春着 の俳句

春着 の俳句

春着

例句を挙げる。

あらたまの春著に着かへ用のなき 久保田万太郎
いささかの他人行儀も春着かな 森岩雄
お百度を踏みて春著に目もくれず 浜渦美好
かかる丈の衣桁の春著着るものか 爽雨
かざしては復も春着の袖を見る 山口誓子
かの壁にかかれる春著焼け失せし 桂信子 黄 瀬
からたちの垣に沿ひけり春著の子 加藤三七子
ぎこちなき夫の手借りて着る春着 黒川悦子
すと立ちて帯が光りぬ春著の妓 高濱年尾
ぜいたくのありたけつくす春著かな 久保田万太郎 流寓抄以後
その春着難波の芦を描きたる 下村梅子
たたふ紙こぼれて紅き春著かな 上林まさ女
たちまちに春着を脱いで遊びをり 長谷川櫂 蓬莱
ぢやんけんに今日の春着の長袂 汀女
つれだつとより寄添へる春着かな 久保田万太郎 流寓抄
つゝましく羽織著なせる春著かな 久保田万太郎 流寓抄以後
とりいでてかけし春著の襷かな 万太郎
なりはひの春著かなしく美しく 五十嵐八重子
ぬかるみを跳び越す春着より足出し 津田清子 二人称
ぬぎすてて春着へ移す夜の重心 渋谷道
はや~と著かへてさむき春著かな 久保田万太郎 流寓抄以後
ふうはりと膝に来てゐる春着の子 中川 和子
また来ては鏡をのぞく春着の子 加藤耕子
まつさをななかの綿波春着の子 友岡子郷 風日
まづしくも赤きもの著て春著の子 高木晴子 晴居
ゆきたけのをとめさびたる春着かな 麦南
ゆふぐれの手もちぶさたを春着の子 森澄雄
よく晴れて春着の匂ふ日なりけり 佐川広治
わが針子春著乙女となりて出づ 小澤満佐子
をみなたち春著の帯を垂れ垂れたり 山口青邨
ラスベガスヘ赤坂からの春著客 保田白帆子
一軒家より色が出て春着の児 青畝
七彩の紐でしばりて春著着る 品川鈴子
三歳の春著を翅のごとひらく 辻田克巳
九十年生きし春著の裾捌き 鈴木真砂女
人の着て魂なごみたる春着かな 飯田蛇笏 霊芝
仮縫で二三歩あるく春着かな 丸谷才一
似てゐると云はれ春著の襟正す 星野椿
処女とどまる春着扉に挟まれて 津田清子 礼 拝
出勤をするや春著の娘にまじり 高橋笛美
出来上る春着姿に声かけて 京極杞陽
初舞台踏むかに春着背に青天 香西照雄 素心
刻々と時すぐ春著かがやきて 平畑静塔
参道のたこ焼を買ふ春着の娘 大塚とめ子
君がため春着よそほふ心あり 稲畑汀子(1931-)
吾が売りし切手をなめて春着の子 大林秋江
哲学の道を春着の裾捌き 山口超心鬼
唐桟の好みもありし春着かな 東洋城
地獄絵の赤を春着の裾に見し 大山安太郎
大晴の高見の裾に春著縫ふ 大峯あきら 宇宙塵
太皷橋春著の子等が盛り上り 上野泰 佐介
女の宮へ湖上を渡る春著の子 佐野美智
女老ゆ春著を着ても着ぶくれて 菖蒲あや 路 地
妻に隣る春著乙女の細頸よ 飼虎
嫁ぐ日の決りし春着縫ひ急ぐ 吉田 久子
少し反りてひきずる春着椿坂 雑草 長谷川零餘子
少年の紺の絣の春着かな 岩倉憲吾
少年や春著の姉をまぶしとも 藤松遊子
屯せる春著に聳ゆ二万噸 高澤良一 さざなみやっこ
岡寺や毬のごとくに春著の子 石田勝彦
岩の頭に身を支へゆき春着の子 原裕 葦牙
帯締めて春著の自在裾に得し 野澤節子 黄 炎
広間たゞ衣桁に春着かかるのみ 室積波那女
引流す桜ちらしの春著かな 佐野ヽ石
待たされて春着の裾を拾ひけり 金田咲子 全身 以後
待針は花の如しや春著縫ふ 多田菜花
我が為の春着ありけり襟揃ふ 鶏二
手つなげば春著の袖や路地隠す 香西照雄 対話
折紙の如く春著を畳みをり 上野泰 春潮
折鶴の生きては春著綻ベり 和田悟朗
抱きよせてつめたかりける春着かな 神保作
教へ子に逢へば春著の匂ふなり 森田峠 避暑散歩
既に座にある春著の妓ふり向きし 高浜年尾
春着きてふさぎの虫にとりつかれ 晋
春着きて大蔵省に入りゆけり 池田秀水
春着きて孔雀の如きお辞儀かな 上野泰(1918-73)
春着の句羽子の句毬の句なりけり 久保田万太郎 流寓抄
春着の妓右の袂に左の手 高浜虚子
春着の妓近づき来小きざみに小ばしりに 星野立子
春着の娘フランスパンを抱いて来る 柚口 満
春着の娘汽車に乗るとき袂抱く 河村静香
春着の子のせて島より渡舟着く 松尾 信也
春着の子ひらひらとほき丸木橋 飯田龍太 遅速
春着の子座れば蕊のごときかな 柴田多鶴子
春着の子抱いて道端伊賀の人 川崎展宏
春着の子海の匂ひと来たりけり 加藤真吾
春着の子籠りの僧に会ひに来る 佐川広治
春着の子走り交して色交し 泰
春着の子黒瞳いきいき畦を跳ぶ 清子
春着またあらはれ大き鏡かな 松本美簾
春着やゝ夫の好みのぢみに過ぎ 大場白水郎 散木集
春着乙女が礼して過ぎぬ誰なりし 草間時彦
春着着し母の外出に目ざとき子 稲畑汀子 汀子句集
春着着て身の置きどころなき如く 稲畑汀子
春着着る子の遙けさよ熱の中 石田波郷
春着着る心も少し看取妻 稲畑汀子 汀子第二句集
春着縫ふ紅絹を流るるごとのべて 三浦恒礼子
春着縫ふ針に燈火のうつろへる 田中冬二 俳句拾遺
春著きしをみなたちとも鎬ぎ合ふ 後藤夜半 底紅
春著きし乙女を父が仰ぎみる 羽公
春著きせ女つくられゆきにけり 塙告冬
春著きてすこしよそよそしく居りぬ 山田弘子 螢川
春著きてふさぎの虫にとりつかれ 龍岡晋
春著きてわれも下町育ちなり 富岡よし子
春著きて人めなければ泣きしとふ 久保田万太郎 草の丈
春著きて十人並の娘かな 中村七三郎
春著きて孔雀の如きお辭儀かな 上野泰
春著きて恋の傷あと無きごとく 山田弘子 こぶし坂
春著きて机辺の父に仰がるゝ 桜坡子
春著きて通勤定期見られたり 鈴木栄子
春著きて鴉の多き野をきたり 百合山羽公 故園
春著きるや裾踏み押へ腰細く 杉田久女
春著さて夜道はこころもとなかり 後藤夜半 底紅
春著とも遠橇の上に色を置き 青葉三角草
春著の妓はや酔うてゐる手をつかへ 高濱年尾 年尾句集
春著の妓右の袂に左の手 高浜虚子
春著の娘ふくら雀と云ふ帯を 矢津 羨魚
春著の娘妙と呼ばれて振り向くも 野澤節子 遠い橋
春著の子まるぽちやの手を膝の上に 高澤良一 さざなみやっこ
春著の子乗せ河童舟棹させり 加藤三七子
春著の子汽車に乗るとき袂抱く 河村静香
春著の子袂の中を覗きをる 上野泰 佐介
春著の子走り交して色交し 上野泰 佐介
春著の裾吹かれ乗り込む鯛見船 館岡沙緻
春著ひらりと来て 去る 無力な虎の眼に 伊丹公子 メキシコ貝
春著子に翔ちて随ふ潟雀 岸田稚魚 筍流し
春著着し母の外出に目ざとき子 稲畑汀子 春光
春著着て乗合自動車内宮前 高澤良一 燕音
春著着て五百羅漢のつむり撫で 深見けん二
春著着て人の言葉にさとき子よ 後藤比奈夫
春著着て父見て父に物言はず 斉藤夏風
春著着て荒磯の道にバス待てる 上崎暮潮
春著着ることあきらめて運転す 稲畑汀子
春著着るしぐさもつとも華やげる 三須虹秋
春著着る心も少し看取妻 稲畑汀子 春光
春著童女抱くよ天人抱くごとし 楠節子
春著縫ひ帰郷のほかは旅しらず 赤松[ケイ]子
春著縫ふ心もとなき眼となりぬ 阿部みどり女 笹鳴
春著著し母の外出に目ざとき子 稲畑汀子
春著著て身の置きどころなき如く 稲畑汀子
林中を酸素ゆたかに春着の子 原子公平
果敢無さの噴水かこむ 春著の群れ 伊丹公子 ドリアンの棘
樹に岩に礼して行くよ春着の子 福田甲子雄
母が見る春著の道の野の曲り 中村汀女
母と離り住みて春著を着し愁ひ 文挟夫佐恵 黄 瀬
母の手の冷えきつてゐる春著かな 大木あまり 雲の塔
浜道の九十九里行く春着かな 町田しげき
海鳴るや春着をかくす合羽着て 大島民郎
淋しき鳥春着一枚干しにけり 清水径子
深夜放送ジヤズばかりなり春着縫ふ 越水照子
灯明し春著の裾を妓の曳くに 虚子
片足をあげ鶴の真似春着の子 穂苅きみ
物指しの吾が名も古りし春着縫ふ 菖蒲あや あ や
甘えたく春着の袖を一ひねり 香西照雄 素心
男子等に母の春著の美しや 高木晴子 晴居
畦道を来る姉妹の春著かな 館岡沙緻
畳紙より出でし春著の花模様 高本時子
病室にひと日の春着着て仕ふ 石田あき子 見舞籠
病室へ妻会釈して春着きて 鳥居おさむ
百幹の竹をよぎれる春著かな 大岳水一路
百舌鳥すゞめばかりの里の春著かな 百合山羽公 故園
皆羽織ぬげば春着や並びけり 星野立子
眦にチラと春着の娘が来るよ 成瀬正とし 星月夜
石畳かがよひゆくは春着の子 木下慈子
礼深し春着の帯をつよく緊め 津田清子
立つことの何かと多し春著縫ふ 佐伯あき子
紫の春著の似合ふ娘に育ち 岩男微笑
縁側に日のまはりきし春着かな 原田喬
縫ひあげし春著をかりの袖だたみ 村田青麦
縫ひかけて心あそべる春著かな 田上鯨波
縫ひ上げし春著の花鳥折りたゝみ 小原牧水
美しき老の春著と敬ひぬ 星野立子
脱ぎ捨てて春著の色を崩しけり 上野泰 佐介
膝に来て模様に満ちて春着の子 草田男
舸子の衆春着の娘らに通せんぼ 堀磯路
花札ひいてあつたらものの春著かな 龍岡晋
華やかに灯し他人の春着縫ふ 三田美智子
薬室にて春著の袖をひるがへす 静塔
薬室に春著の袖をひるがへす 平畑静塔
處女とどまる春着扉に挾まれて 津田清子
裾さばき埃も立たず春著の妓 高濱年尾
襖あき春著のいろの雪崩れ入り 上野泰 佐介
襖絵の鶴に手拡げ春着の子 大串章 朝の舟
誰が妻とならむとすらむ春著の子 草城
貝塚の里を春着の姉いもと 冨田みのる
赤べこをくるみ上手や春著の子 高澤良一 さざなみやっこ
走れずよ谷の飯場の春著の子 西東三鬼
踏切にて春著の妻を紹介す 三樹彦
通し矢を終へて春着の娘となりぬ 水田江葦
逢ひ状の昔は知らず春著の妓 田上一蕉子
遊びごころまだある春着畳みけり 成田清子
道踏みに門を出でたり春著の子 小川軽舟
遠き田の春著の吾子ら駈けちがふ 石川桂郎 含羞
遥かなる春著こちらへ来ず曲る 山口誓子
酔ひしやう妻の春着の紅に映え 香西照雄 素心
野の道を父より高き春著の娘 高井 邦子
針美し糸美しと春著縫ふ 穴井 まき
鈴の音の胸深きより春着かな 片山由美子 風待月
鈴音のして春着の子帰り来る 遠藤喜久女
鏡中に春著の絹の紐鳴らす 黒田杏子
門前の楽市楽座春着の子 猪俣壽水
青松を白砂へ出たる春着かな 森田 峠
顔伏せて春着たゝめる髷太し 阿部みどり女 笹鳴
風呂敷にあまりて見ゆる春着哉 星野麦人
香の香をこめし春着や加賀老女 殿村莵絲子 牡 丹
高原のバス待つ春着吹かれをり 大島民郎
髷重きうなじ伏せ縫ふ春著かな 杉田久女
鬼太鼓の鬼が泣かせし春著の子 小林影三
鯉魚を窺ふと春著の裾をひき 下村槐太 天涯
鳰鳴くや春著の鈴も夕急ぎ 香西照雄 対話
新玉の春衣着つれて酔つれて 尾崎紅葉
春衣ぬふ花鳥合せもねもごろに 中畑美那子
春衣は屍を隠す小学校脇の道 安井浩司 霊果
春衣直しあひして修業僧 清水教子
猿曳の猿に着せたる春衣哉 幸田露伴 江東集
老いてだに嬉し正月小袖かな 信徳
春小袖二人連れなる巴塚 高澤良一 燕音
三年坂連れ立ちのぼる春小袖 高澤良一 燕音
春小袖うつせる五十鈴川の水 高澤良一 燕音

春着 補遺

かざしては復も春著の袖を見る 山口誓子
かの壁にかゝれる春著焼け失せし 桂信子 月光抄
このところ女の集ひみな春著 高浜年尾
ささ機嫌却つてよろし春著の妓 高浜年尾
すと立ちて帯が光りぬ春著の妓 高浜年尾
つひに火の終りや春著似合ふひと 佐藤鬼房
ぬかるみを跳び越す春着より足出し 津田清子
はんなりとしておいやすも春著かな 稲畑汀子
ひと脱ぎに春著をたたう紙にばさと 高浜年尾
みにくく且つ春著の紫濃きに過ぐ 山口誓子
わが唄にすぐに立ち舞ひ春著の妓 高浜年尾
われ春着乳足らふ獅子の仔を前に 石橋秀野
三味構へ春著の膝を正したる 高浜年尾
三輪好しと裾曲の道をゆく春着 阿波野青畝
交錯の日曜広場春小袖 山口青邨
人ごみの人丸山は皆春着 阿波野青畝
処女とどまる春着扉に挾まれて 津田清子 礼拝
初舞台踏むかに春着背に青天 香西照雄 素心
刻々と時すぐ春著かがやきて 平畑静塔
吉備津彦より折返し皆春着 阿波野青畝
君がため春著よそほふ心あり 稲畑汀子
地下道に春着三人の声ひびかふ 伊丹三樹彦
夕方の来し淋しさの春著の子 後藤比奈夫
夜の如く昼のうたげの春著の妓 高浜年尾
太皷橋春著の子等が盛り上り 上野泰 佐介
妻古りぬ妻の春着も古りにけり 日野草城
岡寺や毬のごとくに春著の子 石田勝彦 雙杵
手つなげば春著の袖や路地隠す 香西照雄 対話
折紙の如く春著を畳みをり 上野泰 春潮
支那煙管春著の袂添へて吸ふ 後藤比奈夫
明けのかた潮の海より春著の子 佐藤鬼房
春小袖すでに折節ありにけり 岡井省二 鯛の鯛
春小袖はかなきいのち欺かるゝ 村山故郷
春小袖生きてゐる間の紐の数 中村苑子
春着乙女が礼して過ぎぬ誰なりし 草間時彦 中年
春着見て山行の身をひらめかす 上田五千石『森林』補遺
春著きしをみなたちとも鎬ぎ合ふ 後藤夜半 底紅
春著きし乙女を父が仰ぎみる 百合山羽公 故園
春著きし妻仰ぎをる末子かな 上野泰
春著きて孔雀の如きお辞儀かな 上野泰 佐介
春著きて鴉の多き野をきたり 百合山羽公 故園
春著きるや裾踏み押へ腰細く 杉田久女
春著の人藤綱橋を小急ぎに 山口青邨
春著の妓はや酔うてゐる手をつかへ 高浜年尾
春著の妓小唄一つを弾いて去る 高浜年尾
春著の妓歳ほど~に化粧ひたり 高浜年尾
春著の妓酔をかくせる化粧して 高浜年尾
春著の妓静かに立つて姿よし 高浜年尾
春著の子なかなか笑顔できぬかな 加藤秋邨
春著の子袂の中を覗きをる 上野泰 佐介
春著の子走り交して色交し 上野泰 佐介
春著子に翔ちて随ふ潟雀 岸田稚魚 筍流し
春著真赤時計も持たぬ齢よし 中村草田男
春著着し母の外出に目ざとき子 稲畑汀子
春著着てこころ袂にあつまれる 後藤比奈夫
春著着てゆふぎりふみと関りぬ 後藤比奈夫
春著着てチーズやはらか昼はひとり 中村汀女
春著着て五百羅漢のつむり撫で 深見けん二
春著着て人の言葉にさとき子よ 後藤比奈夫
春著着て御禊の滝を畏みぬ 後藤比奈夫
春著着て来れり海に見せむとて 山口誓子
春著着る心も少し看取妻 稲畑汀子
河原風春著とみれば殺到す 上田五千石 風景
溝川に映る春著としてゆきかふ 伊丹三樹彦
焼け残る春着をまとひ妻子らは 日野草城
父に母にまだ遠く居る春著の娘 中村汀女
環七を歩道橋下に春小袖 山口青邨
病人にすこし春著の客まぶし 後藤比奈夫
白衣より春着身につく初茶会 平畑静塔
百舌鳥すゞめばかりの里の春著かな 百合山羽公 故園
砂丘ゆく春著乙女を品定め 佐藤鬼房
紅雲に鶴舞ふ春着人を待つ 山口青邨
紫しぼりの春着見事に着て薄幸 楠本憲吉 方壺集
美しき老の春著と敬ひぬ 星野立子
脱ぎ捨てて春著の色を崩しけり 上野泰 佐介
舞ひ立ちて背高くも見え春著の妓 高浜年尾
蛤の煮汁かゝるや春小袖 高井几董
裾まはし茄子紺に染め春著派手 星野立子
裾模様かるたぢらしの春著の妓 高浜年尾
裾重く曳くとも見えて春著の妓 高浜年尾
襖あき春著のいろの雪崩れ入り 上野泰 佐介
走れずよ谷の飯場の春著の子 西東三鬼
踏切にて春著の妻を紹介す 伊丹三樹彦
遊びみな春著の袂ひるがへし 後藤比奈夫
遠き田の春著の吾子ら駈けちがふ 石川桂郎 含羞
遥かなる春著やこちへ来ず曲る 山口誓子
野を遠ざかり行けば春著も紅からず 山口誓子
風あたり窪む春着や汀にて 波多野爽波
風晴の橋行く春著むごしとも 上田五千石『天路』補遺
髷重きうなじ伏せめに春著かな 杉田久女
鯉魚を窺ふと春著の裾をひき 下村槐太 天涯
鳰鳴くや春著の鈴も夕急ぎ 香西照雄 対話
龍村の帯が人柄春著よし 高浜年尾

以上

by 575fudemakase | 2017-03-19 07:34 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26728343
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

2017年 8月 ねずみのこ..
at 2017-08-18 05:18
蝉時雨 の俳句
at 2017-08-17 12:39
落蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:37
空蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:25
蝉の穴 の俳句
at 2017-08-17 12:23

外部リンク

記事ランキング