2016年 8月 ねずみのこまくら句会の諸句

2016年 8月 ねずみのこまくら句会の諸句

予選でザッと句を抜いてみたら、下記の如くとなった。
句の前の番号は、選句稿の通し番号
気づいた点ズバズバとやりますが妄言陳謝。

2天平仏青葭一本高き供花
3中庭に平笊十枚梅干しぬ
5揚花火独立記念日夜を徹し
8七日盆小餅の予約済ませけり
9初秋の水面に鳥の飛び交ひて
12青葉木兎眠りつく間の泰さかな
15魂棚の父母の句帳に眼鏡添へ
23勉強は明日やるよと花火の夜
25姦しく鬼灯籠を提げて乗る
27八月大名爪を磨いてみたくなり
29夜に蛾の張り付きしまま朝の窓
32釣り堀の誰も釣る気のなささうな
33雷に焦ぐ大樹も神としてさやか
35盆僧の御足の怪我に椅子用意
36夕焼けて千木の金泥神宿る
39夕日より赤きギヤマン耳飾
46大護摩火消えたる闇にあをばづく
47山蛭降る俊寛妻子隠れ窟
54禅定の白鷺佇てる一脚に
59流るると見えて水母の泳ぎをり
61夏山を借景にして文学部
63ビル街の空縦横に夏燕
66為損じの苦笑幾度蟻地獄
69立秋や浦曲の空に魚を干し
70合歓の花峡に嫁ぎしパリジェンヌ
78走り穂の甘き香流る御神田かな
80築山の笹刈り濟ませ汗の顔
83ビー玉に海の色ある夏夕べ
87瀬田川の下流をひとりカヌー漕ぐ
88夕焼けの雲上真っ只中を航く
89飛ぶ時の羽音高しよ唖の蝉
90帰省子の一日たりとも家に居ず
95同齢の葬を昨日に螻蛄の鳴く
97鷺草の枯れかけてなほ飛ぶ構へ
99野良に出る渦巻蚊遣二つ折り
101蜩の率ゐるものとつくものと
102ひづめあるもの集ひ来る泉かな
109地ぼてりや義民宗吾の直訴道
110ひぐらしや一人っきりの野良帰り
112見えねども頬過る風今朝の秋
113書く手止め真夜の蝉声聞いてをり
115ビール酌む水上飛行機の灯を見つつ
123宣言と言へないまでも梅雨開くる
128空蝉の姫ひおうぎにすがりをり
134初秋の湖の艇庫を開け放し
136はらからの吾れのみ残る断腸花
137桔梗や朝の空気のひんやりと
140地蔵盆蝗の飴煮売り切れに
141をととひのままの日捲り梅雨明けぬ
152麦藁帽一と雨のきてよれよれよ
153夕焼をひとり下校のランドセル
158岩牡蠣はてのひら程や海の家
162羽抜鳥につぶらな瞳ありにけり
169父の日のそれはなかなかいい話
178線香の焦げ跡二本盆畳
180阿蘇噴煙くっきり白く梅雨明けぬ
181立秋や歩くすがたの雲とゐて
182竹串の白き肌(はだえ)や鮎を打つ
185水の裏ばかりを金魚見て泳ぐ


以上
by 575fudemakase | 2017-03-26 09:07 | ねずみのこまくら句会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26744101
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。