大寒 の俳句

大寒 の俳句

大寒

例句を挙げる。

あゝといひて吾を生みしか大寒に 矢島渚男 木蘭
ぎつしりと体育館に大寒気 矢島房利
この風にある大寒の底力 西村数
つつましき喜びに似て汲みあげし釣瓶にあふるる大寒の水 岡部桂一郎
つまづきしごと大寒を眠られず 野澤節子 黄 炎
ふと見れば大寒の日空徂くなり 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
ふるさとの大寒の水甘かりき 鈴木真砂女
もの音もなき大寒の空の蒼 大峯あきら
アイジットの語が生き大寒の夕火雲 赤城さかえ
万葉に通ず大寒の生姜の香 長谷川かな女 花寂び
乙字忌の来ねば大寒とは言へず 河野南畦 『元禄の夢』
人恋しき大寒の夜を訪はれけり 長谷川かな女 雨 月
人生に大寒(おおさむ)小寒という睾丸 清水哲男(1938-)
働いてゐて大寒もまたたく間 鈴木真砂女 夕螢
刃より鋭き大寒の夜半稿を継ぐ 阿部みどり女
原爆の大寒の地の首ねつこ 松澤昭 麓入
双肌に大寒の水あまりけり 齋藤玄 飛雪
大寒といふ壁に突きあたりたる 久保田万太郎 流寓抄以後
大寒といふ荊冠をいたゞける 大橋敦子 手 鞠
大寒といへば久女の死を思ふ 大橋敦子
大寒ときくや時計のネヂ巻きつゝ 細見綾子 花 季
大寒と云顔もあり雛たち 一茶 ■文政四年辛巳(五十九歳)
大寒と敵のごとく対ひたり 富安風生(1885-1979)
大寒と覚えしに道応へけり 岸田稚魚
大寒にかまへて守る病躯かな 倉橋青村
大寒に似たる大暑の榧仏 鳥居美智子
大寒に入らむと町の空古るぶ 長谷川双魚 風形
大寒に入る妻とひとつの火桶 加倉井秋を
大寒に入る日は晴れて久女の忌 石昌子
大寒に入る日毎年初大師 星野立子
大寒に入る鉄桶に入る如し 相生垣瓜人 微茫集
大寒に入れり墓参を思ひ立つ 細見綾子 黄 炎
大寒に田も廃れ田もなかりけり 坂本山秀朗
大寒に試みられてゐるとする 相生垣瓜人(1898-1985)
大寒のあぐら深組み漆工婦 井上雪
大寒のいやはての日の照りいでて滴のごとく梅花かがやく 片山貞美
大寒のいよいよ小さき手足かな 野澤節子
大寒のうすくらがりに斧と鉈 長田等
大寒のうす埃置く仏書かな 大峯あきら
大寒のうどんを滑る卵かな 滝口照影
大寒のここはなんにも置かぬ部屋 桂信子
大寒のこゑの痩せしを聞かれたる 牧石剛明
大寒のせせらぐところ定まりぬ 高橋馬相
大寒のたましひ光る猫通す 斎藤玄 雁道
大寒のつひにこやりし身の燃ゆる 林原耒井 蜩
大寒のぬくき日向をひろひゆく 高木晴子 花 季
大寒ののつしのつしと来る如く 中嶋音路
大寒のゆるぎなき空日渡る 上村占魚 『石の犬』
大寒のよき眠りより覚めにけり 八木林之助
大寒のわけても黒き瞳かな 中口飛朗子
大寒の一戸もかくれなき故郷 飯田龍太
大寒の一本であり透きとほる 酒井裕子
大寒の人あつまつて別れけり 柿本多映
大寒の人の知らざる非常ベル 横田正文
大寒の伽盧羅王癌食ひつくせ 右城暮石
大寒の入日野の池を見失ふ 水原秋櫻子
大寒の六十妻よ湯豆腐よし 橋本夢道 無類の妻
大寒の力いつぱい落つる日よ 下村非文
大寒の動かざる帆は何の的 宮津昭彦
大寒の吹けばふくほど帆が白し 長谷川双魚 風形
大寒の吾たしかめに子が来たり 塩谷はつ枝
大寒の土に褪めゆく椿なり 林原耒井 蜩
大寒の土のこぼれし墓の上 岸田稚魚
大寒の土日あたりてただありぬ 長谷川素逝 暦日
大寒の地にめり込んで深廂 林翔 和紙
大寒の地をつかみゐる槻の影 大森三保子
大寒の埃の如く人死ぬる 高浜虚子(1874-1959)
大寒の堆肥よく寝てゐることよ 松井松花
大寒の夕日をはじき竹襖 荒井正隆
大寒の夜に入る鹿の斑を思ふ 飯田龍太 今昔
大寒の夜のしじまに骨還る 高澤晶子 純愛
大寒の夜の黒髪の濡れてあり 仙田洋子 雲は王冠
大寒の夜ふけをひとり辞書の恩 鈴木六林男 *か賊
大寒の夜や忽然と燈を得たる 林原耒井 蜩
大寒の夜明雪嶺微笑せり 相馬遷子 雪嶺
大寒の女日あたる延命寺 大峯あきら 鳥道
大寒の孔雀兆して色付くか 和田悟朗
大寒の室内プールにて泳ぐ 村井信子
大寒の富士にぶつかる野辺送り 岸田稚魚
大寒の富士へ向つて舟押し出す 西東三鬼
大寒の富士をそびらにクレーン船 砂田貴美子
大寒の小春に似たり老夫婦 小澤碧童 碧童句集
大寒の屋根の歪みや昼の酒 桂信子 花寂び 以後
大寒の展開するを見守らむ 相生垣瓜人 微茫集
大寒の山々名ある小村かな 大峯あきら 鳥道
大寒の山ゆるぎなし乳母車 名取里美
大寒の山坐りをりおのづから 森澄雄
大寒の山集りぬ水の上 草間時彦 櫻山
大寒の嶽負ふ戸々の鎮まれる 飯田蛇笏 椿花集
大寒の底光りせる樫青葉 高澤良一 宿好
大寒の振子動かず妻から米(発病の妻を小松に残し帰阪二句) 飴山實 『おりいぶ』
大寒の日のぽか陽気肩すかし 高澤良一 素抱
大寒の日は山膚にふるるなし 清崎敏郎
大寒の日へうつし身をかくすなし 長谷川素逝 暦日
大寒の日へ麦の芽のたちあがる 長谷川素逝 暦日
大寒の日本の水に口漱ぐ 保田白帆子
大寒の日輪一語放たるる 柴田白葉女 遠い橋
大寒の明日へきちんと枕置く 岡本眸(1928-)
大寒の星ことごとく極を指す 斎藤空華 空華句集
大寒の星ことごとく眼持つ 奥坂まや
大寒の星とぼしらに清しかり 上村占魚 『石の犬』
大寒の星に雪吊り光りけり 久保田万太郎
大寒の星の栄華を誰も見ず 村上光子
大寒の星みな高くかたまれる 岸風三樓
大寒の星雪吊に光りけり 久保田万太郎 草の丈
大寒の昼の灯に人等寄る 高木晴子 花 季
大寒の暁をゆく貌つんつる 高澤良一 宿好
大寒の暮れしよりすむ畦木かな 金尾梅の門 古志の歌
大寒の月に機械が軟着す 大高弘達
大寒の月をゆびさす満母(まんも)こそ 安井浩司 乾坤
大寒の月光させる厨かな 金尾梅の門 古志の歌
大寒の朝日あまねき雁の里 小島千架子
大寒の木々にうごかぬ月日あり 桂信子 緑夜
大寒の杓沈めけり甕の水 小杉余子 余子句選
大寒の東京駅にひとを待つ 鈴木しづ子
大寒の松を父とし歩み寄る 西東三鬼
大寒の松葉の尖の剪られあり 田中裕明 山信
大寒の枯るる音する膝頭 近藤一鴻
大寒の枯蔓を火の渡りをり 野見山朱鳥
大寒の柱ますぐに拭きあぐる 山野邊としを
大寒の榧の木ことに山の昼 岡井省二
大寒の樹々本腰を入れて立つ 茨木和生 野迫川
大寒の橋一つある通夜の道 岸田稚魚 筍流し
大寒の残る夕日を市の中 石橋秀野
大寒の水に隙間のありにけり 波多江敦子
大寒の水のごとくになられける 斎藤玄
大寒の水ひと息の二日酔 河野南畦 湖の森
大寒の水を豊かに染工場 村上清人
大寒の汽笛や白き道の上 草間時彦 櫻山
大寒の没日わが肺汚れたらむ 藤田湘子 雲の流域
大寒の河みなぎりて光りけり 桂信子 黄 瀬
大寒の海の厚さと見られけり 石塚友二 光塵
大寒の海ふた色や潮暦 大木あまり 火球
大寒の海より男こゑとどく 神蔵 器
大寒の海胆の一つの針動く 野見山朱鳥
大寒の湯気立つ朝の配膳車 木下蘇陽
大寒の湯気籠るべしバスルーム 高澤良一 素抱
大寒の湾に攻め入る波頭 山元 金子
大寒の滝ひびくほか音あらず 南光 翠峰
大寒の潮したたる鯛を糶る 綿谷ただ志
大寒の火の気を断ちし写経かな 藤岡あき
大寒の牛の蹄を削ぎ落す 小津溢瓶
大寒の牛や牽かれて動き出す 谷野予志
大寒の牛鳴いてゐる萱の中 飯田龍太 山の木
大寒の犬急ぐなり葛西橋 殿村菟絲子
大寒の生きては塵芥を出しにけり 村越化石
大寒の疼き眼圧高くなる 柴田奈美
大寒の白鎮まれる休み窯 佐藤鬼房
大寒の石屋の前にもどりけり 柿本多映
大寒の稀有の暖雨と入りにけり 石塚友二 光塵
大寒の稚魚の数記す孵化日記 八牧美喜子
大寒の空の白壁日もすがら 阿部みどり女
大寒の竹一幹を切り放つ 小林康治 玄霜
大寒の籬に沿うて帰りけり 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
大寒の粥あつ~と母子かな 清原枴童 枴童句集
大寒の紅き肉吊り中華街 池田秀水
大寒の紙縒一本座右にとる 皆吉爽雨
大寒の老体五名鰻食ふ 佐藤鬼房 「何處へ」以降
大寒の胸こそ熱き血の器 馬場駿吉(1932-)
大寒の腹中草のごときもの 鈴木光彦
大寒の舌へらへらと罵りぬ 小林康治 四季貧窮
大寒の舗道にころびそのまま棒 熊谷愛子
大寒の芦屋に処女老いゆくと 下村槐太 天涯
大寒の茜消ゆるに間ありけり 河合未光
大寒の荒嶺耕す女かな 篠崎圭介
大寒の薔薇に異端の香気あり 飯田龍太
大寒の蛇口の水のすとすすと 高澤良一 随笑
大寒の蜘蛛の一糸をひきしのみ 菖蒲あや あ や
大寒の蝌蚪を掬ひて日を掬ふ 木村蕪城
大寒の螺旋階段鉄の音 石川文子
大寒の街に無数の拳ゆく 西東三鬼(1900-62)
大寒の西瓜を売れり恬として 相生垣瓜人 明治草抄
大寒の護符の白さに牛を飼ふ 木村蕪城 寒泉
大寒の谷倉閼伽桶乾きをり 北見さとる
大寒の貝の化石に呼ばれおり 田口美喜江
大寒の赤子動かぬ家の中 飯田龍太 忘音
大寒の軍手の轢かれ通しなり 松山足羽
大寒の追ひかけてきし訃報かな 八木林之介 青霞集
大寒の針ともならぬ猫の髭 大木あまり 火のいろに
大寒の鉦かんかんと野は平ら 成田千空 地霊
大寒の鍋ぴかぴかと磨きあげ 鈴木真砂女
大寒の鍋釜伏せて静かな夜 菖蒲あや
大寒の鏡影のみよぎりたり 桂信子 花寂び 以後
大寒の電柱一本ますぐ立つ 西東三鬼
大寒の電球みがく口あけて 桜井博道 海上
大寒の静夜梁びしと鳴り 福田蓼汀 秋風挽歌
大寒の風が押しあぐ化粧坂 青木重行
大寒の風打ち込みて耕せり 廣末榮子
大寒の馬鹿晴れにして山へ鳥 岸田稚魚
大寒の鵙舌打つてかなします 岸田稚魚 筍流し
大寒の鶏目を張つて掴まるる 芦内くに
大寒へ身を押し出して何ぞある 村越化石 山國抄
大寒む小寒む針もつ妻へ飴投げむ 磯貝碧蹄館 握手
大寒やいちまいゆらぐ路面の石 榎本冬一郎 眼光
大寒やぐち吐くときは猿の貌 小島千架子
大寒やしづかにけむる茶碗蒸 日野草城
大寒やつけては落ちるイヤリング 伍賀稚子
大寒やなだれて胸にひゞく曲 石田波郷
大寒やぼんのくぼまで老けにけり 小林康治 四季貧窮
大寒やもの音のみに隣り合ふ 西村青柿
大寒ややおら銀屏風起ちあがる 佃 悦夫
大寒やオレンジ色に日が沈む 原田青児
大寒や一眩暈とて侮れず 千原草之
大寒や兎は菜屑こぼしつづけ 加藤かな文
大寒や北斗仰げと鬼城の句 村上谿聲
大寒や却つて海の面耀る日 東洋城千句
大寒や夕ばえにある鯛の形 島津亮
大寒や天衝くさまに濤の牙 河野南畦 『元禄の夢』
大寒や子持ち鰈のさくら色 角川源義 『神々の宴』
大寒や家のまはりの溝澄みて 桂信子 花寂び 以後
大寒や寺中割るゝよな梁音す 乙字俳句集 大須賀乙字
大寒や嵩高に物かつぎこみ 高橋睦郎 稽古飲食
大寒や巌のごとき壁に凭る 河野南畦 『花と流氷』
大寒や庭の挿頭の姫林檎 八木林之介 青霞集
大寒や微恙の妻が若し死なば 相馬遷子 雪嶺
大寒や戻せば落つる棚のもの 高橋睦郎 荒童鈔
大寒や指で押し出すポツトの湯 福本天心
大寒や星明らかに月遅く 岩田由美
大寒や杜氏の白衣吊れる釘 辻桃子
大寒や業を休むは病む日のみ 相馬遷子 雪嶺
大寒や楽器のごときあばら骨 仙田洋子 雲は王冠
大寒や榎木に百の寄生木の毬 西本一都 景色
大寒や死へ金銀の花ざかり 中尾寿美子
大寒や水あげて澄む茎の桶 村上鬼域
大寒や水を信じて水使ふ 中村明子
大寒や沓のごとくに児の便器 皆吉爽雨
大寒や泉をなほもとりもどす 野見山朱鳥
大寒や煌たる燈下煙草なし 林原耒井 蜩
大寒や父以後からぶ行場井戸 荒井正隆
大寒や男の顎の強き張り 林徹
大寒や畳を拭けば畳泣く 辻田克巳
大寒や真紅に伸びる日の翼 相馬遷子 山河
大寒や真赤な苺店先に 逸見静江
大寒や石のあはひに草のぞき 南方惇子
大寒や石のごとくにねむりたし 今井杏太郎
大寒や素手ばたらきの刀鍛冶 石田勝彦 秋興
大寒や美事な雨をちりばめて 原石鼎 花影以後
大寒や老農死して指逞し 相馬遷子 雪嶺
大寒や耳の中まで手を打つて 柿本多映
大寒や萎えざるものに落暉相 皆吉爽雨
大寒や葱などいけてあるばかり 田中冬二 麦ほこり
大寒や蛤吐きし砂少し 鈴木真砂女 夕螢
大寒や裸の人形踏んでいる 天野素子
大寒や赤くふくらむ岬の雲 角川春樹
大寒や起居おのづから砦なす 河野南畦 『焼灼後』
大寒や足袋に吸ひつく夜の舞台 佐野青陽人 天の川
大寒や身ゆすり祈る哭壁に 有馬朗人 耳順
大寒や転びて諸手つく悲しさ 西東三鬼(1900-62)
大寒や逗子に居座るコパトーン 櫂未知子 蒙古斑
大寒や野猿浴泉手より入る 西本一都
大寒や釘の飛びつく棒磁石 岡田菫也
大寒や釘付けに干す猪の皮 木内彰志
大寒や鍋・釜伏せて静かな夜 菖蒲あや 路 地
大寒や鏡の国に居るおもひ 渡辺恭子
大寒や霜薔薇色の貯炭の頭 小林康治 玄霜
大寒や頓服のんで働きに 菖蒲あや 路 地
大寒や頬骨たかき信濃人 藤岡筑邨
大寒や頭のかゆき中学生 沢木欣一
大寒や髭ぴんと張り烏猫 小松崎爽青
大寒や鳥の狂へる雲の中 岸田稚魚 筍流し
大寒をかなしむ田舎料亭に 相馬遷子 雪嶺
大寒をただおろおろと母すごす 大野林火
大寒を掴み蹴り上げ呱々の声 柴田鮎子
大寒を擁して富士の峙てり 百合山羽公 故園
大寒を歓送すべき夕べかな 相生垣瓜人 明治草抄
大寒を流るる水のごと逝けり 伊東宏晃
大寒を選びしごとく逝きたまふ 鷹羽狩行(1930-)
大寒ンや芹の如きが野の川に 尾崎迷堂 孤輪
大寒波より初富士の起き立てる 百合山羽公 寒雁
大寒波席捲の機を窺へり 相生垣瓜人 明治草抄
大寒波被て初景色さだかなり 百合山羽公
天国の大寒小寒治虫かな 夏石番矢 楽浪
妻よ酒買え大寒の詩嚢の中の蟾蜍 橋本夢道 良妻愚母
怪しみき大寒の月のうるめるを 徳永山冬子
掻きに掻く大寒の底土乾き 相馬遷子 雪嶺
桜草入荷大寒前にして 高澤良一 素抱
歩道橋大寒の音抜け行けり 荒川楓谷
水郷の魚買ひに大寒日和あり 露月句集 石井露月
水餅をやく大寒のゆるみかな 小澤碧童 碧童句集
清め砂にも大寒の散松葉 手塚美佐 昔の香
