厳寒 の俳句

厳寒 の俳句

厳寒

例句を挙げる。

いきものに匂ひあり極寒の白湯 和田耕三郎
しなやかに極寒の子の胴ねむる 飴山實 少長集
ともしびは母大屋根は父極寒裡 米山源雄
なさざれば極寒の岩さけることも 野見山朱鳥
みいくさは酷寒の野をおほひ征く 長谷川素逝 砲車
われ起きてはじまるけふの寒きびし 山口波津女 良人
丹田に満つ厳寒の日の光り 川端茅舎
二兎を追ふほかなし酷寒の水を飲み 有馬朗人 母国
剃刀で黒子傷つけ酷寒へ 田川飛旅子 『植樹祭』
千人針加ふ一絲も極寒裡 岸風三樓
厳冬が来る人の瞳を澄ますべく 能村登四郎
厳冬に加はる胴の黒き幹 村越化石 山國抄
厳冬のみそぎはらひの不動尊 斎藤 栄峰
厳冬の一燈洩らす翁堂 近藤一鴻
厳冬の僧餉をとりて歯をみせず 飯田蛇笏 春蘭
厳冬の白きをとどけ洗濯屋 能村登四郎
厳冬の茶屋に響くししおどし 片平奈美
厳冬の静寂父のような山 楠本義雄
厳冬や深き轍に藁を敷き 大岳水一路
厳冬や葉あれど樫は幹にて生く 林翔 和紙
厳冬をこゆ豆の芽のあえかかな 松村蒼石 春霰
厳寒に肩をゆすりて加はりぬ 村越化石 山國抄
厳寒のまくらがりより父母を訪ふ 細川加賀
厳寒の何に化さんと酸素吸ふ 野澤節子
厳寒の命惜めとのたまひし 山口水士英
厳寒の多少のゆるび夜の膏雨 飯田蛇笏 椿花集
厳寒の日は山の上に昇りけり 阿部みどり女
厳寒の目かくしされしごときひと日 岸田稚魚 筍流し
厳寒の網走へ発つ死装束 斎藤玄
厳寒の行滝に燭揺れ止まず 小松世史子
厳寒やあくまで蒼き八ッ手の葉 大橋櫻坡子 雨月
厳寒や一と日の手順あやまたず 中村汀女
厳寒や事と戦ふ身の力 池内たけし
厳寒や夜の間に萎えし草の花 杉田久女
厳寒や尾を凍らせて馬車の馬 石塚友二 光塵
厳寒や滝見の椅子の厚ぼこり 五十嵐播水 播水句集
古寺を訪いし日のわが伏所厳寒よ 和田悟朗 法隆寺伝承
句もなくて堪へし酷寒三日ほど 相馬遷子 山国
太陽二つ三つにも見えて厳寒(マローズ)くる 小田 保
妻の瞳のかまど火明り寒きびし 柏燹
孤児の瞳に吸殻せまる地は極寒 原田種茅 径
宣撫班酷寒の野をとらつく駆り 長谷川素逝 砲車
寒きびし一刀彫のごとくなり 鈴木青園
寒きびし學生駅へ群れよぎり 及川貞 夕焼
寒きびし悠範義道居士天へ 飯田蛇笏 春蘭
寒きびし気を張りつめて参籠す 島村茂雄
寒きびし海の匂ひに街暮るる 河野南畦 湖の森
寒きびし醪湧くこと遅れ勝ち 中井余花朗
寒屋の極寒の居間椿挿す 百合山羽公 寒雁
川烏の喧嘩いつ果つ厳寒し 原石鼎
帰国して極寒といふ枷のあり 児島倫子
忙にやゝ酷寒のまぎるゝか 相馬遷子 山国
日脚伸びつゝ酷寒の大地あり 高木晴子 花 季
書に溺れ極寒の些事かへりみず 飯田蛇笏 椿花集
木食す僧厳冬をたのしめり 飯田蛇笏 春蘭
村を捨てこの酷寒をどこへゆきし 長谷川素逝 砲車
枯櫟原厳冬の旭を真赤透く 森 澄雄
染工場極寒の藍流すかな 大野林火
栗駒の厳寒に句碑向ふなる 阿部みどり女
椿咲く極寒の朝ぐいぐいと悔い悔いとのむ飲めば傷しも 福島泰樹
極寒のこくんと一つ醤油の音 高澤良一 宿好
極寒のはがねの如き顔の皺 滝沢伊代次
極寒のものの中なる小鳥の目 青柳志解樹
極寒のゆたかにあをき潮かな 加藤覚範
極寒のオリオン誰の首枷ぞ 上田五千石 田園
極寒の出口をさがす雑木山 福田甲子雄
極寒の塵もとゞめず岩ふすま 飯田蛇笏
極寒の天晴れて咲く柊かな 飯田蛇笏 椿花集
極寒の星より人の墜ちにけり 角川春樹
極寒の根をもてるもの耐へにけり 松村蒼石 雪
極寒の滝音ひびく土不踏 鷲谷七菜子 雨 月
極寒の石垣に雲真平ら 飯田龍太
極寒の竹伐つて鉈ひらひらす 栗原憲司
極寒の繭あつかふに立つ埃 木村蕪城 寒泉
極寒の胴にまきつく妻子の手 飴山實 『おりいぶ』
極寒の駱駝に風の殺到す 原けんじ
極寒の鳥ちりぢりの行方かな 上田操
極寒やこめかみで食ふ蛸の足 吉田紫乃
極寒や寝るほかなくて寝鎮まる 西東三鬼
極寒を四十の父生還す 宇多喜代子(1935-)
極寒期うまの合ひたる鮫とウクレレ 栗林千津
極寒期悪書を読みて耐へにけり 中村正幸
民うゑぬ酷寒は野をおほひけり 長谷川素逝 砲車
泰山木厳冬花は無かりけり 渡邊水巴 富士
涸れ滝へ人を誘ふ極寒裡 飯田蛇笏 椿花集
淵へ淵へと極寒の眼かな 飯田龍太
漁船出づ酷寒の湖おしひらき 鷲谷七菜子 雨 月
父逝けり厳冬の母自愛せよ 大岳水一路
現身の寒極りし笑ひ声 岡本眸
聖堂の灯や極寒の坂照らす 岸風三樓
芭蕉碑をなでてぬかづく極寒裡 飯田蛇笏 椿花集
苔はえて極寒におはす弥陀如来 飯田蛇笏 山廬集
落暉燃えて厳冬の海ほてりけり 渡邊水巴 富士
身を捨てて聳つ極寒の駒ケ岳 福田甲子雄
酷寒が戦禍のすぎし焼けあとに 長谷川素逝 砲車
酷寒とうゑとのかたきあはれまず 長谷川素逝 砲車
酷寒とうゑとの貌があつまり聞く 長谷川素逝 砲車
酷寒にわれの遺され熱き飯 寺田京子
酷寒に剌されし痛み夜も消えず 相馬遷子 山河
酷寒に打たれて覺めぬ梅の性(しょう) 高澤良一 宿好
酷寒に死して吹雪に葬らる 相馬遷子 雪嶺
酷寒のかすかなひかり針の山 長田等
酷寒のたうべる草もなき土民 長谷川素逝 砲車
酷寒のにはとり紙を喰ひにけり 成田千空 地霊
酷寒の十時郵便受見て来 下村槐太 天涯
酷寒の月を刃と見て眠る 深谷雄大
酷寒の月痺れゐる眼蓋かな 石塚友二 光塵
酷寒の海抜千五百サイ口立つ 大島民郎
酷寒の白日照るや雪の嶺 相馬遷子 山河
酷寒の街底月に送られ来 石塚友二 方寸虚実
酷寒の迅脚の牛怖しや 成田千空 地霊
酷寒の野をゆく軍旗縦隊つづき 長谷川素逝 砲車
酷寒の闇に沈みし盆地町 梁川 たけし
酷寒はかたきを土匪となし果てぬ 長谷川素逝 砲車
酷寒はけものの如く思考なく 比江島嵐峰
酷寒は家なきものらにも来たる 長谷川素逝 砲車
酷寒やびりりびりりと鶏ぶつかる 椎名弘郎
酷寒や日毎小さくなる妻に 相馬遷子 山河
酷寒や焦眉に迫る子の受験 相馬遷子 山国
酷寒を来し目鼻して見舞妻 石田波郷
酷寒鴨の臓腑花の如し霜の上に捨つる 安斎櫻[カイ]子
雪嶺へ酷寒満ちて澄みにけり 相馬遷子 山国
酷寒と蛇口ひねればさう聞こゆ 高澤良一 暮津

厳寒 補遺

しなやかに極寒の子の胴ねむる 飴山實
なさざれば極寒の岩さけることも 野見山朱鳥 愁絶
みいくさは酷寒の野をおほひ征く 長谷川素逝 砲車
育つ子の掌や極寒の一夜明け 飯田龍太
寒きびしごくりと白き乳を飲む 日野草城
寒きびしひとの青春眼もあやに 日野草城
寒きびし琴柱うごかす一つづつ 西東三鬼
寒きびし鯉の沈思をつづかしめ 上田五千石『風景』補遺
寒きびし樟の切口香に立ちて 日野草城
寒きびし悠範義道居士天に 飯田蛇笏 心像
寒きびし學生駅へ群れよぎり 及川貞 夕焼
寒屋の極寒の居間椿挿す 百合山羽公 寒雁
漁船出づ酷寒の湖おしひらき 鷲谷七菜子 銃身
魚文かと見しが酷寒没日の炎 佐藤鬼房
強いられて極寒の死者合掌す 能村登四郎
暁けの波ひたすらなれば寒きびし 岡本眸
極寒に兄を葬るやこれも順 能村登四郎
極寒のいくつか見ゆる山畑 廣瀬直人 帰路
極寒のいづこへか急く禽一羽 飯田龍太
極寒のオリオン誰の首枷ぞ 上田五千石 田園
極寒のちりもとどめず巖ふすま 飯田蛇笏 山廬集
極寒のわれに造花の牡丹咲く 山口青邨
極寒の臼をころがす日向の音 廣瀬直人 帰路
極寒の橋下に町の夕景色 飯田龍太
極寒の構内鉄より見ざりけり 大野林火 早桃 太白集
極寒の根をもてるもの耐へにけり 松村蒼石 雪
極寒の寝るほかなくて寝鎮まる 西東三鬼
極寒の水打ちくだる石の橋 飯田龍太
極寒の滝音ひびく土不踏 鷲谷七菜子 銃身
極寒の竹に真近く毛布垂れ 廣瀬直人 帰路
極寒の天晴れて咲く柊かな 飯田蛇笏
極寒の土に岩の根深き路 飯田龍太
極寒の胴にまきつく妻子の手 飴山實 おりいぶ
極寒の道の果なる水たまり 岡本眸
極寒の入朝顔の種を見せ 飯島晴子
極寒の病者の口をのぞき込む 西東三鬼
極寒の繭あつかふに立つ埃 木村蕪城 寒泉
極寒の夜も屋根薄く壁薄く 右城暮石 句集外 昭和三十一年
極寒は行きつつ人を攫ひけり 藤田湘子 神楽
極寒やいよいよ粋に石叩 飯島晴子
極寒やくれなゐの唇何の意ぞ 飯田龍太
極寒や何にしびれる足の甲 松崎鉄之介
極寒や顔の真上の白根嶽 飯田龍太
極寒や透きとほるまで斧を研ぐ 鷹羽狩行
極寒や皮椅子にいま花残り 飯田龍太
極寒を負ひて金釘流つかふ 上田五千石『琥珀』補遺
句もなくて堪へし酷寒三日ほど 相馬遷子 山国
厳寒ぞ遂にうがちし岩襖 杉田久女
厳寒といふ天の檻ずり下り 上野泰
厳寒の多少のゆるび夜の膏雨 飯田蛇笏
厳寒の日は癩塊を解き了る 川端茅舎
厳寒の日をゆあみ深き四五百息 川端茅舎
厳寒の網走へ発つ死装束 斎藤玄 狩眼
厳寒の目かくしされしごときひと日 岸田稚魚 筍流し
厳寒は赤いネクタイして健やか 山口青邨
厳寒や一と日の手順あやまたず 中村汀女
厳寒や手玉の如く戸を繰りて 中村汀女
厳寒や心きまればきびきびと 中村汀女
厳寒や尾を凍らせて馬車の馬 石塚友二 光塵
厳寒や夜の間に萎えし卓の花 杉田久女
厳冬が来る人の瞳を澄ますべく 能村登四郎
厳冬の真白きをとどけ洗濯屋 能村登四郎
厳冬の僧餉をとりて歯をみせず 飯田蛇笏 春蘭
厳冬の燈を身ほとりにして書かず 三橋鷹女
厳冬の白紙厚き夕厠 能村登四郎
厳冬や葉あれど樫は幹にて生く 林翔 和紙
御坂山塊極寒の煙上ぐ 廣瀬直人
膏肓にやがて厳寒の日は徹れり 川端茅舎
酷寒かなし母よと呼ばぬまでにして 中村草田男
酷寒が戦禍のすぎし焼けあとに 長谷川素逝 砲車
酷寒とうゑとのかたきあはれまず 長谷川素逝 砲車
酷寒とうゑとの貌があつまり聞く 長谷川素逝 砲車
酷寒にはじかれ畦に鴉死す 藤田湘子 てんてん
酷寒に我も結局屈せしか 相生垣瓜人 負暄
酷寒に割く青竹の青き匂ひ 右城暮石 句集外 昭和三十四年
酷寒に死して吹雪に葬らる 相馬遷子 雪嶺
酷寒に剌されし痛み夜も消えず 相馬遷子 山河
酷寒のたうべる草もなき土民 長谷川素逝 砲車
酷寒の火鋏に炎え鉄うたる 佐藤鬼房
酷寒の我に家あり衾あり 星野立子
酷寒の街底月に送られ来 石塚友二 方寸虚実
酷寒の月痺れゐる眼蓋かな 石塚友二 光塵
酷寒の十時郵便受見て来 下村槐太 天涯
酷寒の松へ赤ん坊負うて寄る 佐藤鬼房
酷寒の真鰯つまむ街娼か 佐藤鬼房
酷寒の壮年黒きもの纒ふ 橋閒石
酷寒の造船青火うらがへり 佐藤鬼房
酷寒の鉄の谷間で錆叩く 佐藤鬼房
酷寒の白日照るや雪の嶺 相馬遷子 山河
酷寒の野をゆく軍旗縦隊つづき 長谷川素逝 砲車
酷寒はかたきを土匪となし果てぬ 長谷川素逝 砲車
酷寒は家なきものらにも来たる 長谷川素逝 砲車
酷寒や鬼哭のあまた沖べより 佐藤鬼房
酷寒や焦眉に迫る子の受験 相馬遷子 山国
酷寒や日毎小さくなる妻に 相馬遷子 山河
酷寒を来し目鼻して見舞妻 石田波郷
酷寒日日手記いそぐ指爪とがる 秋元不死男
黒頭巾着て厳寒をすり抜けし 相生垣瓜人 負暄
書に溺れ極寒の些事かへりみず 飯田蛇笏
神皇紀座右に厳冬となりにけり 大野林火 早桃 太白集
青服の娘に極寒の昴みゆ 飯田蛇笏 山響集
雪嶺へ酷寒満ちて澄みにけり 相馬遷子 山国
宣撫班酷寒の野をとらつく駆り 長谷川素逝 砲車
染工場極寒の藍流すかな 大野林火 早桃 太白集
村を捨てこの酷寒をどこへゆきし 長谷川素逝 砲車
泰山木厳冬花は無かりけり 渡邊水巴 富士
苔はえて極寒におはす弥陀如来 飯田蛇笏 山廬集
丹田に満つ厳寒の日の光り 川端茅舎
二兎を追ふほかなし酷寒の水を飲み 有馬朗人 母国
芭蕉碑をなでてぬかづく極寒裡 飯田蛇笏
白面極寒村見て時の過ぎるさま 飯田龍太
腹を割き見する尊者も寒きびし 山口青邨
淵へ淵へと極寒の眼かな 飯田龍太
亡き母に子に極寒の香けむり 飯田蛇笏 家郷の霧
忙にやゝ酷寒のまぎるゝか 相馬遷子 山国
北行く日船厳寒の潮を噛み 高屋窓秋
民うゑぬ酷寒は野をおほひけり 長谷川素逝 砲車
木食す僧厳冬をたのしめり 飯田蛇笏 山響集
目ほそめてわが鼻見ゆる寒きびし 加藤秋邨
落暉燃えて厳冬の海ほてりけり 渡邊水巴 富士
鷲ひとつ 厳冬ここにきはまりぬ 富澤赤黄男
涸れ滝へ人を誘ふ極寒裡 飯田蛇笏
菫咲き厳寒の御硯井戸 川端茅舎

以上

by 575fudemakase | 2017-04-17 02:32 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26794267
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

電飾 の俳句
at 2017-12-11 12:10
宿木 の俳句
at 2017-12-10 18:42
冬 の俳句
at 2017-12-10 16:58
スキー の俳句
at 2017-12-04 09:25
蝦蛄葉仙人掌 の俳句
at 2017-12-04 03:27

外部リンク

記事ランキング