初詣 の俳句

初詣 の俳句

初詣

例句を挙げる。

土器に浸みゆく神酒や初詣 年尾
いきほひのある絵馬を買ふ初詣 住田歌子
いみじくも奏ずるかけひ初詣 五十嵐播水 播水句集
えりあしのましろき妻と初詣 日野草城(1901-56)
かなめ垣雫してをり初詣 石橋秀野
くれなゐの袂かかへる初詣 石原八束
さやけさの楢の小川や初詣で 紫影
すみにけり何も願はぬ初詣 川崎展宏 冬
たゞならぬ世に生きるなり初詣 大場白水郎 散木集
ちりひぢの旅装かしこし初詣 竹下しづの女 [はやて]
つちのこ御符に長蛇の列や初詣 川井玉枝
つまづかぬ程の灯ともり初詣 曽我玉枝
ぬかづきて我も神の子初詣 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
ぬかづけば我に立つ神初詣 上野泰 春潮
はや暮るゝ多門寺道や初詣 晁湖
ひよどりの山彦の澄む初詣 田村木国
ひよんの実を拾ひしが幸初詣 田中英子
ひろまへに志賀の湖あり初詣 久米幸叢
ふたたびのふたりとなりて初詣 三嶋 隆英
みたらしに杓の灯影や初詣 五十嵐播水 播水句集
ミサの灯の堂の深きに初詣 野田きみ代
一山に薬師三尊初詣 吉原朱雀
三代の歩みそぞろや初詣 長屋せい子
上器に浸みゆく神酒や初詣 高濱年尾
下向路の泉香にたち初詣 皆吉爽雨 泉声
世の幸にいとしやわが幸初詣 池内友次郎 結婚まで
両の手にあまる鈴の緒初詣 五十嵐播水 埠頭
乞食の嬰児貌薔薇色や初詣 正雄
二あし三あし麦を踏みたる初詣 廣江八重櫻
人々を率てちらばりて初詣 虚子
人つゞく方に末社の初詣 日原方舟
人波に何か淋しく初詣 高木晴子 晴居
人波に吾子さしあげ初詣 為成菖蒲園
人波に旨く乗りけり初詣 高澤良一 宿好
人踏まぬ雪道えらび初詣 白岩てい子
人間の息のあつまる初詣 本宮哲郎
仲見世はあとの楽しみ初詣 今井つる女
住吉に歌の神あり初詣 大橋櫻坡子 雨月
信仰といふにもあらぬ初詣りこの民俗はなほつづくべし 四賀光子
兀として男山あり初詣 富岡犀川
八百楠の囲める宮の初詣 高澤良一 宿好
凍りたる湖わたり来ぬ初詣 田村了咲
初詣あかつきくらき男下駄 石橋秀野
初詣ありあけ月の森づたひ 松浜
初詣いつか背中を見られをり 前野雅生
初詣ことしのひかり射さぬ間を 貞
初詣なかなか神に近づけず 藤岡筑邨
初詣なづなの畦を踏みゆけり 谷口ゆり女
初詣はや梅ふふむ人麿社 堀 古蝶
初詣はらからたちの中にゐて 中曾根康弘
初詣みな新しき顔をして 渡辺笑子
初詣パートの巫女の幼顔 浦野芙美
初詣マスク清らにかけにけり 吉屋信子
初詣一度もせずに老いにけり 山田みづえ
初詣一社は渡船志賀さまヘ 小原菁々子
初詣五十鈴川には銭沈む 山口波津女
初詣今年の鈴のよくひびき 町 春草
初詣仰山いかたこ姿焼 川崎展宏 冬
初詣厄除け塩は小指ほど 小島千架子
初詣双親寿かれと 蓼汀
初詣受けて平家の赤破魔矢 百合山羽公
初詣古江の廬火なほ燃えて 村田眉丈
初詣善男善女の代に似たり 香西照雄 素心
初詣大吉引けり鳩翔てり 脇坂啓子
初詣夫の蹤ききて女坂 水野龍子
初詣奈良の春日と約束す 瀧澤伊代次
初詣妻にかはりて願ごと 五十嵐播水 播水句集
初詣寒くせばまる母の肩 依田由基人
初詣小さき宮の神仏 長谷川かな女 雨 月
初詣小鳥屋はまだ熟睡せる 丘本風彦
初詣少年祖母によりそわず 宇野三千女
初詣帝釈さまのよもぎもち 青邨
初詣幾千人の私語の中 正木海彦
初詣扇びらきに大樹の根 辻田克巳
初詣携帯電話の巫女はしる 市川恭子
初詣月明かかりしよべひと夜 池内友次郎 結婚まで
初詣浮世話をして歩く 上野泰 春潮
初詣湖の入江を漕ぎ出でて 小路紫峡
初詣無住の宮の一灯に 川島千枝
初詣牧の馬魂碑にも廻る 太田土男
初詣町の真中の大鳥居 河原 比佐於
初詣白歯よろしき矢大臣 松藤夏山 夏山句集
初詣神の舌打ち聞えたり 山田みづえ
初詣神鶏凜と歩みをり 大海みつ子
初詣秋葉天狗の赤電車 百合山羽公
初詣空がずんずん進みけり 高澤良一 宿好
初詣空に浮くごと沖の船 八牧美喜子
初詣終へし眉目を海の前 畠山譲二
初詣縁起蒼古の神とのみ 西本一都 景色
初詣羽田航空神社かな 高澤良一 鳩信
初詣耀く月を背にしたり 安藤白翠
初詣誰にともなき土産物 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
初詣諏訪は信濃の一の宮 西本一都
初詣賽銭箱の大きさよ 千才治子
初詣身ぬちそこばく悲しめる 『定本石橋秀野句文集』
初詣道の真中をゆく楽し 池内友次郎 結婚まで
初詣遠つあふみの皇子二陵 西本一都
初詣雪とならむ間いそぎけり 源太郎
初詣雪見事なる太鼓橋 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
初詣願ひ少なくなりにけり 小林京子
初詣駒形に来て泥鰌汁 碧童
初詣鳩の和毛を賜はりぬ 小栗正好
印旛沼渡し夜もあり初詣 石井とし夫
厨子暗く祖師在します初詣 永井賓水
参道の直なる歩み初詣 皆吉爽雨
参道の草家点れり初詣 清崎敏郎
口開いて矢大臣よし初詣 青畝
古町の川音に沿ひ初詣 田村了咲
君も我も明治の生れ初詣 星野立子
吹き下ろす風いさぎよし初詣 下村梅子
土器に浸みゆく神酒や初詣 高濱年尾 年尾句集
土器の神酒冷たき初詣 池田秀水
境内に入りて風なし初詣 田中王城
外人の鼻の下にて初詣 竹本仁王山
夜風添ふ篝の火の粉初詣 風生
大勢の子供連れたる初詣 松藤夏山 夏山句集
天に舞う鳩地を歩む鳩初詣する(鶴が岡) 荻原井泉水
夫に蹤く帯に鈴鳴る初詣 山田弘子 初期作品
女坂人声のして初詣 高野素十
姉妹と母と父なり初詣 永井龍男
嫁ぐ子に紬をゆづり初詣 上村比呂子
子の夫となる人加ふ初詣 毛塚静枝
子を抱いて石段高し初詣 星野立子
子凡な妻になりたき初詣 菖蒲あや 路 地
宝庫番と暮れてまかるや初詣 竹下しづの女句文集 昭和十四年
富士小さく小さく見ゆる野初詣 茂里正治
履きそめのかたき鼻緒や初詣 吉屋信子
履き馴れし下駄の響や初詣 堤 俳一佳
山かげ池の氷る末社にも初詣する 荻原井泉水
山の辺のみち踏みもして初詣 茂里正治
山の辺の道少しゆく初詣 山内年日子
山寺の雪やはらかし初詣 篠田悌二郎
山迫り来て飛ぶ雪や初詣 蕪城
山道の掃いてありたる初詣 富安風生
山頂の磐座に来し初詣 茨木和生 遠つ川
島人の素通りの陵初詣 上崎暮潮
左右より松の梢や初詣 山口青邨
幡高く畝傍に流れ初詣 鈴間斗史
幣をただ替えて山祇初詣 皆吉爽雨
平凡な妻になりたき初詣 菖蒲あや
年寄りに相応の風初詣 宇多喜代子 象
幾泉見て初詣深大寺 皆吉爽雨 泉声
幾谿の灯のつどひ来る初詣 大網信行
建国の神に柏手初詣 田原憲治
御手洗の杓の柄青し初詣 杉田久女
恵まれし寿をかしこみて初詣 富安風生
恵方にはかかはりもなき初詣 岡安仁義
我が生の盛衰流転初詣 泰
戦火なき世のとはにあれ初詣 上田正久日
手を合はす姿勢押さるる初詣 塙 きく
拝むこと孫に教へる初詣 久保田重之
拝殿の闇おごそかや初詣 上野青逸
提灯にへだてられつゝ初詣 瀧 春一
新しき日のなか歩く初詣 千原草之
新句帳一句を得たり初詣 野村喜舟
旅人の己れをたのむ初詣 市野沢弘子
日の歩み人の歩みや初詣 野見山朱鳥
日本がここに集る初詣 山口誓子(1901-94)
星かとも尾根ゆく灯あり初詣 白澤よし子
星の燭頒ちてすすむ初詣 伊藤敬子
星めがけて賽銭投げぬ初詣 青陽人
月読の荒御霊こそ初詣で 矢島渚男 延年
本厄の娘を誘ひだす初詣 我妻順子
杉山は湖にのめりて初詣 廣瀬直人
杜をゆく馬車の灯もあり初詣 田村了咲
松籟の高き札所へ初詣 上崎暮潮
校庭に足止めて去る初詣 斉田輝月
樹々の黙光るまで佇つ初詣 知世子
機関車は裾も湯げむり初詣 誓子
母としてねぎこと多し初詣 阿部みどり女 笹鳴
水掛けて消ゆる罪あり初詣 江川由紀子
水神に鯉を供へて初詣 登 七曜子
氷らざる岸ありすすぎ初詣 皆吉爽雨
氷上の径野につづき初詣 田村了咲
海神に捧ぐる櫂や初詣 北山新樹
海見ゆる高宮を選り初詣 茂里正治
海路にて着きし熊野の初詣 川口美江子
渾身の鐘ひとつつき初詣 若木 睦
満潮に赫奕と日や初詣 大橋敦子
滝音に近づいて行く初詣 保坂嘉子
潮退きて徒で小島へ初詣 森田 峠
灯の中の濃きは篝火初詣 岩淵喜代子 朝の椅子
爛漫と鳩を翔たしめ初詣 福田蓼汀
珊瑚玉首より垂らし初詣 上村占魚 『かのえさる』
生涯をこの地と決めて初詣 水沢源治
生涯を一陶工や初詣 吉村陶季
田に父子の影落しゆく初詣 大谷利彦
白鷺に逢ひし一事や初詣 原コウ子
知らぬ子の手の堅かりし初詣 星野明世
石段に一歩をかけぬ初詣 高浜虚子
石段のなき玉津島初詣 中谷楓子
石段の変らぬ堅さ初詣で 桂 信子
磯の鵜を車窓にかぞへ初詣 中山純子
磴に見て紀の海蒼し初詣 直江藤三郎
社運かけ二十数名初詣 深見けん二 日月
祖師はわが隣の上人初詣 山口青邨
神域に信号つけて初詣 和田郁子
神慮今鳩をたゝしむ初詣 高浜虚子
神橋のことに飛雪裡初詣 皆吉爽雨 泉声
神籬によれば鵯なく初詣 岸風三楼 往来
神饌に吾名を見るや初詣 鈴鹿野風呂
種子明かす手品師も居し初詣 竹下しづの女句文集 昭和十一年
篝火の金銀舞へり初詣 矢納満江
