冬の沼 の俳句

冬の沼 の俳句

冬の沼

にんげんの見える真昼や冬の沼 柿本多映
みやげ屋の裏へ来てゐし冬の湖 宇都宮沢
ゆきつきて雲を零せる冬の沼 松村蒼石 雪
レグホン次々冬沼の紺見ゆる枝へ 香西照雄 対話
冬の日のふつと離るる余呉の湖 下條杜志子
冬の沼ひかりたきときひかりけり 今井杏太郎
冬の沼何の杭とも知れず立つ 安住 敦
冬の沼日へ一掬や薮洩れて 村沢夏風
冬の沼遠し遠しと猫行くや 永田耕衣 驢鳴集
冬の湖大盃として拝す 檜山哲彦
冬の湖聖徒は親を捨てにけり 角谷昌子
冬沼に昼月といふ浮かれ者 町田しげき
冬沼に硫黄を掬ひ唄ふなし 佐藤鬼房
冬沼の睡蓮として寧らへり 樋笠文
冬沼へ声を立てざるいと憎し 八木三日女 紅 茸
冬湖や吹き飛ぶものに鴨もあり 稲岡長
大魚籠を呑みこみにけり冬の沼 石田勝彦 秋興
幹という幹の隙間は冬の沼 橋閒石 和栲
恋うて来し冬の池見ゆかけらほど 林翔
日かげりてにはかに小さき冬の沼 川島彷徨子 榛の木
暮れ際のひかり波打つ冬の沼 船坂ちか子
棲めるもの藻に眠らしめ冬の沼 青木暁雲
法黙の賺したまへる冬の湖 岡井省二
漁具はみな裏返されて冬の湖 日比野 悟
玻璃磨き乙女が冬の湖澄ます 設楽紫雲
瓦師も住み冬湖を守る百戸 能村登四郎 寒九
男女七才にして冬の沼凪げり 橋閒石 和栲
白は鷺柩のごと冬沼の詩は嫁ぐ 橋本夢道 良妻愚母
皮表紙その冬沼を繙かん 渋谷道
翁眉うごいて冬の湖の虹 岡井省二
翔ぶものの影をはなさず冬の沼 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
見えそめててのひらほどの冬の沼 高橋悦男
護摩札をいただけり冬の沼を見む 瀧春一 菜園
足弱な男に冬の湖まぶし 橋閒石 和栲

冬の沼 補遺

おほせまたかぶりて冬の湖なりき 岡井省二 猩々
ゆきつきて雲を零せる冬の沼 松村蒼石 雪
わづかなる満干に生きて冬の沼 岡本眸
冬の沼何の杭とも知れず立つ 安住敦
冬の沼遠し遠しと猫行くや 永田耕衣
冬の湖ボートの形にボート積み 鷹羽狩行
大魚籠を呑みこみにけり冬の沼 石田勝彦 秋興
太古の火埋めし碧さの冬の湖 野見山朱鳥 幻日
島の湖のほとりに泊つる冬の霧 村山故郷
島の湖の夜景見過ぐ時冬の雁 村山故郷
幹という幹の隙間は冬の沼 橋閒石 和栲
恋うて来し冬の池見ゆかけらほど 林翔
拷問の池泉残れり冬の蝶 松崎鉄之介
旅の朝餉青波見する冬の湖 村山故郷
朝の日に白し白鳥丸冬の湖 山口青邨
朱欒七八顆そこより冬の湖 岡井省二 鹿野
法然の?(すか)したまへる冬の湖 岡井省二 鹿野
狡猾に波立つてゐる冬の池 飯島晴子
男女七才にして冬の沼凪げり 橋閒石 和栲
翁眉うごいて冬の湖の虹 岡井省二 有時
落口を青一点に冬の沼 大野林火 青水輪 昭和二十六年
賢愚なし白鵞鳥黒鵞鳥冬の池 山口青邨
足弱な男に冬の湖まぶし 橋閒石 和栲

以上

by 575fudemakase | 2017-02-17 20:07 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26660067
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。