大年 の俳句

大年 の俳句

大年

あめんぼは水の天井裏に棲む 大年厨 銀化
かなしみを捨て大年の湖に立つ 雨宮抱星
その網戸そこでなければつとまらぬ 大年厨 銀化
ふさはしき大年といふ言葉あり 高浜虚子
オリオンへ向く大年の滑走路 奧坂まや(1950-)
一刻を残す大年活字撰る 河村良太郎
事もあらうに大年の鉄斎忌 岡井省二
仏らと眠る大年の月の下 吉野義子
仲見世に来て大年の月を得し 阿部みどり女 笹鳴
何を焚きても大年の火となれり 辻田克巳
可憐な靴落ちてる 団地の大年の 伊丹公子 時間紀行
塊(くわい)の如く大年の厦(いへ)昏れにけり 赤尾兜子
夜遊びに来し大年の亡き子かな 石 寒太
大年といふ日を風の破るかな 和田耕三郎
大年にかぎつて雪の降りにけり 一茶
大年のうしろ姿やわれも闇 福田葉子
大年のうち捨ててある花さまざま 岸本尚毅 舜
大年のこころしづかに雨を聴く 浅井青陽子
大年のこの身ゆするに腹鳴れり 三浦勲 『生きる』
大年のざはめき乗せる深夜バス 磯崎美枝
大年のなにふれ歩く大鴉 石田あき子 見舞籠
大年のはりまや橋の辻に佇つ 鈴木真砂女
大年のひとりで渡る聖橋 石寒太 炎環
大年のひるさがりより零(こさめ)など 原石鼎 花影以後
大年のむらさきだちし夕欅 高澤良一 ねずみのこまくら
大年のわが影前後左右する 星川木葛子
大年のゲラ刷にして久女伝 黒田杏子 一木一草
大年のテニスコートに子と対す 石寒太 炎環
大年の一匹糶の鮟鱇かな 西本一都 景色
大年の上げ潮となりさくら橋 深見けん二
大年の人差し指を深爪す 有馬英子
大年の人浪やたゝら踏み交り 小林康治 四季貧窮
大年の仕事分け合ふ夫と妻 佐藤仲子
大年の何に驚く夜啼鶏 佐藤春夫 能火野人十七音詩抄
大年の傘さしていて海に酔う 森田廣
大年の冷たき枕こそ幽か 宮坂静生 春の鹿
大年の出船のあとを少し掃く 友岡子郷 未草
大年の前ゆく大根車かな 波多野爽波 鋪道の花
大年の力づけつゝ夫婦かな 滝井孝作 浮寝鳥
大年の午後のゆつたりして来たる 岡本高明
大年の口慰みの梅法師 藤田湘子 てんてん
大年の吃驚水を構へたる 正木ゆう子 静かな水
大年の嘘は申さじ今宵ぎり 菊地三寅
大年の墓清めんと声を出す 原裕 青垣
大年の夕日当れる東山 五十嵐播水 播水句集
大年の夕日見にくる奴らなり 夏井いつき
大年の夕日見に来る奴らなり 夏井いつき
大年の夜に入る多摩の流れかな 飯田龍太 涼夜
大年の夢殿に火のにほひかな 井上弘美
大年の大夕焼や観世音 京極杞陽 くくたち下巻
大年の大河のうしろ姿かな 西宮舞
大年の大理石に水そよぎをり 山西雅子
大年の大雪となる昼の雪 大井雅人
大年の女身をかすめ風の鳶 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
大年の宙つたひ来る海の音 中川宋淵
大年の富士見てくらす隠居かな 言水
大年の山の日ぐれとなりにけり寒雷一つ澄みて霽れたり 穂積忠
大年の山河も晴れを賜りし 高橋正子
大年の嵯峨清涼寺闇に入る 廣瀬直人
大年の常にもがもな弥陀如来 川端茅舎
大年の廃品出るわ出るわ出るわ 石塚友二
大年の悔にも似たる芥焚く 加藤知世子 黄 炎
大年の我顔惜む鏡かな 大谷句仏
大年の故郷への汽車に疲れゐる 楠目橙黄子 橙圃
大年の敷藁にほふ夜の厩舎 東 天紅
