元旦 の俳句

元旦 の俳句

元旦

例句を挙げる。

つねの声にして元旦の己がこゑ 野澤節子 『駿河蘭』
もう退けぬ盲ひの歩み元旦なり 豊山千蔭
不意のごと元旦は来ぬ一つ星 殿村菟絲子 『晩緑』
元旦 雲もなき珠の如き空の うちに居り 荻原井泉水
元旦に寝てみぞおちを水の音 中拓夫 愛鷹
元旦に母が犯されたる証し義姉は十月十日の生れ 浜田康敬
元旦に酒酌まぬ今年ばかりかな 乙字俳句集 大須賀乙字
元旦のひかり 山垣も 萬葉のままではない 吉岡禅寺洞
元旦のまづ鬼城句を誦しけり 松本旭
元旦のわが心臓の悪魔のトリルよ 夏石番矢
元旦の一匹分の犬の餌 桑原三郎 晝夜
元旦の一字も置かぬ原稿紙 神蔵 器
元旦の仏に灯し絵蝋燭 撫養百美
元旦の入口のなき霜柱 星野紗一
元旦の塵ごと朱杯いただきぬ 永井龍男
元旦の夜や子の椅子に腰おろす 横山白虹
元旦の大安日や初暦 皿井旭川
元旦の大計を載せ肘枕 辻田克巳
元旦の孤独を映画館にもまれ 藤木清子
元旦の広場の雀かくれもなし 榎本冬一郎
元旦の日が降りてくる鎖樋 高澤良一 ねずみのこまくら
元旦の日記を筆の初かな 会津八一
元旦の最初の客の皓歯かな 能村登四郎 民話
元旦の机邊親しむ心あり 稲畑汀子
元旦の構図 光りは テレビ塔にある 吉岡禅寺洞
元旦の槙をめぐりて何の鳥 中村祐子
元旦の浮雲もなく疲れゐる 宮武寒々 朱卓
元旦の海かたぶけて初日の出 中勘助
元旦の漁港鳶の輪の中に 福川悠子
元旦の灯を明るうし夫婦あり 高木晴子 花 季
元旦の田ごとの畦の静かかな 阿波野青畝
元旦の畦のしづかにならびたる 長谷川素逝 村
元旦の真たゞ中にわれひとり 川村 千英
元旦の眼を瞋りたる達磨かな 会津八一
元旦の羽音より濃きものはなし 藤田湘子
元旦の老松皮を固めけり 渡邊水巴 富士
元旦の聖書重たしたなごころ 古賀まり子 緑の野
元旦の雀や母のまだ覚めず 古賀まり子 緑の野以後
元旦の頭中の鯉は異なるもの 斎藤玄 雁道
元旦の顔を小さく洗ひけり 本宮哲郎
元旦の鯛焼き返す二日かな 角川春樹
元旦やいつもの道を母の家 星野立子
元旦やいつもの音にいつもの戸 吉田鴻司
元旦やくらきより人あらはるゝ 暁台
元旦やたたみの上にこめ俵 北枝
元旦やひのまるといふ降伏の旗掲げつつ家いへしづか 小池光
元旦やふどしたゝんで枕上ミ 村上鬼城
元旦や分厚き海の横たはり 大串章
元旦や前山颪す足袋のさき 飯田蛇笏 山廬集
元旦や古色めでたき庵の妻 日野草城
元旦や子供三人鶏三羽 福田蓼汀
元旦や子供等は皆人となり 寺田寅彦
元旦や寒気の匂ひ菊の如し 渡邊水巴 富士
元旦や晴れてすゞめのものがたり 嵐雪
