門松立つ の俳句

門松立つ の俳句

門松立つ

例句を挙げる。

すめらぎにますらをに我が松立てぬ 渡邊水巴 富士
ビルの間の老舗さきがけ松立つる 和田暖泡
女てふさびしさに松立てにけり 渡辺桂子
小さく住みて松立てずある家の様 雑草 長谷川零餘子
山の雪つけしまま松立てにけり 大串章
広島の夜陰死にたる松立てり 西東三鬼
御松立ねぢれ柱に経一誦 西本一都 景色
旅館のみ松立てゝ部落冬霞 渡邊水巴 富士
松立ちし妹が門辺を見て過ぎぬ 高浜虚子
松立てし伯耆の国に月のぼる 山本洋子
松立ててこち向く家や松隣 たかし
松立ててたち上がりたる星座かな 畑中秀樹
松立ててひとり呟くこれでよし 高澤良一 随笑
松立ててをりちんどん屋賑やかに 村山古郷
松立てて仮泊す伊勢の漁船団 猿橋統流子
松立てて家に背筋の入りにけり 高澤良一 随笑
松立てて淋しき駅でありにけり 大峯あきら 宇宙塵
松立てて漂うてをる小舟かな 富安風生
松立てて焦土は薄ら雪が下 林原耒井 蜩
松立てて空ほのぼのと明る門 夏目漱石 明治三十年
松立てゝあることはありここ六区 清崎敏郎
松立てゝ古き馬屋の雀の果 前田普羅 飛騨紬
松立てゝ屑焼く暮れや顔に雨 大谷句佛 我は我
松立てゝ手洗ふ程に春近し 成美
松立てゝ杣人代々の火を守れる 水内 鬼灯
海軍省日出づる国の松立ちぬ 渡邊水巴 富士
短日の径まがらせて松立てり 岩田昌寿 地の塩
稲掛けて人の如くに松立てり 星野立子
早々と門松立てて客集め 中野 重一
石道寺門松立ててゐるところ 大峯あきら 宇宙塵
菜の花に門松立てて安房郡 風生
門松立ち俎上の魚は頭を刎ねらる 北野民夫
門松立てて天の蒼さをひきよせぬ 高橋たかえ
門松立て玻璃戸中なる鋸目立て 北野民夫
かくれ家も世に交りけり松飾 高橋淡路女 梶の葉
ふりいでし雪の中なる松飾 久保田万太郎 草の丈
よその山にはばかり折りて松飾る 木村蕪城 寒泉
入れられて泣きし蔵なる松飾 瀧澤伊代次
前山に山彦棲む日松飾る 渡辺柳風
千客の万来の松飾りけり 村山葵郷
友らいつか集ひ棲みけり松飾 石田 波郷
吉野路や冬の桜に松飾 古白遺稿 藤野古白
吹かれゐし白魚舟の松飾 斎藤夏風
吾を見る墓石の前に松飾る 百合山羽公 寒雁
呉竹の根岸の里や松飾り 正岡子規
大いなる門のみ残り松飾り 虚子
山社松の木の間の松飾 古白遺稿 藤野古白
幾霜に心ばせをの松飾り 松尾芭蕉
斧の刃にうつる地炉の火松飾る 早崎 明
松山の囲める町の松飾 汀女せん 吉屋信子
松飾いづこで焚くも地の厚み 神尾久美子
松飾して新造の春日丸 阿部みどり女 笹鳴
松飾その他も略すつねのこと 石塚友二 光塵
松飾はづし素顔の街となる 福原ふじこ
松飾りして曳売りの焼いも屋 新井太四郎
松飾りとれて小さき船ばかり 山下和人
松飾りをるはやつぱり日本人 辻井ト童
松飾り妻が大きく見ゆる日ぞ 中条明
松飾り妻は玻璃拭き空澄ます 今村米夫
松飾り小さし大きな虚子のこと 安立恭彦
松飾り小ぶりよ海女の消えし戸に 鍵和田[ゆう]子 未来図
松飾り岩木颪の吹く門に 増田手古奈
松飾るコンクリートに膝をつき 岩崎健一
松飾る機械住みつく厩にも 松倉ゆずる
松飾る病者ばかりが相寄りて 古賀まり子 洗 禮
松飾る鶏炯々と風の中 古舘曹人 樹下石上
松飾焚き悲しみの昭和果つ 小松崎爽青
松飾焚く火幣より発しけり 皆吉爽雨
松飾解かざる船は休みをり 穐好樹菟男
松飾錠をつらねて藩庫かな 雑草 長谷川零餘子
海坂のきらりきらりと松飾り 渡辺大円
燃えてゆく一家々々の松飾 阿部みどり女
苗代田に松飾りして農に生く 江藤 睦子
衣紋師の胡粉暖簾や松飾 四明句集 中川四明
賑かに人の出入や松飾 高橋淡路女 梶の葉
身の幅の龍飛裏路地松飾る 福永耕二
門川は凍りて白し松飾 田村了咲
雪ふかくヒユツテの扉あり松飾 水原秋櫻子
雪国のありとも見えず松飾 龍胆 長谷川かな女
顔かくすためにある袖松飾り 橋本草郎
風音を伊賀に聞きをり松飾 鈴木鷹夫
女手に立てし門松月あきらか 中山純子
子が買つて来し門松をわが立てて 安住敦
門松の立ちそめし町や雁渡る 渡辺水巴
門松の立ち初めしより夜の雨 一茶
門松の立つ白鳥の餌付小屋 山崎羅春
門松を立てていよいよ淋しき町 高浜虚子
門松を立てて鰈を干してある 辻 桃子
門松を立てに来てゐる男かな 池内たけし
門松を立て終りたる塵を掃く 松田水石

門松立つ 補遺

ふじのねや麓は三保の松飾り 正岡子規 門松
よその山にはばかり折りて松飾る 木村蕪城 寒泉
一人子と閑かに住めり松飾 日野草城
一塵もとどめず対の松飾り 鷹羽狩行
主柱なす船のアンテナ松飾 右城暮石 句集外 昭和四十五年
吾を見る墓石の前に松飾る 百合山羽公 寒雁
呉竹の根岸の里や松飾り 正岡子規 門松
土牢はいまも錠かけ松飾 山口青邨
妻逝きてにはかに空し松飾 松崎鉄之介
子が買つて来し門松をわが立てて 安住敦
家持て門松立てゝけさの春 正岡子規 今朝の春
常ならぬ世にありこれの松飾る 三橋鷹女
朱と緑かがり朱竹青松飾毬 山口青邨
松飾して滝の水氷りたる 右城暮石 句集外 昭和四十五年
松飾して空豆が咲いてゐる 清崎敏郎
松飾しんしん青し兵に書く 三橋鷹女
松飾その他も略すつねのこと 石塚友二 光塵
松飾り古にし道を隠さばや 土芳
松飾り済むこまごまともののいろ 飯田龍太
松飾るすめらみくにの民なれば 三橋鷹女
松飾る鶏炯々と風の中 古舘曹人 樹下石上
松飾燃えて橙笛鳴らす 右城暮石 虻峠
此隅に門松立てり江戸の春 正岡子規 初春
母の無き仔馬柱に松飾り 中村草田男
流寓にして大ぶりの松飾り 鷹羽狩行
砂浜に門松立ちて人の門 清崎敏郎
誰が言ひし象牙の塔と松飾 山口青邨
釘をもて打てば足るなる松飾る 安住敦
門松の立ちたる国へ帰り来し 高田風人子
門松は立つか象牙の塔に赤旗 山口青邨
門松やけふ月花のはしら立 中川乙由
門松を立てんと人数かかはりて 清崎敏郎
雪ふかくヒユツテの戸あり松飾 水原秋櫻子 新樹
霜天の脳裡に青き松飾る 三橋敏雄
音もなき暮しの門に松飾る 中村汀女
鯨船松飾してかかりをり 富安風生

以上

by 575fudemakase | 2017-02-17 11:27 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26659033
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング