恵方詣 の俳句

恵方詣 の俳句

恵方詣

例句を挙げる。

あたたかきことも恵方の道なれや 菖蒲あや あ や
あるがまま生く人生を恵方とす 苗代 碧
いと小さき凧のあがれる恵方道 岩城佳州
かはせみとなりて翔ちたる恵方かな 稲荷島人
こと~とまだ夜深きを恵方哉 竹冷句鈔 角田竹冷
これやこの恵方詣でに比叡晴るゝ 近藤浩一路 柿腸
しづしづと人ら歩める恵方かな 神尾久美子
しら波のはればれと寄す恵方かな 澤村昭代
せめぎ合ふ波の荒磯を恵方とす 中尾杏子
てらてらと沖かけて凪ぐ恵方道 荒井正隆
ひとすぢの道をあゆめる恵方かな 阿波野青畝
ひろびろと野にほとけ置き恵方なり 森川暁水
ふりむけば鹿もふりむく恵方かな 稲荷島人
ふるさとの山ある方を恵方とす 茂里正治
ぶらぶらと恵方ともなく歩きけり 高浜虚子
ますほ貝探す渚も恵方かな 北 きりの
めでたさや恵方詣の酔ひ戻り 水原秋桜子
ゆくほどに雪嶺囲ひや恵方道 森 澄雄
ゆたかなる川あれば足るわが恵方 辻田克巳
よく食べる鳩の福相恵方みち 毛塚静枝
わが恵方見ゆる限りの樹を入れて 鎌倉佐弓
わが道を闊歩す方を恵方とす 堀川旦州
サーフィンが見ゆる恵方の小松原 佐野美智
七塚の虎ケ塚こそ恵方かな 西本一都 景色
万歳のうしろ姿も恵方道 高浜虚子
仮に打つ釘もききけり恵方棚 萩原乙彦
伊吹嶺の茜恵方とおもふべし 佐川広治
傘に歯朶かゝりけり恵方棚 夕道
先づ恵方みの幸よろし稲荷山 上島鬼貫
入院の母訪ふ道を恵方とす 館岡沙緻
千年へ一歩踏み出す恵方道 高橋悦男
古地図に松のいろ濃き恵方道 赤尾恵以
嘴黒き鷺の田道も恵方かな 鳥居美智子
外れて踏む畦の青草恵方道 皆吉爽雨
夢ひとつかけし恵方の湖明り 高橋 淑子
大富士を恵方としたる道太し 加藤晴子
大橋を恵方へ渡り詣りけり 長谷川かな女
大粒の火の粉飛びゆく恵方かな 矢田邦子
大蓮田見ゆるところを恵方とす 九鬼あきゑ
大門の玉川をわが恵方とす 深川正一郎
大鳴門の渦百態の恵方かな つじ加代子
天つ日の行くおのづから恵方かな 大谷碧雲居
太陽に真向きて恵方道となる 菖蒲あや
寂寞といのちあかりに恵方かな 角川春樹
富士みゆる窓を恵方や庵の朝 井月の句集 井上井月
少年に一樹ふりむく恵方道 直江るみ子
展けゆく海を今年の恵方とす 阿部美恵子
山中の斧のひかりを恵方とす 佐川広治
山河みな茂吉の歌や恵方道 長谷川耿子
山辺の道を恵方ときめて来し 星野麥丘人
山風に買ふ矢真白き恵方かな 渡辺水巴
岬に住み恵方詣りも海を越す 松崎鉄之介
己れ決めし道を恵方と行くのみぞ 福田蓼汀
庵主や恵方に据ゑて置炬燵 河野静雲 閻魔
引つぱられながら犬曳く恵方道 黒田杏子 水の扉
御神火の椿の島を恵方とす 原田青児
恵方かな礁山に波立ちあがり 岡本まち子
恵方とて人のうしろに蹤くことも 後藤比奈夫 めんない千鳥
恵方とて山の祠の灯さるる つじ加代子
恵方とて海の上にも道を延べ 鷹羽狩行 月歩抄
恵方とはこの路をたゞ進むこと 高浜虚子
恵方とや一直線はおそろしく 太田保子
恵方とや樹影正しき靄の中 京極杜藻
恵方など知らず用ある方へ行く 藤田湘子
恵方なる一面の火の崖椿 井沢正江
恵方なる見え来て天塩峠の木 永田耕一郎 方途
恵方なる道へかんぬきはづしあり 由井艶子
恵方にてことりことりと母白寿 斉藤美規
恵方にはかかはりもなき初詣 岡安仁義
恵方へと向けて仮免練習車 松倉ゆずる
恵方への下駄にて渡る橋一つ 千田一路
恵方への道のはじまり雪怒濤 斎藤玄 雁道
恵方より来し鳥の眼の中にゐる 廣瀬直人
恵方より波のよせくる渚かな 江川風史
恵方より電話の祖母や癒えはじめ 橋本榮治 麦生
恵方より鴉啼き現はれにけり 加藤かけい
恵方嶺噴煙もまた雪白に 上田五千石
恵方棚今朝生みたての卵載せ 増田昌恵
恵方神多し日本の神多し 右城暮石 上下
恵方詣り大原までは行かぬなり 長谷川かな女 花寂び
恵方詣帰りは昼の月連れて 深見ゆき子
恵方道かたまつて世の人のこゑ 山上樹実雄
恵方道大岩土堤にあげしまま 飯田龍太
恵方道小さき木橋にはじまれり 新田祐久
恵方道故里人と話しつれ 富安風生
恵方道梅若塚に詣りけり 雑草 長谷川零餘子
恵方道狐の穴もほとりして 白岩 三郎
恵方道相模はうしほ満つる国 田中鬼骨
我が杖の赴くまゝに恵方みち 緒方句狂
我向ふ方を恵方と信じ行く 澤村 芳翠
戸隠の恵方ふるみち七曲り 西本一都
救命具あまた備へて恵方船 八染藍子
日々通ふ看取の道も恵方かな 橋本榮治 麦生
時じくの虹が行手に恵方みち 末次越泉
暁の恵方の天の男山 井上白文地
暁闇の迷ふことなき恵方道 成宮紫水
暗がりに堰の音ある恵方かな 広瀬直人
月山の霊験眩し恵方道 岩瀬木蘭
来るものはみなくれないに恵方道 宇多喜代子 象
枯数珠玉畦に奏でて恵方道 富安風生
枯桑のいつもの道を恵方とし 倉田 紘文
母の家へ向ふ即ち恵方道 肥田埜勝美
沖に佐渡見ゆるこの日を恵方とす 佐川広治
流れたる星の行く方を恵方とす 岡村光代
海上へ出てまつすぐに恵方道 高橋悦男
海峡の片側山や恵方船 稲田秋央
涸川を徒渉て恵方の観音堂 関森勝夫
淡水に潮の入り来る恵方かな 中原道夫
湖の上に恵方道あり弁財天 森澄雄
湿原の日矢射す方の恵方かな 斎藤青火
満潮に舟漕ぐ恵方詣かな 鬼頭青苑
滾々と水湧くところわが恵方 山岸 治子
火柱を恵方に倒しどんど果つ 小濃よし子
火燵出て恵方の人に交りけり 安井小洒
炉の上に隠倉ある恵方かな 古舘曹人 樹下石上
炭窯のけむりの青き恵方かな 千代田葛彦
牛飼は恵方を雪にとざされし 小黒 宏
甘藷の蔓かたよせてある恵方かな 佐野青陽人 天の川
男にはうすずみ色を恵方道 齋藤玄 『雁道』
白濤の高きを恵方道とせり 斎藤梅子
白雲のしづかに行きて恵方かな 村上鬼城
白髪の素袍めでたし恵方道 高田蝶衣
白鳳の野仏在はす恵方道 長谷川浪々子
白鷺の枯田にあそぶ恵方かな 安藤林蟲
百代の過客黄泉への恵方道 小出秋光
砂浜に人の影生む恵方みち 原裕 出雲
示されし恵方の道のあるばかり 小熊ときを
神がくれせる童を拾ふ恵方嶺 飯田蛇笏 椿花集
細道も恵方ときけば日影かな 長谷川春草
自転車で鳩分けてゆく恵方かな 飯島晴子(1921-2000)
若者の馬走らすや恵方道 青木月斗
荒磯の岩も祭りて恵方かな 朱人
葛飾に残る水田も恵方道 大網信行
藪中にあつまる径も恵方かな 岸風三樓
藪中の神厳かに恵方かな 野村喜舟 小石川
行く水にわれも従ふ恵方道 中村汀女
袖を出る乳子のこぶしと恵方行 平畑静塔
解かれたる犬が駈けゆく恵方道 青柳照葉
赤ん坊を抱いていでたる恵方かな 細川加賀 『玉虫』
足の向く村が我らの恵方かな 一茶
身ごもりし子の帰りゆく恵方かな 矢上万理江
身ひとつの素面素手なる恵方道 岡本 眸
連れ立ちて去りし目白の恵方かな 永峰久比古
遠く来て恵方の鳥の鳴きにけり 永田耕一郎
遮断機の撥ねて恵方へ道ひらく 飯島正人
金柑の食べ頃となる恵方かな 岸本尚毅 舜
銛の秀を飾りし海女の恵方棚 山崎羅春
閂の「一」の字開き恵方みち 平井さち子 鷹日和
閂を闇にさしこみ恵方へと 今関幸代
霞網破れてゐたる恵方径 茨木和生 遠つ川
靴の先濡らす恵方の渚かな 館岡沙緻
駅からの一本道が恵方道 塩川雄三
鮠串を弁慶にさす恵方かな 古舘曹人 樹下石上
鵜の一つ恵方迥かに浮き沈み 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
大蘇鉄とは大らかな恵方寺 高澤良一 暮津

恵方詣 補遺

いらつめのかけとあそべる恵方かな 日野草城
ここに焚く線香あれば恵方とも 星野麥丘人
じぐざぐに歩む渚を恵方とし 伊藤白潮
すぐ雪を降らす峰あり恵方道 村山故郷
ひとすぢの道をあゆめる恵方かな 阿波野青畝
ほのかにほのかに明くる恵方かな 日野草城
むらぐもの日輪はらむ恵方かな 上田五千石『琥珀』補遺
わが星のひたすら青む恵方道 佐藤鬼房
リハビリの杖にもありし恵方かな 百合山羽公 樂土以後
先づ恵方みの幸よろし稲荷山 上島鬼貫
冷泉を温泉と呼ぶ恵方村 阿波野青畝
刀匠の槌を打ちだす恵方かな 阿波野青畝
台杉に恵方のこゑの生れたる 岡井省二 夏炉
君が住む方を吾家の恵方哉 正岡子規 恵方
大恵方南へ南へ行く 高野素十
姉妹で奉公に来ぬ恵方道 星野立子
子供らのこゑのなかりし恵方かな 岸田稚魚 紅葉山
子供らの声が浜辺に恵方道 飯田龍太
定恵方浅茅が庵は月と花 野坡
寐具合や惠方に尻を向けて居る 正岡子規 恵方
小道すぐ隠れがちなる恵方かな 廣瀬直人
少々の土龍の土も恵方かな 飯島晴子
山辺の道を恵方ときめて来し 星野麥丘人
岬に住み恵方詣も海を越す 松崎鉄之介
嶺の果てへこころ漣なす恵方道 飯田龍太
嶺雲のまゆずみひいて恵方道 飯田龍太
川といふ阻みがありて恵方道 能村登四郎
御恵方は西とや西に地震おこる 桂信子 花影
恵方とて人のうしろに蹤くことも 後藤比奈夫
恵方とて海の上にも道を延べ 鷹羽狩行
恵方とや氷面に鳥の脚見ゆる 佐藤鬼房
恵方はと問はゞ年~よしの山 田川鳳朗
恵方へとひかりを帯びて鳥礫 佐藤鬼房
恵方への道のはじまり雪怒濤 斎藤玄 雁道
恵方よりシナトラ風の男かな 飯島晴子
恵方より戻りし人の夕ごころ 阿波野青畝
恵方より来し鳥の眼の中にゐる 廣瀬直人
恵方より風あり風の方へ行く 鷹羽狩行
恵方嶺噴煙もまた雪白に 上田五千石 森林
恵方神多し日本の神多し 右城暮石 上下
恵方道らしき往来となりにけり 清崎敏郎
恵方道大岩土手にあげしまま 飯田龍太
恵方道注連あるかぎりなほつづく 阿波野青畝
恵方道海見えてきて賑へり 大野林火 月魄集 距和五十七年
恵方道燈の白玉の夜明けつつ 飯田龍太
惠方向て行くや道々梅の花 正岡子規 恵方
愚妻愚孫恵方詣に行ってしまう 金子兜太
我恵方多し松しまいつくしま 高桑闌更
明鴉こぞつてわたる恵方かな 阿波野青畝
木曾殿の墓へ恵方をとりにけり 上田五千石『風景』補遺
村と村釣橋むすぶ恵方かな 阿波野青畝
母が居を恵方とし子等相集ふ 高浜年尾
浮浪児の面晒せる恵方かな 岸田稚魚 負け犬
溜塗の新車の馳せて恵方道 松崎鉄之介
炉の上に隠倉ある恵方かな 古舘曹人 樹下石上
男にはうすずみ色を恵方道 斎藤玄 雁道
町川に鴨かたまつて恵方かな 岸田稚魚 紅葉山
白雲の静かに行きて恵方かな 村上鬼城
盗人の暦見て出る惠方かな 正岡子規 恵方
目をやれば惠方にたてりふしの山 正岡子規 恵方
神がくれせる童を拾ふ恵方嶺 飯田蛇笏 椿花集
竹林のその竹寺や恵方道 村山故郷
笹鳴やなかの強ハ音を恵方とし 飴山實 句集外
籠り居のわれに恵方の無き如し 高浜年尾
自転車で鳩分けてゆく恵方かな 飯島晴子
蜑か家の惠方は廣し大日の出 正岡子規 恵方
赫々と日の射す方を恵方とす 能村登四郎
路傍のはやらぬ神も恵方哉 尾崎放哉 大学時代
身の左右に巨木蠢く恵方道 飯田龍太
身ひとつの素面素手なる恵方道 岡本眸
追ひ越されゆくにまかせて恵方かな 鷹羽狩行
金輪際原爆ドーム恵方なし 平畑静塔
雪の山が空に輝く恵方かな 右城暮石 句集外 昭和二年
雪降りて色となりゆく恵方道 斎藤玄 狩眼
鮠串を弁慶にさす恵方かな 古舘曹人 樹下石上
鶯の惠方を向て鳴にけり 正岡子規 恵方

以上

by 575fudemakase | 2017-03-20 03:32 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26730367
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

烏貝  の俳句
at 2017-04-30 10:00
芦の角 の俳句
at 2017-04-30 09:39
入学試験   の俳句
at 2017-04-30 09:34
磯開  の俳句
at 2017-04-30 09:29
荻の角  の俳句
at 2017-04-30 09:14

外部リンク

記事ランキング