冬終る の俳句

冬終る の俳句

冬終る

例句を挙げる。

ひそかなる亀の死をもち冬終る 有馬朗人 母国
また雨が電柱濡らし冬終る 菖蒲あや 路 地
ファックスを書斎につけて冬終る 内野睦子
仰臥のまま両眼ひやす冬の果 古沢太穂 古沢太穂句集
冬の果蒲団にしづむ夜の疲れ 飯田蛇笏 椿花集
冬去りぬうぶすなの木に子がのぼり 長谷川双魚 風形
冬去るか米のとぎ水流れゆき 細見綾子 花寂び
冬尽きて刳り舟にある日の匂ひ 山上樹実雄
冬尽きて曠野の月はなほ遠き 飯田蛇笏
冬尽くといふ甘美なる語のありき 徳永山冬子
冬尽のふけかきこぼす頭かな 飯田蛇笏 山廬集
冬終へし柵をへだちて親しき濤(鼓ケ浦の山口誓子氏を訪ふ) 河野南畦 『黒い夏』
冬終る封筒の中空色に 有馬朗人 天為
冬終る尾長が紙漉く小屋に来て 皆川盤水
冬終る風かもはるか聖地より 対馬康子 愛国
冬終る鴉水田に尻つけて 岸風三樓
冬終わる封筒の中空色に 有馬朗人
北辺の大冬尽くる海を越ゆ 飯田蛇笏 雪峡
塵捨てに出て蟇見たり冬終る 伊東宏晃
契冲の鶏が啄み冬終る 長谷川かな女 花寂び
庖丁みがく女の力冬終る 菖蒲あや 路 地
水に翳そひいつまでも冬去らず 長谷川双魚 風形
波なりに冬去る白鳥の墓一基 成田千空 地霊
湯屋の前月濃くて冬去りにけり 大野林火
男ゐる遠景に来だ冬去らず 能村登四郎 幻山水
町川に玄能を磨ぐ冬名残 宮武寒々
蝦夷鹿の振り向くしじま三冬尽く 下鉢清子
解く帯は風の音する冬去るか 寺田京子 日の鷹
護符のごと目貼を冬の果つるまで 村越化石 山國抄
酸素ボンベころがり路地の冬終る 菖蒲あや 路 地
長き冬去ると或る朝言ひて起く 細見綾子 花 季
雲は鳴かず大オホツクの冬尽くる 飯田蛇笏 雪峡
雲渉るごと踏む土に冬終る 長谷川かな女 花 季
青淵に入る泥水冬の果 辻桃子

冬終る 補遺

ひそかなる亀の死をもち冬終る 有馬朗人 母国
雨にうたす植木一鉢冬終る 村山故郷
雲は鳴かず大オホツクの冬尽くる 飯田蛇笏 雪峡
気弱なる寄寓者のごと冬去りゆく 能村登四郎
虚空より冬去る村のキヤディ達 飯田龍太
仰臥のまま両眼ひやす冬の果 古沢太穂 三十代
見送り手ひとりなく冬去りてゆく 能村登四郎
高原に土工と睦み冬をはる 伊丹三樹彦
蒸籠より中華饅頭冬終る 亭午 星野麥丘人
寝る前を低く唱へり冬の果 岡本眸
青昴さびつつ空の冬了る 相生垣瓜人 微茫集
赤き実を小鳥こぼして冬終る 桂信子 草影
大量の寒気を餘し冬去りぬ 相生垣瓜人 負暄
男ゐる遠景に未だ冬去らず 能村登四郎
長き冬去ると或る朝言ひて起く 細見綾子
冬の果蒲団にしづむ夜の疲れ 飯田蛇笏
冬の名残に白きもの天降らす 上田五千石『琥珀』補遺
冬去らぬ浜鉛筆の漂着して 山口誓子
冬去りね門に彩る茜雲 高屋窓秋
冬去るか水飲みてわが渇き知る 細見綾子
冬去るか米のとぎ水流れゆき 細見綾子
冬終る顔押し包む蒸しタオル 岡本眸
冬終る封筒の中空色に 有馬朗人 天為
冬終る万々歳といふべしや 星野麥丘人 2005年
冬尽きて礦野の月はなほ遠き 飯田蛇笏 春蘭
冬尽のふけかきこぼす頭かな 飯田蛇笏 山廬集
冬了る底知れぬものと思ひしが 相生垣瓜人 微茫集
湯屋の前月濃くて冬去りにけり 大野林火 冬雁 昭和二十二年
道草をする日しない日冬了る 星野麥丘人 2005年
二夜三夜兄妹合はず冬了る 石田波郷
芭蕉の襤褸雨にそぼぬれ冬終る 山口青邨
壁白く掛くるものなし冬去ぬ日 大野林火 海門 昭和十二年
墓守のひたに優しや冬の果 佐藤鬼房
北辺の大冬尽くる海を越ゆ 飯田蛇笏 雪峡
鶸繊き声する方へ冬去りし 飯田龍太

以上

by 575fudemakase | 2017-04-16 08:20 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26792162
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング