火事 の俳句

火事 の俳句
火事

例句を挙げる。

あやめ咲き船火事の船近づきぬ 坪内稔典
うららなる春の巷に昼火事の小さきけむりの靡かふを見つ 扇畑忠雄
おぼろ夜や本所の火事も噂ぎり 蛇笏
おんどりは尾の遠火事を見るばかり 坪内稔典
かけつけて言葉とならず火事見舞 越智絵美子
かぞへ日となりたる火事に焼けにけり 久保田万太郎 流寓抄
かの館の壁画の火事を怖れけり 山口甲村
きさらぎの昼火事ありし港町 原田青児
この松にとまりし火事と祀らるゝ 比叡 野村泊月
そそくさに帰つてしまふ火事見舞 松澤昭
そのままにせる火事跡に紫蘇の花 栗原加美
たんぽぽのぽぽのあたりが火事ですよ 坪内稔典(1944-)
ちさき町の小さき火事に雪ふりいる 浅原六朗 欣求鈔
つゆけさや火事跡を這ふ大馬陸 塚本邦雄 甘露
どこかが火事硝子と変る野菜屑 寺田京子 日の鷹
のうぜんの散りやうさしづめ振袖火事 高澤良一 素抱
ひつそりと遠火事あくびする赤子 西東三鬼
ひつぢ田に夜火事の鶏の散乱す 岩田昌寿
ひとつ家の遠山火事に寝しづめる 西島麦南 人音
ひのきひのきに船火事ねむる奈良ー吉野 折笠美秋 虎嘯記
ひるのをんな遠火事飽かず眺めけり 桂信子 黄 瀬
ふたり去きわれ去き昼の火事ありぬ 黒須斉
ふと火事に起きて物食ふ夜長哉 巌谷小波
まぎれなき火事の煙や鬼ケ島 森田峠 避暑散歩
また青き夜天にかへる火事の天 谷野予志
まつさきに星が見付けし深夜の火事 田川飛旅子 花文字
まづ聞ゆ遠きところの火事の鐘 後藤夜半
むだ話火事の半鐘に消されけり 芥川龍之介
やがては至る晩年遠く火事一つ 有馬朗人 母国
れんげ畑にうつぶせの唖昼の火事 市原正直
サイレンを鳴らさずに済む火事なりし 岡村尚風
デパートの旗ひらひらと火事の雲 横山白虹
デパートの火事や墜ちゆく人撮らる 田川飛旅子 『邯鄲』
一月の火事いきいきと風下へ 三橋敏雄
一月や火事いきいきと風下へ 三橋敏雄
三の酉をいふ火事をいふ女かな 松根東洋城
三度火事に逢うて尚住む神田かな 岡本松濱
二度起きてほとびさめたり火事の空 比叡 野村泊月
二階から山火事見るや宿はづれ 寺田寅彦
人はみな火事に馳せつけ冬の鵙 下村槐太 天涯
人知らぬ静かな火事を見てゐたり 久米正雄 返り花
今思へば皆遠火事のごとくなり 能村登四郎(1911-2002)
今火事のありたる村の鴉かな 成瀬正とし 星月夜
倒影として火事の空外濠に 田川飛旅子
凡て忘却春暁の火事目のあたり 阿部みどり女
初霜や火事跡といふ黒きもの 鷹羽狩行
半鐘に火事の話しのとぎれけり 蘇山人俳句集 羅蘇山人
南国の山火事ひたにひろがれり 原 裕
印泥をこねる力や遠くに火事 内田美紗 誕生日
又しても火事日暮里や酉の市 増田龍雨 龍雨句集
友の手をまづ包むなり火事見舞 朝倉和江
古鏡火事は牡鹿の瞳の奥に 八木三日女 赤い地図
墓地にでる兎のワギナ夢の火事 安井浩司 赤内楽
夕ベ空天才が駆け火事終る 宇多喜代子
夜に入りし山火事の火を天にまかす 右城暮石 上下
夜火事が静まれば直ぐ春暁たり 細見綾子 花 季
夜火事のしばらく母の傍にをり 藺草慶子
夜火事消え看護婦の匂いで立ち去りし 赤城さかえ句集
夜空染め遠火事消ゆる猫の恋 宮武寒々 朱卓
夜長人に遠火事の鐘いつまでも 清原枴童 枴童句集
夢に泣くーあなたの家が火事ですよ 櫂未知子 貴族
大木の雪真赤なる火事明り 井上白文地
大橋の潮の早さや火事遠し 大場白水郎
大迂回して山火事へ消防車 右城暮石 上下
大鏡火事をうつして崩れけり 柿本多映
天王寺駅前の火事騒ぎけり 小杉余子
天窓に炎手を出す夜の火事 皆吉司
女待つ見知らぬ町に火事を見て 上田五千石(1933-97)
嫁ぐため焼くものもあり遠き火事 対馬康子 愛国
宵火事の消えて霙となりにけり 繞石
寄生木やしづかに移る火事の雲 水原秋櫻子
寒牡丹どこか火事あるあをあをと 加藤楸邨
対岸の火事見る心咎めつゝ 沢井山帰来
少年美し雪夜の火事に昂りて 中村苑子
屋根の上に火事見る人や冬の月 子規句集 虚子・碧梧桐選
山火事に漕ぐ舟もなし浮寝鳥 安斎櫻[カイ]子
山火事に蔵戸ほのかや鶏謡ふ 飯田蛇笏
山火事のあと太陽も窶れけり 百合山羽公
山火事のあと漆黒の瀧こだま 飯田龍太
山火事のありたる地肌夏蕨 茨木和生
山火事のごとくに描いては捨てる絵よ 佐藤三保子
山火事ののち戻らざる僧ひとり 黒田杏子 花下草上
山火事の匂ひの雲やテレビ塔 茨木和生 遠つ川
山火事の北へ~と廣がりぬ 寺田寅彦
山火事の北国の大空 尾崎放哉
山火事の半鐘鳴つて花の昼 大峯あきら 宇宙塵
山火事の如き日落とし御命講 林 昌華
山火事の灰降って来る渡舟 澤 草蝶
山火事の立ち木業火となりて燃ゆ 右城暮石 上下
山火事の起きさうな日の鴉かな 大木あまり 雲の塔
山火事の音と黒煙火は見えず 右城暮石 上下
山火事の音の上ゆく風船あり 田川飛旅子 『外套』
山火事の騒ぎ静まり暮の春 大峯あきら 宇宙塵
山火事ははるかなるかもよ鶏ゐつ 川島彷徨子 榛の木
山火事も凍てはてにける大裾野 百合山羽公 寒雁
山火事やぶら下りたる雲一朶 会津八一
山火事や乾の空の雪曇り 寺田寅彦
山火事を消しに登るや蜜柑畑 前田普羅
山火事を知る人もなし冬の月 雉子郎句集 石島雉子郎
山火事泊芙藍を経ておこる獣姦 加藤郁乎
巻き尺を巻きもどしゐる昼の火事 柿本多映
帚草火事を否(け)しつつねむりけり 安井浩司
干菜風遠火事を見て閉す戸かな 吉武月二郎句集
恍惚と火事みる祖母の素足なり 皆吉司
恍惚と船火事果てる街のむこう 前川弘明
抽斗に螢しまひし夜の火事 齋藤愼爾
提灯が火事にとぶ也河岸の霧 尾崎放哉
旅の夜街の火事が月に照られて 人間を彫る 大橋裸木
日が落ちてゆく山火事の山の裏 坂戸淳夫
映画出て火事のポスター見て立てり 高浜虚子
春月のしたにて村の火事やみし 百合山羽公 故園
春火事のあと白昼の残りけり 松山足羽
昨日せし松吊り明し火事の空 久米正雄 返り花
昼のをんな遠火事飽かず眺めけり 桂信子
昼の火事遠く 蝸牛の殻干き 富澤赤黄男
昼山火事へ一本の羽毛が走る 三橋鷹女
昼火事に人走りゆく冬田かな 佐藤紅緑
昼火事ののどかに起る曲浦かな 野村喜舟 小石川
昼火事の火勢に棕櫚の咲きにけり 大木あまり 火球
昼火事の煙遠くへ冬木つらなる 尾崎放哉
昼火事を遠くに洗ふ小筆かな 石川桂郎 四温
晝火事の火の子飛び来る花野哉 内田百間
晝火事の烟の細さよ麥の秋 会津八一
晝火事の鯉も逃げたる連歌かな 田中裕明 櫻姫譚
暗黒や関東平野に火事一つ 金子兜太(1919-)
有線の声の吃りて火事を告ぐ 西浦一滴
朝の火事もしや蝉の薄羽根が 安井浩司 氾人
朧夜や本所の火事も噂ぎり 飯田蛇笏 山廬集
木の股のかなたに果てる昼の火事 宇多喜代子
木枯や故郷の火事を見る夜かな 寺田寅彦
松に上りて見る昼火事の小さきかな 龍胆 長谷川かな女
松の辺に火事の火の粉の来ては消ゆ 岸本尚毅 鶏頭
柵もまた焼けゐて火事のあと劃る 津田清子 礼 拝
桃色の火事迫りくる木の芽かな 齋藤愼爾
梁番の交代どきを昼の火事 ふけとしこ 真鍮
森に入りて曲る径あり火事見舞 月舟俳句集 原月舟
椿散るあゝなまぬるき昼の火事 富沢赤黄男
樒咲くや火事にきえたる武家屋敷 島谷征良
樟の木を隔てゝ火事の火勢見ゆ 右城暮石 上下
檣に佃の火事の見えにけり 柑子句集 籾山柑子
歓楽の火事の夜もありはるかにす 古館曹人
母が死にゆく深夜の玻璃に燃ゆる火事 加藤秋邨 まぼろしの鹿
母の背の記憶よ遠火事と丘の鐘 木下夕爾
母を消す火事の中なる鏡台に 寺山修司 花粉航海
水鳥にしばらく火事の明りかな 増田龍雨 龍雨句集
汽車が走る山火事 尾崎放哉(1885-1926)
汽車黒く通りて赤し火事の村 齋藤愼爾
泣く人の連れ去られゐし火事明り 中村汀女
浦びとの褌駈けして春の火事 石田勝彦 秋興
海の鳥むれつゝ舞へり火事の空 篠田悌二郎
消防車行きてすぐ消ゆ奈良の火事 右城暮石 声と声
深夜の火事星座犇めき人起きず 田川飛旅子 花文字
湖に山火事うつる夜寒かな 内藤鳴雪
満貫の桜浮べる火事明かり 北見弟花
満面に夜火事を見るや孤児二人 榎本冬一郎 眼光
火の中に落つ火のぼる火火事の窓 大橋桜坡子
火の粉とぶ火事に市電の珠数つなぎ 右城暮石 上下
火の鳥の翔ちつくしたる火事の跡 殿村菟絲子 『晩緑』
火事あかり道のみかんの皮染めぬ 大野林火
火事あはれ人の一代美しく 橋本鶏二 年輪
火事ありし夜明の舗道亀あるく 加藤秋邨 雪起し
火事おこることを予知せず読みふける 皆吉司
火事かしらあそこも地獄なのかしら 櫂未知子 蒙古斑以後
火事けぶりあがる穂麦の丘の上 臼田亜浪 旅人
火事しきりに知らぬ町また焼けにけり 久保田万太郎 流寓抄以後
火事すんで見舞の櫃に日のあたる 会津八一
火事といへば神田といへば大火かな 松根東洋城
火事に汲みし井の二日涸れ飛ぶ燕 宮林菫哉
火事に走りその後を走りつづけをり 熊谷愛子
火事に魅了されゐし心怖れけり 徳永山冬子
火事のごと砂漠町現れ夕焼くる 嶋田摩耶子
火事の夜のまたさびしさや梅雨どもり 森川暁水 黴
火事の夜の女がつかふ銀の匙 古舘曹人 樹下石上
火事の夜は狐の影絵して遊ぶ 古館曹人
火事の夢さめて越後の雪の中 福田甲子雄
火事の夢に赤き楸邨居られけり 田川飛旅子 『使徒の眼』
火事の火に若き父の絵みな消ゆる 皆吉司
火事の火の屋根裏走りゐて知らず 皆吉司
火事の炎のゆらめく欅しづかなり 石原舟月
火事の焔あがる夜学の窓ちかく 臼田亜浪 旅人
火事の空ふるき袂と並びたる 宇多喜代子
火事の荷や提灯立ちて人もなし 温亭句集 篠原温亭
火事は空へ斜にのぼる芽ぐみの夜 千代田葛彦 旅人木
火事ひとつあり大阪の仏生会 辻田克巳
火事めきて大香炉の初不動 長谷川督江
火事を噴きあげては町の密集す 百合山羽公 故園
火事を見し日の饒舌や冷奴 真田 清見
火事を見し昂り妻に子に隠す 福永耕二
火事を見て戻る道邊に犬居たり 内田百間
火事を見るわが獣心は火を怖れ 古舘曹人
火事を見る胸裡に別の声あげて 加藤楸邨
火事既に隣人門に彳てりけり 久米正雄 返り花
火事明り寡婦ごくごくと水を飲む 寺山修司 未刊行初期作品
火事明り流るゝ雲を染めてをり 宮野青色
火事止んで水田をとざす春の闇 相馬遷子 山国
火事注意の看板かかげ山眠る 金元喜代子
火事消えし空に大恵那ほのとあり 酒井東洋
火事消えて月常の如くめぐりけり 青峰集 島田青峰
火事消えて行燈消して夜の枕 柑子句集 籾山柑子
火事消えて裏山は夏闌けにけり 徳弘純 非望
火事煙凧の大空よごしけり 椎橋清翠
火事盗人に似て火祭の人中に 岸田稚魚 筍流し
火事移る日なかの海鼠噛む母に 坪内稔典
火事空を月の浮雲の流れ出たり 径 原田種茅
火事美しや一代の恋遂げしさま 嶋田麻紀
火事衰へゐたり電柱の尖燃えて 右城暮石 声と声
火事見舞あかつき近く絶えにけり 西島麦南 人音
火事見舞あとからあととふえにけり 久保田万太郎
火事見舞団十郎の養子かな 柑子句集 籾山柑子
火事赤し義妹と二人のみの夜に 右城暮石 声と声
火事跡に*かりんを置いてきたりけり 仙田洋子 雲は王冠
火事跡に日本晴の水たまり 本庄登志彦
火事跡に横丁の跡鶏あゆむ 秋元不死男
火事跡に焼けのこりたる窓のあり 蘭草 慶子
火事跡に縄張つてあり白木槿 木村里風子
火事跡に虚空を掴む一樹あり 薮脇 晴美
火事跡に鮮しき朝の午乳壜 高島茂
火事跡のい鉄瓶に蓋ありにけり 五十嵐研三
火事跡のまた匂ひ出づ雪催ひ 鷹羽狩行
火事跡のバケツの縁につもる雪 皆吉司
火事跡の吹きつさらしに巡査立つ 中西利一
火事跡の四五日経たり春の鴨 大峯あきら 鳥道
火事跡の屋根に穴あき空いちまい 皆吉司
火事跡の火をまぬがれし便器かな 大木あまり 雲の塔
火事跡の焚火に寄るもぬくからず 大熊輝一 土の香
火事跡の焦げし柱を月照らす 近森 千句葉
火事跡の貼紙にある遠い町 林菊枝
火事跡の鉄屑拾へり無視し得ず 岩田昌寿 地の塩
火事跡の間取りくきやかにて雨よ 櫂未知子 蒙古斑
火事跡や風をしづめし朝の雨 徳永山冬子
火事跡を見て老犬は帰りけり 佐藤和夫
火事近く母は仏に灯すなり 田上鯨波
火事近し鍵穴急に小さくなる 穴井太 鶏と鳩と夕焼と
火事逃れ来しこと覚えては居らず 中村稲雲
火事遠し一人が入りてみな家に 白岩三郎
火事遠し春の闇をばほとそめて 五十嵐播水 埠頭
火事遠し白紙に音のこんもりと 飯田龍太
火事鎮むゆらめきありて鼻のさき 飯田蛇笏 霊芝
火事雲の映り港区橋多し 羽田岳水
火遊びの児の名は言へず火事見舞 中谷浪女
焼跡の夜火事の雲や押しこぞり 石田波郷
煙管火の煙管もろとも厩火事 攝津幸彦 鹿々集
男便器立ちて居残る火事の跡 熊谷愛子
男娼と鶏走る火事の跡 須藤 徹
疎らな髭夜火事明りに伸びしとおもふ 榎本冬一郎 眼光
白山茶花真盛りなり火事見舞 山本洋子
白桃に魚潜みおり朝の火事 坪内稔典
白鳥のごときダンサー火事を見て 百合山羽公 故園
真夜の火事漢おのれの淵覗く 高杉正生
眦に山火事懼れ旅をゆく 佐藤惣之助 春羽織
眼帯に涙沁みつつ火事近し 白岩三郎
短日や山火事消してもどる衆 冬葉第一句集 吉田冬葉
石榴散り振袖火事の火の粉めく 高澤良一 鳩信
稲村に乞食の火事や暮の秋 菅原師竹句集
箒草火事を否(け)しつつねむりけり 安井浩司 中止観
籠にせる鸚鵡をはなつ梅雨の火事 宮武寒々 朱卓
粥腹に火事赤し東北地方は影 武田伸一
納豆汁に口すぼめ語る天保火事 島村元句集
美作の空を横切る火事の雲 赤尾兜子
老妻の遠き火事みてあまゆなり 長谷川双魚 風形
胸にまだ火事の火の燃え詩集買ふ 皆吉司
船火事の夢覚め朝の馬冷す 皆吉司
船火事や数をつくして鳴く千鳥 夏目漱石 明治二十九年
船火事見し回游ふかくふかく*えい 鈴木勁草
艸木瓜や山火事ちかく富士とほし 三好達治 路上百句
花大根村の昼火事すぐ消えて 鈴木鷹夫
茶畑に鶏はぐれをり昼の火事 神田 岩魚
荷を捨てゝ火事に走りぬ金魚売 月舟俳句集 原月舟
荷を捨てゝ火事に走るや金魚売 原月舟
菜の花や遠き喧嘩と遠き火事 仁平勝 花盗人
萬屋の火事いま物に就く思ひ 竹中宏 句集未収録
落葉のおびただしきは火事の跡 対馬康子 吾亦紅
葉月の火事舌にアラビア糊すこし 夏石番矢
葱坊主昼の火事すぐ終りけり 小池文子 巴里蕭条
蒼白な火事跡の靴下蝶発てり 赤尾兜子
蛇捲きしめる棒の滴り沖の火事 安井浩司 赤内楽
蟻の如消火夫登り火事の屋根 皆吉司
覚めがちに山火事つづく一夜なる 八牧美喜子
赤き火事哄笑せしが今日黒し 西東三鬼(1900-62)
身体髪膚これを借り受け火事たりき 加藤郁乎
遠き夜火事顔ひりひりと涙乾く 加藤知世子 花寂び
遠き火事哄笑せしが今日黒し 西東三鬼
遠火事にひそと家並の燈影かな 富田木歩
遠火事に啼く孔雀あり百貨店 宮武寒々 朱卓
遠火事に子等は醒め居り醒めじとす 久米正雄 返り花
遠火事に物売通る静かかな 富田木歩(1897-1923)
遠火事に目覚めて一人きりの部屋 佐藤博美
遠火事のふたたび炎あがりけり 加藤三七子(1925-)
遠火事の閑けさにゐて莨吸ふ 久米正雄 返り花
遠火事は杏の花の咲くあたり 大西泰世 椿事
遠火事は遠しさむしと皆寝たり 中山純子 沙羅
遠火事へ耳向きむきに餅の夜 安井浩司 青年経
遠火事や夫の外泊父に秘め 毛塚静枝
遠火事や川堰き止めて種子漬ける 八牧美喜子
遠火事や湯ざめ故なく恐れをり 斉藤夏風
遠火事や焦がしあまれる空の色 畑耕一 露座
遠火事や父の背中を思ひゐる 福島壺春
遠火事や窓の拭き残しが浮いて 松永典子
遠空の火事のほむらもさめて来し 上村占魚 鮎
都市の灯に山火事の呪詛濃く加わる 林田紀音夫
酔ひて乗る電車突つ込め火事跡へ 皆吉司
野の涯のこゑなき夜火事見つつ咳く 馬場移公子
門柱に朝刊置かれ火事終る 皆吉司
降り積る雪にさめゆく火事の空 太田鴻村 穂国
雁木(がき)に来て火事の炎をひく雪女 石原八束 仮幻の花
雪吊を火事装束の駆けぬけて 田中裕明 櫻姫譚
雪山の向うの夜火事母なき妻 金子兜太(1919-)
雪深し火事桃色に迫りくる 秋澤猛
雪空にじむ火事の火の遠く恋しく 尾崎放哉
電話局尖るそびらに火事の雲 宮武寒々 朱卓
首都はいつも匿名希望の火事 江里昭彦 ラディカル・マザー・コンプレックス
馬の瞳の中の遠火事を消しに行く 西川徹郎
馳せちがふ顔のくらさや火事見舞 大橋櫻坡子 雨月
魔法瓶抱きて火事の火を逃ぐる 皆吉司
鳥が知る 寒林の火事ひろがるを 松本恭子 檸檬の街で
鶏と鶏ぶつかり遠き春の火事 正木ゆう子 悠
麦秋の遠火事明り雨こぼす 椎橋清翠
いく度の大火の草津繁盛記 高野素十
一九来し宿は大火に零落し 成瀬正とし 星月夜
元日や小火のありたる山の内 島村元句集
冬煙り身をのけ反りて近火見る 飯田蛇笏 椿花集
冴返る近火見舞へば病んでをり 中戸川朝人 尋声
吉原にむかし大火のおぼろかな 久保田万太郎 流寓抄
大火聚の金色しばし野焼かな 松瀬青々
大火西に流れて陛下深ねむり 筑紫磐井 未定稿Σ
寒くともそげな大火は焚きあすな 冬の土宮林菫哉
寒土用近火のあとを皆出でて 長谷川かな女 花寂び
小火と云ふいはゞ現代俳句かな 加藤郁乎 江戸桜
小火のごと四方の野山の錦かな 高澤良一 寒暑
小火跡の良夜の空家匂ひいづ 福海一幹
小火騒ぎありしが雨の三の酉 能村登四郎 天上華
小火騒ぎありて今宮宵戎 後藤鬼橋
庵主のしはがれ聲に近火かな 村上鬼城
御本尊移しまゐらす近火かな 宇都木水晶花
我思ふ故に猫あり春の小火 攝津幸彦
戸開くれば梅影赫と近火かな 東洋城千句
斃馬剥ぐ大火けむらず焚かれけり 飯田蛇笏 春蘭
昼の小火 見ている俺と寒鴉(かんたろう) 星永文夫
暁方にありたる小火を湯女知らず 森田峠 避暑散歩
暁方に小火ありしとは湯女知らず 森田峠
月若しくらま祭の大火焔 野澤節子 『駿河蘭』
月西に大火下火となりにけり 小澤碧童
月読の炎をわたりゐる大火かな 飯田蛇笏 霊芝
橋涼み小火の人出のくずれ来る 悌二郎
火の見の下槍鶏頭の小火ありぬ 高澤良一 随笑
火事といへば神田といへば大火かな 松根東洋城
炊きだしのあとからあとゝ大火かな 久保田万太郎 流寓抄
牡蠣舟やよべの小火の穢うちかづき 後藤夜半 翠黛
狩くらの凍てに大火の炎立ちけり 飯田蛇笏 椿花集
田遊びに終のどんどの大火の粉 伊藤いと子
白雲の大火の中のわらびかな 田中芥子
短日や小火のありたるキネマ街 五十嵐播水 播水句集
空梅雨の雲を染めたる小火明り 遠藤亥棹
蛇穴を出づ近隣の小火騒 大塚あつし
蜆汁きのふ大火のありしかな 久保田万太郎 草の丈
討入りの日や下町に小火騒ぎ 鷹羽狩行
賃搗が山ほど呉れし大火かな 松瀬青々
近火はや迫りし犬を解き放つ 村上杏史
近火消えたる宵闇に春立つらし 内田百間
近火語る瞽女の瞼のぴりぴりす 大橋敦子
阿修羅迦楼羅緊那羅摩呉羅伽大火かな 尾崎迷堂 孤輪
雲焼けて血垂る大火の夜深し 高田蝶衣
風向きの又も不安となる近火 小玉艶子
風向きを見守つてゐる近火かな 高橋春灯
鶏頭の小火出す火の見櫓下 高澤良一 燕音
火の用心命用心寒最中 高澤良一 宿好
てっきりもみづる筈の漆が小火程度 高澤良一 石鏡
火の用心ポスターに「火はおこりんぼ」 高澤良一 石鏡


火事 補遺

あはれさや犬鳴き歩く火事の中 村上鬼城
あわただしき夜火事に映えてポスト坐る 松崎鉄之介
いく度の大火の草津盛衰記 高野素十
うすやみに声いきいきと近火かな 日野草城
かぶさりて火を吹きをるよ大火鉢 山口青邨
しぐれつつ気温高まる夜の近火 野澤節子 未明音
とりまくや殿居する夜の大火鉢 正岡子規 火鉢
にほやかに火事の火琴を焼きつくす 有馬朗人 知命
ひつそりと遠火事あくびする赤子 西東三鬼
ひとつ家の遠山火事に寝しづめる 西島麦南 人音
ひるのをんな遠火事飽かず眺めけり 桂信子 月光抄
まだ誰も騒がぬ煙昼の火事 右城暮石 句集外 昭和三十四年
やがては至る晩年遠く火事一つ 有馬朗人 母国
わが家の棟のおびゆる近火かな 日野草城
一天に上がりて晝の火事消えし 右城暮石 句集外 昭和二十六年
一山は雨に沈みて大火鉢 桂信子 樹影
一月や火事いきいきと風下ヘ 三橋敏雄
三日なほ火事の疲れか春鴉 飯田龍太
上人や近火見舞うて御ねんごろ 村上鬼城
交む蟇火事の煙りのただよへる 大野林火 雪華 昭和三十四年
京町の火事や桜は恙なし 正岡子規 桜
人はみな火事に馳せつけ冬の鵙 下村槐太 天涯
今思へば皆遠火事のごとくなり 能村登四郎
今日何かありしと火事を思ひ居り 右城暮石 句集外 昭和三十二年
元朝の遠火事に覚め居たりけり 岡本眸
冬煙り身をのけ反りて近火見る 飯田蛇笏 椿花集
初火事の平安神宮とは何ぞ 星野麥丘人
千日紅の群落振袖火事のむかし 三橋鷹女
南国の火事の吹鳴寝返るのみ 山口誓子
吉原の火事映る田や鳴く蛙 正岡子規 蛙
品川の大火の跡の二月かな 川端茅舎
夏からや大火焼屋の冬ごもり 露川
夜が明けて濡れし火事場に縄張す 津田清子 礼拝
夜ながら吹雪あかるむ火事の上 中村苑子
夜に入りし山火事の火を天にまかす 右城暮石 上下
夜汽車揺れ雪国の火事近く過ぐ 大野林火 飛花集 昭和四十七年
夜火事が静まれば直ぐ春暁たり 細見綾子
夜風うごかす火事のひびきに目覚めたり 村山故郷
大火口とよもす雲も春寒き 村山故郷
大火焼寐ながらおがむ後の月 素覧
大迂回して山火事へ消防車 右城暮石 上下
大阪の昼稀に来て火事に会ふ 右城暮石 句集外 昭和三十四年
女待つ見知らぬ町に火事を見て 上田五千石 風景
妻に灸すえさせる夜の遠き火事 松崎鉄之介
学校に近き昼火事鳥曇り 廣瀬直人
宵火事のあと活気づく暮の街 右城暮石 句集外 昭和三十一年
寄生木やしづかに移る火事の雲 水原秋櫻子 葛飾
寝とぼけてゐる屋根屋根や火事近し 日野草城
対岸の火事に総立ち 枯葦は 伊丹三樹彦
小火ありし道濡れてをり茨の芽 能村登四郎
小火ありてともしびもなき人の家 山口青邨
小火事騒ぎありていよいよ冬日和 岡本眸
小火騒ぎありしが雨の三の酉 能村登四郎
小説を書く夜も更けて火事の鐘 正岡子規 火事
少年の火事見てよりの尿をする 右城暮石 句集外 昭和二十三年
少年美し雪夜の火事に昂りて 中村苑子
屋根の上に火事見る人や冬の月 正岡子規 冬の月
山火事が好きかと吾を人笑ふ 右城暮石 句集外 昭和四十四年
山火事さかん 麓で牛の尾ぶらんぶらん 伊丹三樹彦
山火事に宙を飛ぶ火の燃えながら 右城暮石 句集外 昭和四十年
山火事に蔵戸ほのかや鶏うたふ 飯田蛇笏 山廬集
山火事のあと太陽も窶れけり 百合山羽公 樂土
山火事のあと漆黒の瀧こだま 飯田龍太
山火事のむどくなりしよ夏木立 正岡子規 夏木立
山火事の北国の大空 尾崎放哉 小豆島時代
山火事の大事とならず消え失せし 右城暮石 句集外 昭和三十五年
山火事の消え際といふ来合せり 能村登四郎
山火事の火焔立木を這ひのぼる 右城暮石 句集外 昭和四十四年
山火事の火色に遅れ音伝はる 右城暮石 句集外 昭和三十三年
山火事の立ち木業火となりて燃ゆ 右城暮石 上下
山火事の音と黒煙火は見えず 右城暮石 上下
山火事はくろき葎の上を過ぐ 平畑静塔
山火事も凍てはてにける大裾野 百合山羽公 寒雁
山火事を怖る山々霞みたる 右城暮石 句集外 昭和四十年
山火事を消しに登るや蜜柑畑 前田普羅 普羅句集
山火事を背戸に出て見る芒哉 尾崎放哉 大学時代
山裏へ山火事移り夜となる 右城暮石 句集外 昭和四十年
市電より降ろさる火事が間近くて 右城暮石 句集外 昭和三十九年
庵主のしはがれ声に近火かな 村上鬼城
待たされてゐて気が楽や大火鉢 星野立子
御所車炎ゆる絵巻や遠き火事 有馬朗人 知命
手を分つ石壁の角どこかに火事 西東三鬼
提灯が火事にとぶ也河岸の霧 尾崎放哉 大学時代
斃馬剥ぐ大火けむらず焚かれけり 飯田蛇笏 春蘭
春の小火吊玉葱にいまうつる 平畑静塔
春山火事の男戻れり白襖 飯島晴子
春月のしたにて村の火事やみし 百合山羽公 故園
昼の小火消防車来て水浸し 右城暮石 句集外 昭和五十七年
昼の火事駆けゐる群れにまじりゐし 松崎鉄之介
昼山火事へ一本の羽毛が走るぶな 三橋鷹女
昼火事の向ふの栗の花ざかり 飯田龍太
昼火事の煙遠くへ冬木つらなる 尾崎放哉 大正時代
昼火事を遠くに洗ふ小筆かな 石川桂郎 四温
晝の火事遠く 蝸牛の殻干き 富澤赤黄男
暗黒や関東平野に火事一つ 金子兜太
會更けて遠火事を見る歸りかな 正岡子規 火事
月読の炎をわたりゐる大火かな 飯田蛇笏 霊芝
朧夜や本所の火事も噂ぎり 飯田蛇笏 山廬集
柘植の葉のこまごまと光り火事明り 山口青邨
柵もまた焼けゐて火事のあと劃る 津田清子 礼拝
森の上に江戸の火事見ゆ夜の曇り 正岡子規 火事
椿散るああなまぬるき晝の火事 富澤赤黄男
樟の木を隔てゝ火事の火勢見ゆ 右城暮石 上下
欲しい細身の洋傘と火事雲獺祭忌 楠本憲吉 孤客
母が死にゆく深夜の玻璃に燃ゆる火事 加藤秋邨
水に映る火事は堀端通り哉 正岡子規 火事
汽車が走る山火事 尾崎放哉 小豆島時代
泣く人の連れ去られゐし火事明り 中村汀女
浦びとの褌駆けして春の火事 石田勝彦 秋興
消し止めし山火事の跡なまなまし 右城暮石 句集外 昭和四十六年
消防車行きてすぐ消ゆ奈良の火事 右城暮石 声と声
湖に山火事うつる夜寒かな 内藤鳴雪
湿田の遠火事あはれ北河内 平畑静塔
火のつかば大火起きなん蒲の紫 阿波野青畝
火の粉とぶ火事に市電の珠数つなぎ 右城暮石 上下
火の粉飛び散つて壁炉は火事場なり 山口誓子
火事あとの井の底の水鳴りにけり 加藤秋邨
火事ありしあとにて夜の火を焚けり 右城暮石 句集外 昭和二十四年
火事けぶりあがる穂麦の丘の上 臼田亜浪 旅人 抄
火事ちかし毛布ぐるめに吾子起す 能村登四郎
火事とほし妻がしづかに寝がへりぬ 安住敦
火事になりさうなるものを見過ぎたる 後藤比奈夫
火事に映ゆる我家と見るや庭ひそけし 能村登四郎
火事のあと木の実落葉の降り積めり 角川源義
火事の夜の女がつかふ銀の匙 古舘曹人 樹下石上
火事の夢さめて火事ある夜長哉 尾崎放哉 大学時代
火事の方へ流るる夜川ふくれ見ゆ 大野林火 青水輪 昭和二十七年
火事の火の恋々たるを遠見たり 上田五千石『琥珀』補遺
火事の焔あがる夜学の窓ちかく 臼田亜浪 旅人 抄
火事の舌呂律みだれてきたりけり 野見山朱鳥 曼珠沙華
火事の鐘に雨戸あくれば月夜哉 正岡子規 火事
火事の鐘雨戸あくれば月夜哉 正岡子規 火事
火事の雲うつらふ闇の畳光る 大野林火 早桃 太白集
火事の雲たたずむ人にひろごりぬ 大野林火 早桃 太白集
火事もまた減速 胡弓らの緩徐調 伊丹三樹彦
火事やみしといふ人声の帰りくる 能村登四郎
火事を出すわが住む町の端れにて 山口誓子
火事を噴きあげては町の密集す 百合山羽公 故園
火事を見る一塊のくろき影となり 能村登四郎
火事を見る少年我レを押しのけて 右城暮石 句集外 昭和二十三年
火事を見る胸裡に別の声あげて 加藤秋邨
火事太鼓湧く丑満の大地かな 三橋鷹女
火事明りまた輝きて一機過ぐ 中村汀女
火事明り道のみかんの皮染めぬ 大野林火 冬雁 昭和二十一年
火事止んで水田をとざす春の闇 相馬遷子 山国
火事永かりしよ雪積む沿岸に 山口誓子
火事消えて人さどむ夜の長さ哉 正岡子規 夜長
火事盗人に似て火祭の人中に 岸田稚魚 筍流し
火事終へてあるきゐたりし兜虫 加藤秋邨
火事衰へゐたり電柱の尖燃えて 右城暮石 声と声
火事見舞あかつき近く絶えにけり 西島麦南 人音
火事見舞御礼の貼札 彼岸花 伊丹三樹彦
火事見舞東踊の小時より 高野素十
火事赤し一つの強き星の下 西東三鬼
火事赤し義妹と二人のみの夜に 右城暮石 声と声
火事跡といへる詮なきもの調査 後藤比奈夫
火事跡に横丁の跡鶏あゆむ 秋元不死男
火事跡に海見えゐたるあはれかな 藤田湘子
火事跡のまた匂ひ出づ雪催 鷹羽狩行
火事跡の二三日過ぎし匂ひかな 能村登四郎
火事跡の木に鳴く禽を仰ぎゐる 飯田龍太
火事跡の黒あたらしく息づける 右城暮石 句集外 昭和三十一年
火事跡や水鳥遊ぶ池の中 内藤鳴雪
火事近し火事をさへぎる家黒く 右城暮石 句集外 昭和二十四年
火事遠し点る障子戸にある屋号 松崎鉄之介
火事鎮むゆらめきありて鼻のさき 飯田蛇笏 霊芝
火事雲の梅雨雲に立ち紛れつつ 石塚友二 磊[カイ]集
炎天の油倉庫の朝から火事 右城暮石 句集外 昭和三十一年
炎天の船火事衰ふるにまかせ 鷹羽狩行
炎昼の火事の炎の聳えけり 加藤秋邨
焼跡の夜火事の雲や押しこぞり 石田波郷
熱さらず春の夜火事の夜をあかき 山口誓子
爐の媼も星港陥つとて大火焚く 飯田蛇笏 白嶽
牡蠣舟やよべの小火の穢うちかづき 後藤夜半 翠黛
狩くらの凍てに大火の炎立ちけり 飯田蛇笏 椿花集
畦焼きの山火事となりかけし跡 右城暮石 句集外 昭和四十八年
白鳥のごときダンサー火事を見て 百合山羽公 故園
石垣に残る火事の香小鳥鳴く 飯田龍太
笠なくて外燈埓もなや遠火事 大野林火 雪華 昭和三十六年
筐底に火事で焦げたる三鬼の書 松崎鉄之介
繭白し火事も葬儀もなき暮天 飯田龍太
美作の空を横切る火事の雲 赤尾兜子 玄玄
翼もつものもたぢろぐ火事地獄 鷹羽狩行
船火事の空おしなべて夜霧の層 野澤節子 未明音
茶が冷えて目に遠くなる大火鉢 加藤秋邨
草庵牡丹大火鉢おく火なきまま 山口青邨
葭簀張夕焼火事の如くなり 山口誓子
蒲団着て疵山火事の如く燃ゆ 野見山朱鳥 曼珠沙華
蒼白な火事跡の靴下蝶発てり 赤尾兜子 虚像
蕗の薹貰ひしが夜火事空焦がす 細見綾子
見て居りてまことの火事となつて来し 右城暮石 句集外 昭和五十七年
赤き火事哄笑せしが今日黒し 西東三鬼
起き伴れて女なまめく夜の火事 伊丹三樹彦
近火すみし闇の裏町戻りけり 村山故郷
近火見舞に来て居酒屋で飲んでをり 村山故郷
透きとほる白魚の胎火事の中 加藤秋邨
逝きし君に火事の記憶や震災忌 松崎鉄之介
道火事を誰も気づかず夜の車中 右城暮石 句集外 昭和四十二年
遠き日の火事ばなし明日三の酉 能村登四郎
遠火事に木の芽つめたき風おくる 大野林火 冬青集 雨夜抄
遠火事に深き酔ひ寝の起さるる 能村登四郎
遠火事に起きてより血は睡らざり 能村登四郎
遠火事のあとなんとなく団欒せり 能村登四郎
遠火事のごとき傷みを汝と頒つ 上田五千石 琥珀
遠火事の消え瞳孔に火が残る 能村登四郎
遠火事や妻ことことと小豆煮て 星野麥丘人
遠火事や靴穿きかけて又脱いで 林翔
遠火事を見つゝ下りけり九段坂 正岡子規 火事
遠空の火事のほむらもさめて来し 上村占魚 鮎
遠蚊火がよべもこよひも小火のごと 阿波野青畝
郷愁に似て遠火事を眺めけり 林翔
都にはまだ火事多き余寒哉 正岡子規 余寒
野の果の孤獨な火事を逃げる馬 三橋敏雄
鍋焼や火事場に遠き坂の上 正岡子規 鍋焼
雪山の向うの夜火事母なき妻 金子兜太
雪空にじむ火事の火の遠く恋しく 尾崎放哉 須磨寺時代
霧冷えの音を近づけぬ火事太鼓 三橋鷹女
霧美し野呂松が小火を見付けしより 橋閒石 卯
青柿を踏む昼火事のあとの谷 廣瀬直人
音なくてどすぐろき火事雪襖 上田五千石『田園』補遺
額縁をもとめし帰り火事に逢ふ 渡邊白泉
黒く浮く蛙田の畦火事へ駈く 大野林火 雪華 昭和三十四年

以上

by 575fudemakase | 2017-02-17 13:02 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26659249
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング