寝正月 の俳句

寝正月 の俳句

寝正月

例句を挙げる。

けもの鍋こと~煮えて寝正月 石橋秀野
ははそはの母にすすむる寝正月 高野素十
ふるさとにのこす名もなく寝正月 古舘曹人 樹下石上
まむし酒ありて湯治の寝正月 穐好樹菟男
みどり児の起きてしまひし寝正月 稲畑汀子
みほとけのおん膝ちかく寝正月 高岡智照
ゆふぐれの机ありけり寝正月 藤田あけ烏
わが老をわれがいたはり寝正月 福井艸公
われになき才智のぞまず寝正月 上村占魚
一さきに雀のめざめ寝正月 原石鼎 花影以後
九十一才の寝正月なりしかな 粟津松彩子
京の端の北白川や寝正月 日野草城
南天を食べに来る鵯寝正月 草間時彦
又かかる誘ひの電話寝正月 湯川雅
壺の薔薇ほぐるるを見て寝正月 大島民郎
夜となりて吉夢むさぼる寝正月 金子兜太 皆之
孫子等の遠きもよけれ寝正月 副島ふみ
寝正月からだを薬かけめぐり 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
寝正月さめてふと思ふ梅見月 原石鼎 花影以後
寝正月せめて敷布の新しく 野村喜舟 小石川
寝正月と決めこむ顔のないボンベ 加藤三陽
寝正月なれど天地広くゐる 森澄雄
寝正月の今宵も星の美しき 村山古郷
寝正月またよからずや訪ひもせむ 下村梅子
寝正月一ト笑ひして起きにけり 渡辺軍平
寝正月大和島根の浮くまゝに 中島月笠
寝正月子供の話聞くとなく 丸山綱女
寝正月川音そして山の音 戸塚時不知
寝正月帯の流れのやうな町 片岡とし子
寝正月西方浄土へ足向けて 小出秋光
寝正月鶲を欲れば鶲来る 橋本多佳子
山海の幸たつぷりと寝正月 久米谷和子
常磐木の青さ眼にしむ寝正月 原コウ子
我も折れていはるるままに寝正月 富安風生
把手磨けど握手は嫌ひ寝正月 香西照雄 対話
新しき千年紀まづ寝正月 松尾隆信
旅行書の南海青し寝正月 大島民郎
明日はよきあきうどたらん寝正月 小畑一天
朝風呂を立てゝ百姓寝正月 渡部余令子
松風もつのればわびし寝正月 高田蝶衣
楪の萎びからびや寝正月 夢筆
次の間に妻の客あり寝正月 日野草城
歩み板はづし艀の寝正月 守矢牧彦
死神に居留守をつかふ寝正月 山下律子
母われを生みし地に棲み寝正月 松村多美
牛の糧やるよりほかは寝正月 羽野 蕗村
玄関に風の訪れ寝正月 阿部みどり女 月下美人
目出度さや老いて互に寝正月 高浜虚子
虚子庵に不参申して寝正月 松本たかし
裏街に住む気安さよ寝正月 久保田一穂
贅肉がたつぷり寝正月の母 楠節子
透きとほる葛湯さみしき寝正月 中村苑子
金輪際決め込む妻が寝正月 岸田稚魚
食べるものきちんと食べて寝正月 丁野弘
飲食の子規を羨しむ寝正月 石田波郷

寝正月 補遺

「娑婆遊び」と言えど曖味寝正月 金子兜太
「黒髪」の御山の許す寝正月 平畑静塔
けもの鍋こと~煮えて寝正月 石橋秀野
こつとりをことりと落し寝正月 日野草城
すべて過去 すべて未来の 寝正月 伊丹三樹彦
ははそはの母にすすむる寝正月 高野素十
ふるさとにのこす名もなく寝正月 古舘曹人 樹下石上
みどり児の起きてしまひし寝正月 稲畑汀子
めをととてくしきえにしや寝正月 上田五千石 天路
やは~と生きると決めて寝正月 飴山實 句集外
一さきに雀のめざめ寝正月 原石鼎 花影以後
乱行の雪となりけり寝正月 上田五千石 琥珀
京の端の北白川や寝正月 日野草城
人々のなさけを謝して寝正月 山口青邨
僕婢なきわが代うれしや寝正月 上田五千石『天路』補遺
南天を食べに来る鵯寝正月 草間時彦
咳き込んで あかつき憎む 寝正月 伊丹三樹彦
喪正月寝正月なる手足かな 山田みづえ 草譜
喰べさしのぽんかんにほふ寝正月 日野草城
夜となりて吉夢むさぼる寝正月 金子兜太
大濤の上げし日の出の図寝正月 山口青邨
宇宙遊泳もかくやと寝正月 鷹羽狩行
寝ることのさびしさ知るや寝正月 林翔
寝正月さめてふと思ふ梅見月 原石鼎 花影以後
寝正月なれど天地廣くゐる 森澄雄
寝正月には広島菜□にあふ 佐藤鬼房
寝正月の今宵も星の美しき 村山故郷
寝正月世に処する道練りにけり 阿波野青畝
寝正月賀客のベルのまた響く 日野草城
寝正月退屈の虫だましだまし 佐藤鬼房
寝正月鶲を欲れば鶲来る 橋本多佳子
寝積むや煙草火つくり独言 角川源義
寝積や布団の上の紋どころ 阿波野青畝
山棲みの畳青しも寝正月 飯田蛇笏 家郷の霧
幻の秘宝が恃み寝正月 佐藤鬼房
廻ぐる日の色麗かや寝正月 川端茅舎
我も折れていはるるままに寝正月 富安風生
把手(ノブ)磨けど握手は嫌ひ寝正月 香西照雄
昼過ぎの水汲みに出て寝正月 鷹羽狩行
東山晴れて曇りて寝正月 日野草城
松茸も出てくる夢と寝正月 金子兜太
枯れてゆく山毛欅と共寝の寝正月 金子兜太
次の間に妻の客あり寝正月 日野草城
老成(ねびる)とはいびることらし寝正月 佐藤鬼房
虚子庵に不参申して寝正月 松本たかし
裸木に 雨の鞭鳴る 寝正月 伊丹三樹彦
襖絵の美女に囲まれ寝正月 鷹羽狩行
軽いひもじさに 風聴く 寝正月 伊丹三樹彦
辰年の男九十六歳寝正月 山口青邨
陶の狸御慶を申す寝正月 山口青邨
風の音きこゆるばかり寝正月 日野草城
骰ひとつ畳の上に寝正月 鷹羽狩行

以上

by 575fudemakase | 2017-03-17 07:24 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26724053
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング