初髪 の俳句

初髪 の俳句

初髪

例句を挙げる。

人見舞ふ初髪小さく結ひ替へて 北川喜多子
仲見世や初髪匂ふ人とゐて 御村善子
光り満つ部屋こまやかに初髪とく 花谷和子
切り揃へたる初髪に飾りなし 足立律子
切手売る初髪の紅一点嬢 秋元不死男
初島田結ひてすね居る書斎かな 高浜虚子
初島田結ひて汚き割烹着 高濱虚子
初島田越しに横綱土俵入り 鷹羽狩行
初髪といふも銀髪束ねたる 鳥越すみこ
初髪にたりほの稲の小かんざし 高橋淡路女 梶の葉
初髪にひとりの夜の身を飾る 鈴木半風子
初髪にスフィンクスより砂嵐 品川鈴子
初髪に似合ふ松山絣著て 深川正一郎
初髪に愛憎淡くなりしかな 石田いづみ
初髪に映ゆる夕日をいとほしむ 五所平之助
初髪に東京湾の広さかな 有働亨
初髪に気付かぬ人に添ふことよ 小島千架子
初髪に沈む珊瑚の紅きいのち 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
初髪に花かんざしといへる花 後藤比奈夫 めんない千鳥
初髪に青天こぼす雪すこし 吉川菰丈
初髪に風すぐ遊ぶ天城越 村上光子
初髪のおもたきことも嬉しくて 下田実花
初髪のかつら顔なき台に結ふ 河野扶美
初髪のはやほつれしを耳ばさみ 檜 紀代
初髪の合せ鏡を右左 中畠 ふじ子
初髪の天は鏡となりにけり 大西一冬
初髪の女のことを書く日記 阿部 よし松
初髪の娘がゆき微風したがへり 柴田白葉女 遠い橋
初髪の婢を恋ひけるも昔かな 冨田みのる
初髪の嬌羞誘ふ高瀬川 梶山千鶴子
初髪の尻階段をのぼりゆく 柳家小三治
初髪の残り香ほのと昇降機 渡辺 笑子
初髪の稲穂の揺れをまぶしめる 佐野青陽人
初髪の稲穂はゆるるほどの長さ 鶴淡路
初髪の空を鴎の羽音かな 波多野爽波
初髪の英字新聞ひろげ読む 桐田文子
初髪の高さにグラス華甲の寿 児玉素朋
初髪の鼻先にありバスの中 田中冬二 麦ほこり
初髪の鼻筋に日のかぐはしく 深見けん二 日月
初髪はカリスマ美容師の妙技 有馬ひろこ
初髪や一に詣でる観世音 野村喜舟 小石川
初髪や姑となりても老うまじく 堀恭子
初髪や子はお手玉の勘狂ふ 三橋迪子
初髪や居間に閑かな日を入れて 高橋純子
初髪や眉にほやかに富士額 高橋淡路女 梶の葉
初髪をあそびごころにおのれ結ふ 今井玲女
初髪をかばひてくぐる祝幕 山崎新多浪
初髪を古鏡のなかに結ひはじむ 永島理江子
初髪を抑へ大橋渡り来る 堤 京子
初髪を結うて厨に居るばかり 浜井那美
初髪を結うて形見の帯締めて 黒川悦子
初髪を結ひておほかた厨事 坪川紀子
初髪を結ひをり雪のふりてをり 久保田万太郎 草の丈
初髪を風より庇ふ島渡し 南ふじゑ
古妻の初髪ほめてやりにけり 橋本花風
咳きこんでゐる初髪のかざしかな 細川加賀 生身魂
妻の初髪電話に鳴られどほしなり 樋本詩葉
常の如結うて初髪なりしこと 稲畑汀子
手間どりて初髪結うてやりにけり 阿部みどり女 笹鳴
抜衣紋して薄着なる初島田 阿部みどり女
抱擁や初髪惜し気なくつぶす 品川鈴子
母と子の初髪匂ふ厨ごと 石崎静女
眦をあげて初髪結ひあがり 財家しげゆき
船室にひとり初髪の幼な妻 福田蓼汀
還暦の母の初髪小さけれ 奥山さち子
初島田結ひてすね居る書斎かな 高浜虚子
初島田結ひて汚き割烹着 高浜虚子
初島田越しに横綱土俵入り 鷹羽狩行
初結の髷が三人ともちがふ 小西米太
抜衣紋して薄着なる初島田 阿部みどり女
結ひ初の合せ鏡は亡母のもの 中村 千恵子
結ひ初の重たき髷も嬉しけれ 高橋淡路女 梶の葉
結ひ初めや暗がりを出て紅衣なり 香西照雄 素心
老刀自の短かき髪を結ひ初めし 矢部榾郎
古書街に入るゆく年の髪剪つて 黒田杏子 花下草上
年の髪言はねど今年許しけり 篠田悌二郎 風雪前
恋とならざりき大年の髪洗ふ きくちつねこ
瞑りて大年の髪梳かれをり 佐野美智

初髪 補遺

こちらへは来ずに曲りぬ初島田 鷹羽狩行
初島田越しに横綱土俵入り 鷹羽狩行
初髪にかかるも神の埃かな 富安風生
初髪に花かんざしといへる花 後藤比奈夫
初髪のうなじをまげて重さうに 高浜年尾
初髪のひとり娘のありにけり 後藤比奈夫
初髪のゆくあてもなく門に出て 森澄雄
初髪の乙女明治ぶりリボン結ひ 山口青邨
初髪の崩るゝこともなく済みし 高浜年尾
初髪の平打母のものといふ 亭午 星野麥丘人
初髪の往来もありてこのあたり 清崎敏郎
初髪の日本髪には白髪なし 星野立子
初髪を小さく母に白髪無く 三橋鷹女

以上

by 575fudemakase | 2017-03-19 04:22 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26728193
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

烏貝  の俳句
at 2017-04-30 10:00
芦の角 の俳句
at 2017-04-30 09:39
入学試験   の俳句
at 2017-04-30 09:34
磯開  の俳句
at 2017-04-30 09:29
荻の角  の俳句
at 2017-04-30 09:14

外部リンク

記事ランキング