宵の年 の俳句

宵の年 の俳句

去年

例句を挙げる。

こころの火落して睡る初昔 鈴木鷹夫
こんな句が先師にありて初昔 高澤良一 燕音
つくばひの氷一片初昔 井沢正江 湖の伝説
ひかり食む牛の反芻初昔 飯田綾子
わが影に初昔とは懐しき 原コウ子
初昔子は湯ぶとりか寝ぶとりか 赤松[ケイ]子
後山の月甕のごとし初昔 飯田蛇笏 春蘭
昆布の香厨に残る初昔 秋川ハルミ
樫の根の忘れ箒も初むかし 児玉南草
歯が一つかけたるままや初昔 遠山草太郎
灯を消してよりありありと初昔 鷲谷七菜子
練炭に残るほむらの初昔 岡田 耕治
美しき鯉魚と群れゐし初昔 上田五千石 琥珀
雲表にみゆる山巓初昔 飯田蛇笏
高砂や去年を捨てつつ初むかし 上島鬼貫
古年の礼ねんごろに母在せり 宮田正和
古年の老酒にうたの頬染めし 深谷雄大
古年の風かけのぼる椋大樹 山田みづえ
悔いもなく古年うせる侘寝かな 飯田蛇笏
手にし出づ吾が旧年のホ句手帳 河野静雲 閻魔
旧年という水槽のごときもの 矢島 惠
旧年の畑に忘れし手鍬かな 小泗
旧年の足跡すでに凍てゆるむ 角川源義
旧年の闇ためてゐる落葉山 中山一路
旧年を坐りかへたる机かな 素琴
竹林に旧年ひそむ峠かな 鶏二
かゝげたる燭の火明し宵の年 名和三幹竹
宿直する顔も古りたり宵の年 名和三幹竹
ちんぽ皆ぶらさげ正月の朝湯も去年の顔触れ 橋本夢道 無礼なる妻
はつ夢や正しく去年の放し亀 言水
ほりかけの臼に残るや去年の雪 沖の家
まだ去年の暦も棚に寒さ哉 横井也有 蘿葉集
ブルトーザー去年の位置のまゝにあり 岸風三樓
ペン措きて去年の日記となりにけり 佐々木遡舟
元朝や去年の火残る置炬燵 日野草城
初燈去年を雌伏の年として 倉田春名
北限に墨引くごとし去年の貨車 大郷石秋
去年となる一瞬生れし男の子あり 下村ひろし
去年に似てどこやら霞む年の内 鬼貫
去年に似て今春めくや人の顔 斧寛
去年の土つけしまま鍬立つてをり 大串章
去年の実の柘榴にありて雪降れり 永井龍男
去年の眉今朝は嬉しき霞かな 越前-簪 俳諧撰集玉藻集
去年の雨一碗に受け墓眠る 坂手美保子
去年の雪まゆみの赤き実にのれり 飴山實 『花浴び』
去年の鵯来たりて告げり山は雪 吉本和子
去年の鶴去年のところに凍てにけり 水原秋櫻子
去年よりの雪小止みなき初湯かな 久保田万太郎 流寓抄以後
去年よりも自愛濃くなる懐手 能村登四郎(1911-2002)
喞筒小屋覗けば去年の巨草みゆ 安井浩司 阿父学
寒駅の四囲の洩れ灯に去年の雪 永井龍男
憂き事も去年になりゆく懐しや 瓦全
手袋や去年となりたる昨日のこと 藤岡筑邨
暁は澄み町川去年の燈をとどむ 山本古瓢
樹も氷る池は去年より凍てにける 石橋辰之助 山暦
此の如く去年の暮にも思ひしか 青嵐
淡雪の降りすがりけり去年の雪 蓼太
温泉や水滑かに去年の垢 夏目漱石 明治三十一年
病室や大き火鉢の去年の灰 有働亨 汐路
病葉や石にも地にも去年のやう 前田普羅 新訂普羅句集
目を覚ます去年繙きしものの辺に 石川桂郎 四温
稿遅々と去年の大福焼きて食ぶ 永井龍男
筆はじめ去年よりの修羅走りだす 小檜山繁子
編み残す去年の毛糸のけぶりをり 中嶋秀子
膝をつきをりしは去年の雪ならむ 齋藤玄 『無畔』
若水や瓶の底なる去年の水 正岡子規
葉牡丹に少し残れり去年の雪 松浜
裏山の闇より去年に入りにけり 藤崎久を
読初といへども去年の栞より 都筑智子
酒酌んでこの座去年とはなりにけり 前田忠男
降り出でて忽ち白しさらば去年 林原耒井 蜩
雪のせて古巣は去年の夢見をり 堀口星眠 営巣期
餅焼いて去年がはるけくなりにけり 細川加賀
養生の去年の足許不如意かな 高澤良一 鳩信
高砂や去年を捨てつつ初むかし 上島鬼貫



宵の年 補遺

さまざまな聯それぞれの初昔 岡井省二 有時
初むかし高原しろき雲をとむ 飯田蛇笏 白嶽
初昔白き卓布にうすき翳 大野林火 月魄集 昭和五十六年
屠蘇祝ふ旧年のひげもじやもじやと 日野草城
後山の月甕のごとし初昔 飯田蛇笏 春蘭
新築の家に住まふも初昔 松崎鉄之介
旧年の一つ~の皆星なり 高野素十
旧年の足跡すでに凍てゆるむ 角川源義
旧年や哀楽いくつ忘じたる 飴山實 句集外
枕に手置いてはるかや初昔 鷲谷七菜子 一盞
梟の糞の乾びも初昔 岡井省二 大日
灯を消してよりありありと初昔 鷲谷七菜子 天鼓
美しき鯉魚と群れゐし初昔 上田五千石 琥珀
老人に赤子の寝息初昔 飯田龍太
門川の音追うてゐる初昔 大野林火 月魄集 昭和五十六年
雲表にみゆる山巓初昔 飯田蛇笏 椿花集

以上

by 575fudemakase | 2017-03-21 05:42 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26732868
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

映画 の俳句
at 2017-12-15 09:21
歳時記 の俳句
at 2017-12-15 08:02
俳句 の俳句
at 2017-12-15 07:58
田鳧 の俳句
at 2017-12-13 09:12
山藤章二著 ヘタウマ文化論 ..
at 2017-12-13 08:29

外部リンク

記事ランキング