石蓴 の俳句

石蓴 の俳句

石蓴

例句を挙げる。

かりかりと寒礁を掻き石蓴掻く 富安風生
さむく青く石蓴を透きて指の紋 加藤楸邨
ざぶざぶと膝で潮押す石蓴掻 木村緑枝
ひとり来て冬の石蓴の海っぺた 高澤良一 素抱
バスが行く漁村石蓴も少し干し 高浜虚子
一汁はこれあつ~の石蓴汁 高野素十
一連の石蓴乾けり島の冬 軽部烏帽子 [しどみ]の花
中年や石蓴畝なす湾に逢ひ 原裕 葦牙
二人居て声を交はさず石蓴採り 秋沢猛
冬麗の石蓴浄土を踏みゆけり 高澤良一 随笑
岩の間に暮れし顔あげ石蓴掻 亀井糸游
島貧に人長命や石蓴汁 河野静雲
干石蓴引つぱりあうて乾きをり 原菊翁
拳ほどの没日や胸に石蓴干す 角川源義
早春の海月石蓴を褥とす 高澤良一 素抱
昃れば石蓴も波ももとの色 今井つる女
春怒濤盛りあがるとき石蓴見ゆ 中拓夫
杖つきつ石蓴蓆をかたづくる 京極杞陽
沖を見てゆけば石蓴に足とられ 高澤良一 素抱
波にもてあまされてをる石蓴かな 明石洋子
波の来てころがる石の石蓴かな 福本鯨洋
浦の娘は浦に縁づき石蓴掻く 山川喜八
渡海僧発ちたる浜に石蓴掻く 岡村紀洋
滴りつ零れつ石蓴干されゆく 軽部烏頭子
漁家二軒石蓴の岩を踏みて訪ふ 高浜虚子
潮を待つ焚火ゆたかに石蓴掻 古賀まり子
潮引きて石蓴まみれの砂湯かな 小池森閑
潮退いて石蓴の岩の色ちがふ 井戸雅子
生涯を灯台守り石蓴干す 伊東鉦質
石蓴つきそめたる島の北の端 澤 草蝶
石蓴を掻き一切のこと身を離れ 加倉井秋を 午後の窓
石蓴干す昔も今も十三戸 射場 清子
石蓴打ち上げて通りし春一番 暮石
石蓴採った妻よ俺よりつめたい足 八木原祐計
石蓴採る影の溺れてゐたりけり 岡本 伸
石蓴掻きうちつれだちて浜伝ひ 松田洋星
石蓴掻きすぐにどこかへゐなくなる 加倉井秋を
石蓴掻き去りて昼月残りけり 加倉井秋を 午後の窓
石蓴掻き足跡以外は残さず 加倉井秋を 午後の窓
石蓴掻く日波風波礁揺るる 山口草堂
石蓴掻く背に日本海盛り上る 大澤ひろし
石蓴掻く音が何かにまぎれてしまふ 加倉井秋を 午後の窓
石蓴掻だぶつき気味のゴム胴着 高澤良一 素抱
石蓴汁すゝり里石の句を愛し 寺前 たね
石蓴濃き礁に峙つ耶蘇落し 下村ひろし 西陲集
石蓴饐え下津井は春更けにけり 宮津昭彦
砂の上に夕日しみ入る石蓴採り 古沢太穂 古沢太穂句集
磯に沿ひ歩けば石蓴の呟きごと 高澤良一 素抱
神の島ゆたかに石蓴つけにけり 林 徹
積丹に住みて悔なし石蓴汁 水見悠々子
聞こえてゐるので石蓴掻きとすぐわかる 加倉井秋を 午後の窓
腰ひもに足袋つつぱさみ石蓴掻く 上村占魚 『霧積』

石蓴 補遺

かりかりと寒礁を掻き石蓴掻く 富安風生
一汁はこれあつ~の石蓴汁 高野素十
海苔網にかかり石蓴の嫌はるる 右城暮石 虻峠
岩にのる石蓴を引きてつぎの波 高野素十
拳ほどの没日や胸に石蓴干す 角川源義
砂の上に夕日しみ入る石蓴採り 古沢太穂 古沢太穂句集
姉の子が通る石蓴の家の前 高野素十
上弦の昼の月なり石蓴掻 岡井省二 鯛の鯛
石蓴採る女に女来て加はる 右城暮石 句集外 昭和三十七年
石蓴打ち上げて通りし春一番 右城暮石 虻峠
中年や石蓴畝なす湾に逢ひ 原裕 葦牙
内航は石蓴の港より港 高野素十
凪の岩まつさきに暮れ石蓴そよぐ 佐藤鬼房
浜名湖に青芝が見ゆ石蓴なり 山口誓子
浜名湖の鉄橋の脚石蓴着け 山口誓子
遍路影 伸縮 石蓴染まりの浜 伊丹三樹彦
防波堤より真水湧く石蓴浜 右城暮石 句集外 昭和四十二年

以上

by 575fudemakase | 2017-04-17 02:38 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26794270
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

烏貝  の俳句
at 2017-04-30 10:00
芦の角 の俳句
at 2017-04-30 09:39
入学試験   の俳句
at 2017-04-30 09:34
磯開  の俳句
at 2017-04-30 09:29
荻の角  の俳句
at 2017-04-30 09:14

外部リンク

記事ランキング