元旦や暗き空より風が吹く 青木月斗(1879-1949)
元旦や爺と婆とが子宝湯 後藤綾子
元旦や畳にひろふ毛糸の屑 加藤楸邨
元旦や白き雲立つ海の上 会津八一
元旦や神代のことも忍ばるゝ 守武
元旦や赤城榛名の峰明り 村上鬼城
元旦や遠き島より来し便り 上村占魚 鮎
元旦や鐘鳴る方へ鳩の歩も 山崎 篤
元旦や顔を捨てたるごとくゐて 小島千架子
剃刀負けして元旦の顔となる 辻美奈子
大月のまゝに元旦こえにけり 原石鼎 花影以後
年々に元旦淡くなりまさる 相馬遷子
明日は元旦「少年王者」悪に勝つ 磯貝碧蹄館 握手
水の根の元旦奏ず山の中 松根久雄
父となる元旦の時刻々に 斉藤夏風
白鳥に元旦の餌の届きけり 三橋迪子
相摶つて元旦の霰いさぎよし 河野南畦 『風の岬』
石も元旦である 橋本夢道 良妻愚母
老い母も愛嬌元旦から転び 河野南畦 『空の貌』
風垣の日向となりぬお元旦 金尾梅の門 古志の歌
鷺の白さで元旦の妻高笑ひ 佐川広治
まちまちに覚めて元朝の顔そろふ 横山房子
何流れゆく元朝の吉野川 岡本高明
元朝 今日だけでも ジェット機よとぶな 吉岡禅寺洞
元朝に生まれし子牛しかと立つ 五十嵐波津子
元朝に生れて元の名を賜ふ 下村ひろし 西陲集
元朝に絞りし酒ぞ潔し 山川喜八
元朝のつら~誦する懺悔文 森永杉洞
元朝のふかく目覚めし風の音 山口草堂
元朝のまだ暗きより磧温泉へ 松尾緑富
元朝のオルゴール「信濃の国」のうた 木村蕪城 寒泉
元朝のサボ新しき修道士 松本あきまろ
元朝の一湖を拓く鴨の陣 原裕 『青垣』
元朝の一献阿弥陀如来にも 尼子 凡女
元朝の三和土日のさし苞の鯉 澤井我来
元朝の上野静かに灯残れり 正岡子規
元朝の凍ての極みの墨を磨る 中島斌雄
元朝の吹かれては寄る雀二羽 加藤知世子 黄 炎
元朝の天声地音まだ聞かず 細木芒角星
元朝の山越えていま障子に日 永井東門居
元朝の御門あきたり二重橋 松根東洋城
元朝の日がさす縁をふみありく 臼田亞浪 定本亜浪句集
元朝の晴れ曇りまた晴れにけり 小澤碧童 碧童句集
元朝の梟鳴くなり瑞泉寺 皆川白陀
元朝の母に仕へて正信偈 塩谷かずを
元朝の氷すてたり手水鉢 高浜虚子
元朝の泳者ぞ潜く浪の音 石川桂郎 四温
元朝の浜に溢るる大漁旗 石丸泰子
元朝の海へ漕ぎ出て舟神楽 岡村紀洋
元朝の焼嶽の頂蓮華座に 宮武寒々 朱卓
元朝の燭を掲げて仕込蔵 星野佑美
元朝の父こまごまと侍かれ 永井龍男
元朝の祗園はよかり白朮酒 後藤比奈夫 紅加茂
元朝の空侵しゆく鴨のこゑ 原裕 青垣
元朝の薄日黄ろき大路かな 内田百間
元朝の薄曇なる庭の匂ひ 内田百間
元朝の見る物にせん富士の山 山崎宗鑑
元朝の護摩焚いてをり滝の前 角川春樹 夢殿
元朝の音のすなはち海苔砧 青木重行
元朝の鮒たべてはやなまぐさし 中山純子 沙 羅以後
元朝や「胡馬採録」の詩章読む 小原菁々子
元朝やほど経しよりの人通り 小林晨悟
元朝や一鳥もなき朝茜 原コウ子
元朝や二世に仕へ式部官 東洋城千句
元朝や人々の足地に接し 清水昇子
元朝や今年ものぼる白鷺城 五十嵐播水 播水句集
元朝や去年の火残る置炬燵 日野草城
元朝や夫の釣りたる鯛を焼く 本間みち子
元朝や婆羽子突いて座の興に 小原菁々子
元朝や家紋さだかに床の物 河野南畦 湖の森
元朝や屋根雪落ちて四方の音 高田蝶衣
元朝や山に離れて山を見る 斎藤梅子
元朝や恍惚として指の傷 岸田稚魚 筍流し
元朝や未だつくろはぬ妹が髪 柴田宵曲
元朝や朱塗りの馬車の一家族 池内友次郎 結婚まで
元朝や真水のごとき佛の間 長谷川せつ子
元朝や真鯛の口の一文字 今泉貞鳳
元朝や祝祷の比丘五百人 河野静雲 閻魔
元朝や神代の事も思はるゝ 守武
元朝や窓に横たふ梅一枝 竹冷句鈔 角田竹冷
元朝や笛吹く鳥を鳶と云ふ 藤森成吉 蝉しぐれ
元朝や船をめぐりて青海波 上ノ畑楠窓
元朝や阿弥陀をろがむ主にて 野村喜舟 小石川
元朝や飲食初めに漢方薬 関森勝夫
元朝や鼠顔出すものゝ愛 炭 太祇 太祇句選
元朝を伊勢や熊野の冬の人 京-晩山 元禄百人一句
御燈によき元朝のけしきかな 増田龍雨 龍雨句集
鶴ケ岡や元朝の女色らみな舞はむ 日夏耿之介 溝五位句稾
こぼれ温泉の凍てたるを踏み大旦 木村蕪城 寒泉
どの海も海と繋がる大旦 辻美奈子
ひたすらに風が吹くなり大旦 中川宋淵(1907-84)
ふるさとの富士と真向ふ大旦 中村苑子
まづもつて点す灯のあり大旦 手塚美佐 昔の香
よろこんで海を見にゆく大旦 星野麦丘人
わが椅子のバネの健在大旦 西谷孝
万燈に闇生きてゐる大旦 狹川青史
人てふは影にすぎざり大旦 齋藤玄 『無畔』
北斉の涛たちあがる大旦 服部佐多江
十匹の猫も座を占め大旦 佐藤和夫
厠紙あらあらしくも大旦 中田剛 珠樹以後
大旦はじめの言葉嬰が出す 長谷川双魚 『ひとつとや』
大旦むかし吹きにし松の風 上島鬼貫
大旦出雲の国の日浴びたり 大橋敦子
大旦昨日と違ふ風が吹く 高田潤一
大旦血はさらさらと流れをり 中澤康人
奥の湯へ橇おしのぼる大旦 小林碧郎
床鳴らす馬に飼ひ葉や大旦 黒沢貞夫
戸々の屑集ひ富士形大旦 香西照雄 対話
手のとどくところに鈴や大旦 村越化石
撫でて在る目のたま久し大旦 三橋敏雄 眞神
旧景が闇を脱ぎゆく大旦 中村草田男(1901-83)
松毬の燠浄らかに大旦 大竹孤悠
柿あれば柿うごきそむ大旦 斎藤玄 雁道
檻の中めし粒散つて大旦 吉本伊智朗
民法を繙いてゐる大旦 森井美知代
浦凪ぎて噴湯すなほに大旦 前田鶴子
海か河かうごく頻波大旦 竹中宏 句集未収録
湧くごとく鶫飛び立つ大旦 森 玲子
潮いまむらさきなせり大旦 伊丹さち子
獣園の鬱と晴れたる大旦 長谷川双魚 風形
百鶏に水ゆきわたる大旦 中島畦雨
睾丸の精神赭し大旦 永田耕衣 自人
神の火の煤が降りけり大旦 藤井 瞳
竜神の海千山千大旦 実籾 繁
竹ゆれてしづかに来たる大旦 上田貴美子
裏山にまずものを言う大旦 杉本雷造
覚めてわが息静かなる大旦 下村ひろし 西陲集
野の音は雲にとどかず大旦 藤田湘子
鉄柵の基地静まれり大旦 中林利作
銀鼠に空の整ひ大旦 高澤良一 寒暑
雪の田の上に雪舞ふ大旦 坂本山秀朗
雪沓のきしみゆくより大旦 金尾梅の門 古志の歌
響くもの地にこもらせて大旦 六本和子
鶏旦やわたつみになほ星のこり 森澄雄
むらぎもの据り処を歳旦吟 高澤良一 寒暑
力んだりするから額縁歳旦吟 高澤良一 鳩信
南山を流るる水や歳旦 露月句集 石井露月
回顧詠ばかりに尽きぬ歳旦吟 高澤良一 随笑
宝刀の切字を頼む歳旦吟 高澤良一 ぱらりとせ
歳旦のわれは硯のあるじかな 小澤碧童 碧童句集
歳旦の人住む筧溢れけり 鈴木頑石
歳旦の光芒を統べ神の犬 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
歳旦の大河となつて音たてず 長谷川かな女 花寂び
歳旦の幣なびかせぬ滝の神 羽田岳水
歳旦の息昂ぶらせ庭の犬 河野南畦 湖の森
歳旦の海凪ぐと見て戻りけり 福永耕二
歳旦の目出度きものは念仏かな 大谷句佛 我は我
歳旦の砂丘涅槃のごとくにも 中島南北
歳旦の雲ちりぢりに犬ねむる 加藤楸邨
歳旦やからかひ心大事とし 高澤良一 燕音
歳旦や扇開きにうろこ雲 伊東宏晃
歳旦や芭蕉たゝへて山籠り 飯田蛇笏 霊芝
歳旦や虚構す文字の冴えやすし 松澤昭 神立
歳旦吟それらしく詠む其処が駄目 高澤良一 随笑
歳旦吟二三打出の小槌より 高澤良一 さざなみやっこ
歳旦吟何処となく腹座らざり 高澤良一 さざなみやっこ
歳旦吟作り今からそんな莫迦な 高澤良一 鳩信
歳旦吟古風当風張り合うて 高澤良一 鳩信
歳旦吟活字大きく胸を張り 高澤良一 随笑
歳旦吟言葉飾らぬ生地の佳さ 高澤良一 燕音
歳旦吟踏まえ所が大事なり 高澤良一 宿好
谷戸を出て歳旦の海しづかなる 渡辺大年
鶏冠は歳旦の日をあつめたり 佐川広治
歳旦吟大き活字で無難なり 高澤良一 随笑
ザラ紙に鉛筆とりて歳旦吟 高澤良一 石鏡
我が起てる埃の見ゆる大旦 高澤良一 石鏡
あべこべに肌着着たるか大旦 高澤良一 石鏡
元朝の煙草を買ひにボテボテ着 高澤良一 暮津

元旦 補遺

QorS形梵天大糞古元旦 永田耕衣
いのちなりけり元旦の粥の膜ながれ 能村登四郎
うつかりと元日の朝の長寢哉 正岡子規 元旦
うひうひし妻と相対ひ元旦なり 日野草城
かくなれば百歳に挑む大旦 山口青邨
けさはけさの日がさしてきて元旦照りわたり 荻原井泉水
こぼれ温泉の凍てたるを踏み大旦 木村蕪城 寒泉
と見かう見して元旦の巣箱出ず 鷹羽狩行
まだ夜なり西のはてには今朝の不二 正岡子規 元旦
むくろじの空ひろごりし大旦 亭午 星野麥丘人
ゆきつばきいしくも咲けり大旦 山口青邨
をちに犬こちに鶏大旦 鷹羽狩行
人はいさ吾は元旦の日章旗 林翔
今年はと思ふことなきにしもあらず 正岡子規 元旦
元日や朝からものゝ不平なる 正岡子規 元旦
元旦に淵明集が祭られき 相生垣瓜人 明治草
元旦に追つかれけり破衾 正岡子規 元旦
元旦に鳴神勇む音すなり 相生垣瓜人 明治草
元旦のしじまは欲らず軍靴征き継げ 伊丹三樹彦
元旦のつたなき吟や神の前 山口青邨
元旦の一艇水先案内す 阿波野青畝
元旦の位牌笑つてゐるやうな 鈴木真砂女 紫木蓮
元旦の埠頭に瀬戸の舟つけり 杉田久女
元旦の墓に詣でゝ落ちつきぬ 星野立子
元旦の天色類を絶しけり 相生垣瓜人 明治草
元旦の日矢摩利支天岳剣が受く 山口青邨
元旦の最初の客の皓歯かな 能村登四郎
元旦の未だ踏まれざる蓆道 能村登四郎
元旦の歯をていねいにみがきけり 日野草城
元旦の汽罐車とまり大きな黒 加藤秋邨
元旦の海昏れかかる味気なさ 鈴木真砂女 都鳥
元旦の深山鴉のなまめかし 橋閒石 微光
元旦の火種絶えたる竃口 飯田龍太
元旦の焜炉をあふぎはじめけり 日野草城
元旦の爪だつ素足見てさめき 加藤秋邨
元旦の産屋の吾子に今見ゆ 高田風人子
元旦の畦のしづかにならびたる 長谷川素逝 村
元旦の老松皮を固めけり 渡邊水巴 富士
元旦の賀客即ち見舞客 石塚友二 玉縄以後
元旦の道紅天馬紅蝙蝠 山口誓子
元旦の頭中の鯉は異なるもの 斎藤玄 雁道
元旦の餅を焦せしあろじかな 日野草城
元旦の馬子よりも馬うなづきて 平畑静塔
元旦の馬車見る人や丸の内 正岡子規 元旦
元旦やいつもの道を母の家 星野立子
元旦やされば野川の水の音 小西来山
元旦やふどしたゝんで枕上ミ 村上鬼城
元旦や二十五年のひとりもの 日野草城
元旦や前山颪す足袋のさき 飯田蛇笏 山廬集
元旦や力を出さず声立てず 桂信子「草影」以後
元旦や古色めでたき庵の妻 日野草城
元旦や大樹のもとの人ごゝろ 加舎白雄
元旦や寒気の匂ひ菊の如し 渡邊水巴 富士
元旦や小柄ながらも伊勢の鶏 阿波野青畝
元旦や束の間起き出で結び髪 杉田久女
元旦や生簀ごもりの海老鮑 鈴木真砂女 居待月
元旦や老松我を撞く鐘ぞ 永田耕衣
元旦や船総揚げの船溜り 鈴木真砂女 居待月
元旦や遠き島より来し便り 上村占魚 鮎
元朝といふ別々の寒さあり 飯田龍太
元朝と思ひしもすぐ薄暑めき 高田風人子
元朝にして黒猫の爪の音 飯田龍太
元朝にはくべき物や藁草履 風国
元朝に何もいそがぬ徳ひとつ 曽良
元朝の 沐浴以前 以後の群 伊丹三樹彦
元朝のやはらかき日や廻り来し 石塚友二 玉縄以後
元朝のオルゴール「信濃の国」のうた 木村蕪城 寒泉
元朝の上野靜かに灯殘れり 正岡子規 元旦
元朝の不二ふたつ見んうらやまし松窓乙二
元朝の兵浴場美き裸像溢れ 伊丹三樹彦
元朝の市電市バスの動けるよ 右城暮石 句集外 昭和三十七年
元朝の日がさす縁をふみありく 臼田亜郎 定本亜浪句集
元朝の泳者ぞ潜く浪の音 石川桂郎 四温
