初鴉 の俳句

初鴉 の俳句

初鴉

例句を挙げる。

いさゝかの水仕のこすや初鴉 石橋秀野
お篝を杉にあなどり初鴉 原石鼎
かんばせを見せてとまりし初烏 静塔
つかつかと来ぬ開墾田の初鴉 金子のぼる
ばらばらに飛んで向うへ初鴉 高野素十
ばら~に飛んで向うへ初鴉 素十
ひむがしの豊旗雲へ初鴉 梅子
ふるさとの夜具の重さよ初鴉 青陽人
わが自治の朝酒に影初がらす 原子公平
一夜にて呆けし街や初鴉 中里 結
三熊野の神の使の初鴉 滝川如人
今日は起きて聞くものにせん初鴉 竹冷句鈔 角田竹冷
初からす一筋の川東より 上村占魚
初烏一山雪に明くるかな 忍月
初烏三ツ四ツからは見えにけり 馬明
初烏我が家に声を落し行 南鴎
初烏松笠一つ落しけり 渡辺恭子
初烏足迹を洲にこぼしそめ 西本一都 景色
初烏雪と見えよとひるならん 会津八一
初鴉いつもの山より常の声 阿部みどり女 月下美人
初鴉どこ目指しゆく迅さかな 中島月笠 月笠句集
初鴉の声切れぎれのまま終り 岬雪夫
初鴉はや山の夜を蹴つて来し 中島月笠 月笠句集
初鴉はや氷上に奪ふもの 原田柿青
初鴉はや相摶てる卍かな 肥田埜勝美
初鴉ばさりばさりと飛び立てり 金子恵美
初鴉ゆくへあるこゑ落しけり 野澤節子
初鴉よべより明き月へ飛び 池内友次郎
初鴉らしく品よく啼きにけり 成瀬桜桃子 風色
初鴉わが散策を待ちゐたり 相生垣瓜人(1898-1985)
初鴉わたる向ふに男山 田上鯨波
初鴉一羽離れて鳩の天 上野澄江
初鴉人にぶつかり病具購う 田川飛旅子 花文字
初鴉佃大橋砥のごとく 永井龍男
初鴉吹雪うすれに続くなり 西本一都
初鴉声ごと吹かれ森を越ゆ 本宮哲郎
初鴉大虚鳥(おほをそどり)の声限り 草田男(俳人自照)
初鴉太嘴に啼く声のよし 新津香芽代
初鴉安土の田んぼをとんとんと 高澤良一 燕音
初鴉寺の内より人の聲 田中裕明 山信
初鴉屋根を離るゝ縁起哉 内田百間
初鴉山また山に声伸ばす 村越化石
初鴉廓の夜明もただならず 高浜虚子
初鴉暫く空に遊びけり 岸田稚魚 『萩供養』
初鴉波を恐るる気配なし 鈴木真砂女
初鴉波高ければ高く飛び 鈴木真砂女
初鴉熊野のしじま破りけり 朝木芳子
初鴉父母とゐる畳かな 上田操
初鴉白玉椿活ける手の凍え 渡邊水巴
初鴉百羽の鶴をいざなひぬ 吉野義子
初鴉砂利場の水に羽おろす 羽公
初鴉茜の空をほしいまま 五十島典子
初鴉詣でし上をわたりけり 宮津昭彦
初鴉起きよ起てよと啼きにけり 細川加賀
初鴉遥けき友を呼び得たり 春兆
初鴉雪原低くとびつづけ 小野池水
初鴉面を上げて鳴きにけり 皆川盤水
初鴉高きを縺れあひながら 鈴木恵美子
初鴉鳴けり鴉も数減りて 右城暮石 声と声
初鴉黒をおのれの色として 加藤有水
初鶏に糞ひり落せ初からす 会津八一
十年は咋日のことよ初鴉 永井龍男
吹雪きゐる四万の天より初烏 宮崎三木
吾がこころわれにある時初がらす 梅室
噴煙のあたりを去らず初がらす 米谷静二
地に降りて声つつしめる初鴉 宮岡計次
塔頭に稚き妻あり初鴉 龍男
塔頭に若き妻あり初鴉 永井龍男
夜をはなれゆく麦の芽と初鴉 龍太
夜を脱ける黒の真澄や初鴉 知世子
大屋根に啼かず飛ばずの初鴉 高橋絹代
大樟の風にあふられ初鴉 小島 健
天の原和田の原より初鴉 青畝
天平の甍より明け初鴉 鎌倉博史
妹よ二人の朝の初鴉 渡辺水巴 白日
寺鞍馬社口貴船や初鴉 尾崎迷堂 孤輪
山中の初烏とてなまぐさし 清水衣子
岬の浪覚めてをるなり初鴉 佐野まもる
川が瀬まで青うなりきぬ初鴉 薄多久雄
工場に老当直や初鴉 岡田日郎
己が羽の文字もよめたり初烏 蕪村
帰りにもクルスの塔に初鴉 中野道子
往診へ声やはらかき初鴉 高島筍雄
悪党のけふ瑞鳥や初鴉 金沢富水
我庵は上野に近く初鴉 内藤鳴雪
明け動く宮裏山や初烏 三幹竹
明渡る年のきげんや初鴉 壷仙
智恵伊豆の墓所はばからず初鴉 山岸 治子
木屋町に声つぶれたる初鴉 三嶋隆英
東雲や声の限りを初鴉 滝川愚仏
松江とは城より明くる初鴉 藤原杏池
楼門に打たぬ太鼓や初鴉 河野静雲 閻魔
浴みして伊豆に旅人や初鴉 竹冷句鈔 角田竹冷
潟翔けて風切青し初鴉 橋本義憲
瀬の石に乗り放心の初烏 西本一都 景色
熱湯を噴く巌天に初鴉 三鬼
目が合うて黄檗山の初鴉 古舘曹人
石人の三頭身や初鴉 黒米満男
程好き樹ありて止まりぬ初鴉 梶田竹外
老もまた耳の冥加や初鴉 又花坊 (古稀をこえし齢ながら)
落葉焚くやずん~と来る初鴉 中島月笠 月笠句集
葛城山を越へし羽音に初鴉 佐野美智
藍つよく初烏待つ丘の線 原裕 青垣
誰も云ふ鴉山より初鴉 三ツ谷謡村
赤ん坊おどろき易し初鴉 瀧澤伊代次
足もとにおよぶ波きて初鴉 稲垣きくの 黄 瀬
踏みはづし片羽根をつく初鴉 不死男
道に出て人のごとくに初鴉 山田みづえ 手甲
門前にこの松ありて初鴉 阿部みどり女 笹鳴
除夜の灯の峰に残りて初烏 四明
雪けつて屋根うつりせり初鴉 婆羅
雪山の大白妙に初烏 田村木国
雲のうら金泥ならむ初鴉 小枝秀穂女
顔洗ふ水しまりゆく初鴉 水谷文子
飛ぶといふこと美しき初鴉 倉田紘文
飯入れて櫃あたゝかし初鴉 廣江八重櫻
馬柵の戸に雲銜へをり初鴉 堀口星眠 営巣期
高き樹の高きにありて初鴉 北 羚羊
黒きもの又常盤なり初がらす 蓼太
黒潮の荒磯狭しと初鴉 楓巌濤
近江八幡
おめでとうさんと安土の田烏に 高澤良一 燕音

初鴉 補遺

いさゝかの水仕のこすや初鴉 石橋秀野
お篝を杉にあなどり初鴉 原石鼎 花影
さやに見てさやにも聞けり初鴉 相生垣瓜人 負暄
ばら~に飛んで向ふへ初鴉 高野素十
ほのほのや朝日よび出す初烏 正岡子規 初鴉
みささぎの松てつぺんの初鴉 村山故郷
よき衣の枕邊に在り初鴉 正岡子規 初鴉
一声の姿も見たし初がらす 成田蒼虬
一羽來て屋根にもなくや初烏 正岡子規 初鴉
二羽たちて三羽となりぬ初鴉 鷹羽狩行
初がらす一筋の川東より 上村占魚 鮎
初烏お城の森にさわぐなり 正岡子規 初鴉
初烏望遠鏡は許しをり 石田波郷
初烏熊野の御寺靜かなり 正岡子規 初鴉
初烏鳴くべし鵯は黙すべし 相生垣瓜人 負暄
初空や初日初鷄初鴉 正岡子規 初空
初鴉きぬきぬの恨みなかりけり 正岡子規 初鴉
初鴉はつかに声の澄めりけり 相生垣瓜人 負暄
初鴉ひと声落す波の上 鈴木真砂女
初鴉ひと声落す波の上 鈴木真砂女 居待月
初鴉ゆくへあるこゑ落しけり 野澤節子 八朶集以後
初鴉ゆさりと翔ちぬ杉の枝 岡井省二 山色
初鴉わが散策を待ちゐたり 相生垣瓜人 負暄
初鴉わが陋屋を見下せり 相生垣瓜人 負暄
初鴉上野の闇をはなれけり 正岡子規 初鴉
初鴉不二か筑波かそれかあらぬ 正岡子規 初鴉
初鴉何漁るでもなかりけり 清崎敏郎
初鴉初雀とて来りけり 星野立子
初鴉初鵜初鳶一つ空に 鈴木真砂女
初鴉初鵜初鳶一つ空に 鈴木真砂女 居待月
初鴉十四五羽とも数ふべし 相生垣瓜人 負暄
初鴉占めしは確か藁塚の尖 伊丹三樹彦
初鴉喪の年明けてゐたりけり 安住敦
初鴉大虚鳥(おほをそどり)こそ天翔けれ 中村草田男
初鴉大虚鳥(おほをそどり)の声限り 中村草田男
初鴉寒鴉にぞ様変へし 相生垣瓜人 負暄
初鴉山に大雪降らせけり 岸田稚魚 紅葉山
初鴉暫く空に遊びけり 岸田稚魚
初鴉波を恐るる気配なし 鈴木真砂女 居待月
初鴉波高ければ高く飛び 鈴木真砂女
初鴉波高ければ高く飛び 鈴木真砂女 卯浪
初鴉白玉椿活ける手の凍え 渡邊水巴 白日
初鴉石鎚のある方なれど 石田波郷
初鴉長鳴鳥におくれけり 阿波野青畝
初鴉鳴けり鴉も数減りて 右城暮石 声と声
古妻のいきたなしとや初鴉 正岡子規 初鴉
同舟のごと洲にわれと初鴉 鷹羽狩行
吹上の御所よりさつと初鴉 鷹羽狩行
吾こゝろわれにある時初がらす 桜井梅室
嘴の髭あらはに見たり初鴉 山口青邨
四方拜のお庭の霜や初鴉 正岡子規 四方拝
夜をはなれゆく麦の芽と初鴉 飯田龍太
天の原和田の原より初鴉 阿波野青畝
妹よ二人の朝の初鴉 渡邊水巴 白日
山里や枯木の枝の初烏 正岡子規 初鴉
岩壁に貝累々と初鴉 飯田龍太
川鴉相手にせざる初鴉 阿波野青畝
悪なれど町内の初鴉なり 藤田湘子 てんてん
我庵は上野に近く初鴉 内藤鳴雪
朝日影羽紫に初烏 正岡子規 初鴉
水中に啼く声沈む初鴉 秋元不死男
知恵長けしことを憎めど初鴉 阿波野青畝
磯寺の大杉小杉初烏 佐藤鬼房
社から寺から三輪の初鴉 中村草田男
祖師の森街に放てり初烏 山口青邨
紙の鶴舞ひ初鴉交錯す 山口青邨
藍つよく初烏待つ丘の線 原裕 青垣
誤たずみなひんがしへ初鴉 阿波野青畝
踏みはづし片羽根をつく初鴉 秋元不死男
道に出て人のごとくに初鴉 山田みづえ 手甲
遠空の遠声ながら初鴉 相生垣瓜人 負暄
里人の声真似ハ碇の初鴉 阿波野青畝
銀座出る新聞賣や初鴉 正岡子規 初鴉
雪嶺や名もまぶしくて初鴉 森澄雄
霜の大木に映る竈火や初鴉 原石鼎 花影
風吹て悲しさうなり初烏 正岡子規 初鴉
鬼瓦尾を上げて鳴く初鴉 松崎鉄之介

以上

by 575fudemakase | 2017-03-21 05:31 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26732860
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

2017年 8月 ねずみのこ..
at 2017-08-18 05:18
蝉時雨 の俳句
at 2017-08-17 12:39
落蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:37
空蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:25
蝉の穴 の俳句
at 2017-08-17 12:23

外部リンク

記事ランキング