謡初 の俳句

謡初 の俳句

謡初

例句を挙げる。

からたちの御殿ゆゝしも謡初 四明句集 中川四明
こてい牛に緋飾をして謡初 四明句集 中川四明
しきたりの鶴亀謡ひ謡初 小竹由岐子
ほのかなるもの過ぎ去りぬ謡初 星野立子
やや富をつくりし友や謡初 高田蝶衣
一献の酔につまづき謡初 馬場木陽
不断著の一長老や謡初 高橋すゝむ
光悦の加賀への手紙謡初 宇佐美魚目
勝修羅のシテが当りし謡初 近藤いぬゐ
四海波静かに老の謡初 安井 房子
坂の上の田村麿をぞ謡初 佐藤 峻峰
埋火の灰の深さや謡初 岡本庚子
女房の威儀のをかしく謡初 日野草城
折からの雪面白や謡初 池松迂巷
敷舞台拭き清めあり謡初 高浜虚子
武蔵野の松に霜おき謡初 岡田信成
独居て謡初とて謡ひけり 露月句集 石井露月
締めなほす鼓の紐や謡初 広田芳子
老いてなほ稽古大事や謡初 高浜虚子
見台をすこし斜めに謡初 佐野青陽人
謡初いつもながらの佛前に 池内たけし
謡初へ青空うつる白障子 田川飛旅子
謡初め明治を残す顔きびし 吉岡道夫
謡初傘寿をすぎし三姉妹 松田千代子
謡初妻に鼓を打たせつつ 坂元雪鳥
謡初次の間に人来て居たり 篠原温亭
謡初腮のたゆげに翁かな 臼井丁川
赤らみし老師の頬や謡初 河野探風
重なりて覗ける子等や謡初 佐野青陽人
障子開いて人見えて居る謡初 温亭句集 篠原温亭
金春の松謡雪伴れにけり 中戸川朝人
切れさうな袴の襞や初謡 田川飛旅子 『使徒の眼』

謡初 補遺

あつらえの扇出來たり謠初 正岡子規 謡初
初謡上げ潮聞かまほしけらし 平畑静塔
女房の威儀のをかしく謡初 日野草城
扇取るわらべ可愛し謠初 正岡子規 謡初
梅いけて謠はじめの儀式かな 正岡子規 謡初
此奧に又家のありうたひぞめ 正岡子規 謡初
濛々と雪の竹あり謡初 藤田湘子 神楽
盆栽に松あり梅あり謠初 正岡子規 謡初
磯の家や誰が公達の謠ひ初 正岡子規 謡初
膳立の茶の間かしまし謠初 正岡子規 謡初
草の家の隣に遠く謠初 正岡子規 謡初
草の戸や雜煮の腹の謠初 正岡子規 謡初
裏棚に浪人住んでうたひ初 正岡子規 謡初
謠初七日をえらぶ嘉例かな 正岡子規 謡初
謠初寶生太夫參りけり 正岡子規 謡初
謠初羽衣すでに半なり 正岡子規 謡初
謠初老いにけらしな人の聲 正岡子規 謡初
謠初謠ひをさめて餘興かな 正岡子規 謡初
謠初近くきこゆる鼓かな 正岡子規 謡初
音声をけふはばからず松謡 森澄雄

以上

by 575fudemakase | 2017-03-19 04:13 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26728187
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング