初風 の俳句

初風 の俳句

初風

例句を挙げる。

のんとりと吹く初風や松の音 竹 遊
初風す蹌踉として門辞せば 牧野寥々
初風と波たたみ来や海の宿 星野麦丘人
初風に向いて男の素顔濃し 中川いさを
初風に藁の匂ひのありにけり 山本洋子
初風の眉に男の決意あり 加古宗也
初風の蕭々と竹は夜へ鳴れる 臼田亞浪 定本亜浪句集
初風やいよいよ濁る河の水 大林信爾
初風や巴里の雀に煤の寄る 小池文子 巴里蕭条
初風や燭より小さき念持佛 神崎忠
初風や白い鶏ひかることあり 佐野良太 樫
初風や道の雀も群に入り 佐野良太 樫
初風や雪の境内日のぬくゝ 徳永山冬子
師もその師も旅したまひき木曾初風 大串章
掌の白き女と思ふ初風に 渡辺七三郎
淀の洲や年の初風音となる 岡本高明
訪はん身の夕初風をまとひ出づ 野澤節子 黄 炎
初松籟と初潮騒と確かなり 池上樵人
初松籟岩陰を波躍り出づ 田村幸江
初松籟武蔵野の友数ふべし 石田波郷
初松風心の襞にかそかなり 富安風生
唐崎の初松籟を聞くべかり 森脇貞子
岩殿山の初松籟に詣でけり 荒井正隆
有明山初松風をおろしけり 上田五千石
母が家は初松籟のあるところ 山本洋子
海光や初松籟のひもすがら 戸川稲村
野火止に赤松多し初松籟 沢木欣一

初風 補遺

いにしへの寧楽の京なる初松籟 村山故郷
おほかたは男松の声の初松籟 鷹羽狩行
三笠山より初風を賜ひけり 村山故郷
初松籟無量禅寺に浴びにけり 松崎鉄之介
初風と万の毛穴が知らせけり 林翔
初風におどろき老と思ひゐる 能村登四郎
初風にせり合ふ色や萩薄 舎羅
初風に瓜守が菴もあれにけり 濁子
初風のゆらぎたがへし池の水 岡井省二 山色
初風の乳牛百余頭と別れて 金子兜太
初風の海や棕櫚ある泉澄む 中村草田男
初風の蕭々と竹は夜へ鳴れる 臼田亜郎 定本亜浪句集
初風の頭を過ぎ竹の穂をわたり 岡井省二 有時
初風やうなづき越ゆる芋峠 森澄雄
初風やこむらよろこぶ道の上 岡井省二 猩々
初風や去年の目さますいねの花 上島鬼貫
初風や若者にして縁の使者 中村草田男
初風や行脚坊主の袖の破レ 句空
孤愁の岸初松籟の日向松 松崎鉄之介
戸を繰るや年の初風そょそょと 日野草城
海上の道来し蚕神初松籟 松崎鉄之介
訪はん身の夕初風をまとひ出づ 野澤節子 鳳蝶
雲流れ来て初風と知らせけり 林翔
青棕梠を年の初風揉みに揉む 伊丹三樹彦
鼻すぢにつづける眉の初風ぞ 岡井省二 有時

以上

by 575fudemakase | 2017-03-21 04:40 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26732825
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

烏貝  の俳句
at 2017-04-30 10:00
芦の角 の俳句
at 2017-04-30 09:39
入学試験   の俳句
at 2017-04-30 09:34
磯開  の俳句
at 2017-04-30 09:29
荻の角  の俳句
at 2017-04-30 09:14

外部リンク

記事ランキング