年酒 の俳句

年酒 の俳句

年酒

例句を挙げる。

お年酒や思ひの外に深き酔 藤永誠一
まなぶたにけふの御艦のある年酒 森川暁水 淀
よきことの待ちゐるごとし年酒くむ 上村占魚 鮎
わが血しほ華やがせゐる年酒かな 上村占魚 『方眼』
一滴はかはらけが吸ふ年の酒 栗生純夫
乗務より帰り年酒を一人酌む 野崎夢放
二、三滴土師器に受けて年の酒 西浦一滴
加賀獅子の箸置そろへ年酒かな 野澤節子 『駿河蘭』
友ら酌む年酒われや茶をすすり 石川桂郎 四温
嘴のかたさの箸や年の酒 大木あまり 火球
土器に沁む音神の年酒かな 新井悠二
坑夫たる父を誇りに年酒酌む 森山 抱石
夏柑の徴動だもなし年酒享く 原裕 葦牙
大いなる日の天にある年酒かな 池田秀水
大杯のあと覚えなき年酒かな 岡本圭岳
女一人面はゆくゐる年酒かな 川口つばな
嫗出て年酒の相手仕る 坂井魯郎
子の妻の美しかりし年酒かな 細川加賀 『玉虫』
山小屋に正座し年酒くみにけり 岡田日郎
師の遺影ほゝ笑たえぬ年酒かな 鈴木頑石
年の酒母が少女のごとくをり 福田啓一
年酒くむみな一病を負ふ齢 本多静江
年酒くむ午後から別の家に居て 大串章
年酒して獅子身中の虫酔はす 飴山實(1926-2000)
年酒して赤熊(しゃぐま)のごとく目がすわり 高澤良一 宿好
年酒して阿蘇中岳の見ゆるかな 飴山實 『花浴び』
年酒の座ひとの訃をまだ報じ得ず 岡本圭岳
年酒の芋茎にいでし紅の色 瀧澤伊代次
年酒また独りがたのし鵯谺 宮田要
年酒やゝ覚めては橋を渡りけり 小林康治
年酒一盞尊氏と酌む陣揃ひ 田中水桜
年酒享く色紙にじむを片寄せて 小池文子 巴里蕭条
年酒受く今年限りの娘の手より 楠本憲吉
年酒酌み生国遠き漢たち 中村苑子
年酒酌むときも独りで不言物 後藤比奈夫 めんない千鳥
年酒酌むふるさと遠き二人かな 高野素十
年酒酌む大人のうしろにて遊ぶ 野村慧二
年酒酌む我より大き息子の手 山崎ひさを
年酒酌む表情筋のなお達者 敷地あきら
年酒酌む親子に作法なかりけり 太田蘆青
年酒酌む赤子のつむり撫でながら 皆川盤水
息づかひしづかに父の年の酒 瀧澤伊代次
手拍子は乱るるもよし年の酒 赤尾恵以
明日信じその人信じ年酒酌む 牧野まこと
槍投げの友の掌ぬくし年の酒 島津 亮
死神は下戸かも我は年酒くむ 林 翔
母癒へて座りたまへる年酒かな 中村わさび
汝の年酒一升一升又一升 阿波野青畝
注ぎくるゝ婿もよき酒徒年酒酌む 米田双葉子
浮世絵に年酒の酔の発しけり 河野多希女 彫刻の森
海山の幸祝ぐ年酒奉る 上村占魚 『萩山』
火はつねに男酔わせる年の酒 津根元潮
無雑作に重ねし年や年酒享く 石田あき子 見舞籠
生涯のいまが花道年酒酌む 伊東宏晃
由井ケ浜年酒の酔に踏みにけり 岡本松浜 白菊
癌術後五たびの年酒受けにけり 大石悦子 百花
箸置に金の折鶴年酒酌む 赤羽 岳王
膝に来る日差しに年酒出来上がり 高澤良一 ぱらりとせ
舌鼓はらわた鼓打ち年酒 高澤良一 さざなみやっこ
青竹の筒の年酒をいただけり 沢木欣一
馬に逢ひ年酒の酔の発しけり 秋元不死男
鳥肌の地鶏を食べて年酒かな 大木あまり 火のいろに
鶲来て年酒の箸のはなやぎぬ 草間時彦 櫻山
一滴はかはらけが吸ふ年の酒 栗生純夫
二、三滴土師器に受けて年の酒 西浦一滴
嘴のかたさの箸や年の酒 大木あまり 火球
年の酒母が少女のごとくをり 福田啓一
息づかひしづかに父の年の酒 瀧澤伊代次
手拍子は乱るるもよし年の酒 赤尾恵以
槍投げの友の掌ぬくし年の酒 島津 亮
火はつねに男酔わせる年の酒 津根元潮
下戸我は威儀を正して年始酒酌む 俊朱

年酒 補遺

うはばみのごとくな飲みそ年の酒 山口青邨
よきことの待ちゐるごとし年酒くむ 上村占魚 鮎
低頭せり年酒の酔の果にして 石田波郷
切箔の鬱金しづめる年酒かな 鷹羽狩行
友ら酌む年酒われや茶をすすり 石川桂郎 四温
古稀の父年酒の酔の額ひろき 日野草城
喜雨亭に賜びし年酒の酔ぞこれ 石田波郷
夏柑の徴動だもなし年酒享く 原裕 葦牙
夜光杯胡人をまねて年酒酌む 阿波野青畝
差されゐてまづ甘くちの年の酒 能村登四郎
年酒して獅子身中の虫酔はす 飴山實 次の花
年酒して見惚るるものに藪柑子 森澄雄
年酒して阿蘇中岳の見ゆるかな 飴山實 花浴び
年酒の座つくづく膝のうすきかな 能村登四郎
年酒の座雪曼陀羅の汽笛暮る 角川源義
年酒の酔田を埋めし庭につまづくも 草間時彦 中年
年酒の酔頭を深く垂れにけり 石田波郷
年酒受く今年限りの娘の手より 楠本憲吉 方壺集
年酒汲むふるさと遠き二人かな 高野素十
年酒酌み水かけ祭裸んぼ 松崎鉄之介
年酒酌み見立てし馬酔木六酒仙 水原秋櫻子 蘆雁
年酒酌むときも独りで不言物 後藤比奈夫
年酒酌む夜発つ若者らと語り 大野林火 飛花集 昭和四十七年
年酒酌む家長としての心映え 高浜年尾
本復の体に年酒なみうてり 上村占魚
枯れまじく年酒を重ねゐたりけり 大野林火 月魄集 昭和五十六年
死神は下戸かも我は年酒くむ 林翔
残生のいよよ愛しく年酒酌む 富安風生
水割に始まる年酒宥されよ 草間時彦
汝の年酒一升一升又一升 阿波野青畝
海山の幸祝ぐ年酒奉る 上村占魚
老龍の白髪つつしみて年の酒 山口青邨
能登蟹の太き足折る年の酒 能村登四郎
蒲鉾の紅白の賀の年酒かな 村山故郷
馬に逢ひ年酒の酔の発しけり 秋元不死男
鶲来て年酒の箸のはなやぎぬ 草間時彦 櫻山

以上

by 575fudemakase | 2017-03-20 02:38 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26730238
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング