手毬の俳句

手毬の俳句

手毬 

国讃めのやがて人恋ふ手毬唄 奥坂まや
大地より湧くゆふぐれよ手鞠唄 熊谷愛子
玻璃の中手鞠は彩をしづめたる 大橋敦子
戦前といふ世ありけり手毬唄 岡本眸
階段の下暗かりき手毬唄 岡本眸
ふくいくと雲の生まるる手毬唄 三田きえ子
色鳥の手毬返しを滝がしら 赤松[ケイ]子
立春の雪のふかさよ手鞠唄 石橋秀野
日の当る川向ふより手毬唄 犬飼久子 『寧日』
神楽巫女幼なにまじり手毬つく 竹腰千恵子 『和景』
良寛の手毬へ蝶も吹かれゆく 石田章子 『雪舞』
回診を素知らぬ顔の手毬唄 佐藤斗星 『七草の籠』
死期近き姉の唇より手毬唄 沢藤紫星 『活字架』
立秋や一つは白き加賀手鞠 大井雅人
数といふうつくしきもの手毬唄 鷹羽狩行
手毬つき身のうち暗くほの紅く 齋藤愼爾
あらぬ方へ手毬のそれし地球かな 川崎展宏
手毬唄肥後と紀州をゆききせり 秋山幹生
節まはし母より継ぎぬ手毬唄 小川夕蛙
戦いの唄しか知らぬ手毬唄 雨宮町子
母召され残る手毬と夢二の絵 片寄みづえ
わが染めし糸もて刺しし手毬かな 山岸 修
桃割れの母の写真や手毬唄 田中勝子
手毬唄賽の河原の児も冷えて 中丸義一
曼陀羅や手繰りてつなぐ手毬唄 長谷美知子
ガリレオの振子はずれる手毬うた 五十嵐米子
二度童子次々に出る手毬唄 河村純子
霧ごめの川中島の手毬唄 荻野富義
手毬唄父の家郷と思はばや 藤木倶子
雪暗の手毬・折鶴・蔵座敷 佐藤きみこ
終ひの地と思へば手毬強くつく 小澤克己
焼跡に遺る三和土や手毬つく 中村草田男
ひとりつ子だんだん強く手毬つく 岡田由季
杣の子の二つ持ちたる手毬かな 村上鬼城
冬凪や紀州手毬の糸の艶 大頭美代子
つく手まり宙にとどめて菊人形 中島たけ子
手鞠つき羽子遣る程になりにけり 手毬 正岡子規
目の黒ひ人と生れて手鞠かな 手毬 正岡子規
子を負て子守鞠つく片手業 手毬 正岡子規
目の黒い人に生れて手鞠哉 手毬 正岡子規
眞黒な手鞠出てくる炭團哉 炭団 正岡子規
手鞠つく拍子にあはす薺哉 薺 正岡子規
蝶々に手鞠あやつる唐子かな 蝶 正岡子規
著莪咲けばわらべに戻り手まり唄 清水千恵
蔓手毬登りつめたる空のあり 中谷みつえ
円空仏笑ませ給へり手毬花 野田しげ
手毬咲きぬ山村憲法記念の日 水原秋櫻子
行春や版木にのこる手毬唄 室生犀星
立春の雪のふかさよ手鞠唄 石橋秀野
橘寺垣を低めに手毬唄 高澤良一 ねずみのこまくら
寝ころぶや手まり程でも春の山 一茶
寝ねし子の胸を離るゝ手毬かな 山本八杉
祖母となり唄つてやりぬ手毬歌 山崎房子
大和路の塔づくしなる手毬歌 安田晃子
手鞠唄母の山河を聞くごとし 籏先四十三
スカートに隠して終る手毬唄 鈴木尚子
いろごとの唄と知らずに手毬つく 小林樹巴
だんだんに怖ろしくなる手毬唄 青木栄子
余生また一にはじまる手毬唄 川崎光一郎
底力つけて波来ぬ手鞠唄 伊澤のりこ
大仏の背山密々手鞠唄 大石香代子
手毬真つ赤堅き大地に跳ね返り 河内静魚
手毬唄おもひだすまでつきにけり 若井新一
手毬唄西のことばに溺れけり 伊沢恵
手毬つく手首天地へ上下せり 鳥居真里子
手毬唄上手につけぬ子が歌ふ 松田美子
国讃めのやがて人恋ふ手毬唄 奥坂まや
数ふるははぐくむに似て手毬唄 片山由美子
手毬三つ並べて夢のはじめかな 永島靖子
病むひとのうたひはじめし手毬唄 廣瀬町子
遠くの子帰る手毬を抱きにけり 千葉皓史
手毬唄十は深雪の十日町 大井戸辿
それぞれに手毬の高さついてをり 岡安仁義
火の山へ手毬の消えてゆきさうな あざ蓉子
手のひらに吸ひつくように手毬突く 吉田銀葉
天の戸の明く手毬唄聞き惚るる 依田明倫
飾られて遠き唄声ある手毬 水田むつみ
手毬唄十を遠野とうたひけり 小原啄葉
手毬唄止みしは毬の逸れしなり 大串章
をみなごの二人和しゐる手毬唄 伊藤敬子
鶴亀の手毬の糸のからみやう 長谷川久々子
海鳥のまためぐりくる手毬唄 友岡子郷
手毬つく六波羅蜜寺石だたみ 山田弘子
手毬買ふ城ある街を風が巻き 鍵和田[ゆう]子
手毬唄とをを数へてまた一へ 原裕
数といふうつくしきもの手毬唄 鷹羽狩行
手毬突く石の仁王に唄聞かせ 宮津昭彦
とこしへに数を捨てゆく手毬うた 八田木枯
手毬つく諏訪を出できしねむたさよ 藤田湘子
板の間は母に近くて手毬つく 岡本眸
聞きほれて二度目はあはれ手毬唄 森澄雄
手毬唄牧も雪降るころならむ 飯田龍太
はね上る手毬の彼方社ある 上野泰
日をめぐる地球に生れ手毬唄 野見山朱鳥
手毬唄ここのつ十はさびしけれ 能村登四郎
手毬唄終りは海の父待つ唄 加倉井秋を
手毬唄片言にいふをともに言ふ 篠原梵
つきそれし手毬をひろひ夕ごころ 福田蓼汀
一人唄ふ一つの歌の手毬唄 池内友次郎
手毬つく髪ふさふさと動きけり 山口波津女
正月の月が明るい手まり歌 細見綾子
手毬唄きこゆ生涯の家と思ふ 大野林火
焼跡に遺る三和土や手毬つく 中村草田男
降りだして雪あたたかき手毬唄 加藤楸邨
雪さそふものとこそ聞け手毬唄 久保田万太郎
手毬つくてんてん響きくる書斎 山口青邨
糸の紅みだれて古りし手毬あり 水原秋櫻子
人のつく手毬次第にさびしけれ 中村汀女
抱へたる大緋手鞠に酔ふごとし 飯田蛇笏
傾城のわらべがましき手毬かな 万容
手毬子よ三つとかぞへてあと次がず 臼田亜浪
手毬唄かなしきことをうつくしく 高浜虚子
手毬唄うたひ伝へてなつかしき 高浜虚子
汁鍋に手鞠はね込む笑ひかな 成美
催馬楽の下にはたたじ手鞠歌 二柳
口馴れし百や孫子の手毬うた 太祇
良寛の手鞠のごとく鶲来し 川端 茅舎
鬼子母神手まりを吊りし花御堂 疋田華子
囀りや良寛の寺手鞠売る 山田春生
三笠山ころげ落ちくる手毬かな 野村泊月
秋日差す綾子生家の加賀手毬 中野はつえ
浜日和椿の御所に手毬つく 佐野美智
鬼子母神手まりを吊りし花御堂 疋田華子
神楽坂夜更けて手毬唄流る 阿久津渓音子
良寛の手毬の如く鶲来し 川端茅舎
手毬咲き山村憲法記念の日 水原秋桜子
白鳥の眠り手毬のごときかな 冨田正吉
ふくろふに真紅の手毬つかれをり 加藤楸邨
冬眠の蛇は手毬を抱きしまま 鳥居真里子
風見鶏手毬唄どこさ千葉さ 青木京子
国讚めのやがて人恋ふ手毬唄 奥坂まや
顔よりも大きな手毬さしあげて 宮崎すみ子
母へ濤へ濤へ母へと手毬つく 小林進
ゆるゆると煮含めてやる手毬唄 菊池久子
柩打つ音は空耳手毬唄 樫本つた女
手毬つく憶良の歌の子がふたり 海老名緋紗女
山の子と馬の仔遊ぶ手鞠花 花村愛子
遅刻児に海垣間見ゆ手毬花 磯貝碧蹄館
瑠璃沼を高きより見る蔓手毬 小野宏文(橡)
母あらず手鞠つく子に羽子突く子に 後藤比奈夫 めんない千鳥
手毬歌狂へば毬の手が乱る 古市絵未
山襞に入る往還や手鞠唄 綾部仁喜 寒木
大手毬小手毬手毬ほろぶとも 矢島渚男 延年
沈む日の大きかりける手毬唄 片山由美子 天弓
数ふるははぐくむに似て手毬唄 片山由美子 天弓
手毬買ふ城ある町を風が巻き 鍵和田[ゆう]子 浮標
六つとや母のつまづく手鞠唄 大石悦子 百花
湖の波は小刻み手鞠唄 茨木和生 往馬
どの村も雨のいちにち手毬唄 友岡子郷 翌
あらぬ方へ手毬のそれし地球かな 川崎展宏 冬
散りかゝる雲の玉水手毬唄 川崎展宏
石垣を飛降りる子や手毬持ち 川崎展宏
手毬つく十まで数ふことできて 成瀬櫻桃子 素心
手毬ころがつて七いろ溶けにけり 山田弘子 こぶし坂以後
手毬つく六波羅蜜寺石だたみ 山田弘子 こぶし坂
あらたまの手毬麩かがる糸の数 黒田杏子 花下草上
終ひの地と思へば手毬強くつく 小澤克己
恙なきこの世ならねど手毬唄 佐藤鬼房
聴きたしや杉田久女の手毬唄 菅原鬨也
唄ひつつ母を廻れる手毬の子 伊藤道明
手毬唄ここのつ十はさびしけれ 能村登四郎
手毬唄かなしきことをうつくしく 高浜虚子
正月の月が明るい手まり唄 細見綾子
良寛の手鞠の如く鶲来し 川端茅舎
瓜の花手毬つく子の出羽訛り 池田義弘
つく手毬つかぬ手毬と両脇に 中村七三郎
行春や版木にのこる手毬唄 犀星 (「加賀手毬唄集」を読む)
歌面白かへかへ手毬かへ手毬 北村雪山
玻璃の中手鞠は彩をしづめたる 大橋敦子 手 鞠
手毬唄牧も雪降るころならむ 飯田龍太
獄に棲む魑魅が手毬ついてをり 角川春樹
昼の空いよいよ碧き手毬唄 森澄雄
唄ひつつ母を廻れる手毬の子 伊藤通明
手毬つく十まで数ふことできて 成瀬櫻桃子
数ふるははぐくむに似て手毬唄 片山由美子
つきそれし手毬を拾ひ夕ごころ 福田蓼汀
つまづきし如く忘れし手毬歌 橋本多佳子
手毬唄ここのつ十はさびしけれ 能村登四郎
手毬唄きこゆ生涯の家と思ふ 大野林火
焼跡に遺る三和土や手毬つく 中村草田男
人のつく手毬次第にさびしけれ 中村汀女
手毬つくてんてん響きくる書斎 山口青邨
しののめの吹雪やみたる手毬唄 橋石
正月の月が明るい手まり歌 細見綾子
手毬唄哀しかなしきゆゑに世に 久保田万太郎
手毬唄かなしきことをうつくしく 高浜虚子
良寛の手鞠の如く鶲来し 川端茅舎
手毬咲きぬ山村憲法記念の日 水原秋櫻子
行春や版木にのこる手毬唄 室生犀星
蔓手毬岨道細くなるばかり 松本秩陵
蔓手毬白し霧濃きその朝も 柴田黒猿
杉檜槙も太しや蔓手毬 宮崎素直
それたがる手毬に機嫌ありにけり 内藤悦子
手毬唄かなしきことをうつくしく 高浜虚子
手毬つく門出るでなく入るでなく 千原草之
手毬唄坊主づくしはにぎやかに 河野静雲
唄のなき手毬つきして根室の子 大島早苗
手毬唄歌ひつきつゝ終りなく 特留菖堂
人のつく手毬次第にさびしけれ 中村汀女
唄切れて手毬つく音つゞきをり 中田はな
年玉の十にあまりし手毬かな 高浜虚子
唄ひつつ母を廻れる手毬の子 伊藤通明
紀の国の海の明るき手鞠唄 栗田ひろし
最はての濤音重ね手鞠唄 古賀まり子
要なきに十まで覚え手鞠唄 能村登四郎
岩木嶺は大きく手毬唄やさし 成田千空
海女の子のひとりになれし手毬唄 栗林田華子
手毬の子妬心つよきはうつくしき 石原舟月
焼跡に遺る三和土や手毬つく 中村草田男
手毬つく十まで数ふことできて 成瀬櫻桃子
つきそれし手毬を拾ひ夕ごころ 福田蓼汀
ふるさとや雪きしませて羽子手毬 臼田亜浪
はつはるや金糸銀糸の加賀手毬 田村愛子
手毬買ひ旅の越後は日短し 中山純子
古き世の手毬つたふる夜なべかな 藤岡筑邨
瓜の花手毬つく子の出羽訛り 池田義弘
園児等の手毬遊びや良寛忌 青柳薫也
手毬咲き山村憲法記念の日 水原秋櫻子
顔よりも大きな手毬さしあげて 宮崎 すみ子
良寛の手鞠の如く鶲来し 川端茅舎
伊勢手毬針返すよう夏燕 鱸久子
甘茶寺手鞠がたきのなつかしや 若林いち子
手毬にいとど乗る人生の央ばなれ 原子公平
春雨に夜通し母の手毬唄 吉田さかえ
手毬唄この辺の子でない子ゐる 鈴木伸一
手鞠唄やがて怒濤と成りいたり たまきみのる
全滅の地をしずめんとつく手毬 内田正美
手毬唄日向のひとつづつ消えて 関戸靖子
日のあとをめぐれる月や手毬歌 齋藤愼爾
手鞠唄とをを数へて又一つ 原裕 『王城句帖』
昼寝覚赤き手鞠のかがられし 波多野爽波 『一筆』以後
老い下手や綾の手毬をたなごころ 野澤節子 『駿河蘭』
手鞠つく傍に水仙貧血す 田川飛旅子 『外套』
淡雪の空の明るき手まり唄 柴田白葉女 『朝の木』
手毬唄終りは海の父待つ唄 加倉井秋を 『欸乃』
待春の門の手鞠のよくはづむ 『定本石橋秀野句文集』
立春の雪のふかさよ手鞠唄 『定本石橋秀野句文集』
良寛の手鞠の如く鶲来し 川端茅舎
手毬咲きぬ山村憲法記念の日 水原秋桜子
行春や版木にのこる手毬唄 室生犀星
しもやけや忘じてとほき手鞠唄 屋崎道子
我が門やよその子遊ぶ手毬歌 高橋淡路女
望郷や半ば忘れし手毬唄 横原律子
手鞠つく髪ふさふさと動きけり 山口波津女
数ふるははぐくむに似て手毬唄 片山由美子
焼跡に遺る三和土や手毬つく 中村草田男
つまづきし如く忘れし手毬歌 橋本多佳子
手毬手に母を懐ふは美しき 富安風生
手毬唄ここのつ十はさびしけれ 能村登四郎
手毬唄きこゆ生涯の家と思ふ 大野林火
子供の名忘れし母の手毬唄 西浦一滴
人のつく手毬次第にさびしけれ 中村汀女
手毬唄かなしきことをうつくしく 高浜虚子
母逝くや手毬ひとつがベットの上 五十嵐直子
手毬つく今は無き橋唄ひつぎ 池田琴線女
軍港と呼びし世のあり手鞠唄 立石せつこ
手毬唄とぎれて手毬それたるや 大木さつき
足元にとぎれし唄の手毬来ぬ 白岩三郎
病むひとのうたひはじめし手毬唄 廣瀬町子
手毬唄うたへば母の声なりし 西川織子
雨の日は雨の明るさ手毬唄 河内静魚
手毬つく皃のない子がひとりゐて 八田木枯
良寛の手毬は芯に恋の反古 宮坂静生
手毬唄とをを数へて又一へ 原 裕
手毬唄かなしきことをうつくしく 高濱虚子
良寛の手鞠の如く鶲来し 川端茅舎
手毬咲き山村憲法記念の日 水原秋櫻子
糸の虹みだれて古りし手毬あり 水原秋櫻子
子の手は火わが手は氷手毬歌 百合山羽公
ミサの座に手毬まろばせ子も侍る 下村ひろし
大和路の塔づくしなる手毬歌 安田 晃子
日喧嘩終へたる子らの手毬唄 橋本榮治
手毬唄うたへば母の声なりし 西川 織子
手毬唄加賀の手毬を飾りけり 酒井みゆき
覚えよき子よとたたへつ手毬唄 小澤満佐子
足元へ跡切れし唄の手毬来ぬ 白岩 三郎
手毬咲き山村憲法記念の日 水原秋櫻子
春宵や地震にまろびし加賀手鞠 宮崎みさを
手鞠唄明日死んでもいいやうな 佐々木六戈 百韻反故 初學
手毬つく今も少女や夢はじめ 橋本榮治 逆旅
寒の雷ひとつ手毬のごとくなり 森下[かじ]之秋
萩流れ手毬の糸を解く如く 上野泰
枸杞の実のつぶら瞳満てり手毬つく 久保田清一
金木犀手毬全円子へ弾む 野沢節子
良寛の手鞠の如く鶲来し 川端茅舎
手毬咲きぬ山村憲法記念の日 水原秋桜子
行春や版木にのこる手毬唄 室生犀星
立春の雪のふかさよ手鞠唄 石橋秀野
手毬唄賽の河原の児も冷えて 中丸義一
夢殿の前に手毬をつき遊ぶ 久保龍
手毬唄その身が毬の雪ふるる 村越化石
ほつれたる手毬の糸は今は赤 河越燕子楼
手毬唄十は東京なつかしと 水上涼子
手毬唄日暮は亡き父恋ふ唄に 加藤知世子
手毬つく土間やはらかに牛の息 阿部子峡
恋知らず唄ふや恋の手毬唄 相川紫芥子
みちのくのかなしき節の手毬唄 村上三良
佝僂の子の帯うつくしき手毬かな 西島麦南
つまづきし如く忘れし手毬歌 橋本多佳子
焼跡に遺る三和土や手毬つく 中村草田男
つきそれし手毬をひろひ夕ごころ 福田蓼汀
手毬唄うたひくれたる人のこと 池内たけし
手毬唄きこゆ生涯の家と思ふ 大野林火
手毬唄手紙の中にこもるなる 滝井孝作
雪さそふものとこそ聞け手毬唄 久保田万太郎
手毬唄かなしきことをうつくしく 高浜虚子
十ついて百ついてわたす手毬かな 高浜虚子
正月や木曾には木曾の手まり唄 仁村美津夫
くになまり伊予には伊予の手毬唄 美子
手毬唄その身が毬の雪ふる子 化石
昼の空いよいよ碧き手毬唄 澄雄
しののめの吹雪やみたる手鞠唄 間石
正月の月が明るい手まり歌 綾子
手毬つく髪ふさふさと動きけり 波津女
妻が持つ継ぐもののなき手毬唄 楸邨
手毬唄片言にいふをともに言ふ 梵
手毬唄きこゆ生涯の家と思ふ 林火
面白く手について来し手毬かな 占魚
手毬唄手紙の中にこもるなる 孝作
手毬の子消えて脳病院の塀 静塔
子の手は火わが手は氷手毬歌 羽公
手毬つく顔付のふとおそろしく 杞陽
手毬唄子の全身が浮きて見ゆ 麦草
老の手にもてあそばるゝ手毬あり たけし
つきそれし手毬をひろひ夕ごころ 蓼汀
手毬の子妬心つよきはうつくしき 舟月
陽の芝にころげて軽き手毬かな 月二郎
つまづきし如く忘れし手毬歌 多佳子
手鞠つくてんてん響きくる書斎 青邨
焼跡に遺る三和土や手毬つく 草田男
手毬唄なほ焼工場聳えたり 波郷
人のつく手まり次第にさびしけれ 汀女
はこせこの子を憎みけり手毬つく 夏山
里に古る良寛さまの手毬唄 静雲
手毬手に母を懐ふは美しき 風生
麻の葉のほつれそめたる手毬かな 喜舟
我が門やよその子遊ぶ手毬唄 淡路女
雪さそふものとこそ聞け手毬唄 万太郎
母慕ふこと綴りけん手毬歌 山梔子
手毬つく唄のなかなるお仙かな 蛇笏
手毬子よ三つとかぞへてあと次がず 亜浪
手毬唄かなしきことをうつくしく 虚子
傾城のわらべがましき手鞠かな 万容
汁鍋に手鞠はね込む笑ひかな 成美
寝ころぶや手まり程でも春の山 一茶
手毬ころがつて七いろ溶けにけり 山田弘子
沈丁花手毬唄から毬それて 神山冬崖
手毬唄赤子の泣いて終りけり 関戸靖子
谷川に手毬流れ来誰が泣きし 森澄雄
手に弾み返し来る地手毬つく 後藤比奈夫
母老いてなほ確かなる手毬唄 岡安仁義
板の間に映り止まる手毬かな 今井つる女
手毬ころがつて七いろ溶けにけり 山田弘子
春の波手毬の音の如つづく 上野泰
手毬つく布哇生れの祖母と孫 保田白帆子
樂想を失ひ手毬唄漂ふ 池内友次郎
毬抱いて歌ひて手毬歌淋し 池内友次郎
人のつく手毬次第にさびしけれ 中村汀女
手鞠つく大きな家とのみ記憶 山口青邨
美しき飾り手毬や草の宿 富安風生
手毬唄かなしきことをうつくしく 高浜虚子
雪さそふものとこそ聞け手毬歌 久保田万太郎
沈む日の大きかりける手毬唄 片山由美子
日のあとをめぐれる月や手毬歌 齋藤愼爾
手毬唄母の世に古りいまに古り 齋藤愼爾
手毬唄やがて消ゆべきものなれど 齋藤愼爾
暗礁や韻あきらかに手毬唄 齋藤愼爾
手鞠唄耳に残りて昼寝覚 柴田奈美
手鞠唄子守りの唄として歌ふ 柴田奈美
盲腸のあたりで手毬ついてをり 大石雄鬼
途中より姉にかはりし手毬唄 小原啄葉
立秋や一つは白き加賀手鞠 大井雅人
胎内の記憶めがねや手毬唄 檜垣桂子
立春の雪の深さよ手鞠唄 石橋秀野
真黒な手鞠出てくる炭団哉 正岡子規
数ふるははぐくむに似て手毬唄 片山由美子 水精 以後
沈む日の大きかりける手毬唄 片山由美子 水精 以後
日のあとをめぐれる月や手毬唄 斎藤愼爾 冬の智慧
藪手毬そこへ乞(こつ)のゆび二つ 安井浩司 風餐
蔓手毬石段限りなく現れぬ 手塚美佐 昔の香
芍薬の芽のまくれなゐ手毬唄 寺井瑞魚
病むひとのうたひはじめし手毬唄 廣瀬町子
ふる里をたがへて手毬唄たがふ 鞍悦子
手毬唄かなしきことをうつくしく 高浜虚子
手毬唄哀しかなしきゆゑに世に 久保田万太郎