大年の日かげ歩める銀座かな 清原枴童 枴童句集
大年の日がおちてゆく深さかな 萩原麦草 麦嵐
大年の日が田に遊ぶ比叡山 山上樹実雄
大年の日のいろとどむ櫟山 秋山幹生
大年の日を載せ甍屈託なし 高澤良一 ねずみのこまくら
大年の日落ち流水尚見ゆる 中村草田男
大年の星の配置のすみし空 藤崎久を
大年の星夜の病衣みづいろに 中戸川朝人
大年の星座くまなく見てねむる 相馬 遷子
大年の星座正して行きし風 五十嵐哲也
大年の暮れゆく雲をあふぎけり 西島麦南 人音
大年の暮れゆく雲を仰ぎけり 西島麥南 金剛纂
大年の暮色も拭ひ難くなる 相生垣瓜人 明治草抄
大年の月の踏石明らかに 今井千鶴子
大年の月一遍のとどまらず 黒田杏子 花下草上
大年の月光つたふ竹箒 嶋田麻紀
大年の本にも倦めば何とせう 高澤良一 宿好
大年の机上さながら海漂ふ 松澤昭 安曇
大年の杉苗畑をきよめをり 飴山實 少長集
大年の東京煮ゆる人地獄 石塚友二
大年の東京駅にまぎれをり 今井千鶴子
大年の柱に凭れ服脱ぎぬ 瀧村道子
大年の梢わたりゆく風の声 片山由美子 水精
大年の椰子林転進部隊行けり 皆川白陀
大年の櫛笄を選びゐる 池田秀水
大年の歩み去るごと人逝ける 原田青児
大年の残照流る大河かな 清水雅子
大年の母港にかへり泊つる船 林大馬
大年の水面に就ける夕鴎 石田勝彦 秋興
大年の河遡りくる潮かな 深田雅敏
大年の法然院に笹子ゐる 森澄雄(1919-)
大年の注連新たまり御神木 香下純公
大年の海原叩け鯨の尾 遠山陽子
大年の海鳴りとどく唐津城 下田静波
大年の火を焚いてゐる向う岸 石寒太 翔
大年の火伏せの笹を奪ひ合ふ 篠田法子
大年の灯を点したり異人館 多田納君城
大年の熊野に仏見舞かな 茨木和生 往馬
大年の父にとびつく子の手毬 百合山羽公 寒雁
大年の狐火なればついて行く 大口元通
大年の田水光るに禽あそぶ 下田稔
大年の病者励まし帰りけり 瀧澤伊代次
大年の病舎に脈をとられをり 石寒太 翔
大年の眼下に蒼し日向灘 鈴木鷹夫 風の祭
大年の石が落ち来る崖に来し 萩原麦草 麦嵐
大年の空かきくらし鎔鉱炉 関圭草
大年の空といふ雲一つなし 藤井俊一
大年の空窺へば鳶の居る 高澤良一 暮津
大年の空見渡して引っ込みぬ 高澤良一 宿好
大年の笹鳴る闇となりにけり 石橋秀野
大年の罅走りたる撞木かな ふけとしこ 鎌の刃
大年の耳掻き棒が見付からず 小出秋光
大年の耳掻棒が見付からず 小出秋光
大年の色ゆたかなる火を使ふ 林由美子
大年の花活け終へし手のほてり 朝倉和江
大年の若狭一塩舁きにけり 古舘曹人 樹下石上
大年の草焼く海津城址かな 西本一都 景色
大年の莚に咲かす餅の花 原裕 正午
大年の蒼海ちかく住みにけり 原石鼎 花影以後
大年の蘆も数年見て知れり 相生垣瓜人 微茫集
大年の街の音聞く橋のうへ 大屋達治 絢鸞
大年の街荷ひゆく湯桶かな 比叡 野村泊月
大年の裳裾ひろがる冬汀 原裕 青垣
大年の貨車が家を揺る世の歪み 岩田昌寿 地の塩
大年の身のはなれよき笹鰈 森澄雄 游方
大年の遠き水辺のひかりかな 角川春樹
大年の闇があと追ふ貨車の尻 成瀬桜桃子 風色
大年の闇と恋路の闇ちがふ 成瀬櫻桃子 素心
大年の闇に声あるごとくなり 辻美奈子
大年の闇をうべなふ藁塚ひとつ 鈴木貞雄
大年の階段に腰かけてゐる 和田耕三郎
大年の隣人風呂をたばひけり 安住 敦
大年の雨のこのまゝ上がらぬか 高澤良一 暮津
大年の雨の間に聞く鳰の笛 松村蒼石 雪
大年の雲の切れ間を鳥の群れ 杉浦圭祐
大年の雲の木つ端の夜に入る 田中水桜
大年の雲もとどめず夜の嶺 中谷畦雪
大年の霜流れゐる龍の髯 外川飼虎
大年の霧の流るる駿河台 蟇目良雨
大年の霧吹きおろす九段坂 加藤楸邨
大年の青瞬かすカシオペア 山田みづえ 草譜
大年の顔の覗ける産湯かな 岸田稚魚 『雪涅槃』
大年の顔剃って更に漂泊う 三井重子
大年の風のひと日となりにけり 杉山恵子
大年の風呂に鼻までつかりけり 龍岡 晋
大年の風呂轟々と沸かしけり 田川江道
大年の首に下げたるレジのキー 紙谷香須子
大年の鬨挙げにけり薩摩鶏 能勢真砂子
大年の鰐の背中を洗ひをり 石寒太 翔
大年の鳥に話をしてゐたり 岡田史乃
大年の鳶がのこりて雲行けり 宮津昭彦
大年の鶏しめてゐる裏の畑 岡本高明
大年の鶴・鳶・鴉天わかち 吉野義子
大年の黄の夕焼を窓の幸 三橋敏雄
大年の鼻まで風呂につかりけり 龍岡晋
大年へ人の昂ぶり機の音 中山純子
大年も島のはづれにマンタ彫る 中戸川朝人 尋声
大年やおのづからなる梁響 芝不器男(1903-30)
大年やころほひわかぬ燠くづれ 芝不器男
大年や久女の墓へ石叩 宮坂静生 山開
大年や借り重ねたる人の恩 石塚友二
大年や働きづめのガス焜炉 田守としを
大年や僧の総出のためし撞き 中島 初
大年や剥がれかかりて燕の巣 中田剛 珠樹以後
大年や南無阿弥陀仏またあした 浜崎敬治
大年や啄木鳥叩く常の音 東洋城千句
大年や寺真つ向に白磧 石原舟月
大年や我死所の鐘もなる 一茶
大年や手の置れたる人心 羽紅 俳諧撰集玉藻集
大年や朝寝の床に耳すます 浅原六朗 欣求鈔
大年や栗ぜんざいの箸短か 鈴木真砂女 夕螢
大年や海原は空開けて待つ 奥坂まや
大年や濯ぎしものを月に干す 馬場移公子
大年や灯ゆるめず滑走路 奥坂まや
大年や能楽堂を置く真闇 藤田湘子 てんてん
大年や薬も売らぬ隠君子 芥川龍之介
大年や藁に落ちゐし雁の羽 神尾久美子
大年や襤褸のごとくに雲の垂れ 久保田万太郎 流寓抄
大年や見えぬ深さに渓の音 ながさく清江
大年や貼り煩へる壁と紙 野村喜舟 小石川
大年や足らざる金の使へるも 石川桂郎 高蘆
大年や遺影の夫の額拭ふ 和田知子
大年や鯛の荒煮の目玉よく 野村喜舟 小石川
大年や鳥居の朱ヶも靄の中 久保田万太郎 流寓抄
大年を西へ率て行く月の魄 岩坂満寿枝
大年を護摩たくひとの黒子から 中田剛 竟日
大阪の大年いかにわれら健 石塚友二 方寸虚実
山国の雪の大年降り暮れぬ 椎橋清翠
恋とならざりき大年の髪洗ふ きくちつねこ
抱かずとも赤子泣かすな大年ぞ 長谷川久々子
抱く姪の瞳も大年の潮に染み 友岡子郷 遠方
明日のため大年の夜を炭かく音 栗生純夫 科野路
杉の香のして大年の父の墓 大木あまり 火球
松ぼくり大年の日を懐かしみ 高澤良一 ぱらりとせ
波除に大年の波静かかな 松本たかし
病む父の大年の髭剃りにけり 熊田 鹿石
瞑りて大年の髪梳かれをり 佐野美智
神鏡に大年の顔うつりけり 小川迪子
群集を染め大年の日は沈む 福田蓼汀 山火
起き抜けの布団前方後円墳 大年厨 銀化
陽をのせて大年の雲動かざる 中川宋淵
鳶浮かび出て大年の山の空 永田耕一郎 方途

大年 補遺

まなぶたをとぢ大年の夕日おく 上村占魚
乾鮭を割く大年の修羅場かな 石田勝彦 雙杵
事もあらうに大年の鉄斎忌 岡井省二 鹿野
同じ顔して大年の十姉妹 飯田龍太
噛みしめてけふ大年の海鼠かな 森澄雄
大年のけじめのつけたる湯を出づる 能村登四郎
大年のしろき障子にゐて想ふ 三橋鷹女
大年のつぎつぎ閉まる寮の窓 飯田龍太
大年のなに見るとなく神父笑み 飯田龍太
大年のはりまや橋の辻に佇つ 鈴木真砂女 居待月
大年のひと帰りくる磧道 飯田龍太
大年のひるさがりより零(こさめ)など 原石鼎 花影以後
大年のものの名残りの風の音 鷹羽狩行
大年のわれの顎と犀の角 岡井省二 猩々
大年の一空つ風わが舞ひぬ 岸田稚魚 紅葉山
大年の上げ潮となりさくら橋 深見けん二
大年の人浪やたゝら踏み交り 小林康治 四季貧窮
大年の入母屋造森のなか 飯田龍太
大年の前ゆく大根車かな 波多野爽波 鋪道の花
大年の口慰みの梅法師 藤田湘子 てんてん
大年の唇にめでたき紅のいろ 飯田龍太
大年の土手焼く何か為さむとて 岡本眸
大年の堆朱なりける袖裏も 岡井省二 猩々
大年の墓掃く独語洩らしけり 岡本眸
大年の墓清めんと声を出す 原裕 青垣
大年の声いかつなり京千代 子珊
大年の夕晴れて空邃きかな 佐藤鬼房
大年の夜に入りてさかる護符焚く火 能村登四郎
大年の夜に入る多摩の流れかな 飯田龍太
大年の客に酌まるゝ番茶かな 日野草城
大年の嵯峨清涼寺闇に入る 廣瀬直人
大年の己が波だつ鯨かな 岡井省二 鯛の鯛
大年の常にもがもな弥陀如来 川端茅舎
大年の廃品出るわ出るわ出るわ 石塚友二 玉縄抄
大年の拭けば綺麗な墓の貌 岡本眸
大年の旅はさへづり食うべけり 岡井省二 鯨と犀
大年の日のさしてゐる小草かな 原石鼎 花影
大年の日暮つつみて波の音 岸田稚魚 紅葉山
大年の日落ち流水尚見ゆる 中村草田男
大年の昼湯にいのちありにけり 日野草城
大年の暮れぎはにして深霞 能村登四郎
大年の暮れゆく雲をあふぎけり 西島麦南 人音
大年の暮れゆく雲を仰ぎけり 西島麥南 金剛纂
大年の暮色も拭ひ難くなる 相生垣瓜人 明治草抄
大年の暮芭も拭ひ難くなる 相生垣瓜人 明治草
大年の曼荼羅窟ぞ金色に 岡井省二 鯛の鯛
大年の朝寐は涼し窓の雪 木因
大年の朝市に買ふ葷のもの 上田五千石 風景
大年の杉苗畑をきよめをり 飴山實 少長集
大年の東京煮ゆる人地獄 石塚友二 曠日
大年の枯木の奥に灯ともれる 橋閒石 雪
大年の棒となりたる芭蕉かな 石田勝彦 雙杵
大年の水あげてゐる薗の花 飯田龍太
大年の水面に就ける夕鴎 石田勝彦 秋興以後
大年の法然院に笹子ゐる 森澄雄
大年の注連新しき杣泉 森澄雄
大年の流速としてくらく見る 能村登四郎
大年の渺たる鳰に惹かれけり 相生垣瓜人 明治草
大年の火を治めたる家の中 藤田湘子
大年の炎とのぼる白煙 廣瀬直人
大年の烏賊のカラスを取り出す 岡井省二 鯛の鯛
大年の焚火朝より宰領す 藤田湘子
大年の煤降りて溝かくれけり 伊丹三樹彦
大年の燈の燦々と子のねむり 三橋鷹女
大年の父にとびつく子の手毬 百合山羽公 寒雁
大年の目凝らせば見ゆ縲(しばりなは) 佐藤鬼房
大年の空を故人も眺めけむ 相生垣瓜人 負暄
大年の笹鳴る闇となりにけり 石橋秀野
大年の聖天なりしからだかな 岡井省二 鯛の鯛
大年の自在揺れゐる無人の間 飯田龍太
大年の若狭一塩舁きにけり 古舘曹人 樹下石上
大年の蒼海ちかく住みにけり 原石鼎 花影以後
大年の蘆も数年見て知れり 相生垣瓜人 微茫集
大年の街を乙女は書を読みつ 平畑静塔
大年の裳裾ひろがる冬汀 原裕 青垣
大年の襖の隙の深雪かな 百合山羽公 春園
大年の象使ひかつ象の耳 岡井省二 鯛の鯛
大年の身のはなれよき笹鰈 森澄雄
大年の身をゆだねたる尾輌の隅 橋閒石 朱明
大年の野の寺を指さしをりぬ 岡井省二 五劫集
大年の野の裏窓に異なる顔 飯田龍太
大年の闇打つ旗の音すなり 飯田龍太
大年の隣人風呂をたばひけり 安住敦
大年の雨の間に聞く鳰の笛 松村蒼石 雪
大年の雲の片寄る檜山 廣瀬直人
大年の霰打つたる鯉の澄み 森澄雄
大年の青瞬かすカシオペア 山田みづえ 草譜
大年の青笹燃やす飛鳥川 岡井省二 鹿野
大年の鳥影鷹となりて過ぐ 飯田龍太
大年の黄の夕焼を窓の幸 三橋敏雄
大年も雀の遊ぶ垣ほかな 杉風
大年や久遠の星に見守られ 林翔
大年や借り重ねたる人の恩 石塚友二 磯風
大年や屏風傘味噌畳 〔ブン〕村
大年や既に日失せし庭の松 日野草城
大年や栗ぜんざいの箸短か 鈴木真砂女 夕螢
大年や注射おさめのメタボリン 日野草城
大年や田鳧が翔べば目を移し 森澄雄
大年や能楽堂を置く真闇 藤田湘子 てんてん
大年や花屋の水の道に出て 鷹羽狩行
大年や茶の間の客は俳諧師 日野草城
大年や草臥して草なまなまし 廣瀬直人
大年や親子だはらの指荷ひ 万乎
大年や足らざる金の使へるも 石川桂郎 高蘆
大年や門掃き直す人の声 阿波野青畝
大年や風情の出来る日暮方 成田蒼虬
大年や鬼王どのに逢ませう 許六
大年や鬼王殿に逢ませう 許六
大年をとられて目むく車鯛 森澄雄
大年を湯気でけがしぬ鴨の鍋 森澄雄
大年を酔ふふるさとを北にもち 橋閒石 雪
大年を雪もて閉ぢぬ楡林 山田みづえ 木語
大阪の大年いかにわれら健 石塚友二 方寸虚実
指に血豆できて大年うろうろす 能村登四郎
晩年に見る大年の河の景 能村登四郎
波除に大年の波静かかな 松本たかし
群集を染め大年の日は沈む 福田蓼汀 山火
藪の端に大年移る月錆びぬ 飯田蛇笏 山響集
鮭の切身買ふ大年の市の端 能村登四郎

以上

by 575fudemakase | 2017-02-17 19:49 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26660022
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40
後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42

外部リンク

記事ランキング