春待つ の俳句

春待つ の俳句

春待つ

例句を挙げる。

うち集ふことは春待つことに似て 後藤夜半 底紅
これ程に春待つこゝろ生涯に 奥田智久
ずぶ濡れの太陽上り春待つ森 山崎ひさを
てつせんの春待つ気ぶりすら見せず 篠田悌二郎
とど松もえぞ松も春待てる木々 高木晴子 花 季
なつかしき羅宇屋の汽笛春待てば 加倉井秋を 『風祝』
ぬくきもの食べ春待ちの梟鳴く 村越化石 山國抄
ばらばらになって春待つガラスびん 津沢マサ子 風のトルソー
ひかりの鹿飛ばす春待つ斜面得て 永田耕一郎 氷紋
バロックといふ待春の死語ひとつ 皆吉司
フアッシヨン誌読むや春待つ心急 嶋田摩耶子
仕込み桶つぶやく泡に春待てり 伊藤京子
写真も蘆花はひたもに春待つ眼 中村草田男
声嗄れて春待つ心深まれり 関森勝夫
大江山春待つお伽草子かな 兼松平々
少年を枝にとまらせ春待つ木 西東三鬼
山羊を飼へとふ兎飼へとふ春待てば 及川貞 榧の實
年々に春待つこゝろこまやかに 下田実花
庵の夜や春待ち兼て人のよる 井上井月
待春か耐寒か石しづかにて 中嶋秀子
待春のぬけ道どれも潮の香 上田日差子
待春のふくれ崩るゝ波頭 星野椿
待春のほとりに木々をあつめたる 田中裕明 花間一壺
待春のみかんむかんにほかと割れ 亀井糸游
待春のをりふし母の独りごと 猪俣千代子 堆 朱
待春の丘に遊戯する鳥獣 長谷川かな女 花寂び
待春の人の来てゐる百度石 倉田紘文
待春の大樹の風を孕みたる 上野 泰
待春の小匙にすくふ甘納豆 百瀬ひろし
待春の指先にのす弥次郎兵衛 加藤耕子
待春の枝の賑ひとも思ふ 友水 清
待春の水よりも石静かなる 倉田 紘文
待春の海凪ぎ青き原酒樽 坂井とみ子
待春の睡りて白髪ふやしけり 池田秀水
待春の礁に波の立ち上る 甘糟怜子
待春の神事火の粉をよろこべり 中山純子
待春の空に襞ある瀧の音 古舘曹人 砂の音
待春の笑はして生え初めし歯よ 太田土男
待春の羽のごと干す白魚網 伊藤京子
待春の翡色の玉を身につけむ 泉 早苗
待春の肱付き椅子の深さかな 高澤良一 寒暑
待春の茶杓一本蔵しけり 石嶌岳
待春の身の透く小鯛笹漬けに 田中英子
待春の金の成る木に花が咲く 伊藤いと子
待春の門の手鞠のよくはづむ 『定本石橋秀野句文集』
待春やこころの忌明けせぬままに 岩間光景
待春や会ひに行きたき道の神 村越化石
待春や卒論の娘も嫁ぐ子も 小谷敦子
待春や手綱の赤き藁の馬 川村紫陽
待春や机に揃ふ書の小口 浪化
待春や氷にまじるちりあくた 河合智月 (1634?-1708以後)
待春や浪花おこしのかろき味 田中英子
待春や湯呑一つを前にして 村越化石
待春や病舎に菜売り卵売り 石橋秀野
待春や駝鳥のかぶる日の帽子 上田日差子
忌にありて春待つ心生れつゝ 稲畑汀子
我が杖も春待つものゝ一つかな 緒方句狂
春待ちて我等東京の屋根の下 成瀬正とし 星月夜
春待つといふ大いなる言葉あり 後藤夜半
春待つと檜山は月を育てけり 安立公彦
春待つやふと来りたる返り事 島村元句集
春待つやみな一脚のおしら神 古舘曹人 樹下石上
春待つや一と間に住んで老夫婦 武原はん女
春待つや仮の小桶に梅柳 安藤橡面坊
春待つや力をこめてボール蹴る 波多野爽波 鋪道の花
春待つや厨の妻のわらべ唄 今泉貞鳳
春待つや地球のやうにみごもりて 仙田洋子
春待つや帰らねばこそ波真白 野見山ひふみ
春待つや手触れて軽き糸車 樋笠文
春待つや捲いて太らす毛糸玉 成瀬桜桃子 風色
春待つや漬け残りたる桶の茄子 室生犀星 魚眠洞發句集
春待つや箒柄に彫るしだれ梅 西本一都 景色
春待つや紅染める青木の実 小澤碧童 碧童句集
春待つや紙一しめを違ひ棚 増田龍雨 龍雨句集
春待つや色麩ふたつのおかめそば 小川軽舟
春待つや萬葉、古今、新古今 久保田万太郎 流寓抄以後
春待つや鈴ともならず松ぼくり 小川軽舟
春待つ湾片手漕ぎして女の舟 加倉井秋を 『欸乃』
春待てり製靴工場の木型どち 磯貝碧蹄館 握手
春待やうはごとまじる子守唄 室生犀星 犀星発句集
春待やまなかひの手の照るを見つ 室生犀星 犀星発句集
春待や山吹の枯枝すぐりつつ 室生犀星 犀星発句集
春待や幸ある家の花袋 上島鬼貫
春待や漬け残りたる桶の茄子 室生犀星
春待や生きのびし人の息づかひ 室生犀星 犀星発句集
春待や花もつ枝の艶ぶくれ 室生犀星 魚眠洞發句集
春待や草の垣結ふ繩二束 村上鬼城
時雨るや旅に春待つ薬売 会津八一
更によし春待つ門の笑ひ声 尾崎紅葉
来て見れば孤島春待つ入らあり 金箱戈止夫
林檎嗅ぎうしろの山も春待てり 新谷ひろし
果樹園も日ざし春待つスイス領 有働亨 汐路
汀歩す待春の富士輝いて 星野椿
濡れてより待春の黒土となる 岩岡中正
火を焚くや万年杭も春待つ木 佐野美智
煎大豆に花の春待つ宵なりけり 西勝 選集「板東太郎」
玩具と野菜畳に置くよ春待つよ 磯貝碧蹄館 握手
珈琲の朝の湯気みな春待てる 原子公平
白足袋の爪先の春待つごとし 影島智子
祝はるゝこと待春の心あり 高木晴子 花 季
穴不思議おほぜいで春待つてゐる 中尾寿美子
紅裏の春待ち兼ねて燃ゆる哉 尾崎紅葉 紅葉山人俳句集
紐長く小鳥籠吊り春待つ木 森重 昭
蒟蒻薯春待つ貌の煤けたる 堀口星眠 営巣期
遠き世のごとく春待ち老夫婦 加倉井秋を
酔をともに春待年をおしむ哉 加舎白雄
金の入日沼に沈めて春待たむ 角川源義
鉄線の春待つ気ぶりすら見せず 篠田悌二郎
鏡を磨がう春待つ老の若盛り 鬼貫
雪が降る春待つ心さぐるとき 林原耒井 蜩
雪国の春待つ心遠々し 伊藤一露
首垂れて春待つ木偶の並びたり 柏 禎
鰭酒も春待つ月も琥珀色 水原秋櫻子
鶴折つて春待つ風に吊しけり 土居蹄花
あすしらぬみむろのやまの春を待つ 高野素十
かの一事なるやならずや春を待つ 下村梅子
この丘に宵々のはやて春を待つ 内田百間
この子らも虜囚窓辺に春を待つ 金箱戈止夫
こまごまと草庵日記春を待つ 後藤夜半 底紅
すぐそこに来てゐる春や春を待つ 上村占魚(1920-96)
その為に一壷酒のあり春を待つ 深川正一郎
みちのくにひつそり春を待つことを 高木晴子 晴居
キリンも吾も頸堆七箇春を待つ 遠山陽子
バスを待ち大路の春をうたがはず 石田波郷(1913-69)
一挙手も一投足も春を待つ 後藤夜半 底紅
一隅の此のいしぶみも春を待つ 正田稲洋
九十の端(はした)を忘れ春を待つ 阿部みどり女 『月下美人』
予感とは楽しき不安春を待つ 高石幸平
仮縫のあとこころもち春を待つ 朝倉和江
分校に生徒が一人春を待つ 宮本 旅川
十一面それぞれ春を待つ観音 有馬朗人
口明て春を待らん犬はりこ 一茶 ■文化二年乙丑(四十三歳)
同じ靴何度も修理春を待つ 細見綾子 黄 炎
地の底に在るもろもろや春を待つ 松本たかし
塀に球なげて少年春を待つ 菖蒲あや
大いなる水平線や春を待つ 宮崎 寒水
妻病めばひと間をしめて春を待つ 岸風三楼 往来
嵩減りて林中落葉春を待つ 井沢正江 火襷
庭に出て木々は常なる春を待つ 皆吉爽雨 泉声
待つことも医術のひとつ春を待つ 新明紫明
待つと言ふことに馴れつつ春を待つ 菖蒲あや
思ひ出のそれのみにある春を待つ 上村占魚 球磨
或日あり或日ありつつ春を待つ 後藤夜半 底紅
折り溜めしまぶしに春を待ちにけり 広江八重桜
掃除機で空気吸ひつつ春を待つ 皆吉司
新居得て景色ととのふ春を待つ 下村ひろし 西陲集
新邸に楽しき春を待つばかり 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
春を待ち我を待つとの妻の文 京極杞陽 くくたち下巻
春を待つこころに野口雨情の忌 西本一都 景色
春を待つこゝろに雨の土ひかる 長谷川素逝 暦日
春を待つひらきし地図の野は緑 上野泰 春潮
春を待つものに銀化の涙壺 野見山ひふみ
春を待つコルク鉄砲うちにけり 辻桃子
春を待つホームにうすき詩集かな 佐藤美恵子
春を待つ下宿の人や書一巻 夏目漱石 明治三十九年
春を待つ何も挿さざる壺円く 菖蒲あや
春を待つ供養の針の一包み 西島麦南 人音
春を待つ商人犬を愛しけり 前田普羅 新訂普羅句集
春を待つ夢の島バス停留所 田中啓介
春を待つ妻に泥鰌を食はせけり 岸本尚毅 舜
春を待つ娘心や手鞠唄 井上井月
春を待つ子のクレヨンは海を生み 西村和子 夏帽子
春を待つ御手なる創にくちづけし 山本歩禅
春を待つ心を正し処しにけり 星野立子
春を待つ心君にも吾にもあり 高濱年尾
春を待つ心心のうなじ伸べ 木村蕪城 寒泉
春を待つ心遐けき身となんぬ 林原耒井 蜩
春を待つ悲しきことは云ふまじく 高濱年尾 年尾句集
春を待つ淡海に心預けんと 高澤良一 燕音
春を待つ渡航の注射終へし腕 田川飛旅子
春を待つ港に船はなかりけり 増永波那女
春を待つ漁港の娼家はなやぎぬ 西島麦南 人音
春を待つ熊野の山は千の牛 夏石番矢 楽浪
春を待つ狐火二つ消えにけり 萩原麦草 麦嵐
春を待つ田水に映り道作り 石田波郷
春を待つ石のねむりのみとり妻 野見山朱鳥
春を待つ絵手紙に黄を重ねつつ 板橋美智代
春を待つ花の歳時記開きては 岩崎富久子
春を待つ醤そへたる氷魚飯 森澄雄
春を待つ金の鵝鳥を追ひながら 長谷川かな女 花寂び
春を待つ靴底にゴムを厚く貼る 岩田昌寿 地の塩
春を待つ音符のやうなかいつぶり 山尾郁代
春を待つ鳥居の前の茶店かな 比叡 野村泊月
時ものを解決するや春を待つ 高浜虚子
月夜々に美しく春を待ちにけり 岸風三楼 往来
来るといふ人見えずして春を待つ 高浜年尾
林中の径とどまりて春を待つ 原裕 葦牙
林檎の木いまだ幼く春を待つ 菖蒲あや
枯菊を残らず刈りて春を待つ 阿部みどり女 笹鳴
桑畑を過ぎ行く時に春を待つ 細見綾子 黄 炎
檜扇へ土盛り上げて春を待つ 細見綾子 花寂び