元朝の真白なる挙手ゆききせり 伊丹三樹彦
元朝の祇園はよかり白朮酒 後藤比奈夫
元朝の空侵しゆく鴨のこゑ 原裕 青垣
元朝の虹の立ちたること知るや 稲畑汀子
元朝の遠火事に覚め居たりけり 岡本眸
元朝やいやしからざる麦のいろ 卓池
元朝やしみじみと吾が赭ら顔 松崎鉄之介
元朝やそろ~明て何小紋 許六
元朝やよつにたゝみし帋衾 成田蒼虬
元朝やわれは神國の男なり 正岡子規 元旦
元朝や何となけれど遅ざくら 路通
元朝や去年の火残る置炬燵 日野草城
元朝や器に遊ぶ氷ども 木因
元朝や声先んじて晴れをいふ 能村登四郎
元朝や恍惚として指の傷 岸田稚魚 筍流し
元朝や皆見覺の紋處 正岡子規 元旦
元朝や神代のことも思はるゝ 荒木田守武
元朝や米くれさうな家はどこ 正岡子規 元旦
元朝や虚空暗く但不二許り 正岡子規 元旦
元朝や起されてゐる宿の天 日野草城
元朝や車ときめく二重橋 正岡子規 元旦
元朝や飛鳥の村の鍬一丁 有馬朗人 知命
元朝や鼠顔出すものゝ愛 炭太祇
凡おもつて見れば当流の歳旦や神代の歌 知足
千代田城松みどりなる大旦 飯田蛇笏 白嶽
古男にも元朝の力瘤 後藤比奈夫
国~の歳旦しれし此三十日 子珊
大仏の頭に元朝は神のこゑ 飯田龍太
大旦しづごころなき八幡駒 山田みづえ まるめろ
大旦なりけり海老寝より覚めて 能村登四郎
大旦なり枕ばなれも常ならず 能村登四郎
大旦むかし吹きにし松の風 上島鬼貫
大旦深き靨の衰へに 飯島晴子
大旦老松は猶秋深し 永田耕衣
大月のまゝに元旦こえにけり 原石鼎 花影以後
戸々の屑集ひ富士形大旦 香西照雄 対話
排泄を神と思い遅れけり大旦 永田耕衣
撫でて在る目のたま久し大旦 三橋敏雄
旧景が闇を脱ぎゆく大旦 中村草田男
更けし元旦音あるやうななきやうな 鈴木真砂女 都鳥
柴山の柴のにぎはひ大旦 鷹羽狩行
柿あれば柿うごきそむ大旦 斎藤玄 雁道
樹々の雪かたみにはぜて大旦 角川源義え
正邪みな前向きすすむ大旦 中村草田男
歳旦の墓のほかわが訪ふ師なし 安住敦
歳旦や芭蕉たたへて山籠り 飯田蛇笏 山廬集
歳旦や芭蕉たゝへて山籠り 飯田蛇笏 霊芝
牙郎点者歳旦帳や相場状 越人
物音もなく元旦の明けにけり 松崎鉄之介
琴その他元旦の音野に出でゆく 岸田稚魚 雁渡し
琴其の他元旦の音野に出でゆく 岸田稚魚 負け犬
祝聖の灯に靄だちて大旦 飯田蛇笏 心像
空が空一いろの元旦 荻原井泉水
総理石をかたりて元旦あたたかきは好し 荻原井泉水
草に木に好い雨が元旦しずかな人間に雨 荻原井泉水
虚空ゆく禽の目ふたつ大旦 藤田湘子 てんてん
袴著の足が痺れる大旦 佐藤鬼房
野の音は雲にとどかず大旦 藤田湘子
鐘撞くや天割れ地割れ大旦 永田耕衣
風やんでけさ元日となりにけり 正岡子規 元旦
風吹てつめたき年のあした哉 正岡子規 元旦

以上

by 575fudemakase | 2017-03-21 05:46 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26732872
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

朝冷 の俳句
at 2017-10-16 09:58
雨冷 の俳句
at 2017-10-16 09:57
秋冷 の俳句
at 2017-10-16 09:56
ひえびえ・ひやひや の俳句
at 2017-10-16 09:54
秋湿り の俳句
at 2017-10-16 03:21

外部リンク

記事ランキング