手毬唄日向のひとつづつ消えて 関戸靖子
手鞠唄母恋ひをればもどかしく 藤木倶子
良寛の手鞠の如く鶲来し 川端茅舎
鴨たちの手毬のごとく眠りをり 尾崎真理子
大年の父にとびつく子の手毬 百合山羽公
行春や版木にのこる手毬唄 室生犀星 遠野集
年玉の十にあまりし手毬かな 高浜虚子
手毬唄かなしきことをうつくしく 高浜虚子
昔日は恋し手毬をつき唄ふ 高木晴子
手毬買ひ旅の越後は日短し 中山純子
手毬つく十まで数ふことできて 成瀬桜桃子
焼跡に遺る三和土や手毬つく 中村草田男
手毬の子妬心つよきはうつくしき 石原舟月
声にせば覚えてをりぬ手鞠唄 大橋淑子
日向にゐて影がまつくら手毬つく 橋本多佳子
先生が庭の訓へや手毬唄 安藤橡面坊
日のあとをめぐれる月や手毬唄 斎藤慎爾
羽子つこか手毬つこかともてなしぬ 高浜虚子
数ふるははぐくむに似て手毬唄 片山由美子
此里やいく世昔の手毬唄 谷活東
夕日の宿消え入りさうな手毬唄 大野林火
手毬唄かなしきことをうつくしく 高浜虚子
庭広うなげなげ手毬遊びかな 玉越琅々
笹蟹にかゞり初めたる手毬かな 中村烏堂
御門よりころげいでたる手毬かな 野村泊月
永劫の一瞬のため手毬つく 鈴木六林男
大杉の又日を失し蔓手毬 高浜虚子
大手毬小手毬手毬ほろぶとも 矢島渚男
矮鶏の来て飛び上りけり手毬花 麦水
束ねたるげんげん花の手毬かな 武田潯陽
灯台や手毬のやうな春の海 松山足羽
手毬つく祇園町並保存地区 岩崎照子
手毬ついて夏の欅の家の中 岡井省二
忘れてはとばしとばして手毬唄 下村梅子
手毬突く石の仁王に唄聞かせ 宮津昭彦
手毬つき米山さんに雪すこし 下田稔
礎も史蹟の一つ手毬つく 町田しげき
天竺は古りて遠しや手毬唄 櫛原希伊子
手毬唄音譜の型の吊し柿 羽部洞然
手毬唄その身が毬の雪ふる子 村越化石
枝豆や手毬の中にオルゴール 藤岡筑邨
古き世の手毬つたふる夜なべかな 藤岡筑邨
白足袋のつるつる縁やつく手毬 野村喜舟
紙漉きの乾きし土間に手毬つく 長田等
手毬唄江戸誹諧の心ふと 河野静雲
玻璃の中手鞠は彩をしづめたる 大橋敦子
手毬の子妬心つよきはうつくしき 石原舟月
手毬唄終りは海の父待つ唄 加倉井秋を
美智子妃のみそなはしたる手毬これ 西本一都
春の夜の氷の国の手鞠唄 飯田龍太(1920-)
ふくろふに真紅の手鞠つかれをり 加藤楸邨(1905-93)
焼跡に遺る三和土(たたき)や手毬つく 中村草田男(1901-83)
手鞠唄かなしきことをうつくしく 高浜虚子(1874-1959)
手毬つく音にも覚めず塩害田 有働亨 汐路
手毬かくる狐ケ崎の枯芝に 萩原麦草 麦嵐
手毬唄子の全身が浮きて見ゆ 萩原麦草 麦嵐
しののめの吹雪やみたる手鞠唄 橋石 和栲
廊わたる月となるまで手鞠かな 飯田蛇笏 山廬集
庭訓によるともどちや手毬唄 飯田蛇笏 山廬集
手毬かがるひとりに障子日影かな 飯田蛇笏 山廬集
手毬つく唄のなかなるお仙かな 飯田蛇笏 山廬集
手毬つく顔付のふとおそろしく 京極杞陽 くくたち上巻
つきそれし手毬をひろひ夕ごころ 福田蓼汀 山火
灌仏のお寺の庭に手毬つき 阿部みどり女 笹鳴
教へ子のみな上手なる手毬哉 阿部みどり女 笹鳴
手毬唄柿の冬木をひとめぐり 瀧春一 菜園
二三日衣桁のかげの手毬かな 野村喜舟 小石川
手毬つく髪ふさふさと動きけり 山口波津女 良人
萩流れ手毬の糸を解く如く 上野泰 佐介
はね上る手毬の彼方社ある 上野泰 佐介
さくらの芽紅を含める手毬つく 岸風三楼 往来
海老網を干す道せばに手毬つく 鈴鹿野風呂 浜木綿
手毬唄花街に人となりにけり 大橋櫻坡子 雨月
抱へたる大緋手鞠に酔ふごとし 飯田蛇笏 霊芝
ちらかりて手毬もありぬ部屋のうち 高橋淡路女 梶の葉
我が門やよその子遊ぶ手毬唄 高橋淡路女 梶の葉
友ほしう手毬かゝへて出でにけり 高橋淡路女 梶の葉
手毬つくはこせこの鈴下駄の鈴 松藤夏山 夏山句集
はこせこの子を憎みけり手毬つく 松藤夏山 夏山句集
岩木嶺は大きく手毬唄やさし 成田千空 地霊
正月の月が明るい手まり歌 細見綾子
流球の木綿かがりし絲手鞠 後藤夜半
玉藻手繰る思ひ手毬の唄つきず 安斎櫻[カイ]子
窓の日や手毬の唄の夢心 石井露月
からびたる土の白さや手鞠つく 八木三日女 紅 茸
手毬買ひ旅の越後は日短し 中山純子 沙羅
故郷も父母もなき手毬唄 菖蒲あや 路 地
最はての濤音重ね手鞠唄 古賀まり子 緑の野以後
歌ひつぎてのこる明治の手鞠唄 古賀まり子 緑の野以後
遠き日の彩をかがりて加賀手毬 文挟夫佐恵 雨 月
昔は恋し手毬をつき唄ふ 高木晴子 花 季
正月の月が明るい手まり歌 細見綾子 花 季
金木犀手毬全円子へ弾む 野澤節子 牡 丹
淡雪の空の明るき手まり唄 柴田白葉女 花寂び 以後
うろ覚えの皆恋の唄手毬つく 長谷川かな女 雨 月
手毬もつてかなしきときも遊ぶかな 吉武月二郎句集
妻やがて面白くなる手毬かな 吉武月二郎句集
嫁が君妹が手鞠をかくしけり 大谷句佛 我は我
手毬子よ三つとかぞへてあと次がず 臼田亜浪 旅人
御門よりころげいでたる手毬かな 比叡 野村泊月
手毬の子家へはいりぬ藪の風 大峯あきら 鳥道
老の掌にはずむ心のなき手鞠 後藤夜半 底紅
子の手は火わが手は氷手毬歌 百合山羽公 寒雁
大年の父にとびつく子の手毬 百合山羽公 寒雁
山の神にうたたてまつれ手毬の子 木村蕪城 寒泉
山風のつのる手毬をかはりつく 木村蕪城 寒泉
手毬のせ一年生の文机 上野泰 春潮
日輪と並びとゞまる手毬かな 上野泰 春潮
黄の手毬黄の棒が地に立ちにけり 上野泰 春潮
手毬唄かなしきことをうつくしく 高浜虚子
年玉の十にあまりし手毬かな 高浜虚子
いと惜しむ手鞠縁より落ちてんげり 尾崎紅葉
玉といふは古りたりされば手鞠とも 尾崎紅葉
子役者の来て手鞠つく廊下哉 尾崎紅葉
文殻の手鞠はづまぬ遊女哉 尾崎紅葉
良寛の手毬は芯に恋の反古 宮坂 静生
数ふるははぐくむに似て手毬唄 片山由美子
行春や版木にのこる手毬唄 室生犀星 犀星發句集
椽につき庭につき手鞠一人かな 会津八一
手鞠つく寺侍や門の梅 会津八一
立春の雪のふかさよ手鞠歌 石橋秀野
紫の雲の上なる手毬唄 杉田久女
手毬買ふ城ある町を風が巻き 鍵和田釉子
つまづきし如く忘れし手毬歌 橋本多佳子
沈む日の大きかりける手毬唄 片山由美子
数ふるははぐくむに似て手毬唄 片山由美子
玻璃の中手鞠は彩をしづめたる 大橋敦子
蔓手毬石段限りなく現れぬ 手塚美佐
正月の月が明るい手まり歌 細見綾子
我が門やよその子遊ぶ手毬唄 高橋淡路女
手鞠つく天の渚にゐるごとし 奥坂まや
手毬唄日向のひとつづつ消えて 関戸靖子
むささびの巣へはとどかず蔓手毬 大島民郎
手毬ころがつて七いろ溶けにけり 山田弘子
手毬つく六波羅蜜寺石だたみ 山田弘子
七五調乱れて手毬こぼれけり 今瀬剛一
手鞠花ひとのおもかげ花のかげ 瀧井孝作
手鞠唄手紙の中にこもるなる 瀧井孝作
手毬唄その身が毬の雪ふる子 村越化石
手毬突く石の仁王に唄聞かせ 宮津昭彦
大雪や手毬の音の軒つゞき 富田木歩
正月の月が明るい手まり歌 細見綾子 冬薔薇
口馴し百や孫子の手毬うた 炭 太祇 太祇句選
羽子つこか手毬つこかともてなしぬ・・・まり千代、小くに、五郎丸、小時、実花来。
羽子をつき手毬をついて恋をして
羽子つこか手毬つこかともてなしぬ
母姉と謡ひ伝へて手毬唄
まろびたる娘より転がる手毬かな
手毬唄かなしきことをうつくしく
鳴猫に赤ン目をして手まり哉 一茶 ■文政四年辛巳(五十九歳)
涼しさよ手まり程なる雲の峰 一茶 ■文化九年壬甲(五十歳)
手毬つく毬より小さき手毬唄 飯田龍太 遅速
春の夜の氷の国の手鞠唄 飯田龍太 山の影
手毬唄牧も雪降るころならむ 飯田龍太 山の影
谷川を手鞠流れ来誰が泣きし 森澄雄 所生
立春の雪のふかさよ手鞠唄 石橋秀野
ふくろふに真紅の手毬つかれをり 加藤秋邨 怒濤
良寛の遊びしといふ手鞠見る 後藤夜半
手毬唄ここのつ十はさびしけれ 能村登四郎 菊塵
雪さそふものとこそ聞け手毬唄 久保田万太郎 流寓抄
手毬唄哀しかなしきゆゑに世に 久保田万太郎 流寓抄
手毬子よ三つとかぞへてあと次がず 臼田亞浪 定本亜浪句集
手鞠なら散るともあがれ飛びあがれ 智月 俳諧撰集玉藻集
ふくろふに真紅の手毬つかれをり 加藤楸邨
人のつく手毬次第にさびしけれ 中村汀女
手毬唄終りは海の父待つ唄 加倉井秋を
焼跡に遺る三和土や手鞠つく 中村草田男
春を待つ娘心や手鞠唄 井上井月
嫁突はれんりの枝の手鞠哉 井原西鶴
手毬つく顔付のふとおそろしく 京極杞陽
声にせば覚えてをりぬ手鞠唄 大橋淑子
あぢさゐの花や手鞠の染かへし 立花北枝
焼跡に遺る三和土や手毬つく 中村草田男
ふくろふに真紅の手鞠つかれをり 加藤楸邨
手鞠唄かなしきことをうつくしく 高浜虚子

手毬 補遺

あづま路は猿ほめはやす手毬唄 水原秋櫻子 殉教
あの炉火は 祖母のものです 手毬唄 伊丹三樹彦
おゑんちやんといふ子がをりて手毬歌 村山故郷
くらき世をたぐり寄せたる手鞠唄 能村登四郎
