楪 の俳句

楪 の俳句


例句を挙げる。

あきらかに身を退いている楪 寺井禾青
さびさびと楪ぬぐふ女かな 兜子
そこばくの銭に楪売られけり 吉武月二郎句集
まづ箸は楪に盛る柿なます 及川貞
二上山の楪採りに出会ひけり 小野淳子
侘住めば楪青しやゝ紅し 石田波郷
十津川の巨き楪大壺に 山岸澄子
山中に楪氷るものを踏み 宇佐美魚目 秋収冬蔵
松の雪楪の葉をすべりけり 長谷川かな女 雨 月
楪(ゆずりは)の世阿彌まつりや青かづら 服部嵐雪
楪にしゃきっと朝が来たりけり 高澤良一 燕音
楪にすることもなし指の舞 齋藤玄 『狩眼』
楪に句を書くこともあらぬかな 安藤橡面坊
楪に日和の山を重ねけり 大峯あきら 鳥道
楪に橙色を流しけり 龍雨
楪に筆こころみん裏表 浪化
楪のこぼれて朝の言葉透く 佐野鬼人
楪のこぼれて青き畳かな 渡辺大年
楪のちぎれちぎれて核家族 小川一路
楪のほこりもとめぬ青さかな 藤田旭山
楪のゆづりきれない紅残し 中井智子
楪の世阿弥まつりや青かづら 嵐雪
楪の互ひに知らぬ過去のあり 溝口 博子
楪の何に別るる月日かな 山田みづえ 木語
楪の在る谷を知る父に蹤き 藤井大渓
楪の垂葉にこまか春の雪 雑草 長谷川零餘子
楪の日向老いたる村ばかり 櫛原希伊子
楪の日本の家明るき日 高島茂
楪の柄のくれなゐの淑気かな 鈴木貞雄
楪の汀のけしきみてゐたり 岡井省二
楪の瑞葉の照れる端午かな 長谷川かな女 花 季
楪の紅に心のある如く 町 春草
楪の紅ほのぼのと三世代 奥村直女
楪の艶を飾りて子を持たず 穂坂日出子
楪の茎も紅さすあしたかな 園女
楪の萎びからびや寝正月 夢筆
楪の葉の輝きのおそろしき 中条明
楪の葉総ふさぬる樹相かな 轡田進
楪の赤き筋こそにじみたれ 高浜虚子
楪の青くて歯朶のからびたる 池内たけし
楪やいまだ娶らぬ子が二人 石渡 旬
楪やひそかに継ぎし詩の系譜 能村登四郎
楪やまぶしさまさる沖の雲 蕪城
楪や一男旅に一女嫁し 上田五千石 琥珀
楪や仏弟子なれど寺継がず 宇咲冬男
楪や厭ふべきものはひた厭へ 石田波郷
楪や和菓子屋辞める決意して 町田敏子
楪や手先器用は父祖の血統 つじ加代子
楪や灯を清めたる家の内 蛯名晶子
楪や町筋上下ただ寄りあふ 中村草田男
楪や積みたるままの老荘子 金箱戈止夫
楪や脚下照顧といふ語あり 草間時彦 櫻山
楪や裏庭つなぐ帚の目 野島抒生
楪や西の空さす鳥の影 岩田育左右
楪や農俳一世たるもよし 小出秋光
楪や過不足のなき米と塩 和田祥子
楪や高処の一戸よく見ゆる 児玉輝代
楪を今の金座もうつしけん 直方 (ゆづり葉の形より大判の工ミありて)
楪を流るる日ざし高野口 友岡子郷
楪を箸置きにして祝ひ膳 中村苑子
楪葉にこは年玉の霰かな 古白遺稿 藤野古白
楪葉や玄孫まで抱く一系図 三好夜叉男
楪葉や遠い昔の父の顔 山本敏倖
次男よく背が伸びており楪や 寺井谷子
生きるのみの愚かさ楪飾りたり 神田 岩魚
盆の上に枝楪の逞しき 長谷川かな女
神前の楪青きめでたさよ 吉田 隆子
追分や楪つけし門並び 鳥越憲三郎
雪山の照り楪も橙も 森澄雄
餅が敷く裏白楪病に死ぬな 野沢節子
餅のこな楪につき目出度けれ 虚子
ゆずり葉に粥三椀や山の春 飯田蛇笏 山廬集
ゆづり葉にのせて大和の焼肴 大島民郎
ゆづり葉にふれておきたる旅かばん ただし
ゆづり葉に一線の朱や雲の峰 石鼎
ゆづり葉に暁雪うすき山家かな 飯田蛇笏 春蘭
ゆづり葉に粥三椀や山の春 飯田蛇笏
ゆづり葉の一片敷きし硯かな 飛雨
ゆづり葉の上を鳥ゆく農暦 梶浦さだ
ゆづり葉の紅緒垂れし雪掻きにけり 室生犀星 魚眠洞發句集
ゆづり葉の茎も紅粉(べに)さす旦かな 斯波園女
ゆづり葉の見事にたれて霰かな 原石鼎
ゆづり葉や口にふくみて筆始 其角 (手握蘭口含鶏舌)
ゆづり葉や古歌の終りは妹を恋ひ 鍵和田[ゆう]子
ゆづり葉や巖に白筋吾に血脈 香西照雄 素心
ゆづり葉や歯朶や都は山くさし 子規
ゆづり葉や父に似てきし筆の跡 今泉貞鳳
楪を今の金座もうつしけん 直方 (ゆづり葉の形より大判の工ミありて)

楪 補遺

いつせいに楪の茎笑ひけり 岡井省二 猩々
ゆずり葉に粥三椀や山の春 飯田蛇笏 山廬集
ゆづり葉や齒朶や都は山くさし 正岡子規 楪
侘住めば楪青しやや紅し 石田波郷
凍楪の魂さまよへる草の中 飯田龍太
楪あまた男の力失せにけり 加藤秋邨
楪にすることもなし指の舞 斎藤玄 狩眼
楪に筆こゝろみんうら表 浪化
楪のみ凍ててへたへたへたへたと 阿波野青畝
楪の世阿彌まつりや青かづら 嵐雪
楪の何に別るる月日かな 山田みづえ 木語
楪の土用芽春にまさりけり 卓池
楪の大樹の前の夏の昼 岡井省二 夏炉
楪の彼方の空の晴をよむ 能村登四郎
楪の柄のくれなゐの川の闇 岡井省二 夏炉
楪の梛に似よとやかゞみもち 馬場存義
楪の汀のけしきみてゐたり 岡井省二 有時
楪の紅よくつきし雑木中 右城暮石 句集外 昭和九年
楪の葉柄赤く年あらた 右城暮石 散歩圏
楪はかさねも厚き若葉かな 露川
楪もいま夏木なるめでたさよ 高野素十
楪も悉く火となり了る 高野素十
楪やひそかに継ぎし詩の系譜 能村登四郎
楪や一男旅に一女嫁し 上田五千石 琥珀
楪や其もゝとせの鼻の下 早野巴人
楪や厭ふべきものはひた厭ヘ 石田波郷
楪や父の反骨わが反骨 林翔
楪や脚下照顧といふ語あり 草間時彦 櫻山
楪や顎に醜い風がつく 飯島晴子
楪や齢を楯に逃げばかり 能村登四郎
楪をとる妻に園はうす雪す 飯田蛇笏 山響集
父の忌や茂りに入りし楪も 石田勝彦 雙杵
篠の子は楪もある深きより 右城暮石 句集外 昭和十一年
蓬莱の楪ことに目出度けれ 右城暮石 散歩圏
赤松林韆る思いで夏の楪と 金子兜太
輪飾に楪一片去来の墓 岡井省二 明野
雪山の照り楪も橙も 森澄雄
雪濡れの楪晴れて若狭かな 岡井省二 鹿野

以上

by 575fudemakase | 2017-03-19 07:42 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26728358
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。