初凪 の俳句

初凪 の俳句

初凪

例句を挙げる。

五指浸しみる初凪の地中海 品川鈴子
伊豆の海初凪せるに火桶あり 水原秋桜子
初凪といふ美しき海の皺 吉田美佐子
初凪に岬燈台白一指 誓子
初凪に島の祠の昼灯 久米正雄 返り花
初凪のお手玉となる日と月と 原裕 正午
初凪のふる里に母待ちくれし 中井 文子
初凪の一湾海の門(と)まで見ゆ 山口誓子 大洋
初凪の二つの島へ渡し舟 青山 冬至
初凪の光りまとひぬ石叩 増田燕城
初凪の壇の浦辺のゆきゝかな 楠目橙黄子 橙圃
初凪の宇多の松原うちつれて 下村梅子
初凪の安房の礁のこむらさき 草間時彦
初凪の安房は渚に牛放つ 稲垣きくの 黄 瀬
初凪の岩の鵜ひとついつ翔つや 長谷川久代
初凪の岩より舟に乗れと云ふ 川端茅舎
初凪の岩飛び~の遊びせり 西村濤骨
初凪の島に人形の首刺さん 星野紗一
初凪の島は置けるが如くなり 高濱虚子
初凪の帆と旅客車と行き交へる 宮武寒々 朱卓
初凪の極みよ湾の奥の奥 山口誓子
初凪の沖の深さの光りけり 安立恭彦
初凪の波止に睦みて雀どち 茂里正治
初凪の浜に来玉を拾はんと 高浜虚子
初凪の浜辺に赤き貝拾ふ 茂木房子
初凪の海へ乾きし藻を戻す 白虹
初凪の海を漕ぎくる祖父なりき 津田清子
初凪の渚ゆたかに撓んだり 風生
初凪の湾一枚となりにけり 千葉仁
初凪の潮の満ちくる青さかな 太田 蓁樹
初凪の潮目境を見せてをり 湯浅桃邑
初凪の灘色分かつ流れあり 木村緑枝
初凪の煙草火砂にさして消す 藤井 亘
初凪の礁ぬきんづ新夫婦 原裕 葦牙
初凪の美しくもあらぬ貝拾ふ 鍵和田[ゆう]子
初凪の艪櫂かつぎて舸子の妻 石田ゆき緒
初凪の芥に芽吹く玉葱よ 高麗銀糸尾
初凪の青を違へて空と海 今橋眞理子
初凪の願かけとばす一の石 原裕 青垣
初凪やあつけなく果つ海女角力 小島千架子
初凪やかがめばありし桜貝 山本歩禅
初凪やさすがサーフィン族もゐず 清崎敏郎
初凪やものゝこほらぬ国に住み 鈴木真砂女 生簀籠
初凪やセロリのスープすきとほり 鈴木多江子
初凪やワイングラスにある夕日 小高沙羅
初凪や人立つ柚の実すずなりに 蒼石
初凪や伊豆の石廊は風絶えず 景山筍吉
初凪や供華あたらしき潮仏 畠山譲二
初凪や児島湾なる備前富士 岸風三樓
初凪や入江重ねて安房上総 平松茂都子
初凪や十戸十舟江に映り 堀 葦男
初凪や千鳥にまぢる石たゝき 島村元句集
初凪や四羽の鵜のとり礁の上 白泉
初凪や大いなる日の生れつゝ 中川宋淵
初凪や大きな浪のときに来る 高浜虚子
初凪や小さなドイツ料理店 本井英
初凪や島根まばゆき流れ汐 梨葉
初凪や廃校いまも図画を貼り 山田紀代
初凪や松の向うの城ケ島 嶺治雄
初凪や松ばかりなる舞子浜 鈴鹿野風呂 浜木綿
初凪や氷張りたる滑川 水原秋桜子
初凪や汐さび声の男たち 佐藤みゆき
初凪や汐引き砂のつぶやける 阿部みどり女
初凪や波に戯れ二少年 山口青邨
初凪や潮引き砂のつぶやける 阿部みどり女
初凪や犬吠岬を畑の下 小杉余子 余子句選
初凪や登城の道の松の中 乙字俳句集 大須賀乙字
初凪や白髯橋はうす~と 青邨
初凪や真珠筏に波たたみ 御村善子
初凪や神の鹿島へ手押船 波多野晋平
初凪や翔てばみな翔つ鴨の群 大友月人
初凪や膝下へいたる湾一枚 草田男
初凪や航空母艦平かに 五十嵐播水 埠頭
初凪や艫をおすも亦一水兵 高野素十
初凪や若者にして縁の使者 中村草田男
初凪や蘂のあふるゝ磯椿 秋櫻子
初凪や裏戸より鶏はしり出て 桂信子 緑夜
初凪や遠くに居れる伊豆の雲 阿波野青畝
初凪や雲を聚めて小さき富士 新田 郊春
初凪や霜雫する板廂 鬼城
初凪や鴉は陸に鵜は海に 鈴木真砂女 夕螢
初凪や鵜のたむろして生簀籠 宵灯
初凪をたゆたに蛋の乳房かな 久米正雄 返り花
初嵐小石を耳にあつる子に 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
古戦場より初凪の沖の船 片山一江
巨き人の寝顔のごとき初凪か 田中裕明 櫻姫譚
揚げ船に鶏鳴く磯家初凪す 飯田蛇笏
揚舟に幣の真白し初凪す 代 五米
旗立てて街なす艀初凪げり 五十嵐播水 埠頭
日の丸が焦点初凪の海と砂 福田蓼汀 秋風挽歌
朝の間の初凪とこそ思はるゝ 高浜年尾
魚陣うつる初凪ぎの空の鴎かな 乙字俳句集 大須賀乙字、岩谷山梔子編
龍馬像より初凪の海展け 田村一翠

初凪 補遺

タツノオトシゴの初凪となりしなり 岡井省二 鯛の鯛
伊豆の海初凪せるに火桶あり 水原秋櫻子 葛飾
初凪げる潮上の富士を見出でけり 杉田久女
初凪にしてうすうすと波がしら 鷹羽狩行
初凪に岬燈台白一指 山口誓子
初凪に波切安乗と差し出でて 山口誓子
初凪の一湾海の門まで見ゆ 山口誓子
初凪の三日つゞきて退屈す 高浜年尾
初凪の噴煙長く~のび 高野素十
初凪の小舟に会ひぬ響灘 阿波野青畝
初凪の山をあやしむにはあらず 岡井省二 夏炉
初凪の岩より舟に乗れと云ふ 川端茅舎
初凪の極みよ湾の奥の奥 山口誓子
初凪の沖の島さへ目近にす 高浜年尾
初凪の沖航く帆のみ檣のみ 山口誓子
初凪の浦青海苔の粗朶林 山口誓子
初凪の海は陸より秘めにけり 富安風生
初凪の海を漕ぎくる祖父なりき 津田清子
初凪の湾に生簀の水平ら 山口誓子
初凪の真つ平なる太平洋 山口誓子
初凪の礁ぬきんづ新夫婦 原裕 葦牙
初凪の願かけとばす一の石 原裕 青垣
初凪は湾の形をなしゐたり 山口誓子
初凪やいくりがあればひとつ波 岸田稚魚 紅葉山
初凪やさすがサーフィン族もゐず 清崎敏郎
初凪やたが住みつきし捨て小舟 飴山實 句集外
初凪やものゝこほらぬ国に住み 鈴木真砂女 生簀籠
初凪や七里ケ浜のものがたり 山口青邨
初凪や入江に遊ぶ名無川 藤田湘子 神楽
初凪や四羽の鵜のとり礁の上 渡邊白泉
初凪や天変地異の兆しつつ 桂信子 花影
初凪や安房浜荻といふ漁村 鈴木真砂女 居待月
初凪や水仙ばかりつんつんと 鈴木真砂女 居待月
初凪や波に戯れ二少年 山口青邨
初凪や白髯橋はうすうすと 山口青邨
初凪や船の上より鶏の声 鷹羽狩行
初凪や艪をおすも亦一水兵 高野素十
初凪や茅の輪くゞりて女の旅 鈴木真砂女 夏帯
初凪や蘂のあふるる磯椿 水原秋櫻子 蓬壺
初凪や裏戸より鶏はしり出て 桂信子 緑夜
初凪や貝殻交る磯畠 鈴木真砂女 都鳥
初凪や轟沈といふ昔あり 鷹羽狩行
初凪や遠くに居れる伊豆の雲 阿波野青畝
初凪や鳶を殖やして海の空 鈴木真砂女 居待月
初凪や鴉は陸に鵜は海に 鈴木真砂女 夕螢
初凪をみださず鳰の水潜り 能村登四郎
揚げ船に鳴く磯家初凪す 飯田蛇笏 春蘭
揚げ船に鶏鳴く磯家初凪す 飯田蛇笏 心像
日の丸が焦点初凪の海と砂 福田蓼汀 秋風挽歌
楫とりもすなどりびとも初凪に 中村草田男
歌枕白良の浜は初凪す 阿波野青畝
鵜は飛べど珊瑚漁らず初凪す 阿波野青畝

以上

by 575fudemakase | 2017-03-21 04:36 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26732823
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

烏貝  の俳句
at 2017-04-30 10:00
芦の角 の俳句
at 2017-04-30 09:39
入学試験   の俳句
at 2017-04-30 09:34
磯開  の俳句
at 2017-04-30 09:29
荻の角  の俳句
at 2017-04-30 09:14

外部リンク

記事ランキング