炬燵板反りて読み書き春を待つ 皆吉爽雨
牛糞を焚く村落や春を待つ 野村喜舟
珠数くりて春を待つこそ仕事なれ 上島鬼貫
生ま紙に重石をかけて春を待つ 細見綾子 黄 炎
生野菜には塩ふつて春を待つ 細川加賀 生身魂
病むことも身の養ひと春を待つ 関森勝夫
病む父のため子のための春を待つ 深見けん二
白粥に人隔てゐて春を待つ 野澤節子
真つ白き障子の中に春を待つ 松本たかし
真白き障子の中に春を待つ 松本たかし
節穴にあつまり春を待つものら 津沢マサ子 空の季節
老人に空みえ辛夷春を待つ 和知喜八 同齢
老松は父椎は母春を待つ 阿部みどり女
茫々と初恋遠し春を待つ 稲畑汀子 汀子第二句集
葛晒す白さ重ねて春を待つ 相良哀楽
蒟蒻薯春を待つ貌の煤けたる 堀口星眠
藁塚の棒先余し春を待つ 右城暮石 声と声
虚子館の鼓動聞きつつ春を待つ 藤浦昭代
諦めは癒ゆるを待たず春を待つ 朝倉和江
過ぎしこと再び言はず春を待つ 大橋越央子
過ぎて行く日を惜しみつつ春を待つ 高浜虚子
道祖神に赤い菓子置き春を待つ 藤岡筑邨
遠い遠い春を待つせつなさだ、荒涼とした野道の日ぐれ 渡辺順三
鉄瓶の黙せばつぐ火春を待つ 亀井糸游
袖の雲脂指で弾きぬ春遠し 高澤良一 素抱

春待つ 補遺

*たらの木も春待つものゝ一つかな 高野素十
あすしらぬみむろのやまの春を待つ 高野素十
うち集ふことは春待つことに似て 後藤夜半 底紅
お日様のやうな坊やか春待つ宿 村山故郷
かくてまたいまひとたびの春待たれ 上田五千石『琥珀』補遺
こまごまと草庵日記春を待つ 後藤夜半 底紅
のー~と越後の人等春を待つ 高野素十
バスを待ち大路の春をうたがはず 石田波郷
まぐはひの春を待つかに山の人 佐藤鬼房
ゆふづつをいただき棕梠も春待つ木 大野林火 飛花集 昭和四十七年
わが尿に音もて応え春待つ草 伊丹三樹彦
或日あり或日ありつつ春を待つ 後藤夜半 底紅
暗がりにさざえは生きて春を待つ 細見綾子
一挙手も一投足も春を待つ 後藤夜半 底紅
印字機の音のはげしく春を待つ 日野草城
雨降るも晴るるもただに春を待つ 右城暮石 句集外 昭和五十五年
鉛筆の字の素朴を愛す春遠み 能村登四郎
崖下や待春の灯の生きてをり 岸田稚魚 負け犬
寒園に梅咲く春も待ちあへず 正岡子規 春を待つ
期して待つ何ある何や春の鵙 上田五千石『琥珀』補遺
去るものは日々に疎しや春を待つ 高野素十
共に病み共に訪はずよ春を待つ 松本たかし
近しとも遠しともただ春を待つ 右城暮石 散歩圏
金の入日沼に沈めて春待たむ 角川源義
桑畑を過ぎ行く時に春を待つ 細見綾子
古き家の春待つ部屋の青箒 能村登四郎
枯萱を残すこころは春を待つ 富安風生
鯉もかたまりてひたすら春を待つ 鷹羽狩行
国々の岬々の春を待つ 高野素十
国分寺の石の遺跡も春を待つ 鷹羽狩行
座敷杖かたへに病みて春を待つ 上村占魚
妻病めばいや山国の春遠し 相馬遷子 山国
山羊を飼へとふ兎飼へとふ春待てば 及川貞 榧の實
子つなぎて草木蟲魚春を待つ 富安風生
思ひ出のそれのみにある春を待つ 上村占魚 球磨
自転車で鮒来しよ春遠からじ 秋元不死男
終点は汽笛どころ春遠からじ 鷹羽狩行
十王佛常の顔して春を待つ 佐藤鬼房
春すでにてんぷら蕎麦を待つ間かな 草間時彦
春の月しらじらと地の声を待つ 飯田龍太
春の野に穴掘つていま何を待つ 中村苑子
春を待ち流木に魚刻み込む 有馬朗人 母国
春を待ついづくも白き煙のみ 右城暮石 句集外 昭和二十三年
春を待つおなじこころに鳥けもの 桂信子 草影
春を待つおもひにけふをひた待てる 上田五千石『天路』補遺
春を待つこころにもつれ枯枝影 富安風生
春を待つこゝろに雨の土ひかる 長谷川素逝 暦日
春を待つこころ大樹のごとしづけし 大野林火 冬雁 昭和二十一年
春を待つひらきし地図の野は緑 上野泰 春潮
春を待つ雨戸開け閉めするたびに 右城暮石 一芸
春を待つ漁港の娼家はなやぎぬ 西島麦南 人音
春を待つ供養の針の一包み 西島麦南 人音
春を待つ時には心沈むことも 星野立子
春を待つ柴垣に艪のもたれをり 清崎敏郎
春を待つ商人犬を愛しけり 前田普羅 普羅句集
春を待つ醤そへたる氷魚飯 森澄雄
春を待つ心にかゝること多く 高浜年尾
春を待つ心を正し処しにけり 星野立子
春を待つ心心のうなじ伸べ 木村蕪城 寒泉
春を待つ心即ち入涅槃 高野素十
春を待つ人篁にかくれけり 石田波郷
春を待つ生半(なまなか)に老いそして病み 佐藤鬼房
春を待つ石のねむりのみとり妻 野見山朱鳥 愁絶
春を待つ切に待たるることばかり 右城暮石 虻峠
春を待つ潮騒か世のどよめきか 加藤秋邨
春を待つ田水に映り道作り 石田波郷
春を待つ迄に我はや老いにけり 正岡子規 春を待つ
春を待つ雜煮をまつと人や思 正岡子規 春を待つ
春を待てる汝が子の眼澄む見たまはずや 中村草田男
春遠からじ日がさして鯉の顔 森澄雄
春遠き心をあほちものやすぐ 原石鼎 花影以後
春遠し海に起伏のなきひと日 桂信子 草影
春遠し兄の拙き戦場便 石田波郷
春遠し唇の雪舌もて甜め 相馬遷子 雪嶺
春遠し腑の片隅の夕明り 飯田龍太
春待つて沸々と湧く麹泡 能村登四郎
春待つといふことさへも忘れゐし 後藤比奈夫
春待つと子の歌渡る葛西橋 岸田稚魚 雁渡し
春待つと手には櫟の反り葉など 右城暮石 句集外 昭和十八年
春待つは生を貪る者に似し 相生垣瓜人 負暄
春待つやみな一脚のおしら神 古舘曹人 樹下石上
春待つやゆうじが植ゑし牡丹の木 村山故郷
春待つや小田の雁金首立てゝ 正岡子規 春を待つ
春待つや埴輪の馬の太蹄 草間時彦
春待つや赤き毛氈次の間に 星野立子
春待つや只四五寸の梅の苗 正岡子規 春を待つ
春待つや着物着たがる娘の子 正岡子規 春を待つ
春待つや椿の莟籠の鳥 正岡子規 春を待つ
春待つや舞扇なく鼓なく 松本たかし
春待つや力をこめてボール蹴る 波多野爽波 鋪道の花
春待てど兎の尿は黒びかる 右城暮石 句集外 昭和二十三年
春待てる棚のくらきにオシラ神 能村登四郎
春待や宿痾に堪へて憂ふ事 河東碧梧桐
春待や草の垣結ふ繩二束 村上鬼城
春待や峯の御坊の畳替 村上鬼城
小つくばひ全身濡れて春を待つ 富安風生
小説を草して獨り春を待つ 正岡子規 春を待つ
少年を枝にとまらせ春待つ木 西東三鬼
招福の面の頬紅春待つ紅 後藤比奈夫
常臥しのわれも春待つおのづから 森澄雄
食ばかり欲る犬猫と春を待つ 右城暮石 句集外 昭和三十六年
生ま紙に重石をかけて春を待つ(小出紙漉を見る) 細見綾子
