福藁 の俳句

福藁 の俳句

福藁

例句を挙げる。

日の中に福藁散るも七日かな 小宮山政子
旧法華寺村福藁の一戸かな 茨木和生 往馬
歯朶青く福藁五尺あまりかな 露月句集 石井露月
福藁にあふれて女流はなやぎ来 石田波郷
福藁に仔牛の誕生待つ農家 横溝養三
福藁に歌膝組むや梅が下 尾崎紅葉
福藁に降りて雀のもの言ひたげ 小松崎爽青
福藁に雀の下りる日向かな 正岡子規
福藁のはつかなる青産見舞 中村清子
福藁のよごるる雨となりにけり 吉沢蕪洲
福藁の雀吹かれつやはらかし 榎本桃幸女
福藁はみ出た「団結横丁」踏み基地へ 原子公平
福藁や塵さへけさは美しき 千代尼
福藁や壁白うして外厠 荒井正隆
福藁や天鈿女命の匂ひせり 西田夢荘
福藁や暖さうに犬眠る 安藤橡面坊
福藁や福来るまでに汚れけり 中条角次郎
福藁や籾置を敷く薔薇の蔓 香西照雄 素心
福藁や藪の家より童唄 村山古郷
福藁や足にかゝりて美しき 野村喜舟
福藁や開け放ちある白木門 高橋悦男
福藁や雀が踊る鳶がまふ 一茶
福藁や雪はしづかに降りつのり 井上烏三公
福藁をかさりと踏みて風もなし 平井 梢
福藁を上ぐる土竜や御座所跡 丸田余志子
福藁を厚く神鶏飼はれをり 堀之内和子
福藁を敷いて飾れる唐箕かな 岩谷山梔子
福藁を最初に踏みて孫来たり 能村登四郎
福藁を雀に踏ますひとり住 朝倉和江
農留守の戸に福藁に日いつぱい 石川桂郎 高蘆
生みたての卵が二つふくさ藁 八染藍子
背負ひ子をあやしつつ踏むふくさ藁 本宮鼎三
まづ出でし猫の鈴鳴るふくさ藁 森澄雄

福藁 補遺

福藁にあふれて女流はなやぎ来 石田波郷
福藁にとて届けらる地主より 能村登四郎
福藁にまづは声して初雀 森澄雄
福藁に微酔の足を降しけり 能村登四郎
福藁に田毎の秋ぞおもはるゝ 中川乙由
福藁に雀の下りる日向かな 正岡子規 福藁
福藁や樹紋飾りし古椿 石田波郷
福藁や籾置を敷く薔薇の蔓 香西照雄 素心
福藁や藪の奥より童唄 村山故郷
福藁や誰取初し早苗より 三宅嘯山
福藁を敷きし埃のしばらくあり 能村登四郎
福藁を最初に踏みて孫来たり 能村登四郎
福藁を貰ひすぎたる嬉しさよ 能村登四郎
福藁を踏みし弾みの今年も佳し 能村登四郎
福藁を踏みたしかめて今年もよし 能村登四郎
豊穣の福藁なりや厚く敷く 能村登四郎
農留守の戸に福藁に日いつぱい 石川桂郎 高蘆
雀躍に福藁のまだよごれなき 富安風生

以上

by 575fudemakase | 2017-03-19 07:37 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26728349
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング