蕪村忌 の俳句

蕪村忌 の俳句

蕪村忌

例句を挙げる。

あやまちて茶碗を割りぬ蕪村の忌 野村喜舟
うつくしき炭火蕪村の忌なりけり 岸風三樓
かへりみてあたたかかりし蕪村の忌 森澄雄
くらはんかの皿の厚手や蕪村の忌 成瀬櫻桃子 素心
ことことと小鍋の煮ゆる蕪村の忌 山内遊糸
ちりめんの座ぶとんふかと蕪村の忌 永方裕子
どの家も雪に眠りて蕪村の忌 名和未知
与謝住みのわが半生や蕪村の忌 柴田只管
埋火や蕪村忌すぎて年もなく 増田龍雨 龍雨句集
太筆に墨のぼりくる蕪村の忌 嶋田麻紀
弧となつて大橋架かる蕪村の忌 広瀬直人
水仙の一茎をもて蕪村の忌 赤羽 岳王
洛北の霰日和に蕪村の忌 鈴鹿野風呂
湯ざめして蕪村忌の夜の更けにけり 所 山花
蕪村忌に呉春が画きし蕪かな 正岡子規
蕪村忌に磨る奈良墨の匂ひけり 福村青纓
蕪村忌のことにも夜の牡丹雪 中野鶴平
蕪村忌の土堤の日だまり独楽打てり 田中英子
蕪村忌の富士真白にあらはるる 滝沢伊代次
蕪村忌の心游ぶや京丹後 青木月斗
蕪村忌の樅の木ひよいと戦ぎけり 小澤克己
蕪村忌の毛馬の夕闇しぐれかな 村井美意子
蕪村忌の盥漱(くわんそう)に水なかりけり 今井誠人
蕪村忌の蒔絵の金のくもりけり 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
蕪村忌の蕪くひけり初入門 妻木 松瀬青々
蕪村忌の風呂吹足らぬ人数哉 正岡子規
蕪村忌やきんの琴かふおんみやうじ 日夏耿之介 婆羅門俳諧
蕪村忌やさみしう挿して正木の実 村上鬼城
蕪村忌やをんなのすこし着飾りて 黒田杏子 一木一草
蕪村忌や何はなけれど移竹集 奈良鹿郎
蕪村忌や壺中の酒の振れば鳴る 前山松花
蕪村忌や夕路地炭を頒つらし 兌
蕪村忌や山ふところの冬日濃し 中田余瓶
蕪村忌や山茶花月をかかげゐて 駒沢たか子
蕪村忌や師走の鐘も合點だ 村上鬼城
蕪村忌や旅もをはりの濁り酒 原裕
蕪村忌や暮れきつてより銀の雨 若山允男
蕪村忌や残る尾花の田舎寺 癖三酔句集 岡本癖三酔
蕪村忌や残照亭に灯の用意 三幹竹
蕪村忌や沖かけて与謝の海騒ぐ 猿橋統流子
蕪村忌や河はなけれど移竹集 鹿郎
蕪村忌や淋しう挿して正木の実 鬼城
蕪村忌や炎澄みたる桜榾 長谷川櫂 古志
蕪村忌や画中酔歩の李太白 秋櫻子 (大津、蘆花浅水荘)
蕪村忌や画談となれば画家あらぬ 安斎桜[カイ]子
蕪村忌や笹たちそめし町の中 久保田万太郎
蕪村忌や絖より黄色浮き立つる 河野多希女 月沙漠
蕪村忌や蕪村の偽筆掛けて見る 蘇山人俳句集 羅蘇山人
蕪村忌や赧然として句盗人 中野三允
蕪村忌や雪に会する五六人 茶村
街騒を潮騒と聴き蕪村の忌 鍵和田釉子
雑踏を抜け寺町へ蕪村の忌 大山 清治郎
鷹の羽を拾ひ蕪村の忌と思ひ 萩原麦草
冬の虹鴇いろのこし春星忌 中田剛 珠樹以後
出講の師の風呂敷や春星忌 長谷川祥子
史記を好み杜詩を愛して春星忌 大橋越央子
味噌漬のぐぢが食べごろ春星忌 草間時彦
夕空に刷きし茜や春星忌 片山由美子 風待月
天地はいまだモノクロ春星忌 藤井彰二
小火桶に伏して遅吟や春星忌 王春
掛軸は雪ふるけしき春星忌 阿部みどり女
母の句に甘き選者や春星忌 安住敦
湖の霧山へ入りゆく春星忌 中田剛 珠樹
父の忌の春星遠く語るらく 中島斌雄
瓶にさす梅まだかたし春星忌 大橋越央子
縁に出て京の灯見ゆれ春星忌 田中王城
道すがら煎餅買ひぬ春星忌 田中裕明 櫻姫譚
遺墨匂ふ再興の記や春星忌 四明句集 中川四明

蕪村忌 補遺

あらたまる明治の御代や春星忌 正岡子規 蕪村忌
わが膝は何も支へず春星忌 中村苑子
雁足を花とし活けむ春星忌 山口青邨
金福寺名もゆたかなり春星忌 森澄雄
弧となつて大橋架かる蕪村の忌 廣瀬直人
枯菊に蜂の金色春星忌 中村汀女
書債山と積みてかなしや春星忌 山口青邨
蕉村忌は冬といへども春星忌 森澄雄
雪降りて蕪村忌にしてクリスマス 富安風生
年忘れいくつ重なり蕪村の忌 森澄雄
芭蕉忌より蕪村忌而して誰の忌や 山口青邨
百幹の一幹伐るや春星忌 星野麥丘人 2001年
蕪引く頃となりけり春星忌 正岡子規 蕪村忌
蕪村忌におくれて蕪とゝきけり 正岡子規 蕪村忌
蕪村忌に呉春が画きし蕪哉 正岡子規 蕪村忌
蕪村忌に蕪村の軸もなかりけり 正岡子規 蕪村忌
蕪村忌に會して終に年忘 正岡子規 蕪村忌
蕪村忌の梢にあつまる鶸の数 飯田龍太
蕪村忌の人あつまりぬ上根岸 正岡子規 蕪村忌
蕪村忌の日も近つきぬ蕪漬 正岡子規 蕪村忌
蕪村忌の日も近よりぬ蕪漬 正岡子規 蕪村忌
蕪村忌の風呂吹くふや鴨の側 正岡子規 蕪村忌
蕪村忌の風呂吹盛るや臺所 正岡子規 蕪村忌
蕪村忌の風呂吹足らぬ人數哉 正岡子規 蕪村忌
蕪村忌の寫眞をとるや椎の影 正岡子規 蕪村忌
蕪村忌の寫眞寫すや椎の陰 正岡子規 蕪村忌
蕪村忌やさみしう挿して正木の実 村上鬼城
蕪村忌や奥のはたはた攝の蕪 正岡子規 蕪村忌
蕪村忌や画中酔歩の李太白 水原秋櫻子 旅愁
蕪村忌や軸の墨痕梅が香に 赤尾兜子 稚年記
蕪村忌や葱の香毛馬を流るるも 赤尾兜子 玄玄
蕪村忌や蕪よせたる浪花人 正岡子規 蕪村忌
蕪村忌や風呂吹の題蕪の題 正岡子規 蕪村忌
風呂吹や蕪村百十八囘忌 正岡子規 蕪村忌
風呂吹をくふや蕪村の像の前 正岡子規 蕪村忌
母の句に甘き選者や春星忌 安住敦
薬味効きすぎて口開く蕪村の忌 佐藤鬼房
炬燵居のひと日動かず蕪村の忌 森澄雄

以上

by 575fudemakase | 2017-04-16 08:58 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26792232
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング