歯朶 の俳句

歯朶 の俳句

歯朶
うらじろの反りてかすかに山の声 高崎武義
うらじろの葉の反り返り二日かな 佐藤信子
お供へに歯朶のみどりのほの匂ふ 高橋淡路女 梶の葉
からび反る歯朶に神意の灯のゆらぐ 峻石
きさらぎの水あかそみて歯朶のさき 松村蒼石 寒鶯抄
た(薫)きさしや歯朶の中よりこぼれ梅 山口素堂
ぬかるみに踏まれし歯朶や年の市 渡辺水巴 白日
ぬり膳や一日~の歯朶の塵 青々
はれあがる雨あし見えて歯朶あかり 室生犀星 犀星發句集
ふしづけや引佐細江に歯朶浮かぶ 瀧井孝作
やまびとや採りもつ歯朶も一とたばね 飯田蛇笏 山廬集
ゆづり葉や歯朶や都は山くさし 子規
乙姫の手向の歯朶かうき身宿 乙二
二の腕の裏白し朝寝の土工らし 香西照雄 対話
傘に歯朶かゝりけり恵方棚 夕道
元日や動かぬ歯朶の影ぼうし 蓼太
初夢もなく穿く足袋の裏白し 渡邊水巴
古寺の一チ古る堂や歯朶掛けて 尾崎迷堂 孤輪
吊り歯朶に深山育ちの小夕焼 橋本渡舟
名こそかはれ江戸の裏白京の歯朶 正岡子規
君が代はゆづり葉白し歯朶青し 文体
塩噴きて舟の裏白そり返る 工藤義夫
売られゐる間も乾きをり裏白は 嶋田麻紀
大歯朶をのせたり古き獅子頭 長谷川かな女 雨 月
姥捨の梅雨の奥なる歯朶浄土 櫛原希伊子
孔雀歯朶手に~山の暁すゞし 佐野青陽人 天の川
富士晴れに瑞の葉ささぐ孔雀歯朶 山口草堂
岩窟の歯朶天井のあふらるゝ 井手 芳子
岩魚釣歯朶の葉揺れに沈み去る 石橋辰之助 山暦
崖歯朶に斑の夕日柴盗む 徳弘純 非望
帽子掛に歯朶の余りを祝ひけり 高井左川
年の市歯朶より白きものを見ず 碧雲居
底に敷く歯朶からびけり潤日籠 辰馬伯洲
掃きよせし水引の屑歯朶の屑 菜花
掃初や梅の下なる歯朶一片 前川素泉
新年の山深く歯朶はみどりなる 室生犀星 十返花
昼くらく歯朶も映らぬ泉かな 五十嵐播水
晴れあがる雨あし見えて歯朶明り 室生犀星
木曾殿の塚に裏白侍らしめ 高澤良一 燕音
末枯るる歯朶に素足の聖母像 堀口星眠 営巣期
末枯るゝ杉の下道歯朶薊 正岡子規
本棚の輪かざりの歯朶反りふかし 梵
松籟のしきりに歯朶を青くせり 岸田稚魚 『萩供養』
松茸や赤い松葉が歯朶の中 滝井孝作 浮寝鳥
枯るゝもの枯れ神山の歯朶青し 長谷川 より子
楪の青くて歯朶のからびたる 池内たけし
橙や裏白がくれなつかしき 子規句集 虚子・碧梧桐選
歯朶いまだ凛々しく青し炭俵 高浜虚子
歯朶つよく戦捷の餅乗せにけり 長谷川かな女 雨 月
歯朶にゐて太古顔なる蜥蜴かな 野村喜舟
歯朶に手をかけて上れり落葉沢 高澤良一 燕音
歯朶に風二日夜更けて客のあり 小松崎爽青
歯朶の上に置けば傾ぐよ小盃 高田蝶衣
歯朶の枯れ残菊の紅子に帰らん 細見綾子 雉子
歯朶の葉に見よ包尾の鯛のそり 耕雪
歯朶の葉の七符は誰を小殿原 言水
歯朶の谷深く夕づく二月かな 松村蒼石 雁
歯朶の雪ひそかにすべる泉かな 比叡 野村泊月
歯朶はさむ戸に安らかに住ひけり 長谷川かな女 雨 月
歯朶を抜き直の白樺爽やかに 福田蓼汀 山火
歯朶勝の三方置くや草の宿 高浜虚子
歯朶勝の松茸籠を皆さげぬ 高浜虚子
歯朶原を通つて行くや墓參 寺田寅彦
歯朶反りし神へ三日の灯を捧ぐ 須田蘇風
歯朶小松添へて茸の荷そこ~に 西山泊雲 泊雲句集
歯朶枯るる初めの色を胸におく 細見綾子
歯朶枯るゝ一言主の宮ほとり 岡本松浜 白菊
歯朶活けて年入れ替る坊厠 高澤良一 ねずみのこまくら
歯朶添へて松あらたむる宮居かな 荷兮
歯朶萌ゆる巌の節理の正しさに 古舘曹人 能登の蛙
歯朶蕨土もかれ~冬の山 觀魚 伊藤觀魚
歯朶谷へ紅絹ふんはりと脱ぎ捨つる 熊谷愛子
歯朶雫雪解とまがふ三汀忌 永井龍男
歯朶青きところへ鬼をやらひけり 山本洋子
歯朶青く福藁五尺あまりかな 露月句集 石井露月
歯朶青く童女笑顔を夜更けまで 飯田龍太
歯朶類が枯れ和み合ふ世の一隅 細見綾子
歯朶飾る客足稀の写真館 松本幹雄
毛むくじゃら歯朶打つ暖雨生々し 高澤良一 素抱
氷張る寒さの歯朶にこたへけり 増田龍雨 龍雨句集
泉くむ歯朶の青きに胸染めて 清水 節子
海の日や人が歩める歯朶の山 岡井省二
涼しさや境内こゝに歯朶の谷 尾崎迷堂 孤輪
滝音や群歯朶の下暗ければ 佐野鬼人
滴りに歯朶の葉先の応へをり 伊藤蘇洞
焼き残るどんどの歯朶の青さかな 俳維摩
焼山や嵩其まゝに歯朶の容 西山泊雲 泊雲句集
熔鉱の熱風に揺れ飾歯朶 斎藤朗笛
父子ならん対の毛衣歯朶を負ふ 大野せいあ
物の文(あや)今松歯朶と明けにけり 京-遊園 元禄百人一句
病葉の歯朶にあたりて落ちにけり 紀陽
百姓(たみくさ)や歯朶ゆひ添る牛の角 笛風
真日あびて行きゆく原に歯朶の青 石橋辰之助 山暦
真青さや雉子かくせし谷の歯朶 尾崎迷堂 孤輪
石橋に歯朶が生えゐる清水かな 野村喜舟 小石川
神の灯に焦げたる歯朶の葉先かな ながし
秘めごとのように反りだし裏白よ 久保 純夫
紅茸やまことしやかに歯朶外れ 清原枴童 枴童句集
緑金の歯朶や寒巌みづみづし 内藤吐天 鳴海抄
老鴬や歯朶に湧き澄む山清水 碧雲居句集 大谷碧雲居
船頭の閨の裏白青かりし 鈴木太郎
花に来て歯朶かざり見る社哉 鈍可
茸籠に妻は一枚歯朶そへて 砂井斗志男
茸籠に敷く歯朶青き京を発つ 中村汀女
葛と萩並みて姉妹花葉裏白し 香西照雄 素心
葛の底歯朶の底なる蛇となり 尾崎迷堂 孤輪
蓬莱の歯朶踏みはづす鼠かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
蓬莱や海老嵩高に歯朶がくれ 碧梧桐
蝶の腹やさしくは見ゆ歯朶の上 室生犀星
蝶の腹優しくは見る歯朶の上 室生犀星 犀星發句集
裏山に手づから剪りて歯朶長し 風生
裏白と一夜明くれば古稀の父 百合山羽公 故園
裏白にたそがれの風立ちにけり 根岸 善雄
裏白に和歌三神の灯影かな 北涯
裏白に夕日しばらくありにけり 草間時彦 櫻山
裏白に映えて神代の灯かな 野村泊月
裏白に齢かさねし父と母 百合山羽公
裏白のうらまで年の光かな 巴水
裏白のからびまろまり藁を纒き たかし
裏白のともればすこし枯れてけり 太田鴻村 穂国
裏白のひと荷の婆や浄瑠璃寺 宮坂静生
裏白のみどりの仔細老あたらし 桂信子 花寂び 以後
裏白の岩のわれ目に焼け残る 寺田寅彦
裏白の影濃くしたり谷戸の寺 間中恵美子
裏白の渇きに触れし夜の指 中嶋秀子
裏白の縮みあがれる日々の風 白岩てい子
裏白の葉が乾反りつつくもりのまま正月二日寒く暮れにき 松村英一
裏白の葉のちりちりと十日かな 江間 蕗子
裏白の葉裏ぶつぶつ母が消えた 相川玖美子
裏白は東雲招くそよぎ哉 順也
裏白やからから笑ふ山の姥 伊丹さち子
裏白や卒寿の母のかぞへ唄 松本照子
裏白や天竜の瀬は風の底 木村蕪城
裏白や市中にして古る路標 木村蕪城 寒泉
裏白や新しき足袋さがしあて 石川桂郎 四温
裏白や朝に夕に火をつくり 中村雅樹
裏白や野山歩きし今朝の夢 滝井孝作 浮寝鳥
裏白や鉄階段の子の住居 辻 男行
裏白や長寿家系のひとりなる 作山 和子
裏白や齢重ねし父と母 百合山羽公
裏白を切りて湯壺にしづもりぬ 野中 亮介
裏白を剪り山中に音を足す 飴山實 辛酉小雪
裏白を掛けし日の門風の門 白井爽風
裏白採り湧水絶えし父の山 中拓夫
裏谷は歯朶ばかりなり斧始 堀口星眠 営巣期
裏門や小き輪飾歯朶勝に 子規
見せばやな餅の長櫃歯朶入れて 才麿
見てあれば裏白に火の廻りけり 藤田あけ烏 赤松
誰が聟ぞ歯朶に餅負ふ丑の年 芭蕉
輪飾の歯朶青うして選句かな 渡辺水巴 白日
道芝に雨のあがるや歯朶明り 室生犀星 犀星發句集
門の歯朶三日の土に落ちてあり 松浜
雉子翔ちぬ歯朶の新芽のまぶしさに 塚原 夜潮
霜とけて陽炎あぐる深山歯朶 前田普羅 飛騨紬
青歯朶や後脚で立つ牧羊神の笛 横山白虹
風若くさゞなみの歯朶裏白し 松月
飾り歯朶取りに行かれぬほどの雪 松田水石
飾焚く歯朶火ちよろちよろちりちりと 川畑火川
餅が敷く裏白楪病に死ぬな 野沢節子
餅を夢に折り結ぶ歯朶の草枕 松尾芭蕉
鶏も今朝歯朶にや世々の星を呼ぶ 水田正秀
鶯や柴もひたぬれ歯朶の雨 楠目橙黄子 橙圃
鹿の子よ歯朶踏みはづすことなかれ 原石鼎
鹿火屋あり歯朶群落の崖を負ひ 高濱年尾 年尾句集
咳こだまリョウメンシダの林にて 高澤良一 さざなみやつこ

歯朶 補遺

鹿の子よ歯朶踏みはづすことなかれ 原石鼎 花影
鶏鳴の空ざまに歯朶刈られけり 斎藤玄 狩眼
鮓大皿音立てて降る歯朶の雨 中村汀女
風にあらがひ裏白の白くなる 鷹羽狩行
青歯朶を髪にも挿して年新た 細見綾子
青歯朶の夕まさりつつ吹かれたる 岡井省二 山色
青き歯朶籠めてかなしき崖氷柱 橋閒石
露霜やまだ歯朶青き南谷 福田蓼汀 秋風挽歌
霜とけて陽炎あぐる深山歯朶 前田普羅 飛騨紬
鏡餅青歯朶左右に葉を張れり 山口誓子
輪飾の歯朶青うして選句かな 渡邊水巴 白日
裏白を剪り山中に音を足す 飴山實
裏白や齢かさねし父と母 百合山羽公 故園
裏白や父が飾れば青まさり 中村汀女
裏白や新しき足袋さがしあて 石川桂郎 四温
裏白や市中にして古る路標 木村蕪城 寒泉
裏白のみどりの仔細老あたらし 桂信子 晩春
裏白のひんとはねたる姿哉 正岡子規 裏白
裏白のちりちりちりと燃え了る 山口青邨
裏白のうなじを見せて乾きをり 鷹羽狩行
裏白のある夜伊勢海老に語って曰く 正岡子規 裏白
裏白に夕日しばらくありにけり 草間時彦 櫻山
裏白と一夜明くれば古稀の父 百合山羽公 故園
裏山に手づから剪りて歯朶長し 富安風生
蝸牛や歯朶の明るき蝕の崖 角川源義
薄い胸射る 直日(じかび) 原始の 歯朶高原 伊丹三樹彦
蓬莱や海老かさ高に歯朶隠れ 河東碧梧桐
苦き胃よ巌の裂目の冬歯朶よ 佐藤鬼房
群歯朶のひたすら青し枯林 日野草城
竹林にさみどり色の歯朶の思惟 楠本憲吉 方壺集
秋風の歯朶うちさやぎ山香風呂 石田波郷
石の鳥居大裏白を結びたる 右城暮石 散歩圏
白禅の外はゆるさず歯朶茂る 富安風生
病室に深山顔なる歯朶のいろ 飯田龍太
焼石や春の裾山草もなし 正岡子規 春の草
焼山の歯朶ぱち~と終夜 内藤鳴雪
湯どころや行く秋青き深山歯朶 石塚友二 光塵
消息や歯朶刈そこにあらはれて 岡井省二 五劫集
海の日や人が歩める歯朶の山 岡井省二 明野
注連飾る間も裏白の反りかへり 鷹羽狩行
氷柱見て枯れきりし歯朶の葉を燃やす 右城暮石 句集外 昭和十六年
毎年とる山の斜面のよき歯朶を 細見綾子
母系の海よ貝塚に冬の歯朶みどり 佐藤鬼房
歯朶類が枯れ和み会ふ世の一隅 細見綾子
歯朶青き風を吹き上げ城の崖(金沢) 細見綾子
歯朶萌ゆる巌の節理の正しさに 古舘曹人 能登の蛙
歯朶生なほいづくと思ひ後の月 岡井省二 夏炉
歯朶枯るる初めの色を胸におく 細見綾子
歯朶叢に喜雨雑草園主人稿起す 山口青邨
歯朶刈に会ひたる谷の日ざしかな 岡井省二 山色
歯朶を抜き直の白樺爽やかに 福田蓼汀 山火
歯朶もえて岩瀧かけるきぎすかな 飯田蛇笏 山響集
歯朶もえて岩滝かけるきぎすかな 飯田蛇笏 春蘭
歯朶むらにしらじらと散る桜かな 阿波野青畝
歯朶の谷深く夕づく二月かな 松村蒼石 雁
歯朶の葉の燃ゆる早さや飾焚く 高野素十
歯朶の葉の形の灰や飾焚く 高野素十
歯朶の葉に積む雪落ちんとして落ちず 山口誓子
歯朶の膳古人のやうに坐りたき 細見綾子
歯朶の枯れ残菊の紅子に帰らん 細見綾子
歯朶の山に咲けば白くも梅のある 右城暮石 句集外 昭和十二年
歯朶の名の或はいたち或は蛇 富安風生
歯朶などの青きうつゝにゐて暑さ 右城暮石 句集外 昭和十七年
歯朶で蓋せし茸籠とすれ違ふ 鷹羽狩行
歯朶たけて塔の心礎をかくさざる 富安風生
正月歯朶必ずそこでとるといふ 細見綾子
橙や裏白がくれなつかしき 正岡子規 裏白
梅雨寒の歯朶の葉ゆらり立ち上る 山口青邨
梅畑に裏白撰びすてゝある 右城暮石 句集外 昭和十一年
梅かたき畑ぬけ山へ歯朶取りに 右城暮石 句集外 昭和八年
松茸にあらざる木の子歯朶にさし 前田普羅 春寒浅間山
松籟のしきりに歯朶を青くせり 岸田稚魚
村人に秘中の秘仏歯朶萌ゆる 上田五千石 風景
本棚の輪かざりの歯朶反りふかし 篠原梵 年々去来の花 雨
朝光の金刷く初夏の孔雀歯朶 渡邊水巴 富士
故里の青歯朶白き蝶あそぶ 細見綾子
故郷より山歯朶の束年の暮 細見綾子
或る崎は石蕗もて青歯朶もて覆ふ 松本たかし
怨霊の煙雨といはん歯朶の萌え 佐藤鬼房
御開帳歯朶の野に人出でてをり 岡井省二 山色
庭の歯朶あほつ夜目にも初嵐 山口青邨
広峰の青歯朶神代さながらに 山口誓子
巌がくり歯朶枯れなやむ秋日かな 飯田蛇笏 霊芝
崖歯朶の枯るるを雨の電車より 細見綾子
岩角やつゝじ花さく歯朶隠れ 正岡子規 つつじ
岩瀧の歯朶萌えあふれ雉子乳む 飯田蛇笏 山響集
山草を刈る臀聳え信濃乙女 上田五千石『琥珀』補遺
山草をたたきし鞭を子が愛す 細見綾子 和語
山草の行き来に触るる一葉あり 石川桂郎 四温
山歯朶に添へたる赤き冬苺 細見綾子
夕ぐれの歯朶のかげより老のこゑ 飯田龍太
夏蝶や歯朶揺りてまた雨来る 飯田蛇笏 霊芝
夏蝶や歯朶ゆりて又雨来る 飯田蛇笏 山廬集
夏の蝶翔け青歯朶の日も緑 福田蓼汀 秋風挽歌
名こそかはれ江戸の裏白京の齒朶 正岡子規裏白
伊豆の海青きにとりし歯朶なりと 細見綾子
丈長き丹波の歯朶を飾りたし 細見綾子
フエノロサの墓へのみちの孔雀歯朶 燕雀 星野麥丘人
やまびとや採りもつ歯朶も一とたばね 飯田蛇笏 山廬集
ひと抱へほど正月の歯朶くるゝ 細見綾子
ぬかるみに踏まれし歯朶や年の市 渡邊水巴 白日
たかんなや山草しげきかなたにも 飯田蛇笏 白嶽
さくらどき筒井の中に歯朶生かな 岡井省二 山色
きりさめや歯朶ふみいづる山男 飯田蛇笏 心像
きさらぎの水あかそみて歯朶のさき 松村蒼石 寒鶯抄
がさ市にある裏白の艶湿り 能村登四郎
かぐはしや時雨すぎたる歯朶の谷 川端茅舎
かがやくは梅雨の叢の歯朶一枚 山口青邨
いまの代も山草闌けて青飢飯 飯田蛇笏 家郷の霧

歯朶 続補遺

*こおろぎや一夜宿せし歯朶屏風 白雄 白雄句集
*蟋蟀や一夜宿せし歯朶屏風 加舎白雄
た(薫)きさしや歯朶の中よりこぼれ梅 素堂
乙姫の手向の歯朶かうき身宿 松窓乙二
傘に歯朶かゝりけりえ方だな 夕道
冬枯の歯朶にうつるや鳥の息 浪化
出歯朶よいつあらましの軒の草 嵐蘭
山歯朶や寸にあまれる蝸牛 加舎白雄
山百合や歯朶の間より一ッ咲 加舎白雄
山草やこれも仏のみをむすぶ 松窓乙二
春立や歯朶にとゞまる神矢の根 許六
春雨や猿子をいだく歯朶の露 加藤曉台
正月がいつくる事ぞ霜の歯朶 松窓乙二
歯朶*あぐる火燵の山にとし籠 中川乙由
歯朶うりと一度に鴨の羽音哉 智月尼
歯朶の葉の七苻は誰を小殿ばら 池西言水
歯朶を折て賀を舞出ん髪の霜 濁子
歯朶売のさつと仕舞ふてあられ哉 配力
歯朶添て松あらたむる宮居哉 荷兮
水仙や歯朶買ふ心あすになる 松窓乙二
犬栗や鐘は穂長の地におちし 加舎白雄
老夫山へうら白苅に歯朶苅に 木因
開く日も裏白そよぐ氷室かな 桜井梅室
青いねを穂長にかへて祝ひけり 桜井梅室
青稲を穂長にかへて祝ひけり 桜井梅室
鬼歯朶も蘇鉄も雪の旦かな 加舎白雄
鶏も今朝歯朶にや世々の星を呼 正秀

以上f

by 575fudemakase | 2017-03-27 17:05 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26747835
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング