年賀 の俳句

年賀 の俳句

年賀

例句を挙げる。

ふるさとの子等に銭やる年賀かな 吉武月二郎句集
ロボットの握手うながす年賀かな 赤尾恵以
不精にて年賀を略す他意あらず 高浜虚子(1874-1959)
主家の紋背に負ひ出づる年賀かな 大橋櫻坡子
久々にはるばるに来て年賀かな 広江八重桜
亡き人へ年賀の筆をあやまりて 川畑火川
会長の役まだ残る年賀かな 松尾みち子
先生の墓に年賀を申しけり 成瀬正とし 星月夜
各々の年を取りたる年賀n 高浜虚子
土地言葉やゝ耳馴れし年賀かな 矢津典子
子等残し来て日暮れたる年賀かな 杉田久女
崖より見る年賀に行つて来し家々 橋本美代子
年賀してすぐ猟犬と山に入る 百合山羽公
年賀とや見舞とやいひ訪ひにけり 黒川悦子
年賀のぶ心控え目なることも 稲畑汀子
年賀のべ駅長汽車を発たしたる 原 育子
年賀の子小犬もらつて戻りけり 嶋本波夜
年賀の座日向ぼこりを賜りし 岸田稚魚
年賀の雪降りきてかゝる吾が眼鏡 藤後左右
年賀やめて小さくなりて籠りをり 加藤楸邨(1905-93)
年賀よりまづ他のこと申しけり 今井千鶴子
年賀書き終へて再び筆不精 稲畑汀子
年賀言ふ人のうしろを掃いてゐる 加倉井秋を 『胡桃』
廻り道して富士を見る年賀かな 平之助
役者あきらめし人よりの年賀かな 中村伸郎
扇屋の女中頭の年賀かな(王子に江戸時代よりの老舗あり) 岸田稚魚 『萩供養』
折しもの雪を睫毛に年賀のぶ 山田諒子
旧藩主へ年賀のほとりひそけかりし 草田男 (回想の新春)
本裁に揚げたつぷりと年賀の子 田中英子
次の間に碁の用意ある年賀かな 竹本白飛
武蔵野の芋さげてゆく年賀かな 青陽人
深川のたかばしとほき年賀かな 久保田万太郎 草の丈
片言の孫の年賀をうけにけり 林鰌児
玄関の梟の額にまづ年賀 加藤楸邨
畑をめぐりて菊枯るゝ戸に年賀かな 大谷句佛 我は我
白鷺の舞ひ降りて来し年賀かな 稲畑汀子
禅寺や年賀の魚板鳴るぞ佳き 殿村菟絲子 『菟絲』
窯焚きの古袴して年賀かな 百田一渓
端正に年賀うけつゝ老母かな 小澤碧童 碧童句集
蘭の香の温室にまはりて年賀かな 大熊輝一 土の香
衣裳著て楽屋の中の年賀かな 坂東みの介
親方となりたる年賀受けにけり 橋場もとき
赴任地は異国と告げし子の年賀 山田弘子 こぶし坂
輝ける眉毛へ年賀申しけり 野村親二
遠方の年賀残りて今日も雪 渡辺水巴
雑木林年賀一言笛となる 寒々
雪嶺をひた負ひ年賀配達夫 横道秀川
風邪の子を残して年賀挨拶に 稲畑汀子
風邪ひきの遅き年賀の落ちあふも 篠田悌二郎 風雪前
回礼や村内ながら雪の坂 松根東洋城
年礼に少しの野路の気晴れたり 子東
年礼に来し木匠の木の香する 誓子
年礼の乱に終りし袴かな 尾崎紅葉
年礼の名刺数ふる燈下かな 関可粛
年礼の思ふ半ばを日暮れたり 九寸児
年礼の袴もと寒き戸口哉 竹冷句鈔 角田竹冷
年礼の鞍馬村長戻り来る 五十嵐播水 播水句集
年礼やいたく老ぬる人の妻 高浜虚子
年礼やアルメニヤンと垣へだて 保田白帆子
年礼や律儀に頭さげてをり 清水静子
年礼や心おぼえの古きみち 高橋淡路女 梶の葉
年礼や日暮れて来たる酔李白 文屋菱花
年礼や畑どなり冬木松五郎 龍岡晋
落語家になると言ふ人初礼者 吉井勇
遺児として逞しく生ひ年礼に 柏原絢
医の友の年祝ぐうたげ行かざらむ 水原秋桜子
年祝ぎの波白砂に敷きのべて 津田清子
年祝ぎの醫の友寄りてすぐ別る 下村ひろし 西陲集
年祝ぐや肉ゆたかなる妻の耳 千代田葛彦 旅人木
年祝ふ家族の増ゆることもなく 山口波津女 良人
曙や年祝ぎのこゑ鴎より 澄雄
漁夫たちの年祝ぐ宴時化の夜を 大島民郎
若人らどかどかと来て年祝ぐも 林火
連なりて病者年祝ぐ歌はなし 波郷
隠れ耶蘇まづ年祝ぎの十字切る 加藤春彦
年賀用生菓子鶴亀しっとりと 高澤良一 石鏡

年賀 補遺

あそび妓火桶かこみて礼者受 後藤夜半 翠黛
あな醜の脂粉めでたき女礼者 飯田蛇笏 山廬集
いとま乞ふ間のむつかしき年始かな 鷹羽狩行
きらきらと島へ手漕ぎの年始舟 雨滴集 星野麥丘人
すぐ帰る若き賀客を惜しみけり 能村登四郎
するめまた焼き足す夜の年賀客 鷹羽狩行
その頃マントの礼者で 亡父は 亡祖父は 伊丹三樹彦
それとなく二月礼者の著道楽 後藤夜半 底紅
ちゝはゝの家に賀客となりて酔ふ 日野草城
はるばると慕ひ来りし賀客かな 松本たかし
みちのくの馬どころより年始状 阿波野青畝
ハンセン氏病の島より年賀来し 平畑静塔
ファッションを噂に二月礼者かな 阿波野青畝
一の矢は富士を目かけて年始 正岡子規 弓始
一門の女礼者や屋にあふれ 石田波郷
万両のさはに賀客の句ごころに 山口青邨
万両のむらがり赤し賀客庭に 山口青邨
万年青の実赤し賀客の一人立つ 山口青邨
二人目の女礼者の子の手ひき 後藤夜半 底紅
仔細あつて賀客を謝せば喪の如し 安住敦
元日のうるはしかりし賀客なし 松本たかし
元旦の賀客即ち見舞客 石塚友二 玉縄以後
友につれて知らぬ禮者の來りけり 正岡子規 礼者
呂律ややあやし賀客といふべかり 後藤比奈夫
回礼の僧の戻りて辞しにけり 松崎鉄之介
夏柑垂る賀客たはむれお手玉に 山口青邨
夏柑累々賀客の頭上草の宿 山口青邨
外来の吾にキャディが年賀言ふ 山口誓子
夜の女礼者のあとにまた女 鷹羽狩行
天皇の年賀いつもの右手あげ 鷹羽狩行
女弟子女礼者として見ゆ 後藤夜半 底紅
女礼者つづいて来たり二日かな 森澄雄
子供まづ走り込み来て年賀客 深見けん二
寒屋にひそみて居れど礼者くる 百合山羽公 寒雁
寝正月賀客のベルのまた響く 日野草城
居ることの妙なる女礼者かな 藤田湘子 てんてん
嶺北の小学校の年賀式 右城暮石 散歩圏 補遺 頑張れよ
師の許が唯一の年賀坂を越ゆ 松崎鉄之介
年寄りて目出度き女礼者かな 星野立子
年礼に来し木匠の木の香する 山口誓子
年礼の過ぎぬ正月四日なり 正岡子規 正月
年礼や眉ゑがきたる八代目 内藤鳴雪
年禮や鳴翁住める眞砂町 正岡子規 年礼
年終も年始もなべて淡々し 相生垣瓜人 負暄
年賀やめて小さくなりて籠りをり 加藤秋邨
年賀受け年賀状受け籠りをり 松本たかし
年賀客しばらく猫を抱きにけり 石橋秀野
年賀式軍帽たたきたる霰 伊丹三樹彦
御目見へや朝日とふとき年始 知足
扇屋の女中頭の年賀かな 岸田稚魚
手土産も軽げに二月礼者かな 高浜年尾
手草履はいかで礼者のきくの華 挙白
打ちつれて夜の年賀や婿娘 内藤鳴雪
旧正を二月礼者として来り 高浜年尾
杖をとりまゐらす女礼者かな 後藤夜半 底紅
松すぎのなほ賀客とし田舎より 高浜年尾
松過ぎの賀客よカジユアルウェアー褒め 林翔
枝のべて賀客にふるる門の松 山口青邨
枯葎一つを存す賀客立ち 山口青邨
枳の門より二月礼者かな 星野麥丘人
柑園に雪ふる温泉の年始 飯田蛇笏 霊芝
梅いけて禮者ことわる病かな 正岡子規 礼者
梅さげて來る禮者や七日過 正岡子規 礼者
梅万奮賀客万来草の宿 山口青邨
梟の胴長なりし年賀かな 岡井省二 鯛の鯛
棟梁の青髯匂ふ年賀かな 村山故郷
深大寺蕎麦を啜りて年賀かな 燕雀 星野麥丘人
犬猿の仲の二人の年賀客 鷹羽狩行
猫と居る庭あたたかし賀客来る 松本たかし
玄関の梟の額にまづ年賀 加藤秋邨
玻瑠戸透く陽は飴色や女礼者 楠本憲吉 楠本憲吉集
畦づたひ径づたひに礼者かな 石川桂郎 四温
病床をめぐる五人の禮者かな 正岡子規 礼者
病牀を圍む禮者や五六人 正岡子規 礼者
直言も残して若き年賀客 能村登四郎
矍鑠と閣下の髭の濃き年賀 伊丹三樹彦
石油ストーブつぶやく隙や年賀述ぶ 角川源義
礼者にはあらず女の見舞客 後藤夜半 底紅
礼者女人群れてにはかの蝶花園 上田五千石『天路』補遺
祝ふより別の事なき年始かな 一笑(津島)
禮者わたる錦帶橋の夜明哉 正岡子規 礼者
精神科年賀云ふもの云はぬもの 平畑静塔
約束の時間正しく賀客来る 星野立子
苗床の紅粉花の二葉に賀客立つ 山口青邨
茨はいつもいたづら賀客の袖をひき 山口青邨
藪蔭より出で来し女礼者かな 村山故郷
蜜柑山より下りきたる礼者かな 石田勝彦 秋興
複製の仏と奈良の賀客くる 百合山羽公 寒雁
賀客なく雪ふりつもる山家めき 山口青邨
賀客万来ほのめく曙といふ椿 山口青邨
賀客来て猪の振舞かたりけり 水原秋櫻子 緑雲
輪かざりに標札探る禮者かな 正岡子規 礼者
金屏に銀髪これぞ年賀なる 林翔
鎌倉の松の緑に賀客かな 星野立子
門の松ふりかぶり賀客蹣跚と 山口青邨
門の松横斜国旗ひらひら賀客稀 山口青邨
門禮や草の庵にも隣あり 正岡子規 礼者
雪掻けば直ちに見ゆる礼者かな 前田普羅 普羅句集
靴大き若き賀客の来て居たり 能村登四郎
飲過た礼者のつらへ余寒哉 黒柳召波
髻を女房に結はせ年賀かな 村上鬼城
鵯の喋々しかる年賀かな 相生垣瓜人 負暄
黄味ずしや余りあでかに賀客たち 楠本憲吉 孤客

【参考】

年賀客

例句を挙げる。

あつけらかんと襁褓を替ふる賀客かな 嶋田麻紀
かぶら鮓食うべ即ち賀客たり 高濱年尾 年尾句集
すぐ帰る若き賀客を惜しみけり 能村登四郎(1911-2002)
よき道の日南へ出でし賀客かな 麦人
一布衣にとりとめもなく賀客あり 西本一都 景色
二タ月の嬰児賀客として迎ふ 伊藤いと子
南縁の日に迎へたる賀客かな 室積徂春
喪にありて賀客来らず梅白し 大庭三巴
声かけて猫も賀客に加えけり 佐藤佳郷
大風の畦より賀客むかへけり 市村究一郎
天龍寺賀客の沓の二つ三つ 五十嵐播水 播水句集
子供まづ走り込み来て年賀客 深見けん二
山住みに賀客もあらず懸巣とぶ 有働 亨
山里へはる~ありし賀客かな 高橋淡路女 梶の葉
干布団してある椽に賀客かな たかし
年賀客として旋盤の間とおる 田川飛旅子 花文字
年賀客謡の中へ通しけり 野村喜舟 小石川
御師の家に神酒を提げし賀客かな 堀 古蝶
慣ひなる第一番の賀客かな 高浜年尾
日暮れたる女賀客に灯しけり 池内たけし
星月夜鎌倉山に年賀客 高浜虚子
書屋まで庭石伝ひ賀客来る 物種鴻両
母人に賀客のひまの置炬燵 寸七翁
浅草の燈を抜けて来し年賀客 角川春樹
父のせしごとく賀客をもてなしぬ 山口いさを
猫と居る庭あたたかし賀客来る 松本たかし
玄関の清浄として賀客なく 島村茂雄
羽織だけ著替へ賀客を迎へけり 星野立子
複製の仏と奈良の賀客くる 百合山羽公 寒雁
賀客ともなり句会へとなりゐたり 坊城中子
賀客なく雪ふりつもる山家めき 青邨
賀客去り忘れ玩具が歩き出す 中村明子
走りくる孫一番の賀客なり 菅原静風子
長靴のつつ立つ賀客日がなあり 赤松[けい]子 白毫
靴大き若き賀客の来て居たり 能村登四郎
あつけらかんと襁褓を替ふる賀客かな 嶋田麻紀
かぶら鮓食うべ即ち賀客たり 高濱年尾 年尾句集
すぐ帰る若き賀客を惜しみけり 能村登四郎(1911-2002)
よき道の日南へ出でし賀客かな 麦人
一布衣にとりとめもなく賀客あり 西本一都 景色
二タ月の嬰児賀客として迎ふ 伊藤いと子
南縁の日に迎へたる賀客かな 室積徂春
喪にありて賀客来らず梅白し 大庭三巴
声かけて猫も賀客に加えけり 佐藤佳郷
大風の畦より賀客むかへけり 市村究一郎
天龍寺賀客の沓の二つ三つ 五十嵐播水 播水句集
子供まづ走り込み来て年賀客 深見けん二
山住みに賀客もあらず懸巣とぶ 有働 亨
山里へはる~ありし賀客かな 高橋淡路女 梶の葉
干布団してある椽に賀客かな たかし
年賀客として旋盤の間とおる 田川飛旅子 花文字
年賀客謡の中へ通しけり 野村喜舟 小石川
御師の家に神酒を提げし賀客かな 堀 古蝶
慣ひなる第一番の賀客かな 高浜年尾
日暮れたる女賀客に灯しけり 池内たけし
星月夜鎌倉山に年賀客 高浜虚子
書屋まで庭石伝ひ賀客来る 物種鴻両
母人に賀客のひまの置炬燵 寸七翁
浅草の燈を抜けて来し年賀客 角川春樹
父のせしごとく賀客をもてなしぬ 山口いさを
猫と居る庭あたたかし賀客来る 松本たかし
玄関の清浄として賀客なく 島村茂雄
羽織だけ著替へ賀客を迎へけり 星野立子
複製の仏と奈良の賀客くる 百合山羽公 寒雁
賀客ともなり句会へとなりゐたり 坊城中子
賀客なく雪ふりつもる山家めき 青邨
賀客去り忘れ玩具が歩き出す 中村明子
走りくる孫一番の賀客なり 菅原静風子
長靴のつつ立つ賀客日がなあり 赤松[けい]子 白毫
靴大き若き賀客の来て居たり 能村登四郎
ややありて女のこゑや門礼者 岸田稚魚
門礼や一社の禰宜の打ち揃ひ 富岡九江
門礼や処々の梅花を拝し去る 尾崎紅葉
門礼や草の庵にも隣あり 正岡子規
いらへなき礼者の前の障子かな 温亭句集 篠原温亭
ひそと来てひそと去りたる礼者かな 久保田万太郎
一棟は粟稈葺けり礼者来る 滝井孝作
不忍の水鳥を見る礼者かな 癖三酔句集 岡本癖三酔
人麿の歌知つてをる礼者かな 加藤三七子
元日の礼者絶えたる吹雪かな 今成無事庵
地下道の蜘蛛手に礼者うろうろと 山本歩禅
寒屋にひそみて居れど礼者くる 百合山羽公 寒雁
山の戸に立つ中元の礼者かな 広江八重桜
御陵いま豊旗雲の礼者かな 猪股洋子
慇懃にいと古風なる礼者かな 高浜虚子
松ケ根の雪踏み去ぬる礼者かな 木歩
根岸庵主なくて礼者遊びけり 碧梧桐
樅の木をくぐる正月礼者かな 前田法比古
玄関で足袋はき替へし礼者かな 大場白水郎 散木集
畦づたひ径づたひに礼者かな 石川桂郎 四温
病牀を囲む礼者や五六人 正岡子規
礼者まづ茶畑づたひ隣家より 岩城のり子
礼者らへ雪の栗駒裾曳けり 皆川白陀
礼者来る落葉松に雨降りそそぎ 出光牽牛星
礼者迎へ衝立の虎躍り出づ 宮下翠舟
細道を礼者来ませり椎が木 妻木 松瀬青々
羽子板のうれしくあたる礼者哉 知辰
落語家になると言ふ人初礼者 吉井勇
蜜柑山より下りきたる礼者かな 石田勝彦 秋興
鈴の音して玄関に礼者かな 豊長みのる
雪掻けば直ちに見ゆる礼者かな 普羅
風花に礼者のかざす扇かな 村上鬼城
飲み過た礼者の面へ余寒かな 召波
鱒囲ふ水にかがやき礼者来る 本橋 仁
鶯や裏からはいる礼者あり 万翁
鹿遊ぶ干潟をよぎりくる礼者 向野楠葉

以上

by 575fudemakase | 2017-03-20 03:23 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26730363
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング