福笑 の俳句

福笑 の俳句

福笑ひ

例句を挙げる。

にはとりの鶏冠さまざま福笑 中田剛 珠樹以後
のうのうと眉目へだてぬ福笑 矢田挿雲
はじめより笑へる目鼻福笑 大橋敦子
ふだんなら多分笑はぬ福笑 後藤比奈夫 めんない千鳥
もう一度福笑して寝かさるる 河野美奇
捨松も小町も居りて福笑ひ 太田 昌子
朝よりの雪に灯を入れ福笑ひ 藤村克明
横顔の鏡をよぎる福笑い 曽根新五郎
畳まで日射のびくる福笑ひ 根岸善雄
病人がひとりまじりて福笑 細川加賀 『玉虫』以後
目の一つ畳にはづれ福笑 村上凡花
目隠しが透いて見えたる福笑ひ 籾山梓月
目隠しの中が真つ赤や福笑ひ 阿部静雄
目隠しの子の大頭福笑 轡田進
目隠しの闇に母ゐる福笑ひ 丹沢亜郎
眦を上げてをりても福笑 後藤比奈夫
福笑すぐに終りて老夫婦 白岩てい子
福笑と同じ顔して笑ひけり 大崎ナツミ
福笑ひふたたびみたび笑ひ合ひ 瀧澤伊代次
福笑ひ嘘うつくしき京ことば 角川春樹
福笑ひ四人姉妹のはなやげる 佐藤ちさと
福笑ひ大き笑ひの輪の中に 上田春日
福笑ひ寂しき顔となりにけり 内田美紗 浦島草
福笑よりも笑つてをりにけり 稲畑汀子
福笑をとこは眉をはねて置く 茂恵一郎
福笑大いなる手に抑へられ 阿波野青畝
福笑妻も座敷の人となり 青木景信
福笑山茶花散らすごとくなり 中島月笠
福笑目鼻集めて畳みけり 藤松遊子
若ければ意地を張るべし福笑 関口比良男
袖摺りて鼻の行衛や福笑ひ 増田龍雨
賑やかな小母さんが来て福笑 太田道子
鼻置いて眉つけやうや福笑 原山夏人


福笑 補遺

いつの世も御多福よけれ福笑 上田五千石『琥珀』補遺
からうじて眉目つながる福笑 上田五千石『琥珀』補遺
ふだんなら多分笑はぬ福笑 後藤比奈夫
眦を上げてをりても福笑 後藤比奈夫
福笑よりも笑つてをりにけり 稲畑汀子
福笑大いなる手に抑へられ 阿波野青畝
福笑赤い唇頬にとび 阿波野青畝
黒髪のいつ失せるやと福笑 飯島晴子

以上

by 575fudemakase | 2017-03-19 05:23 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26728229
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。