簪のゆれつゝ下る初詣 山口青邨
紀の国は木の神多し初詣 山川喜八
絵馬の馬宙にとどまる初詣 藤岡筑邨
老杉の直ぐなるに立つ初詣 原 和子
胸突きの二百の磴や初詣 中村雄松
脇宮も洩れなく賽し初詣 島村茂雄
自らを炎となさむとて初詣 桂信子 樹影
自ら定まる心初詣 高木餅花
舌うつて末世の神に初詣 斎藤玄
船寄せて島の宮居へ初詣 浅海津舟
荒汐のとりまく島へ初詣 鈴木真砂女
葛城にかかる虹あり初詣 南光翠峰
藪いでて又畦をゆく初詣 風三楼
蛇女見たくて来たる初詣 茨木和生 倭
蛸焼の紅に日のさす初詣 沢木欣一
蟇自若たり石のごと身じろがず 三宮初詣
行く道の直ぐなるはなし初詣 青木重行
裏山は松が枝ばかり初詣 桂信子
賽銭を手裏剣投げに初詣 木田千女
走り根の薄雪被く初詣 加藤高秋
起承転我還暦や初詣 岩田沙悟浄
足伸ばし岬の宮へ初詣 小島 雅夫
辻といふ道の不思議を初詣 狩行
道々のこゝ宮戸川初詣 小澤碧童 碧童句集
道いつか平らかになり初詣 桂信子 遠い橋
道順は変ることなき初詣 川上潺々
金星のひたと蹤きくる初詣 川鍋絹子
鎌倉に馬車あり乗りて初詣 松本たかし
鎌倉は春の如しや初詣 池内たけし
降りやみし薄雪惜み初詣 後藤夜半
階に御鬮のちりや初詣 橙黄子
随身の美男に見(まみ)ゆ初詣 竹下しづの女句文集 昭和十一年
頂へ道の集まる初詣 高澤良一 ねずみのこまくら
願ぎ事はもとより一つ初詣 高浜虚子
願ふより謝すこと多き初詣 千原叡子
颯颯と祓はるる厄初詣 奈良文夫
飛梅に傘ひしめくや初詣 白水郎
鳥居中遠くの鳥居初詣 深見けん二
鳩下りて羽もつれあふ初詣 鷹羽狩行
鳩舞へる行手の宮や初詣 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
鳴り龍の鳴り上々や初詣 佐々木敏則
鴨川の風いさぎよし初詣 岩崎照子
船飾りたてて海女らの初参宮 橋爪里浦
初社の掲示空白素志を持す 香西照雄
欅にも器量のありて初社 高澤良一 さざなみやっこ
ときめきの結ひても残る初みくじ 七田千代子
初みくじ凶と出こころ引締る 築谷暁邨
初みくじ大吉とあり信じ度し 澤 草蝶
初みくじ大国主に蝶むすび 静塔
初みくじ梛の老樹に実のありて 中尾孝子
初みくじ神の言葉を樹に咲かせ 野見山朱鳥
初みくじ結ひし無数の指想ふ 藤田湘子 てんてん
初みくじ開くり指先に 小松和子
初神籤良きことばかり信じたり 市野沢弘子
吉吉ならず凶凶ならず初みくじ 三宅清三郎
埋れ木に花咲くとあり初みくじ 江川虹村
暁闇に白妙むすぶ初みくじ 長束澄江
末吉の末にあやかる初みくじ 高原倉吉
横向きに乙女のひらく初神籤 高澤良一 宿好
海光の眩しさに解く初みくじ 藤木倶子
結びたり海の男の初みくじ 藤井冨美子
聖天やくるくる廻る初みくじ 角川春樹 夢殿
初詣羽田航空神社かな 高澤良一 鳩信
初(はつ)に詣でて土の宮風の宮 高澤良一 燕音
初詣参道だだっぴろきかな 高澤良一 石鏡
こんな日がいつまで続く初詣 高澤良一 暮津
蘇鉄の実手にして戻る初詣 高澤良一 暮津

初詣 補遺

いつもただ八幡さまに初詣 山口青邨
えりあしのましろき妻と初詣 日野草城
かちいくさおほどかなれと初詣 阿波野青畝
かなめ垣雫してをり初詣 石橋秀野
しづかなることを願ひぬ初詣 山口青邨
しやりしやりと巫女の鈴鳴り初詣 森澄雄
なほ奥へ金の階段初詣 山口青邨
にくからぬ深大寺蕎麦や初詣 水原秋櫻子 蘆雁
ぬかづけば我に立つ神初詣 上野泰 春潮
み仏のおん胸ひろき初詣 高野素十
み仏の太きおん指初詣 高野素十
一年の計まだ立たず初詣 桂信子「草影」以後
三柱のみな女神なり初詣 森澄雄
凍て解けし初詣の池のさざなみ 荻原井泉水
初みくじ大国主に蝶むすび 平畑静塔
初みくじ神の言葉を樹に咲かせ 野見山朱鳥 運命
初みくじ結ひし無数の指想ふ 藤田湘子 てんてん
初みくじ読む諏訪人の狭眉間 上田五千石 森林
初御籤 未婚の既婚の額 寄る 伊丹三樹彦
初御籤 赤マントの胸 少し割り 伊丹三樹彦
初詣あかつきくらき男下駄 石橋秀野
初詣してパチンコに入り浸る 右城暮石 散歩圏
初詣して三井寺の力餅 森澄雄
初詣よその母子をなつかしみ 富安風生
初詣五十鈴川にて眼を浄め 山口誓子
初詣人出の先の見えぬまま 桂信子 草影
初詣八の字をなす二羽の鳩 山口誓子
初詣受けて平家の赤破魔矢 百合山羽公 樂土
初詣吾も神杉抱きかかへ 山口誓子
初詣善男善女の代に似たり 香西照雄 素心
初詣子の身重妻いたはりて 安住敦
初詣川流れねば時止まる 山口誓子
初詣巫が持つ笏の艶 森澄雄
初詣帝釈さまのよもぎもち 山口青邨
初詣御手洗川に銀の銭 山口誓子
初詣怠りて佇つ由比ヶ浜 鈴木真砂女 都鳥
初詣摂社末社を余さずに 右城暮石 句集外 昭和四十八年
初詣撒かれし塩の白煙 山口誓子
初詣枝打杉の道くぐり 右城暮石 散歩圏
初詣毛皮の襟巻邪なるもの 山口誓子
初詣浮世話をして歩く 上野泰 春潮
初詣漣づくし巌島 中村草田男
初詣濡れ土器に神酒を受く 山口誓子
初詣直会殿の素の地面 山口誓子
初詣石畳には石の縁 鷹羽狩行
初詣砂利道に身を正されず 山口誓子
初詣神に従ふ心あり 上野泰
初詣神は五重の垣の内 山口誓子
初詣神は藁沓愛でたまふ 平畑静塔
初詣神馬の横目にて見らる 山口誓子
初詣秋葉天狗の赤電車 百合山羽公 樂土
初詣終へし轣轆夜も過ぐる 山口誓子
初詣終へ来し汽車も燈るころ 山口誓子
初詣終へ来てなほも伊勢駛る 山口誓子
初詣襟に挿したる破魔矢かな 森澄雄
初詣誘ひし人の皆来たり 星野立子
初詣身ぬちそこばく悲しめる 石橋秀野
初詣重たからずや髷の妹 伊丹三樹彦
初詣金剛杖を軽く持し 平畑静塔
加賀さまに今も足むく初詣 平畑静塔
十七条憲法が有り初詣 阿波野青畝
十二社の芸者なるべし初詣 山口青邨
参道の草家灯れり初詣 清崎敏郎
口開いて矢大臣よし初詣 阿波野青畝
古馬車を拾ひ得たりや初詣 松本たかし
右側を通行伊勢の初詣 山口誓子
君も我も明治の生れ初詣 星野立子
土器に浸みゆく神酒や初詣 高浜年尾
堰切つて動く群衆初詣 清崎敏郎
夜風添ふ篝の火の粉初詣 富安風生
大日輪今真白なる初詣 山口誓子
大粒の星顔照らす初詣 山口誓子
太平洋見て笑む恵比須初詣 山口誓子
奈良の町のだらだら坂を初詣 村山故郷
女坂人聲のして初詣 高野素十
妻ついて来し大厄の初詣 高田風人子
安産の神に老らく初詣 山口青邨
山中にさびしき鳥居初詣 山口青邨
山迫り来て飛ぶ雪や初詣 木村蕪城 一位
山道の掃いてありたる初詣 富安風生
左右より松の梢や初詣 山口青邨
床高き殿に眼を遣る初詣 山口誓子
御帷の御裾長や初詣 阿波野青畝
御殿山削られそそる初詣 山口青邨
志摩の衆往復歩く初詣 山口誓子
忘思の凶と出でたる初みくじ 富安風生
我が生の盛衰流転初詣 上野泰
拍手に白息きよき初詣 森澄雄
持船の絵馬を見に来る初詣 山口誓子
日なた道また日かげ道初詣 鷹羽狩行
日の歩み人の歩みや初詣 野見山朱鳥 運命
日本がここに集る初詣 山口誓子
日本に松と縄あり初詣 藤田湘子 神楽
朔風のなき上手ひろひ初詣 阿波野青畝
杉山は湖にのめりて初詣 廣瀬直人
根性を授からんとぞ初詣 富安風生
機関車は裾も湯げむり初詣 山口誓子
武の神の古き社に初詣 山口青邨
水手洗の杓の柄青し初詣 杉田久女
水路よりほかなき島へ初詣 鷹羽狩行
江の島へ渡りゆく人初詣 星野立子
海渡御の話もよしや初詣 山口青邨
深淵の石積みし墓初詣 山口青邨
潺渓のひびき身にそひ初詣 山口青邨
澎湃と西中門より初詣 山口青邨
火も水も又時も神初詣 上野泰
焼けて立つ老樹もありぬ初詣 山口青邨
照葉もて塩を撒かれし初詣 山口誓子
牡丹の芽垣間見もして初詣 安住敦
玉砂利の奏楽めくや初詣 阿波野青畝
瑞龍の松とや有難し初詣 山口青邨
産土の鴉に鳴かれ初詣 安住敦
産土神はやまとたけるや初詣 安住敦
白雲の卍と飛べり初詣 山口青邨
真間の井のぞく初詣の人や 山口青邨
石段の変らぬ堅さ初詣 桂信子 晩春
石段を下りるが嬉し初詣 山口青邨
石荒き御垣内まで初詣 山口誓子
祖師はわが隣の上人初詣 山口青邨
神たのむ人車にもまれ初みくじ 角川源義
神の名の長きは読めず初詣 阿波野青畝
神の矢のましろきを受けむ初詣 山口青邨
神の確登る順待つ初詣 山口誓子
神を畏れ人をゆかしみ初詣 富安風生
篝火に目のあたたまり初詣 鷹羽狩行
簪のゆれつつ下る初詣 山口青邨
緒の揺れに遅れ鈴の音初詣 鷹羽狩行
群衆は羊の如し初詣 上野泰
老一歩あせるべからず初詣 阿波野青畝
胴太の神馬を佳しと初詣 山口誓子
自らを炎となさむとて初詣 桂信子 樹影
舌うつて末世の神に初詣 斎藤玄 狩眼
花も咲かむこころに御代の初詣 山口青邨
荒汐のとりまく島へ初詣 鈴木真砂女 居待月
蘇鉄の葉にも結びたる初みくじ 右城暮石 句集外 昭和四十七年
行く眼り鉄路かがよふ初詣 山口誓子
行学院奥まりさびし初詣 山口青邨
親子水入らずといふひそけさの初詣 安住敦
賽銭に穴開き銭も初詣 山口誓子
辻といふ道の不思議を初詣 鷹羽狩行
醜男といへる蛭子に初詣 後藤比奈夫
金毘羅は船神老朽船われ初詣 山口青邨
鈴の緒の柱のごとし初詣 山口青邨
鈴の音にわが幼なき日初詣 細見綾子
鎌倉に小雪ありけり初詣 山口青邨
隙の無き帷に向ひ初詣 山口誓子
雑踏に牛歩しひられ初詣 鷹羽狩行
雪解の雫ひまなし初詣 杉田久女
電柱にむかしの唸り初詣 鷹羽狩行
願ひごとなき幸せや初詣 高田風人子
髯ははや寿老人似ぞ 初詣 伊丹三樹彦
鰐口はわれらが鳴らす初詣 山口青邨
鳥居中遠くの鳥居初詣 深見けん二
鳩下りて羽もつれあふ初詣 鷹羽狩行
黒砂利は雨に濡れ黒初詣 山口誓子
黒砂利を白砂利に入り初詣 山口誓子

以上

by 575fudemakase | 2017-03-20 04:05 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26730389
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

稲稔る の俳句
at 2017-09-10 10:53
秋気 の俳句
at 2017-09-08 13:14
紅葉づ の俳句
at 2017-09-06 08:03
紋白蝶 の俳句
at 2017-09-06 07:54
初風(秋の) の俳句
at 2017-09-04 13:25

外部リンク

記事ランキング