火の番 の俳句

火の番 の俳句

寒柝

例句を挙げる。

大打ちの寒柝雪の華も打つ 赤松[ケイ]子
天主堂めぐる寒柝ねんごろに 朝倉和江
寒柝がはづれに出るそこが世の涯 松村禎三
寒柝がもぐらの夢を叩きける 野中 亮介
寒柝が心の傷に触れて過ぐ 下村ひろし 西陲集
寒柝が忘れしころに戻り来る 山口波津女
寒柝が過ぐかへらざる刻が過ぐ 長田等
寒柝に合せて生ける肌たたく 西東三鬼
寒柝に眠り暁木枯に覚む 齋藤愼爾
寒柝に鯛の目玉を啜らんか 藤田湘子 春
寒柝のつぎの一打の遥かなる 黛 執
寒柝の一つ一つに余韻なし 京極杞陽 くくたち上巻
寒柝の一打たてがみ欲しくなる 桑原まさ子
寒柝の仕舞の一打われへ打つ 橋本榮治 麦生
寒柝の声不揃ひのまま過ぎし 行方克己
寒柝の夜空に飛んで星ふやす 清水晴子
寒柝の水辺へ出でし響きかな 黛執
寒柝の目立たぬひとでありにけり 佐々木六戈 百韻反故 初學
寒柝の遠きは空をゆくごとし 井沢正江 湖の伝説
寒柝の音のまつはる歩みかな 相生垣瓜人 微茫集
寒柝の音の二つの落ちあひし 太田 嗟
寒柝の音止みてより闇深む 房前芳雄
寒柝はオランダ坂に遠ざかる 山田弘子 螢川
寒柝やしばし扉の開く終電車 守屋明俊
寒柝や地蔵の多き湯の町に 鍵和田[ゆう]子 浮標
寒柝や夜尿薬買ふ終ひの客 八牧美喜子
寒柝や天に月とふ穴ひとつ 水内慶太
寒柝や山の蛾壁になりきつて 大木あまり 火のいろに
寒柝や星ぎつしりと山の国 草間時彦 櫻山
寒柝や木瓜の実落ちし音の上 吉田紫乃
寒柝や父失ひし悔またも 上野照風
寒柝や話のこして帰る友 金指まもる
寒柝や長き手紙の封をせり 岡田史乃
寒柝や開きしままの中東史 平野無石
寒柝をうちゆくは河隔てをり 岡本圭岳
寒柝を丁とぞ憎き家に打つ 辻田克巳
寒柝を打ち大いなる闇緊る 福田蓼汀
寒柝を打って響に守られゆき 野澤節子
寒柝を打つマンションの密室へ 品川鈴子
寒柝を打つ星からも打ち返す 杉良介
寒柝を打てば星屑こぼれつぐ 相生垣瓜人 微茫集
寒柝過ぐ耳のみ覚めてゐたりけり 菖蒲あや あ や
川の底にも寒柝を打ち通る 千代田葛彦
川面より低く寒柝通り過ぐ 水内慶太
打止の寒柝月を揺らしけり 橋本白木
月割つて来よと寒柝子に託す 赤松[ケイ]子
木の椅子に寒柝響き書き嘆く 田川飛旅子 花文字
村びとゝ寒柝首にかけていづ 百合山羽公 故園
水枕中を寒柝うち通る 山口誓子 青女
谷の湯の寒柝いつの寝覚めにも 皆吉爽雨
賤ケ嶽裾の寒柝田に廻る 斉藤夏風
野の果をわが寒柝の音ゆける 相生垣瓜人 微茫集
音こぼしこぼし寒柝地の涯へ 西東三鬼
風ときて寒柝消ゆる鏡かな 清水径子
いづかたの雑木も高き夜番かな 依光正樹
かゝりたる港の夜番きこえけり 大橋櫻坡子 雨月
しかすがに夜番の柝の更けにけり 清原枴童 枴童句集
はつ雪やおしかけ客の夜番小屋 一茶 ■文政二年己卯(五十七歳)
はや梅雨に入りし夜番の柝のひヾき 久保田万太郎 流寓抄
まはり来る雨の夜番や白魚なべ 龍岡晋
やりすごす向うむきなる夜番かな 中村汀女
ゆき違ふ夜番の顔に不思議なし 京極杞陽 くくたち上巻
ゆらゆらと夜警提灯やぶ椿 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
わが齢夜番勤めよと触れきたる 水原秋櫻子
住友の塀に飽きたる夜番かな 大橋櫻坡子 雨月
夜番の柝この世の涯に聞えつつ 山口誓子
夜番の柝ひとの年譜の三十路の項 田川飛旅子 花文字
夜番の柝ひびきて湖の漁師町 鈴木しげを
夜番の柝二た息ほどの間が満ちて 八木林之介 青霞集
夜番の柝十字路に来て鳴り止みぬ 須山重信
夜番の灯に出会ひ酔歩を立て直す 奈良文夫
夜番より戻りし膳の小盃 南出白妙女
天狼のひかりをこぼす夜番の柝 山口誓子
家は枷妻にも吾に夜番が呼ぶ 金子兜太
山国の夜番の上に星時計 鷹羽狩行
川向ふよりも夜番の柝の聞ゆ 中谷木城
川舟の行くけはひある夜番かな 五十崎古郷句集
影曳きていろは坂ゆく夜番かな 辻木青塔
旅に寝て夜番をきくや海ほとり 田川飛旅子 花文字
星空に雪嶺こぞる夜番かな 松本たかし
書屋の灯洩らすべからず夜警過ぐ 岸風三楼 往来
本所松坂町の夜番の柝なりけり 岩崎健一
母の打つ夜番の柝をきゝつ病む 伊藤柏翠
泊船の苫照る月に夜番かな 水原秋桜子
温まりし足の方より夜番の柝 田川飛旅子 花文字
熊出でて村に夜番の組まれけり 芝山喜久子
燃えがらと名のる男が夜警かな 辻桃子
猪威す夜番の順の早も来し 西山泊雲 泊雲句集
王の森オリオンやをら夜番めく 依田明倫
町を行く夜番の灯あり高嶺星 松本たかし
百物語九十九までの夜番の拆 後藤綾子
老足のいそぎあしなる夜番かな 大橋櫻坡子 雨月
胴亀の夜番を起すついりかな 銭し 閏 月 月別句集「韻塞」
街角に触れて消えたる夜番かな 石田波郷
論文了へただ明るきは夜番の小屋 香西照雄 対話
賓頭盧廻し了へて夜番の座に戻る 西本一都 景色
赤ン坊の手が驚きて夜番過ぐ 田川飛旅子
跫音の老いしとおもふ夜番かな 西島麦南 人音
遠ければさすらふごとし夜番の柝 井沢正江 一身
除夜の鐘鳴りはじめたれ夜番来る 久保田万太郎 草の丈
首のまだ坐らぬ嬰へ夜番の柝 長田等
高階の燈も警めて夜番の柝 長田等
きらりとす火の番の子の横顔は 赤松[けい]子 白毫
こんこんと火の番去れり海のかた 中拓夫
喪が明けて火の番を相勤めたる 宇多喜代子 象
寒詣火の番の眼に消えにけり 野村喜舟 小石川
手に取る火の番の寄附帳の皺 梅林句屑 喜谷六花
海苔小屋をのぞき火の番返し来る 江口竹亭
火の番に会ひたり人の死のあとに 瀧澤伊代次
火の番に問へば寐て居る返事哉 角田竹冷
火の番に滝と落ち居るどこの風呂 久米正雄 返り花
火の番のかちと打ちけり逢はぬ恋 野崎紫兮
火の番の仮寝の牀の敷かれあり 三星山彦
火の番の居らぬ向日葵畑かな 塩川昭子
火の番の拍子木よう響いて如月の三日月 人間を彫る 大橋裸木
火の番の歩数を越ゆる星の数 増田 守
火の番の炭團痩せたる夜寒かな 俳春秋 坪谷水哉
火の番の独語おそろし大根焚 関戸靖子
火の番の障子に太き影法師 高浜虚子
火の番の鳴らしてくるは膝の辺か 安東次男 裏山
風の夜の火の番近しすぐ遠し 猪俣千代子 堆 朱
先代の声に似ており火の用心 山縣輝夫
十二月火の神恋うて火の用心 中山純子 沙 羅以後
成木責火の用心の旗ゆれる 坂井三輪
火の用心さつしやりませう餅の反り 石塚友二
火の用心命用心寒最中 高澤良一 宿好
火の用心声を聞きつつ農日記 河本智慧子
火の用心大黒柱が目を配る 武田和郎
虫売や火の用心の莨入 寺田寅彦

火の番 補遺

かけ帳に夜廻過る歳暮哉 〔ボク〕言
ねむられぬ夜のために打て夜番の柝 野見山朱鳥 愁絶
ひとところ夜番に添ヘり月の帰路 岡本眸
へつろふて夜番を遺ふ月見哉 成田蒼虬
わが齢夜番勤めよと触れきたる 水原秋櫻子 霜林
一枝の北斗ましろに夜番の柝 鷹羽狩行
一筋の寒柝に酒進ぜんや 秋元不死男
七夕や火の見櫓も夕澄みす 大野林火 冬青集 海門以後
不二見えて火の見櫓の涼み哉 正岡子規 納涼
主峰まだ暮れず寒柝第一打 藤田湘子 神楽
亜麻仁油臭い火の番が死に秋暑し 佐藤鬼房
受話器置きしばらく起たず夜番の柝 岡本眸
土肥土屋夜廻りに出る燈籠哉 知足
地震ありし外覗きゐる夜番かな 波多野爽波
夜まわりのよろつくまへに夜の駕 正岡子規 夜番
夜まわりのよろつく朝や川の岸 正岡子規 夜番
夜廻にわが書屋の灯たのもしき 山口青邨
夜廻りに市場隅々まで明るし 伊丹三樹彦
夜廻りに酔漢ゆかりなく通る 伊丹三樹彦
夜廻りの木に打ちこみし霰哉 正岡子規 霰
夜廻りの鐵棒はしる霰哉 正岡子規 霰
夜番ここまで星空の船溜り 鷹羽狩行
夜番に動く灯影豆腐屋新聞屋 伊丹三樹彦
夜番の柝この世の涯に聞えつつ 山口誓子
夜番の柝ひびく月光世界かな 日野草城
夜番の柝ひびけるあとのはなしごゑ 日野草城
夜番の柝冴えたり月の夜と思ふ 日野草城
夜番の柝袋路に来て止め刺す 伊丹三樹彦
夜番の燈須磨の浦曲に現はれぬ 山口誓子
夜番小屋時計の顔の古びたる 山口誓子
夜番柝を打つ月光にひび走る 日野草城
夜番行かざればこの雪道つかず 山口誓子
夜番過ぎ秋葉さまの灯雪照らす 大野林火 潺潺集 昭和四十一年
天狼のひかりをこぼす夜番の柝 山口誓子
天邪鬼夜番の柝にめつぶれる 山口誓子
家は枷妻にも吾にも夜番が呼ぶ 金子兜太
宿老に夜番の供やしぐれ降 小西来山
寒夜警官制服に光るもの充ちて 伊丹三樹彦
寒柝が過ぎ通り魔が過ぎ行けり 村山故郷
寒柝に合せて生ける肌たたく 西東三鬼
寒柝に昂る月の光かな 日野草城
寒柝に覚め泣き癖の子が泣くよ 鷹羽狩行
寒柝に誘はれ午前二時を打つ 鷹羽狩行
寒柝の打ちそびれたる音親し 岡本眸
寒柝の数歩の間の乱れざる 岡本眸
寒柝の盤上みつむ桂馬筋 角川源義
寒柝の肉声発し貯木場 鷹羽狩行
寒柝の過ぎたる後を過ぎしもの 鷹羽狩行
寒柝の音のこぼれを掬ふべし 山口誓子
寒柝の音のまつはる歩みかな 相生垣瓜人 微茫集
寒柝の音月光をさかのぼる 藤田湘子
寒柝や吾家を過ぎて坂下る 山口誓子
寒柝や星ぎつしりと山の国 草間時彦 櫻山
寒柝を打つて響に守られゆき 野澤節子 未明音
寒柝を打てば少年息早し 右城暮石 句集外 昭和二十五年
寒柝を打てば星屑こぼれつぐ 相生垣瓜人 微茫集
尿るため夜番の鈴を殺しけり 佐藤鬼房
山代の雪に雨降る夜番かな 松本たかし
山国の夜番の上に星時計 鷹羽狩行
手あぶりの火の用心や書の窓 三宅嘯山
映画はねたる雑踏へ寒柝音 鷹羽狩行
木枯のひつたくり雲火の用心 藤田湘子 てんてん
村びとゝ寒柝首にかけていづ 百合山羽公 故園
梅雨の遥か地獄の門に夜警の灯 中村草田男
水枕中を寒柝うち通る 山口誓子
火の用心さつしやりませう餅の反り 石塚友二 磊[カイ]集
火の番にあたたかき夜のつづきをり 岡本眸
火の番の律気にまはるおぼろかな 鈴木真砂女 卯浪
火の番の落せし声を貰ひたり 中村汀女
火の番の過ぎて夜陰の定まりぬ 上田五千石『琥珀』補遺
火の見櫓柿の木の多き町かな 大野林火 早桃 太白集
町に聞く良夜の寺の夜番の柝 大野林火 雪華 昭和三十九年
秋袷火の見櫓の鐘しづか 飯田龍太
行きついてかへす夜番の聞えつつ 中村汀女
論文了へただ明るきは夜番の小屋 香西照雄 対話
貨車の音ともなひ来る夜番かな 中村汀女
跫音の老いしとおもふ夜番かな 西島麦南 人音
野の果をわが寒柝の音ゆける 相生垣瓜人 微茫集
銀座裏火の見櫓が夕焼けて 深見けん二
閨房が手にとるごとし寒柝打つ 鷹羽狩行
音こぼし~寒柝地の涯へ 西東三鬼
響呼んで来る夜番より吾は惨め 中村草田男
風はらみ灯りふくらむ夜番小屋 岡本眸
高台へ寒柝の音の夜もすがら 中村草田男
鰭街道火の番小屋を存したる 藤田湘子 神楽

以上

by 575fudemakase | 2017-02-17 13:00 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26659244
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15
邯鄲 の俳句
at 2017-05-19 05:08
すべりひゆ の俳句
at 2017-05-19 05:02

外部リンク

記事ランキング