき毒舌ばかり年忘れ(東京やなぎ会) 鷹羽狩行
水仙に写真のライト年忘れ 百合山羽公 寒雁
深大寺蕎麦にあづかる年忘 上田五千石 琥珀
満月の川波見つつ年わすれ 水原秋櫻子 晩華
灯の下を過ぎ星の下年忘れ 鷹羽狩行
生きて泣く籏こと給ふ年忘 石川桂郎 含羞
田にひとつ燃え忘年の捨焚火 森澄雄
畏敬する人の隣りに年忘れ 上野泰
略図よく書けて忘年会だより 能村登四郎
目の見えぬほど女酔ふ忘年会 右城暮石 散歩圏
眼の下に弁財天や年忘 山口青邨
紅一点現れぬまま年忘れ 鷹羽狩行
紙ひとり燃ゆ忘年の山平ら 飯田龍太
老校書一さし舞ひぬ年忘れ 富安風生
老輩のジヨツキ離さず年忘 山口青邨
而して白陀がどんや年忘れ 石塚友二 曠日
耳遠く目うすし何を年忘 正岡子規 年忘
胸の傷痕なきは吾のみ年忘れ 草間時彦 中年
膝抱きて荒野に似たる年忘れ 山田みづえ 忘
舞まうて面なや我も年忘れ 松本たかし
蕪村忌に會して終に年忘 正岡子規 蕪村忌
虹太き伊豆に驚きぬ年忘れ 草間時彦 中年
見栄えせぬ顔そろいけり年忘 橋閒石俳句選集 『和栲』以後(Ⅱ)
言の葉も枯れけり年の忘れ草 正岡子規 年忘
誰一人来て居らざりし忘年会 右城暮石 句集外 昭和四十四年
諸共に俘虜の大禿年忘れ 平畑静塔
踏み台の恩の重さや年忘 佐藤鬼房
身から出た錆の眠気や年忘 岡本眸
身ほとりや濃き忘年の墓煙 飯島晴子
逢ふに似てはねる炭火や年忘 石川桂郎 四温
遅参なき忘年会の始まれり 前田普羅 普羅句集
道ばたに忘年会の反吐の華 日野草城
酌下手の妻を呵るや年忘 日野草城
金屏に何かかくして年忘 山口青邨
隅田川見て刻待てり年わすれ 水原秋櫻子 蓬壺
雪吊の松も眺めや年忘 山口青邨
顔をもて会ふ舊知年忘 三橋敏雄
風吹て酒さめやすし年わすれ 正岡子規 年忘
飛行距離伸ばさぬ鳶と年忘れ 原裕 青垣
飲み食ひのすべて持ち寄り忘年会 右城暮石 散歩圏 補遺 頑張れよ
鬚剃りてふだん羽織や年忘 原石鼎 花影
鮟鱇の肝は食はずよ年忘 安住敦

年忘 続補遺

あすの事松にとはゞや年忘 泰徳 江戸蛇之鮓
あたゝかに着て耻かしや年忘 加藤曉台
おもひ出していふ事なかれ年わすれ 加藤曉台
おもひ出す旅の心や年忘れ 荻人
さかもりや一雫にて年わすれ 智月尼
しろ金や霰ふる夜の年忘れ 鬼貫
つゐと出て野に何がある年わすれ 荊口
とにかくにたらぬ日数や年忘 炭太祇
はしらかす屏風のうちや年忘 浪化
わかき人に交リてうれし年忘 高井几董
わざくれや三百出して年わすれ 凉菟
乳母ふへてしかも美女なし年忘 其角 五元集
二間にもあまりて咄す年忘れ 釣壺
今宵いざ仍て件の年忘 凉菟
住よしの岸に行てふ年わすれ 松窓乙二
余所に寐てどんすの夜着の年忘 支考
先我もおとこの部にて年忘れ 朱拙
八斗田を終にはなして年忘れ 朱拙
兼好はしねといふたに年忘 支考
十五日春やのしこむ年わすれ 丈草
問かへす咄もなしや年わすれ 曲翠
壁ごしの鼾とふたり年忘れ 田川鳳朗
夢の世の夢を見る間や年忘 松岡青蘿
大名に酒の友あり年忘れ 炭太祇
大晦日ねいつたうちが年忘れ 其角
姥ふえてしかも美女なし年忘 其角
子に酔て猩々舞や年忘 乙訓
客人の心になりて年忘れ 乙訓
宮方の武士うつくしや年忘 黒柳召波
常好む事に落けり年忘 三宅嘯山
年わすれ十ヲも十五も兄を見て 小西来山
年わすれ宿は鼠の舞台哉 洒堂
年わすれ忘寐に着る蒲団かな 松岡青蘿
年わすれ楽屋に鶏がうたふなり 三宅嘯山
年忘うかるゝ雪の手傘 吾仲
年忘すぐにとめけり家見廻 正秀
年忘れ不二をとりまく坐敷哉 加藤曉台
年忘れ府中帰りの南部黒 史邦
年忘れ長者独に餓飢九人 史邦
年忘レ劉伯倫はおふはれて 其角
年忘若菜もちかし蕪汁 万子
心には物こそ残れ年忘れ 野坡
念入ぬ髪も出来たり年忘レ 園女
明樽に苦や入替て年忘 牧童
春夏秋みな面白し年忘 中川乙由
月華も御免なれとて年忘れ 支考
次の間もあるにまかせよ年忘 智月尼
次第~心はながし年わすれ 尚白
此一座すぐに春也年わすれ 凉菟
河豚汁の棒組そろふ年忘レ 嵐青
湯豆腐の濁ら ぬ同士や年忘 素丸 素丸発句集
濯がれつそゝぐいのちや年忘れ 野坡
燭まして夜を続にけり年忘 黒柳召波
牡丹花も露を請てや年忘レ 沾圃
独居の反古そろへむ年忘 乙訓
玉子吸ふ女も見えつ年忘 黒柳召波
玉章の棚さがさばや年忘れ 土芳
白髪に我あやからん年わすれ 支考
私にけふの寒さや年忘れ 嵐青
腰越や鎌倉は嘸年わすれ 黒柳召波
色よ香よ有て過たる年忘 尚白
誓文は霙と解つ年忘 亀洞
貝で呑ム人をあふぐや年忘 黒柳召波
貧僧をほりに行ばや年わすれ 曲翠
起~の顔でとなりへ年忘れ 園女
酔臥の妹なつかしや年忘 黒柳召波
雪はありて風ふかぬ日や年忘 嵐蘭
雲井にも菜飯の嗅や年忘れ 浪化
鰒汁の白髪めでたし年忘 桃妖
鳴わたるひとえ紙衣や年わすれ 智月尼

以上

by 575fudemakase | 2017-02-17 11:06 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26658990
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

軍艦 の俳句
at 2017-11-22 08:20
那智の滝 の俳句
at 2017-11-22 08:16
後評(2017・9)
at 2017-11-22 06:00
後評(2017・11)
at 2017-11-22 05:52
火恋し の俳句
at 2017-11-18 16:26

外部リンク

記事ランキング