初雀 の俳句

初雀 の俳句

初雀

例句を挙げる。

あさくさの雷門の初雀 今井杏太郎
いつ来ても嵯峨野は青し初雀 黒瀬としゑ
お手玉のごとくにあそぶ初雀 下村梅子
そこらぢゆう子供遊びて初雀 石橋秀野
つくばいに走る青竹初雀 高橋より子
ひとり遊びせむと生れて初雀 野中亮介
みささぎの帚目乱す初雀 木阪 登
やうやくに来たる一羽よ初雀 平子 公一
やつぱり来ましたと妻の初雀 加藤楸邨
やや寝すぎ雨戸を繰れば初雀 田中冬二 俳句拾遺
ゆりあぐるみどり児のあり初雀 長谷川かな女 牡 丹
をさな児の口まねでいふ初雀 川崎展宏
プランコに父と子揺れて初雀 川崎俊子
リハビリの呂律やや良し初雀 京谷圭仙
一の鳥居の高さが好きで初雀 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
一羽にて羽音も生まる初雀 齋藤玄 『狩眼』
一羽翔ち遅れつゝ翔ち初雀 上田春水
万葉の歌のみなとの初雀 岡部六弥太
不機嫌な一羽も居りて初雀 宮原双馨
初すずめ一合の酒冷ますまじ 古沢太穂
初雀かさこそ使ふ厠紙 高澤良一 宿好
初雀こぼれ七曜廻りだす 館 さくら
初雀そこまで我を近づくる 長野 豊子
初雀つひに翔たせてしまひけり 宮田春童
初雀ひとつあそべる青木かな 長谷川春草
初雀ふくら雀になりゐたり 石川文子
初雀ふくれて樹よりこぼれけり 堀部 守
初雀みみづく頭巾もて聞かん 吉田藤治
初雀みるみるふえてさくらの木 園田夢蒼花
初雀むさし野の寒気ふりしぼり 渡辺桂子
初雀やぶうぐひすのゆくへ哉 万太郎
初雀われらは耳をあかくして 知久芳子
初雀トコトコトッと石畳 高澤良一 宿好
初雀三つほど東本願寺 廣江八重櫻
初雀三ッ指ついて霜を来る 河合未光
初雀円ひろがりて五羽こぼれ 汀女
初雀厨のもの音より鋭し 原田種茅 径
初雀嘴よりひかりこぼしけり 稚魚
初雀地に口づけをくり返す 朝倉和江
初雀待ちて暮れたる狭庭かな 土屋 啓
初雀掠め庭木も輝ける 石塚友二
初雀方三寸をついばめり 島谷征良
初雀日輪いまだつばさなし 葛彦
初雀来てをり玉の水浴びに 島谷征良
初雀波切の路地をひゅんと抜け 高澤良一 燕音
初雀湧くや浦上の鐘鳴りて 朝倉和江
初雀湧く大仏の影法師 龍太
初雀羽音を残し消えてをり 高澤良一 随笑
初雀翅ひろげて降りにけり 鬼城
初雀飛び翔つことをすこしする 秋を
初雀鴟尾澄む簷に弾みをり 石野冬青
十字架の横木にとまれ初雀 田川飛旅子 『山法師』
南国のこの痩せぎすの初雀 日原傳
坂多き七味処の初雀 松本澄江
坪庭のかわらぬよしみ初雀 根岸たけを
塀弾み甍が弾み初雀 上野泰
墨竹の風しかと見ゆ初雀 十王
外流しに静かに下りて初雀 かな女
夜明から熱き炬燵や初雀 龍雨
夢殿の救世の御前や初雀 青々
妻の髪なほ睡りをり初雀 石田波郷
子宝の塚に日のあり初雀 富田潮児
寝埃がついてをるらん初雀 廣江八重櫻
小さき藁引つぱり合うて初雀 薪 豊子
屋敷田に光りこぼして初雀 影島智子
平凡に五十頭上の初雀 石田波郷
幸福に初雀より着ぶくれて 富安風生
廂より垂れたる松の初雀 風生
明けそめて熱き炬燵や初雀 増田龍雨 龍雨句集
晴れやかに酒色をおびし初雀 高木みつ子
晴着無き子どちも集へ初雀 香西照雄 素心
束の間のつぶらの永さ初雀 斎藤玄 雁道
枝移りやがて木移り初雀 高澤良一 随笑
校倉に膨れ相寄る初雀 黒田櫻の園
毛氈に初雀飛ぶ影を踏む 廣江八重櫻
泣きべその向うひそひそ初雀 松澤 昭
湯のまちの廂触れあひ初雀 阿部月山子
炭坑の煤を粧ひ初雀 有働 清一郎
燦々と光りを抱き初雀 長谷川秋子
畑隅を跳ねて大路へ初雀 高梨忠一
着殺しの作務衣一着初雀 赤松子
神杉に礫のごとし初雀 安川幸里
禅寺の砂を浴びゐる初雀 鈴間斗史
窮巷に影さへ見えず初雀 松浜
竹藪はまだ日のささず初雀 田中冬二 俳句拾遺
箒目をしめらす雨や初雀 白水郎
箒目を湿らす雨や初雀 白水郎句集 大場白水郎
米まきに来し天神や初雀 野村喜舟 小石川
米嚥んで胸すんなりと初雀 林 翔
紅跡の吸がら仄か初雀 小坂順子
累代に割り込む寿蔵初雀 斎藤一骨
肩あげの赤糸屑や初すずめ 中山純子
花蕊のごとき足跡初雀 金箱戈止夫
蓬莱の宮にこぼれて初雀 加藤耕子
藪へ来し日に初雀微光せり 福島小蕾
街の中藪一つもつ初雀 山口青邨
走り根と一問一答初雀 高澤良一 随笑
除々に明け一気にあけて初雀 那須乙郎
雪ならぬ霜の真白や初雀 尾崎迷堂 孤輪
霜除けの笹の小揺れに初雀 田中冬二 俳句拾遺
青籬の霜ほろほろと初雀 松本たかし
飛んでゐるときは初雀と思はず 加倉井秋を 午後の窓
首まげて石にのりけり初雀 田村了咲
参道に見るべきものは初雀 高澤良一 暮津

初雀 補遺

しのゝめの物のはじめは初雀 飴山實 花浴び
そこらぢゆう子供遊びて初雀 石橋秀野
やつぱり来ましたと妻の初雀 加藤秋邨
ビル住みに屋上日和初雀 岡本眸
一羽にて羽音も生まる初雀 斎藤玄 狩眼
五羽六羽たちまち倍の初雀 鷹羽狩行
亡き妻を探しにきたる初雀 後藤比奈夫
初すずめ品をつくりて弾み歩す 上村占魚
初雀かつらぎ庵をぺちやくちや言ふ 阿波野青畝
初雀すでにまぎるゝ瀬音かな 石橋秀野
初雀でんぐり返し見せようぞ 藤田湘子 てんてん
初雀とも倶会一処会者定離 後藤比奈夫
初雀一羽見たきり神保町 加藤秋邨
初雀二三羽われを意識せり 岸田稚魚 紅葉山
初雀団欒せるに注目す 相生垣瓜人 負暄
初雀島の土よりほか踏まず 鈴木真砂女 都鳥
初雀手荒く軒を蹴りにけり 岸田稚魚 紅葉山
初雀湧く大仏の影法師 飯田龍太
初雀見えたる声のかはりけり 加藤秋邨
初雀配偶と駈けあへりけり 阿波野青畝
初雀飛ぶ橙の十あまり 大野林火 飛花集 昭和四十八年
初鴉初雀とて来りけり 星野立子
地を離ること一寸の初雀 上田五千石『田園』補遺
塀弾み甍が弾み初雀 上野泰
妻の家に酒酌まれをり初雀 伊丹三樹彦
常のごと猫の餌につき初雀 森澄雄
平凡に五十頭上の初雀 石田波郷
庇より下りて今日はも初雀 森澄雄
晴着無き子どちも集へ初雀 香西照雄 素心
束の間のつぶらの永さ初雀 斎藤玄 雁道
枝たひら二十羽ばかり初雀 山口青邨
白壁を逆袈裟掛に初雀 林翔
福藁にまづは声して初雀 森澄雄
竹藪あり爺婆をりて初雀 山口青邨
米嚥んで胸すんなりと初雀 林翔
街の中藪一つもつ初雀 山口青邨
随意や竹の都の初雀 路通
青籬の霜ほろほろと初雀 松本たかし
飼ひ鳥と声を通じて初雀 鷹羽狩行

以上

by 575fudemakase | 2017-03-21 05:25 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26732856
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。