初景色 の俳句

初景色 の俳句

初景色

例句を挙げる。

*ひつじ田に鶉出でたる初景色 森 澄雄
うるほへる日翼多摩野初景色 山口青邨
くれなゐの沖ッ白波を初景色 飴山實 『次の花』
ここかしこ水が気を揚ぐ初景色 櫛原希伊子
たちまちに日の海となり初景色 鷹羽狩行 七草
ながめゐる老人もまた初景色 黛 執
ひとすぢの滝のありけり初景色 谷口摩耶
ひるかすむ塔のふたつを初景色 角川春樹
ふる里の三つの橋の初景色 後藤 良子
みちのくの海がゆさぶる初景色 佐藤鬼房
わが撞きし音の中なる初景色 堀葦男
カーテンを両開きして初景色 塩川雄三
カーテンを左右に分つ初景色 辻田克巳
カーテンを端まで引いて初景色 羽部佐代子
ヨット航く南半球初景色 小見山希覯子
一瀑を眉間に通す初景色 北川英子
中世の地獄図も初景色なる 皆吉司
八甲田八峰揃ふ初景色 磯野充伯
初景色こなたの湖は汽水かな 田中裕明 櫻姫譚
初景色さらにとんびを加へけり 兒玉南草
初景色まろび入りたる次の間に 田中裕明 櫻姫譚
初景色一目百町俯瞰して 登 七曜子
初景色二階厠に母校見ゆ 能村研三 鷹の木
初景色余白に猫の入り来し 宮田黄李夫
初景色傘壽おぼれんばかりなり 宮部鳥巣
初景色光芒すでに野にあふれ 井沢正江
初景色大和言葉のごとくあり 後藤比奈夫 花匂ひ
初景色子供招ばれてはにかみをり 田中裕明 櫻姫譚
初景色富士を大きく母の郷里 文挾夫佐恵
初景色整ふまでの二度寝かな 高橋睦郎
初景色照りわたる日のゆるぎなし 吉村きよし
初景色燦燦とはた茫茫と 佐藤鬼房
初景色藁塚にもつとも惹かれけり 鈴木貞雄
初景色見渡す空の慈姑いろ 伊藤敬子
初景色野川一本光り出す 中村明子
合せたる両手の中の初景色 北光星
吾が家は藪に溺るる初景色 井出寒子
固まりて胡椒出にけり初景色 辻桃子
大き鳥きて止りけり初景色 永田耕一郎
大寒波被て初景色さだかなり 百合山羽公
天平の甍の見ゆる初景色 角川春樹 夢殿
妻といてときめくことも初景色 松田ひろむ
実で重き一本杉も初景色 大峯あきら
寂クたれば布陣のごとし初景色 高山れおな
少女と来て雪降る国の初景色 岸田稚魚
山国の長き停車の初景色 木内彰志
峠路のほぼなかばなる初景色 橋本鶏二
島人に陸の汽車ゆく初景色 秋元不死男
川向うといふへだたりの初景色 岡本高明
年重ねきていやまさる初景色 中村汀女
広重の空のいろなり初景色 柴田白葉女 『月の笛』
影として犬が横切る初景色 上田五千石
東京がじつとしてゐる初景色 黛まどか(1965-)
江東やブリキ光りに初景色 舘岡沙緻
海渡る橋まつすぐに初景色 西浦一滴
灯台の一徹の白初景色 片山由美子
牛の尾が右に左に初景色 大畠新草
盃かさねたるまなうらの初景色 鷲谷七菜子 花寂び 以後
眺めゐる老人もまた初景色 黛執
窓細目母愛でたまふ初景色 中村汀女
美しくもろもろ枯れし初景色 富安風生
胎動を待つてゐるなり初景色 仙田洋子
赤らめる桃の*しもとを初景色 宮坂静生
赤ん坊這ふにまかせて初景色 波多野爽波 『一筆』以後
鐘つくや視界にひらく初景色 高井北杜
雪嶺とスケートの子の初景色 相馬遷子 雪嶺
霜だたみまばゆきばかり初景色 神込鼕々
頬白の古巣をひとつ初景色 関戸靖子
高速の雲のパノラマ初景色 水野佐暉代
鶺鴒のための一石初景色 稲荷島人
鷹の上を隼流れ初景色 山本洋子
ことごとく飛雪の絣初山河 金箱戈止夫
まづ神を讃へて拝む初山河 田川飛旅子 『使徒の眼』
倭建(やまとたける)の火は見えざるや初山河 原田喬
初山河 視線を遠く遠く 据える 伊丹三樹彦 樹冠
初山河とぼしきものに鶏の声 青木重行
初山河大いに羽根を伸ばしけり 高澤良一 随笑
初山河視線を遠く遠く据える 伊丹三樹彦
初山河身に打つひびきありにけり 川村幸子
初山河身の閂を差し直す 内田やす子
初山河音をつつしむ鷹ヶ峰 伊藤敬子
幼な名で呼ばれ眩しき初山河 中村苑子
犬と駈け広がり止まぬ初山河 都筑智子
礼拝を終へし電車に初山河 田川飛旅子
じっくりと厠窓より初景色 高澤良一 石鏡
古亀の池を見渡す初景色 高澤良一 暮津

初景色 補遺

うるほへる日翼多摩野初景色 山口青邨
かんむりの田鳧のをるや初景色 森澄雄
くれなゐの沖ツ白波を初景色 飴山實 次の花
たちまちに日の海となり初景色 鷹羽狩行
みちのくの海がゆさぶる初景色 佐藤鬼房
人間と人間出会う初景色 金子兜太
伊予の青石より展け初景色 後藤比奈夫
初山河 視線を遠く遠く 据える 伊丹三樹彦
初景色そこにいつもの道ありぬ 岸田稚魚 紅葉山
初景色大和言葉のごとくあり 後藤比奈夫
初景色欅は欅松は松 山口青邨
初景色燦燦とはた茫茫と 佐藤鬼房
北雲に鬼神あるべし初山河 藤田湘子 てんてん
墨いろのやうやくあかね初景色 鷹羽狩行
大声のおばさんたちの初景色 金子兜太
小松原朝の靄這ふ初景色 能村登四郎
小柴垣なりの低さも初景色 後藤比奈夫
影として犬が横切る初景色 上田五千石 風景
愚痴聞いて車にひらく初景色 角川源義
朝熊より神島望む初景色 松崎鉄之介
来馴れたる樗の森も初景色 安住敦
水ありてこそ八景の初景色 鷹羽狩行
泊船の首尾一望の初景色 飯田龍太
湖際に竹瓮あげある初景色 森澄雄
漁の舟見ぬ淡海初景色 森澄雄
百姓はその野壺知る初景色 鷹羽狩行
盃かさねたるまなうらの初景色 鷲谷七菜子 游影
耳癈(し)ひず眼翳(かす)まず初景色 後藤比奈夫
葛飾は霜に芦伏す初景色 能村登四郎
赤ん坊這ふにまかせて初景色 波多野爽波
路面白線これもまた初景色 飯田龍太
長命寺の尾長遠出や初景色 村山故郷
雪嶺とスケートの子の初景色 相馬遷子 雪嶺
龍神の障(さえ)の神訪う初景色 金子兜太

以上

by 575fudemakase | 2017-03-21 04:48 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26732829
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

2017年 8月 ねずみのこ..
at 2017-08-18 05:18
蝉時雨 の俳句
at 2017-08-17 12:39
落蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:37
空蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:25
蝉の穴 の俳句
at 2017-08-17 12:23

外部リンク

記事ランキング