小正月 の俳句

小正月 の俳句

小正月

例句を挙げる。

あたゝかく暮れて月夜や小正月 岡本圭岳
あやとりの紐のくれなゐ小正月 中野青芽
うぐひすのことしまだ来ず小正月 久保田万太郎 流寓抄以後
うしろより見る田の神や小正月 草間時彦 櫻山
はしら酢や小正月なる客二人 増田龍雨 龍雨句集
ひとりづつきて磯育ち小正月 古舘曹人 樹下石上
ふだん着にゆるりと暮す小正月 太田のりえ
やはり酒出すことにして小正月 能村研三 鷹の木
コルク屑ワインに混じる小正月 能村研三 鷹の木 以後
京の夜の濡れてゐるなり小正月 椎橋清翠
人寄せて妻つかれさす小正月 吉良蘇月
初産によき名たづさへ小正月 赤松[けい]子 白毫
十五から我酒のみ出て小正月 加藤郁乎
味噌漬の鮭の赤き身小正月 菅原多つを
喪の女鎌倉で降り小正月 沢木欣一 赤富士
囲炉裏にて馬の豆煮る小正月 瀧澤伊代次
地卵に血の筋多し小正月 角川春樹
夜をこめて大根を煮る小正月 細見綾子 黄 炎
奉公も今はむかしに小正月 石山佇牛
好しき切通あり小正月 八木林之介 青霞集
妻が書く賀状二三や小正月 九品太
妻が買ふひそかなる株小正月 斎藤五子
安曇野に冴ゆる灯数や小正月 鳥羽とほる
室の津へ混み合ふバスや小正月 富竹雨
寺の畑雪厚くせる小正月 昭彦
小正月いまおしろいコつけでらおン 黒瀧昭一
小正月そそのかされて酔ひにけり 中村苑子
小正月刻にはづれし出前そば 衛
小正月女の神山に雪あらた 石野冬青
小正月寂然として目をつむる 飯田蛇笏 山廬集
小正月栄転の子の帰京待つ 関根淑子
小正月稿のなき手をふり歩く 川崎展宏
小正月蝙蝠傘を突きて出でし 廣江八重櫻
小正月読まずにたたむ政治欄 伊藤トキノ
小正月路傍の石も祀らるる 鍵和田[ゆう]子
山の温泉に海女来て踊る小正月 野原 春醪
山川に流るゝ菜屑小正月 清原枴童 枴童句集
徳利が袴を吸ふぞ小正月 八木林之介 青霞集
故ありてお仲間入りや小正月 高木晴子 花 季
日を浴びてさざめく樟や小正月 静二
時かけて生木燃えだす小正月 廣瀬直人
晴着来て幼女はなやぐ小正月 矢部宮居
暖かく暮れて月夜や小正月 岡本圭岳
木挽師の煮メを食うて小正月 斎藤夏風
木菟の大まばたきや小正月 辻桃子
木菟檻に鶏の頭や小正月 辻桃子
杉山に煙ふうはり小正月 猪俣千代子 秘 色
杵音のすぐに止みたる小正月 奥山 昌美
松とりて世ごころ楽し小正月 几董
樹の太刀をつくる漢の小正月 佐川広治
水つぽき蟹食ひ温き小正月 西村公鳳
水底の如たそがれの小正月 松尾朱葉
浪華津の白浪見たり小正月 桂 信子
湯上がりの爪の手入や小正月 鈴木真砂女
炉の上の小豆匂へり小正月 杉崎あさ
煮こんにやくつるりと食へば小正月 松本旭
片側の屋根に雪ある小正月 小瀬川季楽
犬槙に風のあつまる小正月 肇
猿が棒抱へてゐたり小正月 柴崎左田男
田に立てて杉の木青し小正月 長谷川 櫂
田雀は篠に戻りぬ小正月 石田勝彦
看護婦の恋育て来よ小正月 八木林之助
蒔絵筆ぎつしり壷に小正月 井上 雪
薄赤きシヤツなど着つつ小正月 八木林之介 青霞集
蘆刈も渡舟もやすみ小正月 福田杜仙
衰ふや一椀おもき小正月 石田波郷
裏紙に妻のメモ書き小正月 高澤良一 随笑
褒貶はをんなの遊び小正月 井沢正江 以後
誰も来よ今日小正月よく晴れし 立子
豆源の豆菓子ありて小正月 鈴木しげを
鄙びたる押ずし甘し小正月 藤井すみ子
雨脚が竹の空より小正月 広瀬直人
雪嶺の目の高さなる小正月 阿部みどり女
雪祭了へただ眠き小正月 林 翔
馬曳くと早池峯すでに小正月 春樹
魚釣を海女が見てをり小正月 和田 祥子

小正月 補遺

あすなろの菜箸おろす女正月 飯島晴子
うしろより見る田の神や小正月 草間時彦 櫻山
にぎやかに盃あらひ女正月 鷹羽狩行
ひとりづつきて磯育ち小正月 古舘曹人 樹下石上
べんがら館女正月となりにけり 村山故郷
ラヂオいふ今日小正月目が覚めし 星野立子
五指の爪玉の如くに女正月 飯田蛇笏 家郷の霧
人形の女正月草の庵 後藤夜半 底紅
元日草女正月もはや過ぎし 山口青邨
冬着きて帯細くなる小正月 能村登四郎
塩味の醤油味のと女正月 鷹羽狩行
声高に襤褸もち出づる女正月 角川源義
夜をこめて大根を煮る小正月 細見綾子
大根葉の青さゆゆしき女正月 飯島晴子
女正月子を連れて且つみごもりて 安住敦
女正月少年のこゑありにけり 岸田稚魚 紅葉山
女正月皿をはみ出し海老の髭 鈴木真砂女 紫木蓮
女正月眉間に鳥の影落つる 飯島晴子
嬰よりの貰ひあくびや小正月 能村登四郎
小正月寂然として目をつむる 飯田蛇笏 山廬集
屑屋来て払ひし書籍小正月 星野立子
忘れものせしやうな昼小正月 桂信子「草影」以後
折鶴のなかに病む鶴女正月 鷹羽狩行
時かけて生木燃えだす小正月 廣瀬直人
松の木に梯子が長し女正月 藤田湘子 てんてん
松籟の砂地に長き小正月 桂信子 草影
機台の二台休めり小正月 清崎敏郎
洗ひ干すものに太陽小正月 高田風人子
田雀は篠に戻りぬ小正月 石田勝彦 百千
畦の雪だけは皆消え女正月 能村登四郎
真白米炊きて鮨とす小正月 水原秋櫻子 緑雲
石橋の荒き日影や女正月 飯島晴子
肱ついて女正月遊びけり 後藤夜半 底紅
能衣裳など見て暮れぬ女正月 百合山羽公 樂土
船窓に箸立のぞく小正月 岡本眸
芋賽に赤き眼を植う女正月 角川源義
製塩の土地神と酌む小正月 佐藤鬼房
誰も来よ今日小正月よく晴れし 星野立子
酒やめて椀かさねけり小正月 飴山實 句集外
野道からぬかるみが消え小正月 藤田湘子 てんてん
鍋に火を入れて人待つ女正月 古舘曹人 樹下石上
雨脚が竹の空より小正月 廣瀬直人
頂きし銀の小物よ小正月 星野立子

以上

by 575fudemakase | 2017-03-17 05:20 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26723925
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

烏貝  の俳句
at 2017-04-30 10:00
芦の角 の俳句
at 2017-04-30 09:39
入学試験   の俳句
at 2017-04-30 09:34
磯開  の俳句
at 2017-04-30 09:29
荻の角  の俳句
at 2017-04-30 09:14

外部リンク

記事ランキング