こつくりさんこつくりさんほれ手毬唄 岡井省二 鯛の鯛
こり世よりあの世思ほゆ手毬唄 大野林火 月魄集 昭和五十四年
ころげ出て良寛手毬緑蔭へ 林翔
しののめの吹雪やみたる手鞠唄 橋閒石 和栲
その頃の手毬やなぜかぼたん色 飯島晴子
つきそれし手毬をひろひ夕ごころ 福田蓼汀 山火
つまづきし如く忘れし手毬歌 橋本多佳子
はね上る手毬の彼方社ある 上野泰 佐介
ひとり子の手鞠弾める真昼どき 飯田龍太
ふくろふに真紅の手毬つかれをり 加藤秋邨
もし手毬つづいてころげくるならば 岡井省二 夏炉
よどみなく童女うたふや手毬唄 水原秋櫻子 緑雲
ガード一角冬日が溜り手毬つく 飴山實 おりいぶ
五合庵ほどの板の間手毬突く 阿波野青畝
京の宿に旅のいとまの手毬歌 村山故郷
人のつく手毬のほどを唄ひけり 中村汀女
人のつく手毬次第にさびしけれ 中村汀女
人の世を又神の世を手毬唄 上野泰
人の顔見えずあるひは手毬唄 加藤秋邨
何か言はねば日暮は遠し手毬唄 加藤秋邨
八十八夜茶山に蝶の手毬かな 平畑静塔
八重山の手毬の紅の濃かりけり 松崎鉄之介
凍光や声切々と手まり唄 草間時彦 中年
出生の負ひ目持つ子の手毬唄 松崎鉄之介
初湯にてわれも世に古り手毬唄 森澄雄
受験の子に炎天の手毬唄 飯田龍太
善鄰の意にかかはらず手鞠唄 飯田蛇笏 家郷の霧
四君子の透かし欄間に繭手鞠 松崎鉄之介
地下茎をたどれば母体手毬唄 佐藤鬼房
坂のなき銀座八丁手毬つく 鷹羽狩行
夕日の宿消え入りさうな手毬唄 大野林火 白幡南町 昭和二十八年
多摩の子は椿の下に手毬抱き 富安風生
夜は夜の八ツ手の手毬死者の手毬 三橋鷹女
夜は花の精の遊べる紅手毬 後藤比奈夫
大室は手毬ぞ伊豆の山眠る 阿波野青畝
大年の父にとびつく子の手毬 百合山羽公 寒雁
妻が持つ継ぐもののなき手毬唄 加藤秋邨
子の手は火わが手は氷手毬歌 百合山羽公 寒雁
子を負て子守鞠つく片手業 正岡子規 手毬
寒日和老尼しばらく手毬つき 飯田龍太
寒日和老尼もしばし手鞠つき 飯田龍太
寒雀手毬のごとく日空より 川端茅舎
山の子の手毬の行方笹の露 飴山實 次の花
山の子の継ぎはぎズボン手毬つく 後藤比奈夫
山の月手毬の如く跳ね上り 上野泰
山の神にうたたてまつれ手毬の子 木村蕪城 寒泉
山風のつのる手毬をかはりつく 木村蕪城 寒泉
左右の手につきて乱れず手毬唄 水原秋櫻子 蘆雁
幻に良寛うたひ手毬突く 阿波野青畝
幼な児にいくつ数ふる手毬唄 桂信子 草影
幼な児の手毬外れしを眼が追はず 松崎鉄之介
庭訓によるともどちや手毬唄 飯田蛇笏 山廬集
廊わたる月となるまで手鞠かな 飯田蛇笏 山廬集
待春の門の手鞠のよくはずむ 石橋秀野
息切らしつつ手毬唄つづきをり 森澄雄
我を抱きし手戦のときも手毬唄 加藤秋邨
戦前といふ世ありけり手毬唄 岡本眸
手に弾み返し来る地手毬つく 後藤比奈夫
手毬かがるひとりに障子日影かな 飯田蛇笏 山廬集
手毬かゞる麻の葉のほかはなき母よ 中川一碧樓
手毬ついて夏の欅の家の中 岡井省二 明野
手毬つくこゑも聞えて貝合せ 岡井省二 鯛の鯛
手毬つく唄のなかなるお仙かな 飯田蛇笏 山廬集
手毬つく毬より小さき手鞠唄 飯田龍太
手毬つく袂の中に袂見え 林翔
手毬つく諏訪を出できしねむたさよ 藤田湘子
手毬に蹤きて古利根川を下りしこと 加藤秋邨
手毬のせ一年生の文机 上野泰 春潮
手毬の娘寝し頃月の美しく 阿波野青畝
手毬咲き山村憲法記念の日 水原秋櫻子 玄魚
手毬唄きこゆ生涯の家と思ふ 大野林火 白幡南町 昭和二十八年
手毬唄ここのつ十はさびしけれ 能村登四郎
手毬唄それも忘るるもののうち 後藤比奈夫
手毬唄つづく戦後か戦前か 伊丹三樹彦
手毬唄ほどには毬の弾まずに 鷹羽狩行
手毬唄むかし戦に勝ちしとふ 能村登四郎
手毬唄亡き友の家近くにて 大野林火 雪華 昭和三十四年
手毬唄松にもたれて待つもあり 飴山實 句集外
手毬唄次第に早きひぐれどき 加藤秋邨
手毬唄片言にいふをともに言ふ 篠原梵 年々去来の花 雨
手毬唄牧も雪降るころならむ 飯田龍太
手毬唄猿の装束うたひけり 水原秋櫻子 緑雲
手毬唄襖の中に誰かゐる 加藤秋邨
手毬唄覚えし頃の任地かな 中村汀女
手毬子よ三つとかぞへてあと次がず 臼田亜郎 定本亜浪句集
手毬抱く子に大仏の道を聞く 上野泰
手毬歌母と近々歌ひたし 細見綾子
手毬浮く菖蒲の花の映る水 山口青邨
手毬見て来し目に露の紫苑かな 石塚友二 玉縄以後
手鞠つき羽子遣る程になりにけり 正岡子規 手毬
手鞠つくてんてん響きくる書斎 山口青邨
手鞠つく大きな家とのみ記憶 山口青邨
手鞠つく拍子にあはす薺哉 正岡子規 薺
手鞠唄こころ浮世の宙にあり 飯田龍太
手鞠唄母の顔さへ知らず逝きしか 村山故郷
抱へたる大緋手鞠に酔ふごとし 飯田蛇笏 霊芝
数といふうつくしきもの手毬唄 鷹羽狩行
文殻がひびく手毬のつかれをり 岡井省二 夏炉
日をめぐる地球に生れ手毬唄 野見山朱鳥 天馬
日向にゐて影がまつくら手毬つく 橋本多佳子
日暮るゝに取替へてつく手毬かな 村上鬼城
日輪と並びとゞまる手毬かな 上野泰 春潮
日輪の道巾かぎりつく手毬 飴山實 おりいぶ
春の夜の氷の国の手鞠唄 飯田龍太
春の波手毬の音の如つづく 上野泰
春愁や紀州手鞠をたなごころ 鷹羽狩行
昼の空いよいよ碧き手毬唄 森澄雄
昼寝覚赤き手鞠のかがられし 波多野爽波
未だ知らぬ社の名ある手毬唄 能村登四郎
杣の子の二つ持ちたる手毬かな 村上鬼城
梅雨の縁手鞠ころがり故人なし 山口青邨
梟は手毬にもたれ寝まりをる 岡井省二 大日
正月の月が明るい手まり歌 細見綾子 冬薔薇
死ぬまでは生きねばならぬ手毬手に 富安風生
母あらず手鞠つく子に羽子突く子に 後藤比奈夫
母姉の祷りの前を手毬の子 中村草田男
毬唄を手毬に聞かせまだ撞かず 鷹羽狩行
波音に声盗まれし手毬歌 鈴木真砂女 紫木蓮
焼跡に遺る三和土や手毬つく 中村草田男
燈火親し手毬の歌にしたしめば 上田五千石『森林』補遺
父を負ふことまだできず手毬つく 野見山朱鳥 荊冠
物狂してゐてすなほ手毬つく 後藤比奈夫
玉椿髻華(うず)にさしたる手毬の子 森澄雄
琉球の手毬日本の手毬唄 後藤比奈夫
琉球の矢賀氏作なる手鞠かな 後藤比奈夫
白壁にもう日が暮れて手毬痕 鷹羽狩行
白壁をかがよひつたふ手毬唄 大野林火 月魄集 距和五十七年
目の黒い人に生れて手鞠哉 正岡子規 手毬
目の黒ひ人と生れて手鞠かな 正岡子規 手毬
眞黒な手鞠出てくる炭團哉 正岡子規 炭団
着流しのままの手鞠の弾みゐる 飯田龍太
立春の雪のふかさよ手鞠唄 石橋秀野
糸手鞠琉球木綿細からぬ 後藤比奈夫
紀の国の蜜柑となりしてん手鞠 能村登四郎
紫の雲の上なる手毬唄 杉田久女
終るとき越後訛や手毬唄 加藤秋邨
老の掌にはずむ心のなき手鞠 後藤夜半 底紅
肺活量なかなか尽きず手毬突く 阿波野青畝
舟の子の桟橋でつく手毬かな 鷹羽狩行
良寛のこころに和する手毬唄 上田五千石 天路
良寛の手鞠の如く鶲来し 川端茅舎
良寛の汚れ手鞠に柿の照り 松崎鉄之介
芥に離り手毬浮きつつ海暗し 岸田稚魚 負け犬
菊畑に手鞠はひりぬ菊にほふ 山口青邨
萩流れ手毬の糸を解く如く 上野泰 佐介
蝶々に手鞠あやつる唐子かな 正岡子規 蝶
蝶現れて手毬つく子を離れざる 伊丹三樹彦
要なきに十まで覚え手鞠唄 能村登四郎
谷川を手鞠流れ来誰が泣きし 森澄雄
身を細め手毬つきをり梅雨の簷 伊丹三樹彦
鉄蓋に撞き暮るるまで手毬像 鷹羽狩行
鏡抜け消えてゆきけり青手毬 平井照敏
降りだして雪あたたかき手毬唄 加藤秋邨
階段の下暗かりき手毬唄 岡本眸
鱒池の隅に手毬の浮く暮春 飯田龍太
黄の手毬黄の棒が地に立ちにけり 上野泰 春潮

手毬 続補遺

行としの手毬売てふ柳はら 存義 古来庵発句集
紫陽花や手まり程づゝ雨の露 土芳
節の日や手まりあてがふ一座敷 三宅嘯山
手鞠花も枝に動くや沓の音 中川乙由
妹が家は暮に数そふ手毬哉 寥松
口馴し百や孫子の手毬うた 炭太祇
厨女が笑はれに出る手まり哉 寥松
かはゆき葉に針さし咲る手鞠かな 智月尼
かげろふのたつや手まりの土ぼこり 許六
あぢさゐの花や手鞠の染かへし 北枝
*嫁突はれんりの枝の手鞠哉 井原西鶴

以上

by 575fudemakase | 2017-03-27 16:02 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26747699
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

2017年 8月 ねずみのこ..
at 2017-08-18 05:18
蝉時雨 の俳句
at 2017-08-17 12:39
落蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:37
空蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:25
蝉の穴 の俳句
at 2017-08-17 12:23

外部リンク

記事ランキング