港もろとも大寒の靄街包む 下村ひろし 西陲集
父の亡き大寒やただ透明に 相馬遷子 山河
父の忌の大寒とこそなれりけり 安住敦
生温き大寒病父の甘え泣き 奈良文夫
白磁見て厚塗りの生透く大寒 吉田嘉彦
神のかげあり大寒の臼・刃物 小檜山繁子
職擲うたむか大寒の石もて摶たむか 小林康治 四季貧窮
花林糖噛み大寒の音立つる 原裕 正午
英霊に大寒の雲夕焼けたり 沢木欣一
荒星のいま大寒に入るひかり 相馬遷子 雪嶺
薄日さし荒野荒海大寒なり 福田蓼汀
薬のんでは大寒の障子を見てゐる 臼田亞浪 定本亜浪句集
蘇る手がふところに大寒なり 村越化石
誰も居ぬ崖大寒の青水輪 柴田白葉女 『朝の木』
躓けば大寒の闇しまるなり 小松崎爽青
連結機鳴り大寒の義足鳴り 中島斌男
避け難き小寒の来て大寒来 嶋田摩耶子
長き尾を曳き大寒の落暉澄む 上村占魚 『石の犬』
闇の中今日大寒とだれか言う 宇多喜代子 象
青澄みて大寒の空はるかなる 相馬遷子 雪嶺
靴叩き穿き大寒とおもふかな 村越化石 山國抄
音もなく大寒の星おちにけり 岩田昌寿 地の塩
音立てて大寒の樹々枯れつくす 三谷昭 獣身
馬の顔大寒の日にあたたまる 中里麦外
通り過ぐ木々が険しく見ゆ大寒 高澤良一 暮津
妻へ
何たること大寒の酒切らすとは 高澤良一 暮津
大寒の夜を閉づビロード地のカーテン 高澤良一 暮津

大寒 補遺

しばざくら大寒一花庭ももいろ 山口青邨
てのひらに大寒の腹あたゝかし 日野草城
パンと紅茶大寒に入る朝日和 村山故郷
ふるさとの大寒の水甘かりき 鈴木真砂女
まぼろしの祖母大寒の塔上に 佐藤鬼房
もろびとの鼻大寒となりにけり 藤田湘子 神楽
焔と燃ゆる夕雲も杉山も大寒 荻原井泉水
煙草すうて酔へり大寒の空青く 村山故郷
火の色や 大寒にして 家郷なし 富澤赤黄男
餓鬼となりしか大寒の松隆し 西東三鬼
眼中のもの大寒の鷹一つ 上田五千石『風景』補遺
旗たれて大寒の英大使館 有馬朗人 母国拾遺
機織の蟲として祖母身じろげり 佐藤鬼房
孤児の独楽立つ大寒の硬き地に 西東三鬼
紅潮し大寒の岩きざみをり 佐藤鬼房
考へる鰐大寒といふしじま 秋元不死男
荒星のいま大寒に入るひかり 相馬遷子 雪嶺
降り沈む大寒の雨岩場岩根 佐藤鬼房
取りのけてゆく大寒の襖かな 岸田稚魚 負け犬
酒飲みて又大寒を軽んじき 相生垣瓜人 明治草
出でざれば大寒ひそみゐる如し 松崎鉄之介
春寒は大寒よりも情強し 相生垣瓜人 負暄
小寒にして大寒とけぢめなし 百合山羽公 樂土以後
消し加ふ大寒の稿繰返し 大野林火 方円集 昭和五十三年
職擲うたむか大寒の石もて摶たむか 小林康治 四季貧窮
青澄みて大寒の空はるかなる 相馬遷子 雪嶺
青木の実紅を点じて大寒へ 山口青邨
船組むや大寒の沖細明り 西東三鬼
双肌に大寒の水あまりけり 齋藤玄 飛雪
掻きに掻く大寒の底土乾き 相馬遷子 雪嶺
葬つたあとの大寒の月のまろさよ 荻原井泉水
蔵人に大寒の星ふるさとまで 大野林火 雪華 昭和三十六年
息詰まる大寒にてもあらざりき 相生垣瓜人 明治草
存問として大寒の薄日あり 後藤比奈夫
大寒、寒つばきの火のごとき散りおわり 荻原井泉水
大寒といへど健なげのドアーマン 阿波野青畝
大寒ときくや時計のネヂ巻きつゝ 細見綾子
大寒と云ふなりいよよ慎まむ 相生垣瓜人 負暄
大寒と覚えしに道応へけり 岸田稚魚
大寒と敵のごとく対ひたり 富安風生
大寒に会ふや誓子の白き髪 細見綾子
大寒に見て若鷹の斑のふえし 能村登四郎
大寒に在れば行蔵なかりけり 阿波野青畝
