一茶忌 の俳句

一茶忌 の俳句


一茶忌

例句を挙げる。

いなご香ばしく煮たのも信州もう一茶忌のころ 荻原井泉水
くらがりに鶏突つ立てり一茶の忌 原田喬
すりごまの匂ふ厨や一茶の忌 山下典子
とどかざる月を一茶の忌なりけり 匹田のぶ子
ふるひたちてはまぐはふや一茶の忌 岡井省二
ガスの火の紫もゆる一茶の忌 富安風生
ベレー帽茶に買ひ替へて一茶の忌 大口蘇峰
一茶忌と知るも知らぬも蕎麦すゝる 岩永三女
一茶忌に滑稽の句覚束な 斎藤紫々
一茶忌のたひらな闇を田とおもふ 小原俊一
一茶忌のにつぽん中の雀かな 知久芳子
一茶忌のふうはり雲が通ひ出す 白澤良子
一茶忌の下駄に重たき墓地の土 加藤知世子
一茶忌の今年雪なき柏原 楠本憲吉
一茶忌の句会すませて楽屋入 中村吉右衛門
一茶忌の句屑をくべよ庭竃 黒田杏子 花下草上
一茶忌の夜もあたたかく蠅の来る 西本一都
一茶忌の小遣い少なくなりにけり 高澤良一 随笑
一茶忌の時雨が雪に早がはり 加藤知世子 花寂び
一茶忌の柿喰ふ椋鳥をゆるし置く 吉野義子
一茶忌の煎薬やこれ恙なく 金井苑衣
一茶忌の熱きうどんを啜りけり 伊東泉花
一茶忌の福神漬を噛み鳴らし 高澤良一 随笑
一茶忌の蕎麦を雀のごとく食ふ 青柳志解樹
一茶忌の薪割る音のしてゐたり 池田秀水
一茶忌の雀の家族焚火越す 秋元不死男
一茶忌の雀四五羽のむつまじき 清水基吉
一茶忌の霜月もひれ屁ひり虫 菅原師竹句集
一茶忌やどこからも聞く寺障子 西本一都 景色
一茶忌やふかぶか掘りし葱の畝 安住敦
一茶忌や一ト切れのパン夜半に欲し 石川桂郎 含羞
一茶忌や口やかましき人ばかり 瀧井孝作
一茶忌や句会たのしむ老女たち 瀧 春一
一茶忌や同名弥太郎狂馬楽 龍岡晋
一茶忌や吾もたらちねに縁うすく 田中英子
一茶忌や大月夜とはよくも言ひし 高浜虚子
一茶忌や寝しなの鉦を一つ打つ 栗生純夫 科野路
一茶忌や我も母なく育ちたる 上村占魚 『鮎』
一茶忌や柿より小さき目白来て 小東泰子
一茶忌や父を限りの小百姓 石田波郷(1913-69)
一茶忌や窪みもどらぬ旅しとね 澁谷道
一茶忌や親しきものに軒雀 福田蓼汀 山火
一茶忌や遠き世の墓貧しげに 瀧春一
一茶忌や雪とつぷりと夜の沼 角川源義
一茶忌や髪結ふことを尚餐(こひねがはくはうけよ) 高浜虚子(吉右衛門主催、一茶忌)
一茶忌を忘れずゐたる葛湯かな 森澄雄
一茶忌を移る棺形日向かな 永田耕衣 殺佛
他人の靴切に磨けり一茶の忌 佐野まもる
俳諧寺一茶忌あなたまかせかな 増田龍雨
切り取りしごとき日向や一茶の忌 片山由美子 風待月
坐せばはつゆき柏原一茶の忌 黒田杏子 花下草上
堆肥舎に湯気立つ晨一茶の忌 岡野よしを
夕暮れて母呼ぶ声や一茶の忌 水野 あき
大榾火泡吹きたてゝ一茶の忌 竹田 于世
子の縁薄き夫婦や一茶の忌 榎本栄子
孝にして友ならざりし一茶の忌 相生垣瓜人
干大根細り細りて一茶忌へ 林 翔
押売りのめつきり減りて一茶の忌 八幡より子
旅半ば地酒あたゝめ一茶の忌 升谷一灯
月の鎌一茶忌過ぎしより寒し 沖里石
望郷の鮭打たるるよ一茶の忌 北見さとる
梅壺塩壺肩を寄せあふ一茶の忌 佐野まもる
歯の欠けし男饒舌 一茶の忌 富澤赤黄男
消しゴムの方向音痴一茶の忌 雨宮抱星
焼栗の爆ぜて一茶忌近うせり 吉田鴻司
煮えつまる芋の匂ひも一茶の忌 菅生須磨子
甘薯南瓜土間にまろばす一茶の忌 根岸 善雄
甘藷食ひしあとの放心一茶の忌 猿橋統流子
田の胼に風しむ夜なり一茶の忌 伊藤三十四
碾きてこの蕎麦も凶年一茶の忌 黒田杏子 花下草上
荒畝の越後へ走る一茶の忌 宮坂静生 春の鹿
菊の香のにがく晴れたり一茶の忌 鳥居おさむ
虚栗ふすべ一茶の忌なりけり 西本一都 景色
蛙眠り雀膨らむ一茶の忌 本谷英基
貧すれば鈍の一茶の忌なりけり 久保田万太郎 流寓抄
賓頭盧の首見えかくれ一茶の忌 佐川広治
飄々と雲水参ず一茶の忌 飯田蛇笏 霊芝

