初薬師 の俳句

初薬師 の俳句

初薬師

例句を挙げる。

かんざしを豊年挿しや初薬師 後藤綾子
ささやかな願ひごとして初薬師 関口栄子
すぐ裏を電車の通る初薬師 山下竹揺
なゝくさや明日は野寺の初薬師 松岡青蘿
み仏に男の煮炊き初薬師 松本千代子
もちよりし幕やうすべり初薬師 駒田菓村
ハイヒール提げて火渡る初薬師 永井武子
一山の雪の深さや初薬師 野津無字
人波へ湯気吐く露店初薬師 加藤風信子
初薬師かへりの芹を摘みにけり 岸風三樓
初薬師ぬくき一ト日となりにけり 佐藤信子
初薬師ねんねこがけで詣でけり 河原白朝
初薬師より青空を連れ帰る 小澤克巳
初薬師初金毘羅と逢ひ貯めて 鈴木栄子
初薬師参道匂ふ焼つぐみ 津和大樹
初薬師売れぬ苗木を糶つてゐる 嶋崎楓峰
初薬師小雪のあとの薄日ざし 徳田林泉
初薬師磴に霰の敷きそめし 松波はちす
初薬師祖母に買ひたる一位箸 安田建司
初薬師苗木に隣る農具市 中沢文次部
初薬師風邪いましめて帰しけり 安住敦
団扇餅鬻ぐ草家や初薬師 吉田一彩
平成の月日はじまる初薬師 城戸緑楼
御前に重たき餅を初薬師 今川凍光
念仏の雨にとぎれて初薬師 山口 得
接待の火鉢撫でをり初薬師 土橋石楠花
杉の雪しきりに落ちぬ初薬師 大峯あきら
枯桑の径の往来は初薬師 奥田可児
水煙の雀が呼ぶや初薬師 杉田賀代子
海見ゆる産湯の里の初薬師 児島青波
畑見ゆ町のはづれの初薬師 山村庄太郎
真言のおんころころや初薬師 馬場一扇
矮鶏の閧山に弾めり初薬師 林 ヨシ子
荒星の掴む近さや初薬師 曽根原幾子
護摩祈祷待つ日溜や初薬師 富田潮児
遊里よりつき来し猫や初薬師 岡本庚子
鉈彫の秘仏はくらし初薬師 北澤瑞史
降る雪に大護摩焚けり初薬師 熊田鹿石
願かけの母の手をひき初薬師 新井桜邨
願ひごとあれば参らむ初薬師 大賀 賢子
香煙を母にかけやる初薬師 宮田俊子
鼻がしら凍みつぱなしや初薬師 溝口青於

初薬師 補遺

なゝくさや明日は野寺の初薬師 松岡青蘿
初薬師父の篤信承けざれど 上田五千石『天路』補遺
初薬師風邪戒めて帰しけり 安住敦
千余年出湯たうたう初薬師 上村占魚
木に寄せて篠束青し初薬師 石田勝彦 百千

以上

by 575fudemakase | 2017-03-17 07:12 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26724037
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング