草城忌 の俳句

草城忌 の俳句

草城忌

例句を挙げる。

この冬の意外なぬくさ草城忌 桂信子 晩春
ばら色のままに富士凍て草城忌 西東三鬼
佗助の群がる日なり草城忌 石田波郷
全集の濃き藍色や草城忌 桂信子 樹影
凌ぎ得るもの齢のみ 草城忌 伊丹三樹彦
力みいしものは去りゆき草城忌 小西康之
十の字にとぶ二羽の鳩草城忌 石田波郷
厚雲の裂け目のひかり草城忌 花谷和子
女患部屋にをとこの声や草城忌 石田波郷
手のとどく青空のあり草城忌 土岐錬太郎
東京に桂信子や草城忌 草間時彦
残月の薄紅に草城忌 岩田由美 夏安
水より淡き早春の空草城忌 楠本憲吉
無造作に白きマフラー草城忌 岩井秀子
痩身を湯槽に沈め草城忌 冨田みのる
目の奥の沖すさまじき草城忌 山口隆
絞り出す絵具はブルー草城忌 松倉ゆずる
草城忌あの冬山の裏見えぬ 阿部完市 無帽
草城忌の時雨が睫毛濡らすほど 花谷和子
葬の列短く進む草城忌 手島知韶
降りゐたる曙の雨草城忌 山中達三
雨の音に覚めてしづかな草城忌 横山白虹
頬白の地鳴かそけし草城忌 石田あき子 見舞籠
風が棲む電車草城忌へ揺れる 菅野慎次
風邪臥しの背骨の疼く草城忌 伊丹三樹彦

草城忌 補遺

この冬の意外なぬくさ草城忌 桂信子 晩春
ばら色のままに富土凍て草城忌 西東三鬼
臥してきく寒風の音草城忌 桂信子 晩春
寒雷に樹頭たかぶる草城忌 上田五千石『田園』補遺
金こぞる蕋の山茶花 草城忌 伊丹三樹彦
残る僕らの 鼻へ雪片 草城忌 伊丹三樹彦
十の字にとぶ二羽の鳩草城忌 石田波郷
女患部屋にをとこのこゑや草城忌 石田波郷
水より淡き早春の空草城忌 楠本憲吉 方壺集
選びたる師はただ一人 草城忌 伊丹三樹彦
全集の濃き藍色や草城忌 桂信子 樹影
草城忌雪の琵琶湖が見えてきぬ 寒食 星野麥丘人
凍瀧のなかの水音草城忌 飯田龍太
動かぬ戸動かぬままに草城忌 桂信子 花影
日光の 月光の 藁塚 草城忌 伊丹三樹彦
配膳の粕汁冷えぬ草城忌 石田波郷
髭さびて師風になずむ 草城忌 伊丹三樹彦
風邪臥しの背骨の 疼く 草城忌 伊丹三樹彦
凌ぎ得るもの齢のみ 草城忌 伊丹三樹彦
佗助の群がる日なり草城忌 石田波郷

以上

by 575fudemakase | 2017-04-16 08:56 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26792227
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。