大寒に試みられてゐるとする 相生垣瓜人 微茫集
大寒に処す白すぎる足袋をもて 後藤比奈夫
大寒に対す五十の面構 上田五千石 琥珀
大寒に入る鉄桶に入る如し 相生垣瓜人 微茫集
大寒に入る母も亡し妻も亡し 森澄雄
大寒に入る隧道に扉なく 上田五千石『田園』補遺
大寒に入れり墓参を思ひ立つ 細見綾子
大寒に處しけり目をも瞑りつつ 相生垣瓜人 負暄
大寒のアスファルト煮え高舞ふ鴎 佐藤鬼房
大寒のかげろふレール少女跳ね 佐藤鬼房
大寒のここはなんにも置かぬ部屋 桂信子 花影
大寒のこころに濡るるものを見る 後藤比奈夫
大寒のすだま寄り添ふ寝入り端 佐藤鬼房
大寒のただ中にある身の廻り 富安風生
大寒のたましひ光る猫通す 斎藤玄 雁道
大寒のトンネル老の眼をつむる 西東三鬼
大寒のひそけさにあり父の愛 野見山朱鳥 愁絶
大寒のひたすら凭れる机かな 安住敦
大寒のむらさき深き薔薇の棘 岡本眸
大寒のゆるみや黒き雨降らす 細見綾子
大寒の芦屋に処女老いゆくと 下村槐太 天涯
大寒の闇白樺は白を貫く 林翔
大寒の異形の杉の明るさよ 佐藤鬼房
大寒の井水鳴らすや椎の下 村山故郷
大寒の一戸もかくれなき故郷 飯田龍太
大寒の一日手ぐり精減らす 斎藤玄 狩眼
大寒の一本の薔薇鳴りいづる 藤田湘子 てんてん
大寒の雨の標的黒鉄扉 岡本眸
大寒の雲厳かに夕焼けたる 富安風生
大寒の影を正しうして孤り 桂信子 女身
大寒の洩れ灯刃をなす家ばかり 飯田龍太
大寒の遠きところに日向かな 岸田稚魚 紅葉山
大寒の遠くばかりを見てをりぬ 岸田稚魚
大寒の屋根の歪みや昼の酒 桂信子 晩春
大寒の下品下生のおんみこれ 川端茅舎
大寒の河みなぎりて光りけり 桂信子 月光抄
大寒の迦楼羅王癌を食ひつくせ 右城暮石 句集外 昭和五十一年
大寒の餓鬼のやうなる細喉(ほそのみど) 佐藤鬼房
大寒の海の厚さと見られけり 石塚友二 光塵
大寒の海見えて来し遍路道 飯田龍太
大寒の街に無数の拳ゆく 西東三鬼
大寒の眼鏡の中に石据る 赤尾兜子 蛇
大寒の汽笛や白き道の上 草間時彦 櫻山
大寒の稀有の暖雨と入りにけり 石塚友二 光塵
大寒の義仲寺芭蕉棒立ちに 石塚友二 磊[カイ]集
大寒の菊坂を来る下校の子 佐藤鬼房
大寒の牛鳴いてゐる萱の中 飯田龍太
大寒の巨樹に蝟集の茸あり 飯田龍太
大寒の魚ま青きを骨ごと切る 橋閒石 雪
大寒の強星はみな孤つ星 上田五千石『風景』補遺
大寒の橋一つある通夜の道 岸田稚魚 筍流し
大寒の熊手の爪の鋭かりけり 岸田稚魚 紅葉山
大寒の径木深く来て分かれ 廣瀬直人
大寒の鶏骨(がら)の数多が頭を掠め 佐藤鬼房
大寒の月出てをりぬまんまろく 雨滴集 星野麥丘人
大寒の懸垂骨を励まして 佐藤鬼房
大寒の古りし手鏡冴えにけり 桂信子 月光抄
大寒の孤島をなせる病個室 佐藤鬼房
大寒の枯蔓を火の渡りをり 野見山朱鳥 運命
大寒の護符の白さに牛を飼ふ 木村蕪城 寒泉
大寒の口を大きく開けて歯科に 日野草城
大寒の高階に生き酸素マスク 佐藤鬼房
大寒の三たび湯浴みて明けにけり 水原秋櫻子 餘生
大寒の山集りぬ水の上 草間時彦 櫻山
大寒の残る夕日を市の中 石橋秀野
大寒の死霊を招く髪洗ひ 三橋鷹女
大寒の耳あかあかと洗ひ髪 岡本眸
大寒の寂と瓊瑶世界かな 富安風生
大寒の終りを澄める雲に禽 飯田龍太
大寒の書き疲れては誰訪はむ 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
大寒の松を父とし歩み寄る 西東三鬼
大寒の常の机のしじまかな 岡井省二 前後
大寒の振子動かず妻から米 飴山實 おりいぶ
大寒の塵の遊びも小止みなし 相生垣瓜人 明治草
大寒の水の匂へるごとき刻 岸田稚魚
大寒の水をうましとひとり言 細見綾子 虹立つ
大寒の水をこころに湛へたる 後藤比奈夫
大寒の晴れたる泡の空の中 岡井省二 有時
大寒の西瓜を売れり恬として 相生垣瓜人 明治草
大寒の静夜梁びしと鳴り 福田蓼汀 秋風挽歌
大寒の石に立つ矢のほかは折る 野見山朱鳥 荊冠
大寒の赤子動かぬ家の中 飯田龍太
大寒の切株となり白かんば 雨滴集 星野麥丘人
大寒の切口さとき濡れ山葵 岡本眸
大寒の雪に真近く栖みゐたり 飯田龍太
大寒の舌へらへらと罵りぬ 小林康治 四季貧窮
大寒の浅き底ひも見えて来し 相生垣瓜人 明治草
大寒の鮮魚の籠が地を濡らす 鷹羽狩行
大寒の息をひそめて橋たもつ 飯田龍太
大寒の地にめり込んで深廂 林翔 和紙
大寒の地の雑草にして青し 橋閒石 朱明
大寒の竹一幹を切り放つ 小林康治 玄霜
大寒の庭やくろがねの牡丹の芽 山口青邨
大寒の展開するを見守らむ 相生垣瓜人 微茫集
大寒の土のこぼれし墓の上 岸田稚魚
大寒の土日あたりてただありぬ 長谷川素逝 暦日
大寒の冬青(そよご)の空にほかならず 岡井省二 山色
大寒の日が噴煙をかがやかす 清崎敏郎
大寒の日さす営庭や朝煙草 村山故郷
大寒の日は金粉のごとく降る 山口青邨
大寒の日は山膚にふるるなし 清崎敏郎
大寒の日へうつし身をかくすなし 長谷川素逝 暦日
大寒の日へ麦の芽のたちあがる 長谷川素逝 暦日
大寒の日筋正しく梅咲かす 上田五千石『風景』補遺
大寒の入日野の池を見失ふ 水原秋櫻子 古鏡
大寒の猫蹴つて出づ書を売りに 西東三鬼
大寒の熱瘤に足奪らるるな 大野林火 白幡南町 昭和三十一年
大寒の白鎮まれる休み窯 佐藤鬼房
大寒の富士なり天に楔打ち 西東三鬼
大寒の富士にぶつかる葬かな 岸田稚魚
大寒の淵の水より童女濃し 廣瀬直人
大寒の壁本の壁ひしひしと 山口青邨
大寒の没日わが肺汚れたらむ 藤田湘子
大寒の明日へきちんと枕置く 岡本眸
大寒の木々にうごかぬ月日あり 桂信子 緑夜
大寒の夜あそびぐせや栄のごと 草間時彦 中年
大寒の夜風吹きゐる善光寺 飯田龍太
大寒の夜明雪嶺微笑せり 相馬遷子 雪嶺
大寒の夕焼雲は走らずよ 上田五千石『森林』補遺
大寒の落葉みださず仔犬来る 飯田龍太
大寒の力ゆるめて終りけり 野見山朱鳥 愁絶
大寒の老体五名鰻食ふ 佐藤鬼房
大寒の咎むべからぬ弛みかな 相生垣瓜人 負暄
大寒の嶽負ふ戸々の鎮まれる 飯田蛇笏
大寒の榧の樹ことに山の昼 岡井省二 明野
大寒の瀑布声なくただ落つる 山口青邨
大寒の薔薇に異端の香気あり 飯田龍太
大寒の靄のはれゆく葬送よ 佐藤鬼房
大寒の鵙舌打つてかなします 岸田稚魚 筍流し
大寒は西日糞袋笑いぞや 永田耕衣
大寒も今日を限りの鴉声かな 相生垣瓜人 負暄
大寒やあぶりて食ふ酒の粕 村上鬼城
大寒やかくしに鳴らす蕎麦の銭 草間時彦 中年
大寒やしづかにけむる茶碗蒸 日野草城
大寒やつひに毀たる百椿居 雨滴集 星野麥丘人
大寒やなだれて胸にひびく曲 石田波郷
大寒やなだれて弾む銀河の尾 楠本憲吉 孤客
大寒やひと日優しく雨降つて 草間時彦
大寒やぼんのくぼまで老けにけり 小林康治 四季貧窮
大寒やみつめゐしもの光り出す 野見山朱鳥 愁絶
大寒やわかれ~に妹背病む 日野草城
大寒や闇深ければ光濃し 野見山朱鳥 愁絶
大寒や一つ離れて山の墓 寒食 星野麥丘人
大寒や下仁田の里の根深汁 村上鬼城
大寒や火の燃えてゐる道の上 日野草城
大寒や火を焚いて土おどろかす 鷹羽狩行
大寒や机に寄りし胸しびれ 大野林火 青水輪 昭和二十四年
大寒や業を休むは病む日のみ 相馬遷子 雪嶺
大寒や襟巻をして褥中に 日野草城
大寒や君が負ひたる太柱 加藤秋邨
大寒や血管の図の青と赤 岡本眸
大寒や元をとめの眼の切長に 日野草城
大寒や戸をあけはなつ木場の宿 渡邊白泉
大寒や五臓のなかの肝の臓 草間時彦
大寒や砂嘴のくぼみの微動して 佐藤鬼房
大寒や鎖はすでに断たれゐる 野見山朱鳥 荊冠
大寒や子持ち鰈のさくら色 角川源義
大寒や師をうしなひし我がこころ 村山故郷
大寒や耳こそばゆき鳥のこゑ 岸田稚魚 紅葉山
大寒や耳ほてりして葉書読む 細見綾子
大寒や捨猫道に痩せ細り 飴山實 句集外
大寒や斜めに効かす畳針 鷹羽狩行
大寒や常磐木は日を隠すところ 大野林火 冬青集 雨夜抄
大寒や畳造りの錐を挿し 山口誓子
大寒や真紅に伸びる日の翼 相馬遷子 山河
大寒や身ゆすり祈る哭壁に 有馬朗人 耳順
大寒や身を削ぐほどに稿の屑 上田五千石『琥珀』補遺
大寒や水を欲るひと火を欲るひと 鷹羽狩行
大寒や酔うてますます老残に 大野林火 雪華 昭和三十九年
大寒や静かなる世に遠くゐる 桂信子 花影
大寒や素手ばたらきの刀鍛冶 石田勝彦 秋興
大寒や霜薔薇色の貯炭の頭 小林康治 玄霜
大寒や打ちのめさるる句に会ひて 大野林火 雪華 昭和三十九年
大寒や鳥の狂へる雲の中 岸田稚魚
大寒や転びて諸手つく悲しさ 西東三鬼
大寒や怒りて叫ぶ墓見えつつ 石田波郷
大寒や豆腐落せる子の使ひ 飴山實 句集外
大寒や動かしがたき石坐る 伊丹三樹彦
大寒や日の丸は常(とこ)くれなゐに 日野草城
大寒や蛤吐きし砂少し 鈴木真砂女
大寒や半天の碧玲瓏と 日野草城
大寒や微恙の妻が若し死なば 相馬遷子 雪嶺
大寒や美事な雨をちりばめて 原石鼎 花影以後
大寒や父より貰ふ家一つ 野見山朱鳥 荊冠
大寒や風より先に人狂ふ 桂信子「草影」以後
大寒や綿でうるほす乾く咽喉 野見山朱鳥 愁絶
大寒や夜に入る鹿の斑を思ふ 飯田龍太
大寒や野のはるかまで日当りて 桂信子 草影
大寒や流す友禅火のごとし 鷹羽狩行
大寒や緑とどめし藁束子 鷹羽狩行
大寒や老農死して指逞し 相馬遷子 雪嶺
大寒をかなしむ田舎料亭に 相馬遷子 雪嶺
大寒をただおろおろと母すごす 大野林火 白幡南町 昭和二十八年
大寒を歓送すべき夕べかな 相生垣瓜人 明治草抄
大寒を擁して富士の峙てり 百合山羽公 故園
大寒を歡送すべき夕べかな 相生垣瓜人 明治草
大寒波より初富士の起き立てる 百合山羽公 寒雁
大寒波席捲の機を窺へり 相生垣瓜人 明治草
働いてゐて大寒もまたたく間 鈴木真砂女 夕螢
楠の山から大寒の朝日出る 飯田龍太
父の忌の大寒とこそなれりけり 安住敦
父の亡き大寒やたゞ透明に 相馬遷子 山河
明日何に賭ける大寒の塩なめて 有馬朗人 母国
薬のんでは大寒の障子を見てゐる 臼田亜郎 定本亜浪句集
陽があれば濡れ大寒の青墓石 佐藤鬼房
嶺々嶮し大寒の空を省略す 飯田龍太
壽福寺の大寒の落椿かな 草間時彦
炯炯と大寒の御ン墓ありし 上野泰

以上

by 575fudemakase | 2017-04-17 02:27 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26794266
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング