寒肥 の俳句

寒肥 の俳句

寒肥

例句を挙げる。

たこつぼと言ふ穴を掘り寒肥す 浦山柳亭
つきまとふ死者の一言寒肥す 鈴木六林男
わが庭の茶の一株も寒肥す 井上爽司
一夜明けて平成の世や寒肥す 波多野爽波 『一筆』以後
厠から寒肥汲んで古柘榴 滝井孝作 浮寝鳥
吏の果ての寒肥翁と人や見む 亀井糸游
寒肥す反に二俵の麦なれど 大野林火
寒肥に一鍬の土かけて踏む 本田一杉
寒肥に芽吹く言葉を踏んでくる 原子公平
寒肥に麦の命の見えて来し 旗田英子
寒肥のあかるき煙あがりけり 千葉皓史
寒肥のまだ花もたぬ柚子の木に 山内 二三子
寒肥の丹念なもの雑なもの 藤木呂九艸
寒肥の杓ねもごろにさしのべて 橋本鶏二 年輪
寒肥の湯気を立てたり鶏日和 大木あまり 火のいろに
寒肥の老の咳ひびきたる 五十嵐播水 埠頭
寒肥の野をすぐ橇やよそ~し 萩原麦草 麦嵐
寒肥まく貧の小走り小走りに 西東三鬼
寒肥やおほかたの葉の朝の凍て 小澤碧童 碧童句集
寒肥やひぐまの如き大男 篠原鳳作
寒肥やひと艶増せる土の色 檜 紀代
寒肥や南に日ある法隆寺 大峯あきら 鳥道
寒肥や天真青にかむされる 木村蕪城
寒肥や己が胴より太き桶 貞弘衛
寒肥や煤のりし見る蜜柑の葉 高田蝶衣
寒肥や磐余の道も軽の市も 下村槐太 光背
寒肥や花の少き枇杷の木に 高野素十
寒肥や電柱うなりづめに暮れ 岬雪夫
寒肥や骨は故郷に埋めんと 関 梅春
寒肥をおくらかせつつあそびをり 長谷川素逝 村
寒肥をひく冬空の泣くばかり 飯田蛇笏 椿花集
寒肥をまくといふよりたたきつけ 今瀬剛一
寒肥をまく人立てり暗く立つ 瀧澤伊代次
寒肥をやりしその後を見にも出ず 皆吉爽雨
寒肥を地にすりかつぐ老の意地 杉しげる
寒肥を埋め月光熱かりき 今井聖
寒肥を彼の木此の木と心組み 星野立子
寒肥を担へばともに歩く家鴨 榎本冬一郎
寒肥を撒きて百姓光りけり 伊丹三樹彦
寒肥を皆やりにけり梅桜 高浜虚子
寒肥舟あまた葛飾の野にのぼる 山口青邨
寺用とあり寒肥の大柄杓 河野静雲 閻魔
庭師らはこんなところに寒肥す 松尾緑富
御献木稚し寒肥してありし 松本秩陵
手際よく寒肥撒かれ梨畑 沖山政子
梅林に寒肥了へし土乱れ 加藤風信子
父に似し寒肥汲を野にやりぬ 能村登四郎
田のみちを寒肥の香につつまれゆく 川島彷徨子 榛の木
置いてある杓に又来て寒肥す 古久保星洋
腰を確かの寒肥撒きは黒づくめ 村沢夏風
覚ますごと幹をたたきて寒肥す 三浦千賀
足跡光る寒肥引の大股に 大熊輝一 土の香
身につきしわが鍬使ひ寒肥す 亀井糸游
野のそれも見えゐて庭に寒肥す 亀井糸游
音一つなくて兄をり寒肥撒く 神蔵器
風の中寒肥を撒く小走りに 松本たかし
穴いろいろ仲間と掘って寒ごやし 安藤今朝吉

寒肥 補遺

わさわさと来て寒肥の撒かれけり 松崎鉄之介
一夜明けて平成の世や寒肥す 波多野爽波
臥す平らつづき寒肥穴ぽつかり 橋本多佳子
寒肥えし白鶏駈くる油田帯 能村登四郎
寒肥す反に二俵の麦なれど 大野林火 青水輪 昭和二十六年
寒肥の桶ころがるや八重葎 山口青邨
寒肥の過不足の穴埋めにけり 阿波野青畝
寒肥の漢に朝なさる挨拶 伊丹三樹彦
寒肥の洗礼受けよ似而非俳人 鷹羽狩行
寒肥まく貧の小走り小走りに 西東三鬼
寒肥や花の少き枇杷の木に 高野素十
寒肥や磐余のみちも軽の市も 下村槐太 天涯
寒肥や磐余の道も軽の市も 下村槐太 光背
寒肥をおくらかせつつあそびをり 長谷川素逝 村
寒肥をして貰ひたる枯木かな 山口青邨
寒肥をひく冬空の泣くばかり 飯田蛇笏
寒肥をひく冬空の泣くばかり 飯田蛇笏 椿花集
寒肥を撒きて百姓光りけり 伊丹三樹彦
寒肥を振舞う男 遂に走る 伊丹三樹彦
寒肥を彼の木此の木と心組み 星野立子
寒肥船あまた葛飾の野にのぼる 山口青邨
教師呆けて寒肥汲と礼交す 能村登四郎
御室桜寒肥すみし根の厚み 能村登四郎
祖妣の亡霊現れ末ず寒肥にほふ闇 中村草田男
桃畠白寒肥を土に秘め 飴山實 おりいぶ
父に似し寒肥汲を野にやりぬ 能村登四郎
満したる寒肥を道化腰で担ぐ 伊丹三樹彦

以上

by 575fudemakase | 2017-04-17 02:42 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26794272
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

軍艦 の俳句
at 2017-11-22 08:20
那智の滝 の俳句
at 2017-11-22 08:16
後評(2017・9)
at 2017-11-22 06:00
後評(2017・11)
at 2017-11-22 05:52
火恋し の俳句
at 2017-11-18 16:26

外部リンク

記事ランキング