ごまめ の俳句

ごまめ の俳句

ごまめ

例句を挙げる。

いちどきの箸に糸引くごまめかな 藤井恒子
ごまめの香母をとりまく三兄弟 岡本一代
ごまめ吊るす炬燵信濃に母と居て 宮坂静生 青胡桃
ごまめ喰ふ暦日めぐり来て迅し 角川春樹
ごまめ噛みつゝ減反の話など 水野紀子
ごまめ噛むこめかみ奥歯父にあり 熊谷愛子
ごまめ噛む歯のみ健やか幸とせむ 細川加賀
ごまめ噛んで齢一つを重ねけり 持田子
どれもこれも目出度く曲るごまめかな 角川照子
ほろ苦き来し方は夢ごまめ噛む 秋山佳奈子
献体にまだある迷ひごまめ炒る 塩路隆子
集ひ来し子孫と祝ふ柿ごまめ 堀 勇夫
存へての新二千年田作食ぶ 小野希北
田作のこんがらがつて出来上る 今井千鶴子
田作の秤りこぼるる光かな 永井暁江
田作はさはにさやかに目をならべ 飴山實 辛酉小雪
田作や松千本の音なかり 齋藤玄 飛雪
田作や河童に入歯なかるべし 秋元不死男
田作や箸に触れ合ふ海の色 柴田清風居
田作りや田作人の祝き肴 逸見竹石
田作を剥がす力の箸の反り 服部青駕
齢重ねなほ田作のほろ苦き 鷹野映
よきこゑにささやきゐたる古女かな 森澄雄
古女噛むことも試練の一つとして 高澤良一 随笑
古女噛めば歯ぐきに当りちらしけり 高澤良一 さざなみやっこ
自嘲して五万米の歯ぎしりといふ言葉 富安風生

ごまめ 補遺

かち栗もごまめも君を祝ひけり 正岡子規 ごまめ
ごまめ食つてもつぱら老を惧るなり 安住敦
ごまめ食つて家居たのしむごとくなり 安住敦
ごまめ食つて残る齢は数ふるな 安住敦
しがらきや僧とつれだつごまめ売 許六
めでたさの第五の辰やごまめ噛む 佐藤鬼房
一盛りのごまめの目玉恐しく 岸田稚魚 紅葉山
世の中に馴れぬごまめの形かな 正岡子規 ごまめ
二閑叟五万米の歯軋笑ひあひ 富安風生
初春や田作り付しむめの枝 玄梅
春ヲ何と凩のごまめ時雨の海老 嵐蘭
田つくりや庵の肴も海のもの 正岡子規 ごまめ
田つくりを掛けて置きけり鼠罠 正岡子規 ごまめ
田づくりや碌々として弟子一人 安住敦
田づくりを噛む田づくりのごとき顔 鷹羽狩行
田作に鼠追ふよの寒さ哉 亀洞
田作の金色なすを嘉とせり 大野林火 月魄集 昭和五十六年
田作はさはにさやかに目をならべ 飴山實 辛酉小雪
田作は手にもとられでおかしけれ 亀洞
田作や松千本の音なかり 齋藤玄 飛雪
田作りの口で鳴けり猫の恋 許六
田作りや鯛をのみ込大腹もの 素覧
田作りを奥歯で噛んで独り者 鈴木真砂女 紫木蓮
自嘲して五万米の歯ぎしりといふ言葉 富安風生
話柄また戦禍におよぶごまめかな 上田五千石『琥珀』補遺
重詰やごまめきんとん隣り合ひ 村山故郷
食べこぼす田作一尾膝に落ち 阿波野青畝
餅配リ国栖人ごまめ奏シてより 其角

以上

by 575fudemakase | 2017-03-20 02:18 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26730222
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。