乗初 の俳句

乗初 の俳句

乗初い

例句を挙げる。

おとなしく人混みあへる初電車 武原はん
すぐ次の駅までのこと初電車 下村梅子
ふところの狆が貌出す初電車 北見さとる
ぽつくりを脱いで眠る子初電車 山田節子
やはらかく揉まれて降りぬ初電車 宮武章之
バスケットから犬が貌出し初電車 中野青芽
一輛の田舎電車の初電車 山口波津女
乗ればすぐ降りる近さの初電車 磯貝きみ子
乗初のディーゼル音に熟寝せり 高澤良一 ぱらりとせ
乗初の安房へフェリーの始動音 高澤良一 寒暑
乗初の胴震ひせる高速艇 高澤良一 鳩信
乗初の船宮島へつかの間に 皆川盤水
乗初の足も乱れず雪のあと 正岡子規
乗初の車中キャラメルかほるなり 高澤良一 ぱらりとせ
乗初の運転席に常の如 稲畑汀子
乗初の電車今年も芦屋行 粟津松彩子
乗初めのフェリーのうねり臍の浮く 高澤良一 寒暑
乗初や一粒選りの舟子共 小澤碧童
乗初や帆のはためきに打たれつゝ 小杉余子 余子句選
乗初や豊旗雲を打仰ぎ 硯古亭
乙女駈けて初電車得しを祝福す 石田波郷
侵されぬ天の蒼さや初飛行 渡邊水巴 富士
修道尼三人鳩首初乗りに 田川飛旅子 『使徒の眼』
凪時の山河したがへ初電車 能村研三
初乗の備中越えの吉備だんご 下田稔
初乗の雨の検問なりしこと 山田弘子 こぶし坂以後
初乗や由井の渚を駒並めて 高浜虚子
初乗りののち初夢のビアズリイ 仁平勝 東京物語
初乗りの備中越えの吉備団子 下田 稔
初乗りの馬の落せしもの凍てし 高島茂
初乗りへ一汽罐車のふくらむ胸 田川飛旅子 花文字
初電車とんとんと坂下りけり 岸田稚魚
初電車まだくらがりの川越えて 有働亨
初電車スパーク青く発ちにけり 鈴間斗史
初電車坂とんとんと下りにけり(東京に一系統都電残れり) 岸田稚魚 『萩供養』
初電車多摩の朝焼け渡りけり 野村親二
初電車嬰児誰れにも手を伸べて 河野南畦
初電車子の恋人と乗りあはす 安住敦(1907-88)
初電車平城宮址つらぬけり 山口峰玉
初電車沈みし夕日また現れて 柳澤和子
初電車灯の煌々と野路走る 奥田敦子
初電車通りて心明けにけり 安藤草々
初飛行うち出でて見ればなかりけり 大橋櫻坡子 雨月
初飛行つづく裏富士雲を見ず 飯田蛇笏
初飛行のひゞき聖上知ろしめす 渡邊水巴 富士
初飛行卒然と富士指呼にあり 吉岡富士洞
初飛行大宍道湖の鏡凪 金森柑子
初飛行大日輪を従へぬ 川村十牛
初飛行尾灯は星にまぎれたり 金子 晉
初飛行昏きグラスを乾盃せり 永橋並木
初飛行柿の木に子の足袋赤し 渡邊水巴 富士
初飛行機首光らせて雲の中 菅沢泰子
初飛行縹渺と国歌起るかに 渡邊水巴 富士
初飛行近畿立体地図の上 日野草城
富士消えてよりの雲海初飛行 山根草炎
少女馳けて初電車獲しを祝福す 石田波郷
常念を誉めあつてゐる初電車 小原俊一
日が射して片頬ぬくき初電車 池田秀水
日当れる比叡に真向き初電車 菖蒲あや
此川の運上取や乗初め 渡辺波空
浪音の由比ヶ浜より初電車 高浜虚子
湖に沿ひ夜明けとなりし初電車 井上摂子
熱気球夢を競ひて初飛行 佐々木早月
熱海行で大船までの初電車 岸田稚魚
異國語はささやく如し初電車 石田あき子 見舞籠
石山寺詣ちんちん初電車 高澤良一 燕音
秩父嶺に雪来しといふ初電車 皆川盤水
自転車初乗り湖の青だけとなり 細見綾子 黄 炎
芦刈られ川幅広く初電車 桃井雲洋
荒桑や闇の音より初電車 中澤康人
見えて来しカナリヤ色の初電車 小川千賀
赤貝のからや乗初(のりぞめ)餓鬼大将 濯資 選集「板東太郎」
車庫を出てわが前に来し初電車 大場美夜子
雪原にわが機影投げ初飛行 室賀杜桂
雲海の匂ふがごとく初飛行 内山せつ子

乗初 補遺

あの子この子の リボン翔つかに 初電車 伊丹三樹彦
まだ動く燈のなき時に初電車 山口誓子
ピツケルを挿す初乗の網棚に 上田五千石 風景
乙女駈けて初電車得しを祝福す 石田波郷
初乗の左舷に佐渡を引寄する 上田五千石『天路』補遺
初電車子の恋人と乗りあはす 安住敦
初電車待つといつもの位置に立つ 岡本眸
日よ月よ千代の轍(わだち)の初車 上島鬼貫
無人駅へも人こぼす初電車 阿波野青畝
自転車の初乗り湖の青だけとなり 細見綾子
鉄橋の歓声に遭ふ初電車 上田五千石『風景』補遺
鬼子母神までを日和の初電車 岸田稚魚

以上

by 575fudemakase | 2017-03-21 04:19 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26732816
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

烏貝  の俳句
at 2017-04-30 10:00
芦の角 の俳句
at 2017-04-30 09:39
入学試験   の俳句
at 2017-04-30 09:34
磯開  の俳句
at 2017-04-30 09:29
荻の角  の俳句
at 2017-04-30 09:14

外部リンク

記事ランキング