二日 の俳句

二日 の俳句

二日

二日暮れ今年も二日たちにけり 富安風生
黒髪の国の二日を黙し征く 平畑静塔
鷺もゐて伊根の舟屋の二日凪 有田芳子
鶴あゆむ二日の畦のうすみどり 米谷静二
鵜の潜く波みて昏れし二日かな 稲垣きくの 黄 瀬
鳩がとぶ二日の空の浅黄色 阿部みどり女
鳥の影しばしば二日を籠りゐる 阿部みどり女
髪に浮く二日のうすき埃かな 鈴木真砂女 生簀籠
餅腹の汚さゆるせ二日酒 石川桂郎
飛ぶ寅の想得てたのし二日の子 原裕 『青垣』
風花の峡の小村の二日かな 松本たかし
風はたとやめば二日の壇の浦 白倉久子
鞆の津や既に二日の船出ある 松根東洋城
青空へもぐら顔出す二日かな 沢木欣一
電気ストーブ冴えざえ二日明けにけり 永井龍男
雪籠り二日朝夜と昔なし 石川桂郎 高蘆
雪煙あがる二日の岩手富士 山本一史
雪掻きて二日の店を開けにけり 榎本栄子
雪が来て二日の山のすがた見ゆ 中拓夫
雨去りし松に二日の日ざしかな 阪田昭風』
障子撫でる風の時折二日かな 阿部みどり女
鉄棒に少年二人二日の朝 佐藤鬼房
金魚浮び出でし二日の日はさゝね 林原耒井 蜩
酔漢の宵寝を覚す二日かな 石塚友二 光塵
遠山の枯生光れる二日かな 本郷迂象
迷ひ犬歩く二日の高速路 船坂ちか子
辞書ひきに立つや二日の雪催 斉藤夏風
足袋裏のかすかなる穢の二日かな 能村登四郎
越ヶ谷に鴨を見に来る二日かな 池内たけし
赤ん坊に指先噛ます二日かな 加藤かな文
調教馬二日の馬場をひた走る 佐藤信子
誰が踏みし雪ぞ二日の妻の墓 水野柿葉
試筆する二日の友に来りけり 五十嵐播水 播水句集
裏白の葉が乾反りつつくもりのまま正月二日寒く暮れにき 松村英一
行末はまたこの二人二日の夜 篠田悌二郎
蝶いでゝあそぶ高嶺の二日かな 渡邊水巴 富士
蜑が妻二日の凪に麦踏めり 水原秋桜子
虔みて写仏二日の大机 つじ加代子
蘆垣に日のさしぬける二日かな 久保田万太郎 流寓抄
蓮根の穴も二日の午後三時 橋間石
蓬髪にしみつく雪の二日かな 佐藤鬼房
華に先二日ちかよる二日かな 松岡青蘿
菩提樹に雪降りし香の二日かな 西村公鳳
荒海のけふ荒れてゐる二日かな 鈴木真砂女 生簀籠
若き等の駅にあふれて二日かな 新田千津子
若き日の映画も見たりして二日 大牧 広
船神のかざりしづかに二日の夜 伊東月草
腹の上に猫のせてゐる二日かな 行方克己 昆虫記
老人は烏なりけり二日の橋 橋石 和栲
義仲寺にときをりひとの来て二日 片山由美子 天弓
群れて白き羊追わるる二日かな 五十嵐研三
縫初めの二日も暮るる松の風 石原舟月
笹鳴の背戸にきてゐし二日かな 森澄雄
笹鳴の二日はや過ぎたりしこと 高濱年尾 年尾句集
笹鳴に対す二日の主かな 高浜虚子
竹の幹二日の夕日射しにけり 加藤三七子
立てかけし櫂に二日の天が澄む 木村蕪城 寒泉
窯元の賀状届きぬ二日かな 宮田正和
窓開けて二日の風を入れにけり 角川春樹
社務所より刀匠の出づ二日かな 鵜飼みち子
磨る墨の香にしまりたる二日かな 梅里全子 『祝矢』
磨る墨の吸ひつきのよき二日かな 澤田佳久
碁の音の次第に高き二日かな 平野無石
知覧にきて泣いて帰りぬ二日かな 村井国男
真直ぐに二日の空の飛行雲 林 瑠美
病院に妻の戻れる二日かな 高村寿山
留守を訪ひ留守を訪はれし二日かな 五十嵐播水
町中を鴉の荒らす二日かな 小島千架子
生海鼠干す伊良古が崎の二日凪
猫と灰いづれが温き二日かな 柿本多映
独楽打ちの子も見ず正月二日かな 小原菁々子
狩の犬一声鳴きし二日かな 日原傳
牡丹剪つて二日の酔のさめにけり 正岡子規
熱の子に白粥煮ゆる二日かな 永島理江子
焚火の炎上げて二日の富士見ゆる 石田郷子
火を焚きて遊び心の二日はや 雨宮きぬよ
濯ぎ場にすこし雪ある二日かな 沖崎一考
濤音の山の奥より多摩二日 宮坂静生 春の鹿
海鼠あれば二日正月事足んぬ 田中田士英
海牛の二日の波にたゆたへり 高澤良一 ももすずめ
浮島や鴫を二日の景として 佐藤鬼房
河口まで海を見にゆく二日かな 水田光雄
沖かけて波一つなき二日かな 久保田万太郎
永久の喪の母ごころけふ二日 及川貞 夕焼
水浴びの鳩や二日の弥陀の前 服部鹿頭矢
水のごと一日二日三日過ぐ 神蔵器
気の置けぬ二日の客や姪甥等 五十嵐播水 播水句集
毛氈に据ゑて二日の硯かな 中村祐子
歯朶に風二日夜更けて客のあり 小松崎爽青
正月の二日は遊ぶはじめかな 信徳
檀一雄逝きし二日の夜風かな 細川加賀
橙に雨柔らかき二日かな 浅賀渡洋
棒のやうに二日の酒気につらぬかれ 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句
枯草のもう赤い芽の一月二日一月三日 栗林一石路
松風に流れ二日の石たたき 大峯あきら 宇宙塵
東京に闇の戻りし二日かな 戸恒東人
杉玉に用水の鳴る二日かな 高澤良一 随笑
月さえて二日に成りぬ雪仏 蒼[きう]
月さえて二日に成ぬ雪仏 蒼[きう]
月かともいはん間もなき二日かな 杉 風
書初の二日にあらぬ日なりけり 青木重行
暮れ際の雲を見てゐる二日かな 高澤良一 暮津
春立つて二日霞のいこま山 大江丸
春なれて二日の門の楽しけれ 柳女
日も富士も白き光の二日かな 渡邊水巴 富士
日の端の硯の海の二日かな 本庄登志彦
文鎮に海の日のさす二日かな 畠山譲二
放埓の二日となりし酢牡蠣かな 古舘曹人 樹下石上
戸の隙に二日の潮が流れをり 五十地 建
怒ることできてしまひし二日かな 中村春逸
念仏寺雨降る石の二日かな 村上しゆら
志寿太夫の高き声佳き二日かな 都筑智子
引くときも二日の波の岩を越ゆ 田島魚十
庵の春二日の夜より更けにけり 樗堂
庭隅の幹に日のある二日かな 桂信子 遠い橋
常のごと二日の客の裏戸より 高浜虚子
師の影を踏んで二日の女弟子 岡田久慧
師のもとにまかりてやすき二日かな 石塚友二 光塵
峡の空二日の星の吹き溜り 滝 佳杖
岩手山雪けむり立つ二日かな 沼澤 石次
山牛蒡鶲も二日三日かな 加藤楸邨
山彦も山を出ることなき二日 鷹羽狩行
山寺に書見の灯ある二日かな 山本洋子
屑籠に二日の日差し移りけり 高澤良一 宿好
小鼓の朱の緒を締むる二日かな 市川つね子
富士川の水みどりなる二日かな 室積波那女
家訓とてなくて集まる二日かな 深見けん二
客去れば早も日暮るる二日かな 小川匠太郎
客のあと硯開きぬわが二日 石塚友二
子連夫婦来て帰りたる二日かな 安住敦
子らとまる電話かかりし二日かな 五十嵐播水 埠頭
子の来るを待ちてそぞろの二日かな 佐々木克明
子が駆けて二日いろどる宇治堤 小松初枝
嫁になる娘が来てくれし二日かな 藤実艸宇
夫すでに書斎に入りし二日かな 池上不二子
大仏を蔵する鴟尾の二日かな 角川春樹 夢殿
大き聖書置かれ二日の説教台 古賀まり子
大き田に人の出てゐる二日かな 露崎士郎
夢殿や二日の夢に竜の髭 角川春樹 夢殿
夕暮れの湖に日矢入る二日かな 伊藤敬子
夕影の二日の富士や見給はず 小池文子 巴里蕭条
土筆摘みて二日の指に草のいろ 伊藤敬子
噴いてきし飯の匂ひの二日かな 大南テイ子
咥え来し木の葉みどりに二日の猫 北原志満子
別嬪な鳥が来てゐる二日の木 高澤良一 さざなみやつこ
初東風や二日に吹けば月も有り 一草
冬深し二日の糧の米二合 佐原トシ
元旦の鯛焼き返す二日かな 角川春樹
元日二日京のすみずみ霞みけり 蕪村
元日二日ことに三日の日和かな 高橋淡路女
元日も二日も暮れてしまひけり 元日 正岡子規
元日は嬉し二日は面白し 丈左
元日の大雪なりし二日かな 高浜虚子
元日と二日に頒ち鯛を食ぶ 村越化石
傘寿越すことを二日の暮れつ方 皆吉爽雨
二日路は筑波にそふて日ぞ長き 日永 正岡子規
二日見る雪の迎や手代ども 高井几董
二日暮れ今年も二日たちにけり 富安風生
二日暮るゝ客に音して厨かな 楠目橙黄子 橙圃
二日早や米寿の母のご高説 斉藤 仁
二日早や朝空汚すけぶりかな 古市爽石
二日三日四日病む鳥声のほかはなく 石川桂郎 高蘆
二日三日と太陽にとびつくか 松澤昭 面白
二日より深雪に飛ばす鉄火かな 齋藤玄 飛雪
二日より三日の客の多かりし 芦川 巣洲
二日もう吾子を叱つてしまひけり 白根純子
二日めは妻のくにぶり雑煮椀 椙本千代子
二日また孔子の仁の如き日を 梅沢総人
二日はや魚干す入江軒深し 北村典子
二日はや風のとらへし夕日かな 高橋潤
二日はや青三日月に塵もなし 原コウ子
二日はや雪のけはひの翌檜 三田きえ子
二日はや雀色時人恋し 志摩芳次郎
二日はや鑿研ぐ阿波の人形師 溝渕匠史
二日はや酸茎を噛んで恋もなし 嶋田麻紀
二日はや血をもて汚す診療衣 下村ひろし 西陲集
二日はや能登行商の雪合羽 新田祐久
二日はや絵皿の唐児寂しいか 森早恵子
二日はや秘仏にかへる薬師仏 北澤瑞史
二日はや猪撃ちとめて担ぎこし 大口元通
二日はや物憂かりける壁畳 石塚友二 光塵
二日はや烏賊干してゐる日御碕 宮崎 和
二日はや死病の人の牀に侍す 相馬遷子
二日はや死と詩が忍び足でくる 楠本憲吉
二日はや日課となりし湿布貼る 丹野邦子
二日はや工事場廻る警備員 松尾千代子
二日はや妻の煮るもの妻臭し 萩原麦草 麦嵐
二日はやあふるゝ客の我が家の炉 穴井 梨影女
二日の燈とびとびに崎荒るるなり 宮津昭彦
二日の炉松笠黒う燃え了る 萩原麦草 麦嵐
二日にもぬかりはせじな花の春 芭蕉
二日にもなほ寝積まん糠枕 道彦
二日には箒のさきや福寿草 太祇
二日には箒のさきやふく寿草 炭 太祇 太祇句選後篇
二日には原稿依頼殺到す 稲畑廣太郎
二日とて約せしことの早や二三 高浜年尾
二日から甲羅干しせる池の亀 高澤良一 暮津
二日かな矢切の渡し急がざる 渡辺恭子
亀の首二日の空へ差し伸べて 高澤良一 暮津
乾坤に卵立ちたり二日の夜 今井竜蝦
一葉づつ拭ふ二日の壺椿 長谷川かな女
一葉づつ拭ふ二日の壷椿 長谷川かな女
一月二日葉蘭は雪を白うしぬ 萩原麦草 麦嵐
一月二日奇石瑞草を見る 新年 正岡子規
一月二日写真館出て逐電す 的野 雄
一月二日はうちのふきのとが出ている 荻原井泉水
一夜経しものに二日の潦 辻
一トときのあられにくらき二日かな 久保田万太郎 流寓抄
一と葉ずつ拭う二日の壺椿 長谷川かな女 花 季
ピーナッツつるりとむける二日かな 高澤良一 さざなみやつこ
パンちぎる膝に二日の夕陽あて 岩田昌寿 地の塩
ゆるやかにとぶ鳥見えて二日かな 永田耕一郎
やうやくに空温まる二日かな 松村蒼石
もの音のみな遠くして二日かな 木村風師
もしやとてあふぐ二日の初月夜 素 堂
みどり子の匂ふ二日の日向かな 大峯あきら 宇宙塵
ほのぼのと殺生石の二日かな 上田五千石
ふりかけて雪すぐやみし二日かな 久保田万太郎 流寓抄以後
ひつそりと村の二日のつねのごと 長谷川素逝 村
ひえびえと二日の夢に銀の檣 友岡子郷
ぬかづいて曰く正月二日なり 夏目漱石 明治三十二年
とかくして二日となりぬ初暦 小杉余子
つねのごと烏賊売りの来て二日かな 鈴木真砂女
つねのごと烏賊売の来て二日かな 鈴木真砂女
つぎ~に船の出でゆく二日かな 五十嵐播水 埠頭
たま~や二日に出でし穴居妻 萩原麦草 麦嵐
すぐそばの母なつかしき二日かな 前田典子
ざくざくと歩く二日の雑木山 飯田晴
さわぐ笹二日の日射し入りみだれ 桂信子 花寂び 以後
これもちとおこしに来たる二日かな 服部嵐雪
けふ晴れて二日の雨に月育つ 西村正子
くれかかる二日の壁があるばかり 桂 信子
くたびれしものに二日の身を通す 小原禎子
かまくらの不二つまらなき二日かな 久保田万太郎
うら山を石ころげおつ二日の夜 萩原麦草 麦嵐
うらじろの葉の反り返り二日かな 佐藤信子
いさぎよし二日早暁の往診は 相馬遷子 山国
いくらかは窶れしと知る二日かな 龍岡晋
ありなしの塵うつくしき二日かな 山元志津香
あたゝかき昨日につづく二日かな 土永竜仙子
*ひび立てて海のゆるがぬ二日かな きちせあや

二日 補遺

黒髪の国の二日を黙し征く 平畑静塔
鴬の糞踏石に二日なる 山口青邨
鳥の色うごく二日の葱畠 橋閒石 朱明
髪に浮く二日のうすき埃かな 鈴木真砂女
餅腹の汚さゆるせ二日酒 石川桂郎 含羞
飴を口に二日編初の妻とゐる 日野草城
飛ぶ寅の想得てたのし二日の子 原裕 青垣
風立ちて二日の夜の南かな 松崎鉄之介
鉄棒に少年二人二日の朝 佐藤鬼房
酔漢の宵寝を覚す二日かな 石塚友二 光塵
遠松風二日の景の曇りそむ 桂信子 花影
足袋裏のかすかなる穢の二日かな 能村登四郎
衣紋着し客と鴛鴦飼ふ二日かな 原石鼎 花影
蓮根の穴も二日の午後三時 橋閒石
蓬髪にしみつく雪の二日かな 佐藤鬼房
荒海のけふ荒れてゐる二日かな 鈴木真砂女
老人は烏なりけり二日の橋 橋閒石 和栲
繭玉に一縷の風もなき二日 鷹羽狩行
編笠に二日の旅の孤客かな 村上鬼城
筆の穂を噛めば二日も暮れにけり 燕雀 星野麥丘人
笹鳴の背戸にきてゐし二日かな 森澄雄
童らの木霊はじめや二日山 飴山實
立てかけし櫂に二日の天が澄む 木村蕪城 寒泉
町中に御陵を拝す二日かな 村山故郷
浮島や鴫を二日の景として 佐藤鬼房
流木の波間に遊ぶ二日かな 鈴木真砂女 紫木蓮
永久の喪の母ごころけふ二日 及川貞 夕焼
水仙に 二日の入日と 夕月と 伊丹三樹彦
正月二日あたらしい肥桶かついで 種田山頭火 草木塔
榛原の榛の木縫へば二日の駅 橋閒石
日も富士も白き光の二日かな 渡邊水巴 富士
戸締りをいささか早く二日かな 鷹羽狩行
忌と書いて門鎖し籠る二日かな 飯島晴子
庭隅の幹に日のある二日かな 桂信子 初夏
庭川と見えてし利根の二日かな 平畑静塔
師のもとにまかりてやすき二日かな 石塚友二 光塵
巫の白衣くもる二日かな 飯島晴子
山彦も山を出ることなき二日 鷹羽狩行
寂庵の二日の門を過ぎにけり 村山故郷
客のあと硯開きぬわが二日 石塚友二 磊[カイ]集
子連夫婦来て帰りたる二日かな 安住敦
子の家に酔ふとあらねど二日かな 村山故郷
女礼者つづいて来たり二日かな 森澄雄
夜に入りて二日の客や二人来る 村山故郷
埠頭昃らせて二日の雲無聊 橋閒石朱明
元日や餅二日餅三日餅 尾崎放哉 大学時代
元日も二日も暮れてしまひけり 正岡子規 元日
二日鼎談句もなく別る根深汁 村山故郷
二日雪坂の荷馬の糞粗し 佐藤鬼房
二日雪となりし燈下にカルタ並ぶ 大野林火 早桃 太白集
二日雀三日雀と来てくれし 藤田湘子 神楽
二日路は筑波にそふて日ぞ長き 正岡子規 日永
二日暮れ今年も二日たちにけり 富安風生うう
二日早や豹の女に腕絡まれ 楠本憲吉 方壺集
二日早や人恋う酒を過しおり 楠本憲吉 方壺集
二日より深雪に飛ばす鉄火かな 齋藤玄 飛雪
二日はや風邪をたまひて葛湯かな 森澄雄
二日はや羽音残して伝書鳩 鷹羽狩行
二日はや物憂かりける壁畳 石塚友二 光塵
二日はや死病の人の牀に侍す 相馬遷子 山国
二日はや死と詩が忍び足でくる 楠本憲吉 方壺集
二日はや旅立ちゆきぬ檀一雄 山田みづえ 手甲
二日はや元日といふ過去を負ふ 富安風生
二日はや一茶の墓へ雪踏まれ 松崎鉄之介
二日はやくも不審火の噂など 飯田龍太
二日はやうどん見るがに灣はあり 岡井省二 猩々
二日の陽水漬くは田舟たる證 佐藤鬼房
二日の日沈みつゝあり烏とび 星野立子
二日にも夕心をぞ顧みし 相生垣瓜人 負暄
一月二日奇石瑞草を見る 正岡子規 新年
カナリヤを鳴かせてゐたる二日かな 亭午 星野麥丘人
やまのべのみちをゆきたる二日かな 高野素十
ほのぼのと殺生石の二日かな 上田五千石 森林
ひつそりと雀田にゐる二日かな 鷲谷七菜子 一盞
ひつそりと村の二日のつねのごと 長谷川素逝 村
つねのごと烏賊売の来て二日かな 鈴木真砂女
さわぐ笹二日の日射し入りみだれ 桂信子 晩春
うづたかし二日の磯に蜑が糞 平畑静塔
いさぎよし二日早暁の往診は 相馬遷子 山国

二日 続補遺

生海鼠干伊良古が崎の二日凪 加藤曉台
正月もまだ二日路ぞ老の坂 支考
元日も二日になりつ三日の月 五明
元日はかくて二日の待れける 桜井梅室
二日には高枕せんひむろもり 三宅嘯山
二日には箒のさきやふく寿草 炭太祇

以上


by 575fudemakase | 2017-03-27 16:38 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26747770
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

観覧車 の俳句
at 2017-12-18 09:19
海豹 の俳句
at 2017-12-18 09:14
後評(2017・12)
at 2017-12-18 04:31
映画 の俳句
at 2017-12-15 09:21
歳時記 の俳句
at 2017-12-15 08:02

外部リンク

記事ランキング