仕事始 の俳句

仕事始 の俳句

仕事始

例句を挙げる。

たかぞらより滝なす火花が仕事始め 赤城さかえ
なにひとつ変らぬ仕事始めかな 桑垣信子
よく燃ゆる仕事始めの鞴かな 信谷冬木
わが仕事始め千枚通し刺す 鷹羽狩行
乗り合はす仕事始のチンドン屋 杉山岳陽
人死んで仕事始の診断書 瀧澤伊代次
仕事始とて人に会ふばかりなり 大橋越央子
仕事始のスイッチ祷るが如く入る 琢光影
仕事始めの鉋屑焚き上げし 金尾梅の門 古志の歌
仕事始やシャープペンノックして 松尾隆信
何もせず坐りて仕事始めかな 清水基杏
天界に仕事始めの縄なふや 曽根原幾子
山のごと濯ぎて仕事始めとす 長友涼子
心おもき仕事始の鞄かな 皆川白陀
文鎮の重たき仕事始めかな 永方裕子
日語版映畫を閲す仕事始 吉良比呂武
棒グラフ張り替へ仕事始めかな 山本昌英
海女の村仕事始めの畔を焼く 森山 治子
熾んなる仕事始の火なりけり 皆川白陀
父を師と敬ひ仕事始かな 長谷川 芳子
立ちて酌む仕事始の茶碗酒 近沢多津郎
紺法被匂はせ仕事始かな 南るり女
船曳くを仕事始の男かな 鈴木真砂女
起重機は仕事始めの霜降らす 加藤知世子
越年の負目の仕事始めなる 石塚友二
風花の仕事始の薪を割る 高浜虚子
馬術部の仕事始の寝藁干 山田弘子 懐
鶏の骨煮つめて仕事始めとす 四十物敦子
すぐ反古のたまる屑籠初仕事 稲畑汀子
ひとの愁聴くことをもて初仕事 吉井莫生
まろやかに出来て豆腐の初仕事 梅本初子
二瘤駱駝ながなが尿る初仕事 渡辺恭子
仕事初めの鉋屑焚き上げし 金尾梅の門
仕事初め雑巾を十の字に刺し 細見綾子 黄 炎
初仕事らしき炭焼き煙りかな 井尾望東
初仕事コンクリートを叩き割り 辻田克巳
初仕事形見の朱筆とり出だし 星野立子
初夢にお他力様の初仕事 高澤良一 鳩信
制服のリボン大きく初仕事 斉藤葉子
口に刷毛銜へ表具師初仕事 武永江邨
咥へ打つ釘の香甘し初仕事 嶋西うたた
師のもとの目安箱より初仕事 小島千架子
楮全き白に晒して初仕事 毛塚静枝
漆工の爪先黒し初仕事 漆谷豊信
無用のことわれに用あり初仕事 富安風生
紺足袋の底の真白し初仕事 武田克美
肩かけて押す空の貨車初仕事 久野よしお
自転車は園丁の足初仕事 米倉義雄
船団を発たす仕事の初めかな 橘田龍子
荒研ぎの音立て合ひて初仕事 古畑丁津緒
轆轤場に結界をして初仕事 稲荷島人
達磨下地の白重ね塗り初仕事 奈良文夫
鉛筆を削りしまでの初仕事 結城昌治 歳月
馴染みたる経師の刷毛や初仕事 佐藤静良

仕事始 補遺

わが仕事始め千枚通し刺す 鷹羽狩行
モーニングなほ着たるあり事務始 日野草城
事務始午後は映画の薄闇に 日野草城
事務始和装あやなるタイピスト 日野草城
事務始重役はなほ礼装なる 日野草城
事務始雇員ネクタイを新にせり 日野草城
初仕事俳句の蟲をもて任じ 富安風生
初仕事包丁にくもり許されず 鈴木真砂女 居待月
初仕事形見の朱筆とり出だし 星野立子
印字機の既に喧し事務始 日野草城
印影の朱のあざやかに事務始 日野草城
妻の忌の墓参も仕事始かな 松崎鉄之介
妻の忌また仕事始よあせらずに 松崎鉄之介
採用の辞令を書くや事務始 日野草城
来信の山卓上に事務始 日野草城
梅は落枇杷やあやめの初仕事 野紅
炉框に仕事はじめの矢立おく 木村蕪城 一位
糠みそへ手を入れ仕事始めとす 鈴木真砂女 都鳥
老書記に酒気のほのめく事務始 日野草城
藁焚いて伊賀の田仕事始かな 雨滴集 星野麥丘人
露も砂まみれ土工の仕事はじめ 右城暮石 句集外 昭和三十三年

以上

by 575fudemakase | 2017-03-19 04:47 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26728208
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング