追羽子 の俳句

追羽子 の俳句

追羽子

例句を挙げる。

噴煙はなびき追羽子なだれがち 皆吉爽雨
島に風あれば追羽子つまらなく 宮田蕪春
最高となり追羽根の落つるとき 池田秀水
杯をふせて追羽根見るとなく 石橋秀野
神父ヨゼフ追羽子よけてすぎたまふ 高橋潤
追羽子にひねもす筑波濃かりけり 原裕
追羽子に富士より高き天のあり 川村紫陽
追羽子に舁きゆく鮫の潮垂りぬ 水原秋櫻子
追羽子ののけぞつて打ちしが決め手 檜紀代
追羽子のやうに水木の嫩葉して 高澤良一 寒暑
追羽子の日和の声のきこえくる 長谷川櫂 虚空
追羽子の流るゝ色を打ちかへし 黒見井蛙
追羽子の片や男となりし音 池内慶一
追羽子の町に出てゐる杜氏かな 後藤夜半 翠黛
追羽子の硬き音のみ沿線都市 藤井亘
追羽子の色引き合へる御空かな 服部翠生
追羽子やよけて通るにつき落す 原田種茅 径
追羽子や創つきやすき空の蒼 坂巻純子
追羽子や君稚児髷の黒眼がち 夏目漱石 明治三十二年
追羽子や小笹きらきら夕日して 大熊輝一 土の香
追羽子や川をへだてて嵐山 岸風三楼 往来
追羽子や市村座跡このあたり 水原秋櫻子
追羽子や日の尾を引いて落ちきたる 川崎展宏
追羽子や松の空より落ちてくる 長谷川櫂 蓬莱
追羽子や森の尾長は森を翔び 石田波郷
追羽子や海へなだるる離宮道 五十嵐播水
追羽子や燈台守の子供達 松藤夏山 夏山句集
追羽子や都は夜のあかるさに 小澤碧童 碧童句集
追羽子をしかと受け止む竜の爪 青山久女
追羽根にひねもす筑波濃かりけり 原裕 投影
追羽根に舁きゆく鮫の潮垂れぬ 水原秋桜子
追羽根の中を抜けゆく郵便夫 畠山譲二
追羽根の母に負くるもめでたけれ 藤谷令子
追羽根やふるさとの唄口に出て 小沢満佐子
追羽根や日の尾を引いて落ちきたる 川崎展宏
追羽根や白帆のよぎる露地の奥 龍岡晋
追羽根や高く干されし白襁褓 菖蒲あや
追羽根をつくや湖国のよく晴れて 岩井英雅
お愛想の遣羽子遂に面白し みどり女
石垣の蔦の蔓上る遣羽子や(大正3年) 滝井孝作 折柴句集
遣羽子に束髪ばかり集ひけり 坂本四方太
遣羽子に誘ひにゆけば羽子の音 会津八一
遣羽子のかち誇りたる高さかな 会津八一
遣羽子の女にまじる役者かな 会津八一
遣羽子の横つちよを叩いてしまふ 行方克己 昆虫記
遣羽子の白粉散るや肩先に 飯島百合女
遣羽子の皆美しき娘かな 会津八一
遣羽子の遣せなき身をいらつ哉 会津八一
遣羽子やかはりの羽子を額髪 高浜虚子
遣羽子や両隣から御内宝 野村喜舟 小石川
遣羽子や切凧落ちぬ門の内 福田把栗
遣羽子や君稚児髷の黒目勝 夏目漱石
遣羽子や恋しり貌に打返し 野村喜舟 小石川
遣羽子や柳の糸の風を憎む 会津八一
遣羽子や海原かくすさうび垣 山口誓子
遣羽子や田圃に近く小家がち 佐藤肋骨
遣羽子をよけて通りて深廂 山室青芝

追羽子 補遺

あるときの羽子待ち遠く落ちもする 中村汀女
きり~と舞ひ落つ羽子に添ふ瞳 日野草城
さしかかる乙訓ごほり羽子の音 鷲谷七菜子 一盞
さだかにも師走の羽子を聞きしより 中村汀女
しらたまの肌の湯げむり羽子日和 飯田龍太
たらし髪羽子遣るあこに菓子やらん 正岡子規 遣羽根
つくたびにひろがるみ空羽子日和 鷹羽狩行
つく羽子の音のつづきに居る如し 中村汀女
なか~にそらさぬ羽子を嫉み見る 日野草城
ぼろぼろの羽子を上手につく子かな 富安風生
わが宿の姉いもうとの羽子の音 後藤夜半 翠黛
一人つく羽子に倦いたる日向ぼこ 上野泰 佐介
一天の玉虫光り羽子日和 清崎敏郎
七重の丘の奥なる村や羽子の音 中村草田男
京に入り嵯峨野路に入る羽子日和 村山故郷
人ごみの中に羽子つくをとめ哉 正岡子規 遣羽根
会議の窓遠の農家は羽子の音 中村草田男
六花師病む梅林寺門前羽子の音 村山故郷
内灘の一漁翁なり羽子を突く 阿波野青畝
凧羽子もなき平成の初御空 森澄雄
初冬のすでに羽子うつ音すなり 原石鼎 花影
午後ぬくく酪農の娘が羽子あそび 飯田蛇笏 春蘭
同じ色同じ高さに羽子の春 阿波野青畝
塔頭の潜より羽子ひろひ出づ 下村槐太 天涯
夜は白鳥座に抱かれて懸り羽子 鷹羽狩行
大原のとある農家の羽子日和 飯田蛇笏 椿花集
大空の羽子赤く又青く又 阿波野青畝
妻代り我が代リて羽子日和 高田風人子
家の前榛の木に倚り羽子疲れ 中村草田男
寒くなる一方にして羽子の春 阿波野青畝
小説を立てならべたる上に羽子 高野素十
山のみちほのかに光り羽子の音 大野林火 海門 昭和七年以前
山中に羽子を突くその可憐な音 山口誓子
忘れ羽子少し汚れて美しや 上野泰 佐介
恋ふとにはあらねど羽子の娘と居たり 日野草城
息かくる一と羽一と羽と羽子蘇きる 橋本多佳子
懸り羽子月の落し子かも知れぬ 鷹羽狩行
懸り羽子松にとどめて武家屋敷 鷹羽狩行
手鞠つき羽子遣る程になりにけり 正岡子規 手毬
日光が月光となり懸り羽子 鷹羽狩行
日見て来よ月見て来よと羽子をつく 相生垣瓜人 微茫集
書初や羽子に負けたる君が顔 正岡子規 書初
書斎とも居間ともつかず飾羽子 上村占魚 球磨
木場の材は一方に寄り羽子日和 鷹羽狩行
木彫り倦む子と居り羽子を遠ながめ 佐藤鬼房
枕辺に揚げざる凧と突かざる羽子 橋本多佳子
枯枝の日のちりちりに羽子の音 臼田亜郎 定本亜浪句集
母あらず手鞠つく子に羽子突く子に 後藤比奈夫
浦波にたゞよふ羽子のありにけり 西島麦南 人音
海女の羽子干網を弾ね沙へ停まり 中村草田男
滝口の乾ききつたる羽子の音 石川桂郎 含羞
獣園の日最中にして羽子の音 飯田蛇笏 山響集
環濠に戛々と羽子打ち上ぐる 阿波野青畝
産土神や羽子日和なる山の端に 松本たかし
病なく玉の如しや羽子日和 上野泰 春潮
病人の故人となるや羽子の春 阿波野青畝
白き山青き畷に羽子つけり 百合山羽公 故園
目つむりてわれの齢や羽子の音 森澄雄
突き了へて羽子を天より掌に享くる 橋本多佳子
縁に置く代りの羽子の赤ぼかし 星野立子
繁りたる鞆の港や羽子日和 山口誓子
羽子うつと口の端に髪噛んでをり 加藤秋邨
羽子つき居る青空よ粉雪をおとす 尾崎放哉 大正時代
羽子つくや夕いよ~雪もよひ 星野立子
羽子つけば四方の谺に松秀で 中村汀女
羽子とりに入つてきしは見知らぬ子 波多野爽波 鋪道の花
羽子の児に明日香古道ならざるなく 石田勝彦 雙杵
羽子の娘のとある王子に来て唱ふ 阿波野青畝
羽子の子の小路々々に向島 高野素十
羽子の音つよし竹のさわげる風の中 橋本多佳子
羽子はたゞ突かるゝまゝの虚空かな 高浜年尾
羽子をつくとき長身の妻にして 波多野爽波 鋪道の花
羽子売れり闘病のものを売る店に 水原秋櫻子 霜林
羽子抜けしむくろじの実を道に拾ふ 篠原梵 年々去来の花 中空
羽子日和睫毛が金になりけらし 上野泰 春潮
羽子日和続き続けり続けかし 松本たかし
羽子落ちて木場の漣あそびをり 石田波郷
羽子音の一つもなしや羽子日和 松本たかし
胡鬼板を返せば羽子の跡無尽 清崎敏郎
膝に天道蟲遠くで羽子の音 富安風生
若武者の名は浮かばねど飾羽子 後藤夜半 底紅
茅屋根の巨きな鎮もり 羽子を打つ 伊丹三樹彦
落ちじ暮れじとする羽子は地に落ちて暮れぬ 荻原井泉水
落ち羽子に潮の穂さきの走りて来 山口誓子
落ち羽子の美しかりし思ひかな 高野素十
落羽子のそのまま特飲街灯る 岸田稚魚 負け犬
行末やいまの幸つく羽子の音 森澄雄
街騒や羽子の音のみ間遠なる 香西照雄 素心
袂長く羽子突いて悲しまずけり 石塚友二 光塵
裏門や遣羽子はやる松の内 正岡子規 松の内
裸婦の図を見てありければ羽子の音 水原秋櫻子 新樹
谷よりの声のここまで羽子日和 鷹羽狩行
貧しきものの高つきの羽子なる外れず 中川一碧樓
赤ぼかし紫ぼかし飾り羽子 高野素十
追羽子に十枚の田のしづかかな 藤田湘子
追羽子に舁きゆく鮫の潮垂りぬ 水原秋櫻子 葛飾
追羽子の町に出てゐる杜氏かな 後藤夜半 翠黛
追羽子や市村座跡このあたり 水原秋櫻子 蘆雁
追羽子や森の尾長は森を翔び 石田波郷
追羽子や背にからからと鉄兜 加藤秋邨
追羽子や道路を架けて町すたれ 鷹羽狩行
追羽子を受け損じたる恋心 鈴木真砂女 紫木蓮
逸れ羽子のふんはり水の上の花 鷹羽狩行
逸れ羽子の色失ひて落ちにけり 上野泰 佐介
遠藁塚はむらさきの濃し羽子日和 伊丹三樹彦
遣羽子にものいふ眼を見とりけり 飯田蛇笏 山響集
遣羽子に京の男のやさしさよ 正岡子規 遣羽根
遣羽子に去年の娘見えぬかな 正岡子規 遣羽根
遣羽子に負けし美人の怒哉 正岡子規 遣羽根
遣羽子に負けてくやしき夕餉哉 正岡子規 遣羽根
遣羽子に鶯にげる流し哉 正岡子規 遣羽根
遣羽子のちらちら雪となりにけり 正岡子規 遣羽根
遣羽子の下にかすむやふしの山 正岡子規 遣羽根
遣羽子の吹かれて風に斜なり 正岡子規 遣羽根
遣羽子の尻叩きけり泣きにけり 正岡子規 遣羽根
遣羽子の笑ひ聞ゆる小道かな 正岡子規 遣羽根
遣羽子の終に負けたる娘かな 正岡子規 遣羽根
遣羽子の裾にからまる小犬かな 内藤鳴雪
遣羽子の風に上手を盡しけり 正岡子規 遣羽根
遣羽子や下宿の窓の品定め 正岡子規 遣羽根
遣羽子や五人の中の思ひ人 正岡子規 遣羽根
遣羽子や京の六條數珠屋町 正岡子規 遣羽根
遣羽子や十七八のうしろつき 正岡子規 遣羽根
遣羽子や十六七のうしろつき 正岡子規 遣羽根
遣羽子や夕飯くふて歌かるた 正岡子規 遣羽根
遣羽子や官女老いたる緋の袴 正岡子規 遣羽根
遣羽子や小尼見返る町はつれ 正岡子規 遣羽根
遣羽子や往來の繁き拔小路 正岡子規 遣羽根
遣羽子や我墨つける君が顔 正岡子規 遣羽根
遣羽子や根岸の奧の明地面 正岡子規 遣羽根
遣羽子や海原かくすさうび垣 山口誓子
遣羽子や皆君が代の女ぶり 正岡子規 遣羽根
遣羽子や船渠かすみて見ゆる坂 山口誓子
遣羽子や誰が塗られて笑ひ聲 正岡子規 遣羽根
遣羽子や邪魔して過る白袴隊 正岡子規 遣羽根
遣羽子や鼻の白粉頬の墨 正岡子規 遣羽根
遣羽子をつきつきよける車哉 正岡子規 遣羽根
邸坂羽子つくもこの傾斜にて 山口誓子
鎌倉の椿に羽子のかかりたる 上野泰
雪山ののぞける街の羽子日和 上村占魚 球磨
雪晴の羽子つく唄を滾々と 森澄雄
雪空のところもかへず羽子をつく 中村汀女
風に出て羽子をかつきとつく娘かな 中村汀女
風を切り風を回して羽子五色 百合山羽公 樂土以後
飾羽子そのままにあり誕生日 後藤夜半 底紅
高きには凧のあらそひ羽子日和 鷹羽狩行
鵯のこゑのゆきかひ羽子日和 森澄雄

追羽子 続補遺

あら手きて羽子つき上し軒端かな 炭太祇
けふの菊もらひてつかむやり羽子に 小西来山
やり羽子は風やはらかに下りけり 支考
人の親の翦羽子取に長階子 桜井梅室
十徳やはなにはたらく蝶の羽子 左次
夫にせよ我レ手に安し松の羽子 言水
戸をさして枢の内や羽子の音 毛〔ガン〕
松の羽子つかぬ宿のながめ哉 一笑(金沢)
羽子つくや住めばみやこと思ふさま 桜井梅室
羽子もいだ蝿歩行けり誰が所為 黒柳召波
遺羽子や吾子女に交る年女房 木導
鶫の羽子にとまりつめすや後の月 りん女

以上

by 575fudemakase | 2017-03-19 07:23 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26728326
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

稲稔る の俳句
at 2017-09-10 10:53
秋気 の俳句
at 2017-09-08 13:14
紅葉づ の俳句
at 2017-09-06 08:03
紋白蝶 の俳句
at 2017-09-06 07:54
初風(秋の) の俳句
at 2017-09-04 13:25

外部リンク

記事ランキング