初東風 の俳句

初東風 の俳句

初東風

例句を挙げる。

すこし動く初東風見ゆれ蝦の髭 山本露葉
すべり出し佳き初東風のヨットかな 椎橋清翠
すめらぎの日章旗なり初東風す 長谷川かな女 雨 月
やおろちのうみの初東風萱鳴らし 高澤良一 ももすずめ
初東風が鳴らす稲荷の幟竿 野見山ひふみ
初東風にそらまめの茎ぐらつけり 高澤良一 ねずみのこまくら
初東風に伊勢の神々耳すませ 高澤良一 燕音
初東風に千鳥二つの巴かな 野村喜舟
初東風に沖黒潮の帯をひく 富安風生
初東風に浦波ザザと篠ザザと 高澤良一 さざなみやっこ
初東風に葱の畑の土まへる 瀧春一 菜園
初東風に豊川詣でかくは果たす 中村汀女
初東風のうす闇の中つかむ塩 赤尾兜子
初東風の山越えに逢ふ白弥山 鷲谷七菜子
初東風の沖の帆われに来るごとし 沢井我来
初東風の河豚提灯を買ひにけり 野村喜舟 小石川
初東風の波より水母ころげ出づ 中拓夫
初東風の留守たのむぞよ梅の門 尾崎紅葉
初東風の野の水のにごりみせたり 原田種茅 径
初東風やはなびら餅のごぼう味 後藤文子
初東風や一打ち祝ふ鯛の網 広江八重桜
初東風や一樹にのびる長梯子 草深昌子
初東風や三代並ぶ献句額 花房敏子
初東風や富士見る町の茶屋つゞき 永井荷風
初東風や帆に選ぶ字の大いなる 冬葉第一句集 吉田冬葉
初東風や御旗の神の麗はしさ 尾崎紅葉
初東風や桟橋渡る賽者づれ 高橋淡路女 梶の葉
初東風や橋の擬宝珠のから乾き 四明句集 中川四明
初東風や波にあそべる松ふぐり 田村木国
初東風や波に呑まれて浮く海鵜 鈴木真砂女 夕螢
初東風や波を遊ばす稚児柱 黒崎かずこ
初東風や煙のやうに母の髪 廣瀬直人
初東風や筒祝ぎもすみし烽火合 久米正雄 返り花
初東風や納屋に吊せし生簀籠 鈴木真砂女
初東風や網を納めし船の胴 鈴木真砂女 生簀籠
初東風や緊りし顔の戸を出づる 徳永山冬子
初東風や編まれて青き生簀籠 小澤克己
初東風や翡翠が嚥む銀の魚 堀口星眠
初東風や肩にねむりし獅子頭 高橋潤
初東風や試射音もなき大砂丘 文挾夫佐恵
初東風や鐘一打ずつ音違い 福田千栄子
初東風や雪清浄の遠嶺より 室積徂春
初東風を躱して嘴太烏まだ翔たず 鈴木飛鳥女
初東風吹く島を歩きて脚養生 高澤良一 鳩信
真直に羽根落ち来初東風の中 大森桐明

初東風 補遺

はつこちのはつふじのおもほゆるかも 日野草城
初東風に吹きちる顏の櫻哉 正岡子規 初東風
初東風の吹くになびかぬ髯はあらじ 正岡子規 初東風
初東風の山越えに逢ふ白弥山 鷲谷七菜子 游影
初東風の烏帽子わつかに動く哉 正岡子規 初東風
初東風の砂のとぶ浜とばぬ砂洲 鷹羽狩行
初東風の網にたまるや浦の春 正岡子規 初東風
初東風やおのれ浮るゝ紙燕 野径
初東風や嘶くごとく波寄せ来 鈴木真砂女 紫木蓮
初東風や安房海上に茜富士 角川源義
初東風や日の丸の皺吹きのばし 正岡子規 初東風
初東風や波に呑まれて浮く海鵜 鈴木真砂女 夕螢
初東風や煙のやうに母の髪 廣瀬直人
初東風や空は朝より晴れちきり 正岡子規 初東風
初東風や納屋に吊せし生簀籠 鈴木真砂女 卯浪
初東風や網を納めし船の胴 鈴木真砂女 生簀籠
初東風をうしろにうけて凧 正岡子規 初東風
女つれて東風に吹かれに東山 正岡子規 初東風
樋の口や東風吹渡る獺の顏 正岡子規 初東風
馬の耳立てゝ東風吹くあした哉 正岡子規 初東風

以上

by 575fudemakase | 2017-03-21 04:38 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26732824
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。