三ヶ日 の俳句

三ヶ日 の俳句

三ヶ日 

こゝろよき炭火のさまや三ヶ日 飯田蛇笏
なすとなくするともなしに三ケ日 井上井月
ひとりぐらしの家例も出来て三ヶ日 関口ふさの
ふくよかな大根煮がよし三ケ日 五十崎 朗
ふるさとに在る三ケ日雪止まず 今村青魚
ふるさとの海の香にあり三ヶ日 鈴木真砂女
わが勝手罷り通れり三ケ日 高澤良一 石鏡
わが名一字わけし児の来る三ヶ日 織田美智子
チューリップさして間借りや三ヶ日 鈴木真砂女
パン食の恋しくなつて三ケ日 松木つやの
ペン立てのはやごちやごちやと三ヶ日 上野さち子
ポストまで歩く時間や三ケ日 横山芦石
一人居て思ふ事なき三ケ日 夏目漱石
一人居や思ふことなき三ヶ日 夏目漱石
三ケ日いたはりし手を又使ふ 山口波津女
三ケ日おだやか四日風吹いて 高澤良一 暮津
三ケ日つかはぬ葱のにほひ来つ 能村登四郎
三ケ日どこへも行かず誰も来ず 岩永草渓
三ケ日に死にたくなしと或僧が 高浜虚子
三ケ日も書斎派と決む本買ひ込み 鈴木栄子
三ケ日やはらかきみち竹山に 岡井省二
三ケ日伊豆の湯宿に干物噛み 今泉貞鳳
三ケ日喜怒哀楽の靴並び 室山花子
三ケ日孫の玩具につまづきぬ 青木よしを
三ケ日家がふくらむほどの晴 小林タミ子
三ケ日幕張りて石屋魂ふやす 加倉井秋を
三ケ日手のり文鳥とも遊び 中嶋郷鬼
三ケ日早や過ぎ四日遅々と過ぎ 星野立子
三ケ日昨日と過ぎて湯豆腐す 小澤碧童 碧童句集
三ケ日書斎は隠れ部屋めきて 山田弘子 こぶし坂
三ケ日父居て母居てみんな居る 楠節子
三ケ日睡魔と遊ぶ閑を得し 伊藤莫乍
三ケ日袴の皺に過ごしけり 前川素泉
三ケ日過ぎたる鯖の味噌煮かな 草間時彦
三ケ日閃き過ぎぬ松も過ぎぬ 石塚友二 光塵
三ケ日雪の白さにつかれけり 倉田素商
三ケ日静かにあれば静かに過ぐ 松崎鉄之介
三ヶ日いたはりし手を又使ふ 山口波津女
三ヶ日だけは休みて受験の子 高橋妙子
三ヶ日つかはぬ葱のにほひ来つ 能村登四郎
三ヶ日夫の罪障計算す 上野さち子
三ヶ日早や過ぎ四日遅々と過ぎ 星野立子
三ヶ日死にたくなしと或僧が 高浜虚子
三ヶ日過ぎたる鯖の味噌煮かな 草間時彦
三ヶ日静かにあれば静かに過ぐ 松崎鉄之介
亀虫も出て三ケ日晴れにけり 矢島渚男 延年
京風のしきたりもよし三ケ日 田中玉夫
人の顔ほのあたたかし三ヶ日 藤陵紫泡
別れ住む子を客として三ケ日 井上土筆
厄年の風邪を貰ひし三ヶ日 湊 淑子
名山に対す厠や三ヶ日 宮武寒々 朱卓
喪隠りの塵も払はず三ケ日 清水基吉
夜は夜の楽しみのあり三ケ日 青柳薫也
大根がもつとも美味し三ヶ日 北村 保
女教師ののらくら過す三ヶ日 楠節子
好い三ケ日であつた妻のつぎものしている今晩 荻原井泉水
好天の裡に了りぬ三ケ日 高澤良一 暮津
子ら寝たり年どし迅き三ケ日 土田互平
客もなき山の教師の三ケ日 赤堀五百里
家居して婦唱夫隨の三ヶ日 加藤春彦
密に粗に風も過客や三ヶ日 伊藤 敬子
寝て過す田舎教師の三ケ日 山下しげ人
山の温泉(ゆ)に骨抜きとなる三ケ日 高澤良一 寒暑
山中の鯉にフ麸をやる三ヶ日 森 澄雄
山中の鯉に麩をやる三ケ日 森澄雄
庭雀時雨ただしき三ケ日 松村蒼石 雁
庭雀晴雨ただしき三ケ日 松村蒼石 雁
後々と日和まさりに三ヶ日 松本たかし
御神楽を舞ひふるさとの三ヶ日 星野秀則
数決めて雑煮あはれや三ケ日 石塚友二 光塵
暖炉焚くのみの奢りや三ヶ日 殿村菟絲子
机上メモまだ白きまま三ケ日 吉屋信子
机上メモまだ白きまゝ三ケ日 吉屋信子
沸き早きひとりの風呂や三ケ日 鈴木真砂女 夕螢
海を見て富士見て過す三ヶ日 星野 椿
炉を焚いて百姓らしき三ヶ日 古川あつし
父と子の声聞き違へ三ヶ日 宮地英子
独居や思ふ事なき三ヶ日 夏目漱石 明治四十三年
相承の袈裟重かりし三ヶ日 川澄祐勝
真鯉つと人の気配の三ケ日 長谷川久々子
稿起すべし三ヶ日惰に過ぎし 成田黄二
箕の中に多賀のお多福三ケ日 伊藤敬子
結局は何もせず過ぎ三ヶ日 稲畑汀子
腫れものも湯に温もりて三ケ日 高澤良一 寒暑
茫洋として夫がゐる三ヶ日 柴田白葉女 『朝の木』
薄墨のにじむを華と三ケ日 鳥居美智子
虚しさに似て倖せや三ケ日 柴田白葉女
虚しさに似て倖はせや三ケ日 柴田白葉女
街空に星粒揃ふ三ケ日 三木蒼生
装ひて母待ち臥せり三ヶ日 古賀まり子
裾を引く妻の立居や三ヶ日 三が日 正岡子規
貰ひ食ひの三ケ日暮れ痰つゝむ 岩田昌寿 地の塩
赤壁の下につぶすや三ヶ日 松浦為王
透き徹るほかなき水や三ヶ日 関口恭代
酒少し楽屋に出たる三ケ日 田中午次郎
酸素吸ふ夫の荒息三ケ日 大川幸子 『小春日和』
鐘楼に焚火跡ある三ヶ日 椎橋清翠
門さして寺町さみし三ケ日 村上鬼城
門を出でず朝風呂立てゝ三ケ日 伊藤とほる
門番に餅を賜ふや三ヶ日 正岡子規
雪虫のかくまで碧き三ケ日 道山昭爾
顔洗ふ千両のある三ヶ日 藤村克明
風邪の子につき合い過ぎし三ヶ日 稲畑汀子
風邪の子につき合ひ過ぎし三ケ日 稲畑汀子
風邪の身に艶なく過ぎし三ケ日 下村ひろし
食紅がひろがつてゆく三ケ日 宇多喜代子
飼牛に山と餌を盛り三ケ日 山下美典

三ヶ日 補遺

おのが足ついばむ三ケ日の鷲 鷹羽狩行
かけろ鳴く田子のおきふし三ヶ日 飯田蛇笏 心像
こころよき炭火のさまや三ケ日 飯田蛇笏 山廬集
ともしらの酒あたゝめぬ三ケ日 村上鬼城
ふるさとの海の香にあり三ヶ日 鈴木真砂女 卯浪
チューリップさして間借りや三ヶ日 鈴木真砂女 卯浪
三ケ日つかはぬ葱のにほひ来つ 能村登四郎
三ケ日やはらかきみち竹山に 岡井省二 明野
三ケ日を粥の湯気から妻のかほ 飴山實 句集外
三ケ日籠りて何をするでなく 高浜年尾
三ケ日過ぎたる鯖の味噌煮かな 草間時彦
三ケ日閃き過ぎぬ松も過ぎぬ 石塚友二 光塵
三ケ日静かにあれば静かに過ぐ 松崎鉄之介
三ヶ日すみし朝なり雨降りをり 村山故郷
三ヶ日家居して客にも逢はず 高浜年尾
三ヶ日手持無沙汰をめでたさに 森澄雄
三ヶ日過ぬ胡坐にとろゝ汁 寥松
三ヶ日魚河岸音をひそめけり 鈴木真砂女 紫木蓮
古きより暦もたちぬ三ヶ日 三宅嘯山
夕焼けて松籟三ケ日も終ふ 大野林火 方円集 昭和五十一年
妻には暮の多忙つづけり三ケ日 松崎鉄之介
山中の鯉に麩をやる三ケ日 森澄雄
庭雀晴雨ただしき三ケ日 松村蒼石 雁
後後と日和まさりに三ケ日 松本たかし
拗ね者や炭火護りて三ケ日 日野草城
数決めて雑煮あはれや三ケ日 石塚友二 光塵
沸き早きひとりの風呂や三ケ日 鈴木真砂女 夕螢
炭竃の火床(ほど)の日向も三ケ日 石田勝彦 百千
裾を引く妻の立居や三ヶ日 正岡子規 三が日
跡ばりに祝ふ人あり三ヶ日 岱水
門さして寺町さみし三ケ日 村上鬼城
門番に餅を賜ふや三ヶ日 正岡子規 三が日

以上

by 575fudemakase | 2017-03-18 03:20 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26726060
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

烏貝  の俳句
at 2017-04-30 10:00
芦の角 の俳句
at 2017-04-30 09:39
入学試験   の俳句
at 2017-04-30 09:34
磯開  の俳句
at 2017-04-30 09:29
荻の角  の俳句
at 2017-04-30 09:14

外部リンク

記事ランキング