蓬莱 の俳句

蓬莱 の俳句

蓬莱

例句を挙げる。

いぶり炭蓬莱の霞かもしけり 高田蝶衣
しだり尾の掛蓬莱を捌きけり 喜舟
一人ゐて蓬莱に日があまりけり 大谷碧雲居
一露の嶋組蓬莱の秋ぞ知る 立独 選集「板東太郎」
京よりの掛蓬莱であるらしき 中村吉右衛門
伊勢蝦に懸蓬莱のうすみどり 飯田蛇笏 霊芝
住吉の掛蓬莱の穂の揃ふ 後藤夜半 底紅
吉兆の箸蓬莱の竹とせむ 角川照子
土器や蓬莱山の朝灯 碧童
学僧のふるさと遠し絵蓬莱 大島民郎
家内して積む蓬莱の高さかな 広江八重桜
山人の蓬莱の間にある炉かな 癖三酔
広間たゞ懸蓬莱のあるばかり 野村泊月
御蓬莱夜は薄絹も着せつべし 言水
思ふ蓬莱の路や満地の福寿草 尾崎紅葉
春の日や久しき色の掛蓬莱 碧雲居句集 大谷碧雲居
朱を研や蓬莱の野老人間に落 炭 太祇 太祇句選
福鍋にきけや蓬莱の松の風 尾崎紅葉
膝ふたつ蓬莱として朝湯かな 五島高資
蓑笠を蓬莱にして草の庵 子規句集 虚子・碧梧桐選
蓬莱で冬眠せむとにはあらず 徳永山冬子
蓬莱にかけてかざるや老の袖 去来
蓬莱にすはる薄雲太夫かな 松瀬青々
蓬莱にをさなき宵寝ごころかな 木歩
蓬莱にをし並んだるうま子哉 妻木 松瀬青々
蓬莱に児這ひかかる目出たさよ 山店
蓬莱に南無~といふ童哉 一茶 ■文化八年辛未(四十九歳)
蓬莱に名刺きたなき三日かな 寺田寅彦
蓬莱に夜が明け込むぞ角田川 一茶
蓬莱に夜の明けて居る座敷かな 会津八一
蓬莱に寝かされてをり年を待つ 森澄雄 空艪
蓬莱に徐福と申す鼠かな 高浜虚子
蓬莱に根松包むや昔ぶり 子規句集 虚子・碧梧桐選
蓬莱に梅の花さく谷間あり 長谷川櫂 蓬莱
蓬莱に氷るはじめの湖の音 佐野美智
蓬莱に眼をかよはすや淡路しま 松岡青蘿
蓬莱に積む搗栗(かちぐり)の一とにぎり 光信喜美子
蓬莱に聞かばや伊勢の初便り 芭蕉
蓬莱に能登で拾ひし貝と石 沢木欣一
蓬莱に能登の荒磯の石を据う 綾子
蓬莱に見るや浮世の慾ぞろへ 横井也有 蘿葉集
蓬莱に貧乏見ゆるあはれなり 正岡子規
蓬莱に頭巾かくべき技もがな 会津八一
蓬莱に題す三ツ物いざ買はん 伊藤観魚
蓬莱のうつる夜明けの障子かな 井月の句集 井上井月
蓬莱のうへにやいます親二人 松岡青蘿
蓬莱のかげ暖かき障子かな 西林青石
蓬莱のひかげかづらの末までも 青畝
蓬莱の上にや居ます親二人 青蘿
蓬莱の千古のみどり掛けにけり 野村喜舟 小石川
蓬莱の南は海へかたぶけり 野田別天楼
蓬莱の国の真紅の賀状かな 小宮山政子
蓬莱の垂穂こぼれてみせしかな 後藤比奈夫 花びら柚子
蓬莱の宮にこぼれて初雀 加藤耕子
蓬莱の小海老ながらも髭を刎ね 赤尾兜子
蓬莱の屏風の後ろ通りけり 会津八一
蓬莱の山まつりせん老の春 蕪村 五車反古
蓬莱の山高く熨斗の水長し 中村鳥堂
蓬莱の有りとばかりもたのもしき 横山蜃楼
蓬莱の栄螺を取りて食せといふ 茨木和生 往馬
蓬莱の橙あかき小家かな 蒼[きう]
蓬莱の歯朶踏みはづす鼠かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
蓬莱の芋銭の一書掛け句会 佐藤 欽子
蓬莱の陰や鼠のさゝめ言 正岡子規
蓬莱もせはしき暮の小買物 高濱年尾 年尾句集
蓬莱も比良も雲中かきつばた 鷲谷七菜子 游影
蓬莱やおのころ島をつみ得たり 松岡青蘿
蓬莱やはるか馬蹄のひびきたる 加藤三七子
蓬莱やふぶきを祝ふ吹雪の句 正岡子規
蓬莱や一口香に潮の味 織田恭子
蓬莱や上野の山と相対す 子規句集 虚子・碧梧桐選
蓬莱や京に古りける菓子箪笥 多賀子
蓬莱や剪り散らしたる紅唐哉 会津八一
蓬莱や名品井戸の次客にて 及川貞 夕焼
蓬莱や山よりの雪ちらちらと 岸田稚魚
蓬莱や嶺々の高さのおのがじし 神尾季羊
蓬莱や日のさしかゝる枕もと 釣壺 古句を観る(柴田宵曲)
蓬莱や書は王義之に親しめり 大石悦子 百花
蓬莱や東にひらく伊豆の海 秋櫻子
蓬莱や母の枕は箱枕 磯貝碧蹄館
蓬莱や沖にそのまた沖の海 斉藤美規
蓬莱や法師と翁ここに来し 大串 章
蓬莱や海に始まる人類史 高橋悦男
蓬莱や海を見に行く佐田岬 草間時彦
蓬莱や海老嵩高に歯朶がくれ 碧梧桐
蓬莱や湖の空より鳶のこゑ 澄雄
蓬莱や熨斗目屏風を引廻し 四明句集 中川四明
蓬莱や父の背に負ふ床柱 加藤耕子
蓬莱や祝ぎごとのみに老を撮る 林昌華
蓬莱や竹つたひくる山の水 魚目
蓬莱や米もりこぼす膝の上 会津八一
蓬莱や老舗めでたき御用墨 高橋淑子
蓬莱や蚕のすがる常世物 桃隣
蓬莱や越の海づら吉野山 信徳
蓬莱や軸の日輪濃き紅に 東洋城千句
蓬莱や辞儀ながながと若狭びと 大石悦子 聞香
蓬莱や障子明くれば日の光り 竹冷句鈔 角田竹冷
蓬莱や雨戸あくれば夜の明ける 水落露石
蓬莱や雪降る音の夜の山 晏梛みや子
蓬莱や霞をながすしだの島 京-重栄 元禄百人一句
蓬莱や静かに居れば遠汽笛 風生
蓬莱や鳥はつねに畦にゐて 飴山実
蓬莱をかけ曽根崎に住みにけり 下村梅子
蓬莱を捧げて眉のかくれけり 鳴雪
蓬莱を掛けてはなやぐ細柱 飴山實 辛酉小雪
蓬莱を掛けて隠るる古柱 比奈夫
蓬莱を枕上ミなる寝覚かな 野村喜舟 小石川
蓬莱を立ち舞ふ女の寒の紅 今泉貞鳳
雪ふかく蓬莱かざる山廬かな 蛇笏
養生をせよと蓬莱高野より 下田稔

蓬莱 補遺

かたよせて蓬莱小し梅がもと 正岡子規 蓬莱
こよろぎの浜の石とて蓬莱に 山口青邨
しだり尾のごとくに垂れて懸蓬莱 鷹羽狩行
ともしらが蓬莱山をまつりけり 上田五千石『天路』補遺
三宝に蓬莱炭を三つ重ね 平畑静塔
三寳に蓬莱の山靜なり 正岡子規 飾
伊勢蝦に懸蓬莱のうすみどり 飯田蛇笏 霊芝
住吉の掛蓬莱の穂の揃ふ 後藤夜半 底紅
動きなき蓬莱山の姿哉 正岡子規 蓬莱
包みたるものには根松藪柑子 正岡子規 蓬莱
君か家は蓬莱橋をかざし哉 正岡子規 蓬莱
大なる蓬莱見ゆる町家哉 正岡子規 蓬莱
大内は蓬莱山の姿かな 正岡子規 蓬莱
庭に生えし霊芝も飾る蓬莱に 山口青邨
斑鳩の松毬なれば蓬莱に 山口青邨
海を行く百里蓬莱に倒り春夢醒む 正岡子規 春眠
海老据ゑてより蓬莱のゆらぎなし 能村登四郎
簑笠を蓬莱にして旅のはる 正岡子規 蓬莱
簑笠を蓬莱にして草の庵 正岡子規 蓬莱
蓬莱におきし小貝の桜色 細見綾子
蓬莱にくふべきものを探りけり 正岡子規 蓬莱
蓬莱にすこしなゐふる夜中哉 正岡子規 蓬莱
蓬莱にのせてをさなき絵のたより 飴山實 句集外
蓬莱にはるかより日は差し来たり 鷹羽狩行
蓬莱にテーブル狹き硯哉 正岡子規 蓬莱
蓬莱に一斗の酒を盡しけり 正岡子規 蓬莱
蓬莱に似たり小窓の松の山 正岡子規 蓬莱
蓬莱に俳句の神を祭らんか 正岡子規 蓬莱
蓬莱に喰ひたきものもなかりけり 正岡子規 蓬莱
蓬莱に寝かされてをり年を待つ 森澄雄
蓬莱に我が穂の春を祝ぎにけり 阿波野青畝
蓬莱に我は死なざる今年哉 正岡子規 蓬莱
蓬莱に我生きて居る今年哉 正岡子規 蓬莱
蓬莱に我身ちゞめてはいらうよ 正岡子規 蓬莱
蓬莱に昨日や今日の仲でなし 安住敦
蓬莱に根松包むや昔ぶり 正岡子規 蓬莱
蓬莱に橙の朝日昇りけり 正岡子規 蓬莱
蓬莱に荒海のごと昆布若布 細見綾子
蓬莱に貧乏見ゆるあはれなり 正岡子規 蓬莱
蓬莱に鼠のうからやから哉 正岡子規 蓬莱
蓬莱のあたらしき日を呼び入れし 能村登四郎
蓬莱のうしろの壁を漏る日哉 正岡子規 蓬莱
蓬莱のかち栗かぢる七日哉 正岡子規 蓬莱
蓬莱のくすしの庭の梅擬 上田五千石『琥珀』補遺
蓬莱のしたり尾長く傘壽の賀 富安風生
蓬莱のひかげかづらの末までも 阿波野青畝
蓬莱の一間明るし歌かるた 正岡子規 歌留多
蓬莱の上にしたるゝ柳哉 正岡子規 蓬莱
蓬莱の初穂の裾のそろひたる 後藤比奈夫
蓬莱の垂穂こぼれてみせしかな 後藤比奈夫
蓬莱の小く見ゆる書院かな 正岡子規 蓬莱
蓬莱の小さき山を崩しけり 正岡子規 蓬莱
蓬莱の山も動かぬ代なりけり 正岡子規 蓬莱
蓬莱の山を崩すや嫁が君 正岡子規 嫁が君
蓬莱の松にさしけり初日の出 正岡子規 初日
蓬莱の楪ことに目出度けれ 右城暮石 散歩圏
蓬莱の瑞穂の国の穂の長さ 阿波野青畝
蓬莱の蜜柑ころげし座敷哉 正岡子規 蓬莱
蓬莱の陰や鼠のさゝめ言 正岡子規 蓬莱
蓬莱の鞠撞かまほしくも撞けず 平畑静塔
蓬莱の麓に寐たる夫婦かな 正岡子規 蓬莱
蓬莱の鼠に祟る疫かな 正岡子規 蓬莱
蓬莱の齒朶蹈みはづす鼠哉 正岡子規 蓬莱
蓬莱は百歳嫗の紙の海老 飴山實 句集外
蓬莱も家越車や松の内 正岡子規 蓬莱
蓬莱も比良も雲中かきつばた 鷲谷七菜子 游影
蓬莱やすこし戸惑ふ八十路の座 能村登四郎
蓬莱やふゞきを祝ふ吹雪の句 正岡子規蓬莱
蓬莱や上野の山と相對す 正岡子規 蓬莱
蓬莱や南山の蜜柑東海の鰕 正岡子規 蓬莱
蓬莱や名品井戸の次客にて 及川貞 夕焼
蓬莱や名士あつまる上根岸 正岡子規 蓬莱
蓬莱や子が子を生せば古男 上田五千石 天路
蓬莱や山のものより海の物 正岡子規 蓬莱
蓬莱や山よりの雪ちらちらと 岸田稚魚
蓬莱や東にひらく伊豆の海 水原秋櫻子 旅愁
蓬莱や海を見に行く佐田岬 草間時彦
蓬莱や海老かさ高に歯朶隠れ 河東碧梧桐
蓬莱や湖の空より鳶のこゑ 森澄雄
蓬莱や生きとし生ける歯牙の数 三橋敏雄
蓬莱や磯のいで湯の第一楼 水原秋櫻子 蘆雁
蓬莱や積みてめでたき齢の嵩 森澄雄
蓬莱や窓は睦月の薄月夜 正岡子規 蓬莱
蓬莱や老いしわざをぎ湯治して 水原秋櫻子 蘆雁
蓬莱や能登びとの血もすこし継ぎ 能村登四郎
蓬莱や襖あけたる病の間 正岡子規 蓬莱
蓬莱や襖を開く病の間 正岡子規 蓬莱
蓬莱や鶯のぞく籠の外 正岡子規 蓬莱
蓬莱をいろいろに餝り直しけり 正岡子規 年用意
蓬莱をわすれぬ宿や伊豆の奥 水原秋櫻子 蘆雁
蓬莱を掛けてはなやぐ細柱 飴山實 辛酉小雪
蓬莱を掛けて畳にとどかする 後藤比奈夫
蓬莱を掛けて隠るる古柱 後藤比奈夫
蓬莱ノ松ノ茂リヤ鶴百羽 正岡子規 蓬莱
逆巻く波蓬莱のごと神島聳つ 松崎鉄之介
雲ふかく蓬莱かざる山廬かな 飯田蛇笏 霊芝
鶏ないて蓬莱の山明けんとす 正岡子規 蓬莱
鶴引クヤ蓬莱ノ松遠霞 正岡子規 引鶴
鼠どもの蓬莱をくふてしまひけり 正岡子規 蓬莱
齒朶の羽蓬莱鶴の如く也 正岡子規 齒朶

蓬莱 続補遺

錺レり蓬莱既伊勢海老の山近ク 一笑(金沢)
蓬莱を脇息のけて居ゑけらし 杉風 杉風句集
蓬莱を脇息のけて居けらし 杉風
蓬莱や額でをらす海老の髭ゝ 桜井梅室
蓬莱や酒のしたゝり島と成 〔ボク〕言
蓬莱や蚕のすがる常世物 桃隣
蓬莱や縁であしらふ村すゞめ 木因
蓬莱や疱跡ちかき礼子ども 野坡
蓬莱や椽であしらふ村雀 木因
蓬莱や日のさしかゝる枕もと 釣壺
蓬莱や御国のかざり檜木山 杜国
蓬莱や崎津みけしのから衣 野坡
蓬莱や升の中から山が出る 小西来山
蓬莱や何より冨士を御膝もと 寥松
蓬莱や亀にも髭の尾の齢 馬場存義
蓬莱や七尾七谷七恵びす 木導
蓬莱やむかしのまゝの組合 長虹
蓬莱やおのころ島をつみ得たり 松岡青蘿
蓬莱やいろ香の端の賑はしゝ 土芳
蓬莱やあるじに馴て鳥の来る 凉菟
蓬莱も秋なりけりな小鳥来 鈴木道彦
蓬莱の橙あかき小家かな 成田蒼虬
蓬莱の松にたてばや曽根の松 其角
蓬莱の晝ぞ雀の起る時 小西来山
蓬莱の所を得たりつるがおか 魯九
蓬莱の山におさへし柱かな 桜井梅室
蓬莱の人はともあれさび鰯 凉菟
蓬莱の上やよろづの朝ぼらけ 土芳
蓬莱のそこらや我も彦ふたり 白雪
蓬莱のかざりすがたや朝朗 望月宋屋
蓬莱のうへやよろづの朝ぼらけ 土芳
蓬莱のうへにやいます親二人 松岡青蘿
蓬莱に見やうなら伊勢の肥御所 〔ブン〕村
蓬莱に菓子の名よせや奥座敷 貞佐 桑々畔発句集
蓬莱に眼をかよはすや淡路しま 松岡青蘿
蓬莱に我が友雀賑はゝし 土芳
蓬莱に夜は薄ぎぬも着せつべし 池西言水
蓬莱に夜が明け込むぞ角田川 一茶 七番日記
蓬莱に児這ひかゝる目出度さよ 山店 類題発句集
蓬莱に児這かゝる目出たさよ 山店
蓬莱に一色多し麦ばたけ 中川乙由
蓬莱にたらぬものなし世の心 凉菟
蓬莱にしら石売らむ老の袖 露川
蓬莱にしばらく向ふ夜明かな 成田蒼虬
蓬莱にかさなる客をけふの花 風国
蓬莱にかけてかざるや老の袖 去来
蓬莱にあふみの婆々や松の雪 其角
蓬莱にあからさま也日本の地 露川
蓬莱ありや身は蛸舟のうかれ行 千那
此心我蓬莱のはな柑子 加藤曉台
此庵の蓬莱山の古跡かも 乙訓
朱を研や蓬莱の野老人間に落 炭太祇
家にある蓬莱作り覚えけり 沾徳 五子稿
夜明ればみな蓬莱の草木かな 松窓乙二
何処までも江戸蓬莱や不二の春 馬場存義
何処までも江戸蓬莱や不二の春 存義 古来庵発句集
人は住所蓬莱喰気に成けるよ 千那
いざ咄し初祖父は蓬莱へ柴刈に 幽山 東日記

以上

by 575fudemakase | 2017-03-27 16:07 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26747709
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

朝冷 の俳句
at 2017-10-16 09:58
雨冷 の俳句
at 2017-10-16 09:57
秋冷 の俳句
at 2017-10-16 09:56
ひえびえ・ひやひや の俳句
at 2017-10-16 09:54
秋湿り の俳句
at 2017-10-16 03:21

外部リンク

記事ランキング