一茶忌 補遺

どこそこに雪一茶忌の来てゐたり 上田五千石 琥珀
ははそはの母恋し一茶忌の話 阿波野青畝
ふるひたちてはまぐはふや一茶の忌 岡井省二 猩々
ぶつかつて泣く子泣かぬ子一茶の忌 鷹羽狩行
一茶忌ぞよごみのやうなる雀ども 加藤秋邨
一茶忌に耳のつめたくなりにけり 秋元不死男
一茶忌のわが草の戸の古りに古り 山口青邨
一茶忌のラーメンすすり安静時 角川源義
一茶忌の余せし菓子も蕎麦作り 鷹羽狩行
一茶忌の川底叩く木の実かな 石田勝彦 雙杵
一茶忌の巻かぬ甘藍ばかり見つ 加藤秋邨
一茶忌の昏れぎは黒い鰯雲 秋元不死男
一茶忌の藷羊羹を浅草ゆ 山口青邨
一茶忌の雀の家族焚火越す 秋元不死男
一茶忌の雑木紅葉のあたたかし 松崎鉄之介
一茶忌の黒さがうまさ蕎麦すする 鷹羽狩行
一茶忌へちかづく夜寒そぞろ寒 上田五千石 風景
一茶忌やすこしいびつな赤い月 雨滴集 星野麥丘人
一茶忌やわが畑の芋けふは煮て 山口青邨
一茶忌や一ト切れのパン夜半に欲し 石川桂郎 含羞
一茶忌や一茶嫌ひを改めて 百合山羽公 樂土
一茶忌や南天の実に青のこり 森澄雄
一茶忌や我も母なく青ちたる 上村占魚 鮎
一茶忌や父を限りの小百姓 石田波郷
一茶忌や色好むとはなほ哀れ 阿波野青畝
一茶忌や茶の花つくとたださして 山口青邨
一茶忌や蕎麦も蕎麦湯もあたたかに 鷹羽狩行
一茶忌や親しきものに軒雀 福田蓼汀 山火
一茶忌を移る棺形日向かな 永田耕衣
不機嫌な街路樹ばかり一茶の忌 飯田龍太
元日も一茶忌ゆゑか晴れ難し 相生垣瓜人 負暄
土くれに時雨るるのみや一茶の忌 永田耕衣
孝にして友ならざりし一茶の忌 相生垣瓜人 明治草
干大根細り細るや一茶忌へ 林翔
歯の欠けし男饒舌 一茶の忌 富澤赤黄男
灯の上の灯は闇にある一茶の忌 飯田龍太
蝋涙の熱しや一茶忌に参じ 鷹羽狩行
飄々と雲水参ず一茶の忌 飯田蛇笏 霊芝

以上

by 575fudemakase | 2017-02-17 12:58 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26659230
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

朝冷 の俳句
at 2017-10-16 09:58
雨冷 の俳句
at 2017-10-16 09:57
秋冷 の俳句
at 2017-10-16 09:56
ひえびえ・ひやひや の俳句
at 2017-10-16 09:54
秋湿り の俳句
at 2017-10-16 03:21

外部リンク

記事ランキング