赤子見せにくるといふ春待たれけり 大野林火 方円集 昭和五十二年
赤禿げし癩園の谷春遠き 大野林火 青水輪 昭和二十六年
切通し春待つ丘の刈られけり 松崎鉄之介
絶望といふにはあらじ春を待つ 後藤比奈夫
待ちわびし春とも何処か異れり 相生垣瓜人 微茫集
待ち待ちし春きたりしよ眠たしよ 右城暮石 句集外 昭和三十八年
待つ春の面上あらき鳩嵐 原裕 葦牙
待つ春やキユーピー人形置く書棚 村山故郷
待春と言ひしも人のためならず 野見山朱鳥 愁絶
待春と題すこけしを飾りけり 山口青邨
待春のこけし鬢長く唇消ぬべくも 山口青邨
待春のほとけ顔して猫嫌ひ 佐藤鬼房
待春の空に襞ある瀧の音 古舘曹人 砂の音
待春の打水坂を流れそむ 岡本眸
待春の苔踏んで水にじみたる 鷲谷七菜子 天鼓
待春の大樹に鳥の又入りし 上野泰
待春の大樹の風を孕みたる 上野泰
待春の大地は蔵すもの多し 上野泰
待春の地の現はるる落葉掃く 上野泰
待春の門の手鞠のよくはずむ 石橋秀野
待春の藪の穂の星ふやしつつ 大野林火 月魄集 距和五十七年
待春や一枝をかざし花の舞 角川源義
待春や結びの神に石積めり 角川源義
待春や鶴見岳の女神出でて舞へ 角川源義
待春や鉄の素直に削られて 岸田稚魚 負け犬
待春や病舎に菜売りたまご売り 石橋秀野
滝和亭探梅の図を春を待つ 山口青邨
地震あとの春待つ顔を上げにけり 桂信子 花影
朝々を時報流れて春を待つ 右城暮石 句集外 昭和五十七年
潮騒を春待つごとく聞きこもる 山口青邨
冬帽に明眸春を待つらしも 三橋鷹女
藤村は春を待ちつつ茶を説けり 相生垣瓜人 負暄
同じ靴何度も修理春を待つ 細見綾子
売り買ひも春待つ飴の七彩に 岡本眸
薄色を春待つ色と選び着る 稲畑汀子
桧扇へ土盛り上げて春を待つ 細見綾子
氷魚汁春遠からず近からじ 森澄雄
病み臥り来むかふ春を待つとせず 日野草城
病室の隅のステツキ春待つや 石田波郷
鰭酒も春待つ月も琥珀色 水原秋櫻子 殉教
不断桜春待つ旅に加へけり 大野林火 方円集 昭和五十三年
浮雲の金あかね春遠からじ 森澄雄
分校児の白息 交錯 春待つ唄 伊丹三樹彦
文机に顔写真立て春を待つ 阿波野青畝
壁掛のカウベルの金春を待つ 鷹羽狩行
北窓に春まつ梅の老木哉 正岡子規 春を待つ
木石の如く寂然春を待つ 山口青邨
餅ついて春待顔の小猫かな 正岡子規 餅搗
餅の黴落して春を待ちにけり 鈴木真砂女 紫木蓮
柳条の雨のごときは春を待つ 富安風生
流行になるやも知れず春を待つ 星野立子
林中の径とどまりて春を待つ 原裕 葦牙
老妻をいたはるこころ春を待つ 山口青邨
藁塚の棒先余し春を待つ 右城暮石 声と声
檜扇へ土盛り上げて春を待つ 細見綾子 桃は八重
竈辺に塩ちりて春遠からず 能村登四郎
胼の手に酒精がしみつ春遠き 相馬遷子 雪嶺
茫々と初恋遠し春を待つ 稲畑汀子

以上

by 575fudemakase | 2017-04-16 08:28 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26792171
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング