鍬始 の俳句

鍬始 の俳句

鍬始

例句を挙げる。

あめつちの地のあるかぎり鍬始 鷹羽狩行
いつの間に終りてゐしや鍬始 鷲谷七菜子
これよりの余生いくばく鍬初 三好仙里
しきたりのあかつき闇へ鍬始 長谷川素逝 村
そそくさと打ちてすみしよ鍬始 赤松子
そのかみの貝掘りあてつ鍬始 芝不器男
つねのごと暮れてもどりぬ鍬始 亀井糸游
にぎやかに寒がり出でぬ鍬始 山本村家
ひんがしへ大鳥流れ鍬始 大峯あきら
アメリカの若き大地に鍬始 本田楓月
一帆のせりあがりたる鍬始 大木あまり 火球
二坪の菜園なれど鍬始 秋山英子
人より先鳩畝啄く鍬始 林昌華
仏立つ畦に火かけて鍬始 冨山青沂
凍土に酒匂ひけり鍬初 渡部杜羊子
大山へ一拍二拍鍬始 金川晁山
大灘に日矢いくたびも鍬始 斎藤梅子
天は晴れ地は湿ふや鍬始 子規句集 虚子・碧梧桐選
女手の一畝ばかり鍬始 渋谷 まさゑ
嫁を得し跡取りの鍬始めかな 植木緑愁
子を負ひてのけぞる谷の鍬始 三嶋隆英
寸青き麦めでたしや鍬初め 岡本松浜
山々の雪飛白なす鍬始 藤井 亘
山の辺の畠傾く鍬初 河本 和
山畑や明日を信じて鍬始 中川康子
山畑や雪に打ち込む鍬始 高橋淡路女 梶の葉
手なぞこに乗るほどの富士鍬始 中野詩紅
手の荒れて鳴らぬ拍手鍬始 杉崎句入道
打ち返し水にじむまで鍬初 廣江八重櫻
日を洩らす吉野の雲や鍬始 加藤三七子
書に倦みて己にかへる鍬始 高田自然
瀧の水汲み夕暮の鍬始 田中裕明 山信
王子趾にも一札や鍬初 坂東 紀仙
眼のはしに鶴の歩める鍬始 林徹
神々のたたかひし野に鍬始 大峯あきら(1929-)
筑波嶺を日の渡りゐる鍬始 湯浅康右
蒼海の空に畠あり鍬始め 河野静雲
遠き田の氷まぶしや鍬始 吉岡句城
鍬初のもどりの芹や一とにぎり 大橋櫻坡子 雨月
鍬初めに出てゐるたつた一人かな 阿波野青畝
鍬初め野蒜の匂ひ立ちにけり 小原弘幹
鍬初や畑を三鍬田を三打ち 武石女羊
鍬初や神農の後八千載 臼井丁川
鍬初や雪の上なる供物 小野甲子園
鍬始めいつより兄の父がわり 高橋鷹史
鍬始め一と打ちごとの土の色 矢口由起枝
鍬始め地下足袋の跡ふんわりと 香西照雄 対話
鍬始め段々畑の老夫婦 三浦音和
鍬始不老の天をうち仰ぎ 堀口星眠 営巣期
鍬始地下足袋の跡ふんわりと 香西照雄
鍬始太初の光り身に降りて 大月芳雨
鍬始島の寸土をまもり来て 田原那智雨
鍬始浅間ケ岳に雲かゝる 村上鬼城
鍬始畝傍さへぎるもののなし 茂里正治
門畑や打ちつ馴れたる鍬初 広江八重桜
雪に挿す榊のみどり鍬始め 古市枯声
雪中に神酒の匂ひや鍬始め 高室呉龍
風の子が駆けすぎしより鍬始 石川桂郎 四温
初鶏に鋤鍬ばらの控へたり 露月句集 石井露月
火の島のすがた全し鋤始 小林愛
鋤初(すきぞめ)や鍬大将の門の前 内藤丈草
鋤初の雨ふりいでし幣かな 飯田蛇笏 山廬集

鍬始 補遺

あめつちの地のあるかぎり鍬始 鷹羽狩行
いつの間に終りてゐしや鍬始 鷲谷七菜子 一盞
しきたりのあかつき闇へ鍬始 長谷川素逝 村
ねむる田にひと声かけて鍬始 能村登四郎
ひと打ちの石の火花や鍬始め 鷹羽狩行
君見ずや紅粉花の青苗鍬始 山口青邨
大富士のすそ野の新墾鍬はじめ 飯田蛇笏 白嶽
天は晴れ地は濕ふや鍬始 正岡子規 鍬初
山畑に朝日大きや鍬始 村上鬼城
水仙をうつすや庵の鍬始 正岡子規 鍬初
翁出て所作の一振り鍬始 上田五千石 琥珀
葱畑の葱が真つ青鍬初め 飯田龍太
象も來つ雀も下りつ鍬始 正岡子規 鍬初
鍬初に出てゐるたつた一人かな 阿波野青畝
鍬初のちらほら奥の細道に 阿波野青畝
鍬始め地下足袋の跡ふんわりと 香西照雄 対話
鍬始乏しき酒をあたゝめぬ 村上鬼城
鍬始小松並べて植ゑにけり 村上鬼城
鍬始浅間ヶ嶽に雲かゝる 村上鬼城
雲よりの太き日柱鍬始 鷹羽狩行
風の子が駆けすぎしより鍬始 石川桂郎 四温
高嶺竝む廣袤に住み鍬はじめ 飯田蛇笏 家郷の霧

以上

by 575fudemakase | 2017-03-19 04:43 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26728206
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング