三日 の俳句

三日 の俳句

三日

例句を挙げる。

*さよりの子泳ぐ三日の船だまり 山内美津男
あたたかし三日の森の弱音鵙 星野麦丘人
お降の雪となりゐし三日かな 高浜年尾
じやんけんに勝負問はずよ子の三日 上田日差子
つけて消す口紅山形に三日 渋谷道
はや不和の三日の土を耕せる 鈴木六林男
ばら色に三日は暮れて不漁なり 柴田白葉女
ふだん着で通し三日も過ぎにけり 高澤良一 ももすずめ
よく晴れて三日の坐り机かな 黒田杏子
パンジーを跨ぎ三日の郵便夫 山尾玉藻
一月三日は霜のとけて乾いた道の鶴が岡 詣る 荻原井泉水
万屋が三尺開けて三日かな 伊東辰之丞
三日、強風、"金色夜叉"の夜に入れり 久保田万太郎 流寓抄以後
三日きざむ南の国の蕗の薹 小池文子 巴里蕭条
三日の客羽衣舞うて失せにけり 文挟夫佐恵 遠い橋
三日の灯入りて男宮の常夜燈 高澤良一 鳩信
三日の雪払ひて高山陣屋前 高澤良一 随笑
三日はやあつけらかんの鴉かな 花畑圭郎
三日はやもの書きといふ修羅あそび 鍵和田釉子
三日はやカレーの匂ふ白き家 西村倭文子
三日はや双手を垂れて疲れけり 石田あき子 見舞籠
三日はや四手かゝれり滑川 久保田万太郎 流寓抄
三日はや小童が足袋破れ初む 石塚友二 光塵
三日はや峡のこだまは炭曳くこゑ 加藤楸邨
三日はや新聞怒ること多し 岡部六弥太
三日はや暁闇洩るる杜氏の唄 小坂 灯村
三日はや木に書く文字の音すなり 飯田龍太
三日はや木綿のような風と居る 野木桃花
三日はや海女ほゝかむりして通る 谷口 三居
三日はや混みあつてゐる鬼籍かな 川崎陽子
三日はや礼深くして炭売りぬ 菖蒲あや 路 地
三日はや船つくりゐる潮青し 山田麗眺子
三日はや達治を偲ぶ煙霞癖 石原八束 高野谿
三日はや釘箱さがす月あかり 中山純子 沙 羅以後
三日はや雲おほき日となりにけり 久保田万太郎 流寓抄
三日はや鶏の蹴散らす晒し藁 平子公一
三日はや鷹匠の目に戻りけり 宮坂静生
三日はや麦踏む人のあるはあり 長谷川素逝 村
三日ひとりまむかひて蠅うつくしき 小池文子 巴里蕭条
三日晴れ日輪海の空をわたる 水原秋櫻子
三日酔ふ月日も越も遥かにて 小池文子 巴里蕭条
九年母や三日の座禅会終りたる 善積ひろし
二日より三日の客の多かりし 芦川 巣洲
二日三日四日病む鳥声のほかはなく 石川桂郎 高蘆
人を待つことも楽しき三日かな 田伏幸一
今生れて髪濡れゐたる三日かな 都筑智子
何となく三日もすぎし膝小僧 野本ナヲ子
元日二日ことに三日の日和かな 高橋淡路女 梶の葉
刀匠の火の彩美しき三日かな 石原子
十姉妹の籠を日向に三日かな 高澤良一 ぱらりとせ
又もとの二人となりて三日果つ 加藤あき江
和服着て炭を切りゐる三日かな 黒川白舟
哲二忌となりし一月三日かな 阿部みどり女
夕暮れて髭剃つてゐる三日かな 淵脇護
夕桜焚き継ぐ三日の火色美し 文挟夫佐恵 雨 月
太平の酔や覚めさる事三日 尾崎紅葉
季寄せ繕ふだけをいとまに三日かな 東洋城千句
寂寞の眉整ふる三日かな 向笠和子
寺の子に従妹来てゐる三日かな 安部和子
屋根屋根の残雪若き三日かな 林原耒井 蜩
山牛蒡鶲も二日三日かな 加藤楸邨
山茱萸の道も三日を経にけるや 田中裕明 花間一壺
川せみも山せみも来し三日かな 大峯あきら
川床の藻のたゆたひも三日経て 高澤良一 ぱらりとせ
思はざる雪の三日の墓詣 伊達大門
拝所に海を敬ふ三日かな 本多静江
故郷去る三日の暮雪ちらつく中 田中鬼骨
木の股に生まれし雪も三日かな 堀米秋良
枯草のもう赤い芽の一月二日一月三日 栗林一石路
橋に見る夕陽の比枝も三日かな 宮武寒々 朱卓
正月や三日過ぐれば人古し 高桑闌更 (らんこう)(1726-1798)
歯朶反りし神へ三日の灯を捧ぐ 須田蘇風
母のもの仰山干して三日かな 山尾 玉藻
洗ひ場に水走り込む三日かな 高澤良一 ぱらりとせ
流れ藻を拾ひ三日の浜遊び 太田土男
湯の町の明けて三日の川床鳴る 高澤良一 寒暑
濡れしもの焚いて三日の碑に集ふ 野見山ひふみ
炉がたりも気のおとろふる三日かな 飯田蛇笏 山廬集
焚火跡ありて三日の杣の道 中森皎月
父の許に三日はやくも暮れゆけり 渡辺千枝子
独り身や三日の朝の小買物 高橋淡路女 梶の葉
産声を男の子とききし三日かな 上田日差子
男また眠つてしまふ三日かな 夏井いつき
癌の妻深き息継ぎ三日越ゆ 斎藤玄
白少し透きし三日の鏡餅 森澄雄
石舞台めぐる三日の畦匂ふ 古賀まり子
神官の妻の眉濃き三日かな 寺井谷子
空港に流す琴の音三日かな 直野秀子
窯主がまけて三日の湯呑みの値 高澤良一 鳩信
筑波山三日の雲をぽんと置き 高澤良一 素抱
籠居や三日のうちに思ふ貌 石川桂郎 含羞
紅ささぬ母娘に三日過ぎにけり 館岡沙緻
腰あげて三日の鴨を見にゆくか 鈴木しげを
舞ふ雪のこの白さもて三日かな 鞠絵由布子
船厨に海たひらかな三日過ぐ 友岡子郷
花札の松に三日の刻狂ふ 嶋田麻紀
蓬莱に名刺きたなき三日かな 寺田寅彦
蕗味噌になじみて三日輪島箸 中西舗土
西行庵雪が浄めし三日なり 福永耕二
誰も来ぬ三日や墨を磨り遊ぶ 殿村菟絲子
貧しさよ三日の雪も暮れかかる 三谷昭
輸かざりやすでに三日の隙間風 久保田万太郎 流寓抄
遊び田のうすらひつつく三日かな 高澤良一 寒暑
遠州の風出遅れし三日かな 本多千恵子
酒少し剰し三日も過ぎてけり 石塚友二
針折れてふつとさみしき三日かな 川端豊子
鉦太鼓谺し三日の山部落 福田蓼汀 秋風挽歌
門の歯朶三日の土に落ちてあり 松浜
雪の寺正月三日の高野豆腐 中山純子 沙羅
雪空となりし三日の夫婦客 久保田万太郎 流寓抄以後
雪靴に常の勤めの三日かな 相馬遷子 山国
雪飛びて三日の酒の了りけり 齋藤玄 飛雪
雷鳴つて三日の松を晴らしたり 長谷川かな女 牡 丹
飲み飽きて三日せせらぎ眩しくて 本宮夏嶺男
飲食の強火弱火と三日かな 林佑子
高階の三日の松に水を遣る 寺井谷子
鵙が鳴く三日埓なく夕まけて 石塚友二 光塵
鶏小屋のことにかまけて三日かな 高浜虚子
鶏鳴のすこし嗄れたる三日かな 水谷静眉
黒猫の眼が畑にをる三日かな 村上鬼城
三日果て金海鼠(きんこ)色なる鳥羽の空 高澤良一 鳩信
雲蒐むところ三日の風の不二 高澤良一 暮津

三日 補遺

あらけなし三日の雪の雑木山 寒食 星野麥丘人
あらけなし三日の雪の雑木山 星野麥丘人
一壺かろく正月三日となりにけり 村上鬼城
三日、晴、妻に撮影され妻を撮影し 日野草城
三日とも日当りのよき畳かな 桂信子 花影
三日の朝フェリー二隻大口あけ 佐藤鬼房
三日はや小童が足袋破れ初む 石塚友二 光塵
三日はや目のくぼみたる頭付 佐藤鬼房
三日はや赤子ねむれる紅衾 飯田龍太
三日はや麦踏む人のあるはあり 長谷川素逝 村
三日路をとんて歸るや火の車 正岡子規
上毛や三日を鶸と薄雲と 藤田湘子
二日三日四日病む鳥声のほかはなく 石川桂郎 高蘆
二日雀三日雀と来てくれし 藤田湘子 神楽
介護の苦のがれし死なり三日の夜 松崎鉄之介
仏壇に桃活けてある三日哉 正岡子規 桃の花
元日や餅二日餅三日餅 尾崎放哉 大学時代
夜咄に三日の酒のはてしなし 石田波郷
天龍に下す三日の諏訪の水 上田五千石 森林
東京に吉兆の雪三日明く 上村占魚
松の内も三日を過ぎぬ晝御飯 三橋敏雄
橙が垂るる三日の岬の鼻 橋閒石 朱明
浜通り海鵜と浴びる三日の陽 松崎鉄之介
炉がたりも気のおとろふる三日かな 飯田蛇笏 山廬集
無明とや三日の野川徘徊(たもとほ)る 佐藤鬼房
瑞の雲三日を待ちて現れし 相生垣瓜人 負暄
白少し透きし三日の鏡餅 森澄雄
白煙豊かにあぐる三日の発電所 松崎鉄之介
着ごころの三日の着物ゆりかもめ 岡井省二 山色
籠居や三日のうちに思ふ貌 石川桂郎 含羞
菜飯屋の三日の昼を賑へり 松崎鉄之介
葱の香を恋うて暮れゆく三日かな 鷲谷七菜子 一盞
藻ごころに松風晴れし三日かな 鷲谷七菜子 天鼓
酒少し剩し三日も過ぎてけり 石塚友二 曠日
鉦太鼓谺し三日の山部落 福田蓼汀 秋風挽歌
長崎の坂動き出す三日かな 有馬朗人 非稀
陣痛の夜明けを感じ居る三日 佐藤鬼房
雪後の日のぬくきに遊ぶ三日かな 松崎鉄之介
雪飛びて三日の酒の了りけり 齋藤玄 飛雪
静かに身を養ふに似て三日過ぐ 松崎鉄之介
飯の香のほのぼの三日過ぎてゐし 鷲谷七菜子 一盞
飽食し 屯し 三日の眠り鹿 伊丹三樹彦
鯉群れてむらくもなせる三日かな 上田五千石『琥珀』補遺
鵙が鳴く三日埓なく夕まけて 石塚友二 光塵

以上

by 575fudemakase | 2017-03-28 05:04 | 新年の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26748976
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40
後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42

外部リンク

記事ランキング