御降 の俳句

御降 の俳句

御降

例句を挙げる。

かみがみの宴たけなは御降りす 清水里美
スコールといふ御降りをもて余す 日原傳
大字書畢ぬ御降晴れてあり 露月句集 石井露月
御降になるらん旗の垂れ具合 夏目漱石 明治四十年
御降にヨナの混りて暗かりし 坂口 かぶん
御降に尻ぞ濡れ行く草履取 寺田寅彦
御降に楽隊どこへ停車場 会津八一
御降に濡れ葉落せる庭木かな 増田龍雨 龍雨句集
御降に猟夫はとほくゆきにけり 田中裕明 花間一壺
御降に軒を伝うて楽屋入 木村重好
御降のふりあまりたる四日かな 会津八一
御降の幼きころの錦花糖 石川桂郎 四温
御降の沖より晴れし丹の鳥居 大上 充子
御降は一滴婆の口に入る 平畑静塔
御降やこの家に光る膳と椀 原コウ子
御降やすな地を程(はか)る小提燈 日夏耿之介 婆羅門俳諧
御降やはるかな里に似しと思ふ 高木晴子 晴居
御降や嘴を抱ける都鳥 増田龍雨 龍雨句集
御降や寂然として神の鶴 寺田寅彦
御降や御堂に遊ぶ禰宜の子等 会津八一
御降や昼を絶やさぬお灯明 篠塚しげる
御降や月代寒き朝詣 寺田寅彦
御降や浮世小路の駕仲間 松瀬青々
御降や濡れ色つくす敷松葉 大場白水郎 散木集
御降や灯りあひゐて神仏 宮崎草餅
御降や父祖の井深き水明り 富永小谷
御降や牡丹のむろの硝子窓 会津八一
御降や竹深々と町のそら 芥川龍之介
御降や雀の骸すずめいろ 宮坂静生
御降りといへる言葉も美しく 高野素十
御降りと畠見はらす煙かな 会津八一
御降りのかそけさよ父と酒飲めば 相生垣瓜人 微茫集
御降りのざんざ降りなり椋鳥に 福永 耕二
御降りのまつたく雪となりにけり 久保田万太郎 流寓抄以後
御降りの中にやすらふ大川なり 林昌華
御降りの四条大橋渡りけり 羽成 翔
御降りの地にしむごとく言やさし 石田あき子 見舞籠
御降りの大樟に降るひびきかな 坂部尚子
御降りの心ゆくまで独りなり 古田久子
御降りの松青うしてあがりけり 石田波郷
御降りの流れいでけり御所の溝 正岡子規
御降りの消えてしまひし海の上 今井杏太郎
御降りの潮入りくる城下かな 山本洋子
御降りの雪にならぬも面白き 正岡子規
御降りの霽れてボケ除け寺賑ふ 村上辰良
御降りの音のゆたかになりにけり 的場 清子
御降りやいつまで藪の一軒家 大峯あきら 鳥道
御降りやいでゆの門の迎へ笠 水原秋櫻子
御降りやからくれなゐに暮れしあと 松澤 昭
御降りやさまざまの音近づき来 加藤知世子
御降りやぬほこの雫後の世に 会津八一
御降りや今年いかにと義父の問ふ 守屋明俊
御降りや仏師に箔を貰ふ事 久米正雄 返り花
御降りや島ことごとく神のもの 向野楠葉
御降りや手釣底曳漁舟群れ 秋光泉児
御降りや枯れあたたかき羊歯の色 沢木欣一
御降りや父祖の井深き水明り 富永小谷
御降りや網目ひろぐる大欅 沢木欣一
御降りや羊蹄青き道のかげ 金尾梅の門 古志の歌
御降りや袴三つ四つたたまるる 永井龍男
御降りを閼伽とし仏寂びたりや 石塚友二 光塵
欅四五本遠にけぶれり御降す 鈴木しげを
隠れ住んでこの御降や世に遠し 夏目漱石 明治四十年
お降に草の庵の朝寝かな 高浜虚子
お降に髪をいとひて松葉掻く 雑草 長谷川零餘子
お降のすぐ止むことのめでたさよ 稲畑汀子
お降の虹も神慮と詣でけり 城萍花
お降の雪となりゐし三日かな 高浜年尾
お降やひらかれてゐる蔵座敷 下田稔
お降や土の匂ひのする程に 高木晴子 花 季
お降や松は神代の夜の音 吉武月二郎句集
お降や袴ぬぎたる静心 村上鬼城
お降りといへる言葉も美しく 高野素十
お降りにして只の雨海に降る 加藤楸邨
お降りにほと~濡れて縁むすび 五十嵐播水 播水句集
お降りに二度寝きめたる夫婦かな 藤田湘子 去来の花
お降りに濡れし新聞拾ひ読み 上野泰 佐介
お降りに眉目濡らして三輪詣 北野民夫
お降りに雨音といふもののなし 加倉井秋を 午後の窓
お降りのありたる夜明邃し 藤田湘子
お降りのいつか霰の音となる 粳間ふみ
お降りのうす墨刷ける深雪かな 西本一都 景色
お降りのかそけさ母と温泉にひたり 酒井みゆき
お降りのかなたに灯る神の島 藤井すみ子
お降りのつくづく深き土の色 宇咲冬男
お降りのひときわ著き志士の墓 宇多喜代子
お降りのまつくらがりを濡らしけり 岸田稚魚
お降りのやがて流るる音すなり 大石悦子
お降りの呟き止みて昏れにけり 阿部みどり女
お降りの庭木冬芽を確かむる 瀧 春一
お降りの束の間階を流れけり 原田喬
お降りの灯の賑ひを雪の上 松崎豊
お降りの道いゆくべくありにけり 岸田稚魚 『萩供養』
お降りの霽れてしたたか落椿 滝春一
お降りの音の四方や執筆す 永井龍男 永井龍男句集
お降りやそびらへ廻す鬼の面 原 朋冲
お降りやたひらに減りし奈良の墨 殿村菟絲子 『旅雁』
お降りやほの~濃ゆき寝白粉 石橋秀野
お降りやゆめのおはりの花一個 毛呂篤
お降りや土の匂ひのする程に 高木晴子
お降りや大和島根は竜に似て 角川春樹
お降りや山のうしろが消えさうに 小池一平
お降りや心たひらに墨をすり 西森千代樹
お降りや新藁葺ける北の棟 室生犀星 魚眠洞發句集
お降りや晴着にかざす男傘 椙本千代子
お降りや暁けて明るき海の空 高橋悦男
お降りや暮れて静かに濡るゝ松 青峰集 島田青峰
お降りや杉の青さの中を降る 秋篠光広
お降りや来し方思へとてひねもす 及川貞 夕焼
お降りや町ふかぶかと門の竹 芥川龍之介 我鬼句抄
お降りや磐座の石しめるほど 河合和子
お降りや竹深ぶかと町のそら 芥川龍之介
お降りや蛇の髭うつすにはたづみ 百合山羽公 寒雁
お降りや街中にある大藁屋 北野民夫
お降りや野に縹緲と家鴨たち 小長井和子
お降りや音を断ちたる鋳物町 海野ふさ子
松林お降りありし匂ひせり 荒井正隆
野鼠の穴をお降り濡らすほど 阿部みどり女

御降 補遺

おさがりのきこゆるほどゝなりにけり 日野草城
おさがりの水輪と指せばすでになし 鷹羽狩行
おさがりや児は清水の絵馬傘 左次
お降の八ツ手に煤もなかりけり 日野草城
お降の雷ともなひて怖ろしや 星野立子
お降や羽根つきに行く傘の下 村上鬼城
お降や袴ぬぎたる静心 村上鬼城
お降や障子あくれば縁の艶 日野草城
お降りといふに適ひし細雪 後藤比奈夫
お降りといへる言葉も美しく 高野素十
お降りにただ一塊の庭の石 山口青邨
お降りにたちいづるより翁めき 山口青邨
お降りに濡れし新聞拾ひ読み 上野泰 佐介
お降りに覚めて旅めく風邪寝かな 野澤節子 八朶集以後
お降りのありたる夜明邃し 藤田湘子 てんてん
お降りのところをかへて湖上かな 鷹羽狩行
お降りのまつくらがりを濡らしけり 岸田稚魚
お降りのわが陋屋はあはれ漏る 山口青邨
お降りの墓を洗へば鵯のこゑ 星野麥丘人
お降りの止むまじく降る朝寝かな 石塚友二 磊[カイ]集
お降りの水の輪つきず二重橋 鷹羽狩行
お降りの空に竹の葉ぱつぱつと 山口青邨
お降りの紅粉花の稚葉ぬらしつつ 山口青邨
お降りの音に出でにけり敷松葉 鷹羽狩行
お降りやすでに灯して宵心 村山故郷
お降りやひさびさに来てお茶の水 鷹羽狩行
お降りやほの~濃ゆき寝白粉 石橋秀野
お降りや夏柑の生む大雫 山口青邨
お降りや夕焼蓮田湖となる 角川源義
お降りや尾をふつくらと神の鶏 鷹羽狩行
お降りや戲ふる雨を混へつつ 相生垣瓜人 負暄
お降りや来し方思へとてひねもす 及川貞 夕焼
お降りや松に宝珠の装ひあり 林翔
お降りや肘つきて波郷小几に 星野麥丘人
お降りや蛇の髭うつすにはたづみ 百合山羽公 寒雁
お降りや雀まじへて寺の鶏 鷹羽狩行
お降りを来て濡れてゐず女客 鷹羽狩行
両神山の肩打つ時雨お降りなり 金子兜太
宗右衛門町お降の傘紺蛇の目 日野草城
御降の傘寿の傘に松重る 山口青邨
御降の幼きころの錦花糖 石川桂郎 四温
御降の氷の上にたまりけり 正岡子規 御降
御降の洗ひ清めし屋敷神 松崎鉄之介
御降は仏のもちか神の春 鈴木道彦
御降もまれなる数に覚へけり 松窓乙二
御降や幽かにゑがく東山 日野草城
御降や庵の嘉例のもりはじめ 田川鳳朗
御降りに新しき足袋ぬらしけり 尾崎放哉 大学時代
御降りのかそけさよ父と酒飲めば 相生垣瓜人 微茫集
御降りの流れいでけり御所の溝 正岡子規 御降
御降りの病院の道林貫く 石田波郷
御降りの赤松増えしかと思ふ 石田波郷
御降りの雪にならぬも面白き 正岡子規 御降
御降りやいでゆの門の迎へ笠 水原秋櫻子 蘆雁
御降りやややはなやぎて見舞妻 石田波郷
御降りを閼伽とし仏寂びたりや 石塚友二 光塵
福引や御降済て残る雪 田川鳳朗

以上

by 575fudemakase | 2017-03-21 04:31 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26732821
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング